多摩川 トライアングル どこ。 多摩川梨のご紹介|管内の農業|JA東京みなみ

多摩川梨のご紹介|管内の農業|JA東京みなみ

多摩川 トライアングル どこ

多摩川のダム~満々と水をたたえた小河内ダムと奥多摩湖 多摩川水系には、小河内ダム・白丸ダム・村山上ダム・村山下ダム・山口ダムの5つのダムがあります。 このうち、小河内ダムと白丸ダムは多摩川本川に設置したダム、村山上ダムと村山下ダムおよび山口ダムは多摩川から取水した水を内陸部の貯水池に貯留するためのダムです。 ここでは、これら5基のダムについてその概要を紹介します。 多摩川は笠取山を源流とし、山梨県・東京都・神奈川県を流下して東京湾にそそぐ、全長138kmの大河です。 したがって、小河内ダムは、多摩川の事実上の出発点ともいえる重要な位置にあるダムなのです。 まずはこの由緒ある小河内ダムからスタートして、「多摩川のダム」を順次、観ていくことにしましょう。 ダム名 堤高 形式 用途 ダム湖名 管理 小河内ダム 149. 0m 重力式 コンクリートダム 水道用水・発電 奥多摩湖 (小河内貯水池) 東京都 (水道局) 白丸ダム 30. 3m 重力式 コンクリートダム 発電 白丸湖 (白丸調整池) 東京都 (交通局) 村山上ダム 24. 2m アースダム 水道用水 多摩湖 (村山上貯水池) 東京都 (水道局) 村山下ダム 34. 5m アースダム 水道用水 多摩湖 (村山下貯水池) 東京都 (水道局) 山口ダム 33. 5m アースダム 水道用水 狭山湖 (山口貯水池) 東京都 (水道局) 多摩川のダム(個別解説):多摩川本川に設置したダム 小河内ダム(おごうちダム) 小河内ダム(画像:wikipedia) 小河内ダムは、東京都水道局が多摩川上流の東京都奥多摩町に建設したダム。 水道専用ダムといわれていますが、発電にも利用されています。 1936年着工、57年完成。 貯水池は奥多摩湖。 奥多摩湖に蓄えられた水は、ダム直下の多摩川第1発電所で発電に使用後、多摩川に放流され、下流の小作取水堰(3. 4km下流)と羽村取水堰(3. 6km下流)で水道原水として取水されます。 取水された原水は、地下導水路を経て村山貯水池(多摩湖)と山口貯水池(狭山湖)に送水され、そこから東村山浄水場および境浄水場に送られて都民の水道水として各家庭に供給されています。 ちなみに、多摩川第1発電所(東京都交通局管理)の最大出力は1万9千kW。 ここで作られた電気は、約6キロメートル下流にある東京電力の変電所へ送られ東電に売電されています。 白丸ダム(しろまるダム) 白丸ダム(画像:ダム便覧) 白丸ダムは、小河内ダム下流の多摩川に築造された東京都交通局管理の発電専用ダムです。 ダム左岸の住所は東京都奥多摩町白丸。 JR青梅線の白丸駅または鳩ノ巣駅から歩いて行けます。 白丸ダムで堰き止められた水は、同局の多摩川第三発電所およびダム直下の白丸発電所に送水され、合計最大1万7,500kWの電力を水力発電します。 発電した電気はすべて東電に売電されています。 どうして東京都交通局が発電用ダムを持っているのか不思議ですが、じつは、1911年(明治44年)に発足した東京市電気局が発電供給事業を行なっていたからです。 1942年(昭和17年)に電気の供給事業は廃止しましたが、翌年に東京都制が施行された時に東京市電気局は東京都交通局に改称され、いまでも発電事業だけを継続して実施しています。 多摩川のダム(個別解説):内陸部に設置したダム 村山上ダム/村山下ダム 村山上ダム(左)、村山下ダム 右) 東大和市の狭山丘陵の渓谷に造られた東京都水道局が管理するダム。 貯水池は西側(上流側)の村山上貯水池と東側(下流側)の村山下貯水池に分かれていますが、両者を合わせて「村山貯水池」=通称「多摩湖」と呼ばれています。 村山貯水池は東京都水道局の水源のひとつ。 多摩川の水を羽村取水堰で取り入れ、導水管にて村山貯水池に導いて貯水し、東村山浄水場と境浄水場に原水を送水しています。 二つのダムはいずれもアースダムで、周辺の丘陵地とも調和がとれた美しいフォルムを形成しています。 とりわけ村山下ダムは、ダム堤体を含めてサイト全体が都立狭山自然公園になっていて、四季を通じて大勢の人々の憩いの場所になっています。 村山下第一取水塔(画像:ダム便覧) ここの取水塔(村山下第一取水塔)は、日本で一番美しい取水塔だとも言われています。 大正14年の建設で、ネオ・ルネッサンス様式。 土木学会の「日本の近代土木遺産~現存する重要な土木構造物2000選 」にも選定されています。 後に類似デザインで第二取水塔が建設されました。 山口ダム(やまぐちダム) 山口ダム(画像:ダム便覧) 村山貯水池に隣接して、東京都水道局が建設した水道専用のアースダム。 多摩川の小作取水堰および羽村取水堰から導水した水を主要な水源としていますが、一部金堀沢や大沢などの天然の湧き水も流れ込んでいます。 貯水池の正式名称は山口貯水池ですが、一般には通称名である狭山湖と呼ばれています。 山口貯水池は隣の村山貯水池と連絡管でつながっていて、両貯水池は一体運用されています。 貯水した原水は東村山浄水場と境浄水場へと導かれ、東京都の上水道として供給されます。 なお、隣接する村山貯水池がダムも含めて東京都(東大和市)に位置するのに対して、山口貯水池の方はダムともに埼玉県(所沢市および一部入間市)に位置しています。

次の

多摩川(たまがわ)とは

多摩川 トライアングル どこ

多摩川河川敷のヒラタクワガタはここにいる! 多摩川の河川敷は、 ヒラタクワガタの採集スポットとしてよく耳にします。 とりあえず、立川市の 日野橋なんか有名ですよね? あと、福生市の 睦橋も穴場スポットとしてささやかれてる。 ていうか、ネット上がった時点でもう穴場じゃないんですか… さらに、昭島市の 多摩大橋等でもヒラタクワガタの情報を聞きます。 つまり、立川から福生にかけての多摩川の河川敷は、ヒラタクワガタのスポット。 もちろん、多摩川の河川敷に行ったからといって、すぐにヒラタクワガタをゲットできるワケではありません。 何回も通って、ようやく念願の一匹を手にすることができる。 ただ、オオクワガタほど取りづらいわけでもないし、 ミヤマクワガタが住んでいるエリアでもない。 だから、ヒラタクワガタを求めて多摩川河川敷に乗り込むのは正解です。 僕の友達は、福生市で偶然ヒラタクワガタを見つけました。 自宅近くの公園で。 よく耳にするのは、 細い柳の木がまとまって生えているところを攻める作戦。 太い柳の木は、あまり樹液が出ないのでクワガタには人気がないんですって。 その他に、 クヌギとか オニグルミの木もチェックします。 ヒラタクワガタは、木の割れ目とか穴の中に隠れていることが多い。 ノコギリクワガタみたいに 堂々と見える場所にいてくれれば助かるんですが、 木の隅々まで見る必要があります。 また、木の根元の部分を掘ってみる…など。 樹液の少ないエリアでは、 腐ったバナナ仕掛ける人もいます。 夜に水銀燈を持ち込んでクワガタを集める話は、あまり聞いたことありません。 山奥のクワガタ採集じゃないので、 照明をガンガン照らしてトラップをかけるやり方は馴染まないのかもしれません。 でも、一箇所だけ気になるスポットがあるんです。 それは、 拝島橋付近の運送業者のでかい看板。 遠くから見てもはっきり分かる大きさで、夜になると思いっきり照明を当てて超目立つ。 看板は業者な敷地内にあるので勝手に入り込めないんですが、 どのくらいクワガタが集まるのか見てみたいですね。 河川敷の注意点 河川敷のクワガタ採集はところにより 藪漕ぎをしなきゃいけないので、それが大変。 藪の中に突入する時は、 長袖長ズボン、マスク&軍手の装備で臨みます。 多摩川の河川敷ではよく「 マムシ注意」の看板を見かけます。 実際には見たことないんですか、噛まれたらやばいですよね? あと、藪の中には ホームレスの人もいっぱい住んでいるので気をつけましょう。 藪をかき分け視界た末に「視界が開けたかな?」と思ったら、ホームレス屋さんのお家だったりする。 僕はうっかりホームレス人の敷地に踏み込んで、思いっきり番犬に吠えられたことがあります。 めっちゃ怖かった….

次の

東京に野生動物の楽園_多摩川トライアングル

多摩川 トライアングル どこ

とその支流である秋川の合流地点に形成された 15ヘクタール程の三角形の河川敷にイタチ、タヌキ、キツネ、、イノシシ、シカなど十数種類の動物たちが生息していることについては、前回のブログで紹介した通りです。 それから1週間も経たない10月12日から13日にかけての台風19号による大雨により、東日本の多くの河川が氾濫し大災害をもたらしました。 トライアングルの動物たちはどうしているのだろうと気になっていたので、本日(10月20日)再々度見学してきました。 添付写真でご覧の通りの惨状でした。 おそらく、多くの動物が犠牲になったのでしょう。 この光景からも、台風19号による雨が数十年に一度のすさまじい豪雨だったことがわかります。 元通りの緑豊かな環境になるにはかなりの年数がかかると思います。 自然とはかくも無慈悲なものか・・・ <氾濫前の静かな佇まい> 2019-10-05に撮影 2019-10-05に撮影 2019-10-05に撮影 <跡形もなくなってしまった氾濫後> 2019-10-20氾濫後 このトライアングルからひとつ山を隔てたところに広がる、わが町八王子市を流れるの支流浅川も氾濫し、わが家の近くの浅川橋が危険な状態になりました。 全国放送されたのでご覧になった方も多いかもしれません。 都会の河川の堤防のほとんどはブロックで強固に補強されているので崩壊する危険性は少ないと思いますが、河川が溢れる「外水氾濫」の危険性は東京でもいたるところにあるように思います。 対して、決壊して大災害をもたらした長野県の堤防を見ると土を固めただけのものであり、いかにも脆弱です。 偶然ではなく、起こるべくして起こった災害だと思います。 により、今後今回のような災害が増加していくように思えてなりません。 国や体の責任はもちろんですが、自分の命は自分で守るという意識が大切だと思います。 災害は天から地から山から川から海から、ありとあらゆるところから突然襲ってきます。 日ごろから、災害に対する警戒や備えを怠らないことが大切だと改めて感じました。 ところで、トライアングルの動物たちの生態については、 の「!」の続編が予定されていると聞いていたのですが果たしてどうなるのだろう。 こんなことになってしまい残念です。 rmynetwild.

次の