スシロー テイクアウト コロナ。 【新型コロナ】緊急事態宣言に伴う回転寿司の営業時間短縮まとめ(スシロー・はま寿司・くら寿司)ガスト、バーミヤンも

【保存版】2020年広島のテイクアウト特集!コロナに負けるな!|広島遊び場マスター

スシロー テイクアウト コロナ

世界中でビジネスが閉鎖されるなか、レストランのシェフたちは、一般市民や医療職、生活必需サービス従事者のために食事を作り続けている。 ほかのビジネスが休業を命じられても、飲食店は営業を許可されているのだ。 しかし、テイクアウトの食品を食べることで、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にかかる危険はないのだろうか。 コロンビア大学メイルマン公衆衛生大学院、感染症・免疫学センターのウイルス学者、アンジェラ・L・ラスムセン(Angela L. Rasmussen)博士は、「食事を介して新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に感染する可能性を示すエビデンスはない。 可能性があるとしても、リスクは極めて低いだろう」と話す。 さらに博士は、ヒトコロナウイルス(ヒトに対して病原性を示すコロナウイルスのグループ)で、食物を介して感染しうるものは聞いたことがないと述べる。 現在、新型コロナウイルスの感染予防策として推奨されているのは、頻繁に手を洗い、手で顔を触らないようして、ウイルスが気道に到達するリスクを低減させることだ。 しかしこのような対策は、現在のような新型コロナウイルスのパンデミック下でなくとも、適切な訓練を受けた料理人であれば普段から実践していることだ。 また、料理人や飲食店は、利用客を感染から守るために追加の策も講じている。 しかし、そうした予防策を講じていてもなお、食品中に新型コロナウイルスが混入することがあったとして、そこから感染する可能性はあるのだろうか。 食物が調理され、人の口に入るまでの過程には、その可能性を抑えられそうなポイントがいくつかある。 それを一つひとつ見ていこう。 第一に、食品中にウイルスが存在しても、調理の熱で不活性化するのだろうか。 「熱を加えれば、ほぼ確実にウイルスは不活性化する。 ただし私の知る限り、どれくらいの温度で、どれくらいの時間をかけて加熱すれば不活性化するのかを報告した研究はまだない」とラスムセン博士は言う。 ピザや炒め物といった人気のデリバリー食品のほとんどはごく高温で調理されているが、冷たい食品についてはどうだろうか。 「これについてはデータがない。 高温の食品のほうが、温度によっては感染性ウイルスの存在する可能性は低くなるが、そもそもいかなる食品も、摂取することで新型コロナウイルスの感染を引き起こすリスクは極めて低い。 食品は気道に取り込まれないし、ウイルスが存在したとしても、おそらく胃の中で不活性化される」とラスムセン博士は話す。 気持ちのいい話ではないが、家庭や飲食店でどれだけ十分に調理された食品であっても、健康に害を及ぼすおそれのある病原体が含まれる可能性はある。 しかし、それで病気になることは滅多にない。 われわれの体は、病原体に対する防衛策のひとつとして、胃酸を備えているからだ。 「胃のなかのような、酸性度の高い、pHの低い環境は、エンベロープ(一部のウイルス粒子がもつ膜)を溶かす。 また、同じくウイルス粒子の主な構成要素であるウイルスタンパク質とRNAを分解する」とラスムセン博士は言う。

次の

コロナ禍の影響?スシローのお持ち帰りをネット注文したら3時間遅れになる

スシロー テイクアウト コロナ

「肉だく牛丼のテイクアウトですね。 お待たせしました!」 東京都心の駅前にある牛丼チェーン「吉野家」の店内は、昼時を過ぎても賑わっていた。 店で食事をすませる客もいるが、注文の多くはテイクアウト。 新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛要請で高まる「お持ち帰り」需要に、うまく対応しているようだーー。 帝国データバンクによると、コロナ不況の影響で倒産した企業は222社(6月5日現在)。 そのうち居酒屋やレストランなどの外食産業は30件と、ホテル・宿泊業に次ぎ2番目に多い。 逆風にもかかわらず、なぜ吉野家へ足を運ぶ客が絶えないのだろうか。 経済ジャーナリストの松崎隆司氏が解説する。 要因は二つあります。 最大の理由は、テイクアウトの需要に対応できていることでしょう。 吉野家の売上のうち、5割から6割はお持ち帰りです。 コロナ不況になる前からテイクアウトを想定した品揃えをし、店内で食べるのと味が変わらない。 多少冷めても、客は自宅で店と同じ品質の牛丼を食せます。 店員も容器にご飯と牛肉を入れるだけで、手間もかかりません。 二つ目の要因が店舗の小ささです。 1フロアー丸々借り切っている居酒屋などより、賃料が安い。 営業自粛に追い込まれても、被害が比較的少ないんです。 スシローは今年2月まで、28ヵ月連続で既存店の売上が前年比を上回るプラス成長。 ライバルの「くら寿司」や「かっぱ寿司」を、大きくリードしてきた。 それが……。 印象を悪くした要因が、3月に明らかになった兵庫県内の店舗での男性アルバイトのコロナ感染でしょう。 他の回転寿司チェーンが営業自粛を進める中、スシローは店を閉めず売上を伸ばしていました。 そんな中アルバイトのコロナ感染が判明し、一気に客足が遠のいたんです。 回転寿司チェーンは生モノを扱うため、ウイルスに対し慎重な対応が求められます。 回転レーンでネタが外気にさらされ続けるのも、イメージ悪化につながりました。 4人が向かい合う席が多いのも、敬遠された要因でしょう」(松崎氏) 吉野家との違いも大きく影響していると、松崎氏は分析する。 「テイクアウトの売上比率の差です。 吉野家でお持ち帰りで注文する客は半数以上いますが、スシローでは1割ほど。 店内での食事が主流なんです。 外出自粛要請は、大きな痛手だったでしょう。 テイクアウトするにしても、寿司は家に持ち帰る間に鮮度が落ちてしまうというイメージがある。 スシローにとっては、マイナス要素ばかりだったんです」 もちろんスシローも、手をこまねいているワケではない。 「ウーバーイーツなどのネット注文サイトと提携し、『スシローデリバリー』というテイクアウトサービスを強化しています。 また従業員の消毒も徹底。 本部がビデオカメラで、スタッフの手洗いをチェックするシステムを導入しているんです。 人々が外出を再開するとともに、業績は再び上昇傾向にあります」(松崎氏) コロナ不況の逆風をモロに受けたスシローが、体制をたて直し逆襲に転じる。 FRIDAYデジタル.

次の

コロナに負けるな!がんばろう朝霞!!〜デリバリーやテイクアウト等をご紹介します〜

スシロー テイクアウト コロナ

世界中でビジネスが閉鎖されるなか、レストランのシェフたちは、一般市民や医療職、生活必需サービス従事者のために食事を作り続けている。 ほかのビジネスが休業を命じられても、飲食店は営業を許可されているのだ。 しかし、テイクアウトの食品を食べることで、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にかかる危険はないのだろうか。 コロンビア大学メイルマン公衆衛生大学院、感染症・免疫学センターのウイルス学者、アンジェラ・L・ラスムセン(Angela L. Rasmussen)博士は、「食事を介して新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に感染する可能性を示すエビデンスはない。 可能性があるとしても、リスクは極めて低いだろう」と話す。 さらに博士は、ヒトコロナウイルス(ヒトに対して病原性を示すコロナウイルスのグループ)で、食物を介して感染しうるものは聞いたことがないと述べる。 現在、新型コロナウイルスの感染予防策として推奨されているのは、頻繁に手を洗い、手で顔を触らないようして、ウイルスが気道に到達するリスクを低減させることだ。 しかしこのような対策は、現在のような新型コロナウイルスのパンデミック下でなくとも、適切な訓練を受けた料理人であれば普段から実践していることだ。 また、料理人や飲食店は、利用客を感染から守るために追加の策も講じている。 しかし、そうした予防策を講じていてもなお、食品中に新型コロナウイルスが混入することがあったとして、そこから感染する可能性はあるのだろうか。 食物が調理され、人の口に入るまでの過程には、その可能性を抑えられそうなポイントがいくつかある。 それを一つひとつ見ていこう。 第一に、食品中にウイルスが存在しても、調理の熱で不活性化するのだろうか。 「熱を加えれば、ほぼ確実にウイルスは不活性化する。 ただし私の知る限り、どれくらいの温度で、どれくらいの時間をかけて加熱すれば不活性化するのかを報告した研究はまだない」とラスムセン博士は言う。 ピザや炒め物といった人気のデリバリー食品のほとんどはごく高温で調理されているが、冷たい食品についてはどうだろうか。 「これについてはデータがない。 高温の食品のほうが、温度によっては感染性ウイルスの存在する可能性は低くなるが、そもそもいかなる食品も、摂取することで新型コロナウイルスの感染を引き起こすリスクは極めて低い。 食品は気道に取り込まれないし、ウイルスが存在したとしても、おそらく胃の中で不活性化される」とラスムセン博士は話す。 気持ちのいい話ではないが、家庭や飲食店でどれだけ十分に調理された食品であっても、健康に害を及ぼすおそれのある病原体が含まれる可能性はある。 しかし、それで病気になることは滅多にない。 われわれの体は、病原体に対する防衛策のひとつとして、胃酸を備えているからだ。 「胃のなかのような、酸性度の高い、pHの低い環境は、エンベロープ(一部のウイルス粒子がもつ膜)を溶かす。 また、同じくウイルス粒子の主な構成要素であるウイルスタンパク質とRNAを分解する」とラスムセン博士は言う。

次の