ゴールド・エクスペリエンス。 ジョルノ・ジョバァーナ

[PLATTY EFFECTOR]ゴールドエクスペリエンス

ゴールド・エクスペリエンス

コレが………『レクイエム』……………ダ!! オマエが見テイルモノハ確カニ『真実』ダ 確カニオマエノ能力ガ実際ニ起コス『動き』ヲ見テイル…… シカシ………実際ニ起コル『真実』ニ到達スルコトハ決シテナイ! ワタシの前ニ立ツ者ハドンナ能力ヲ持トート絶対ニ!行クコトハナイ コレガ 『ゴールド・E・レクイエム』 ------------------------------------------------------------------------------ 「死ぬ」という真実にさえ到達することは 決して・・・ 『無限に』。 それが、 『ゴールド・E・レクイエム』。 容姿は全体的に変化し、手首から内部に進入した「矢」の矢尻部分が額に浮き出ているのが特徴的。 作中、最強と評されたスタンドだが、その能力はもはやスタンドの範疇を超えた規格外の存在である。 レクイエム化した直後、ゴールド・エクスペリエンスの破片から生み出したサソリをにも視認出来ない程の速さで飛ばして攻撃する場面があり、その時点でディアボロにはゴールド・エクスペリエンスがパワーアップしただけの存在と認識されていたが…。 能力 進化前の『生命を与える能力』に加え、攻撃してくる相手の 『動作や意思の力をゼロに戻す』という究極の能力が備わっており、これによってジョルノへの攻撃や使用された能力などの干渉が無効化される。 これはの消し飛んだ時間の中での攻撃や、で見た確実に起こるはずの未来ですら「なかったこと」になってしまう。 つまりこのスタンドの前に立つ者はどのような能力を持とうとも、真実(結果)に到達することができない。 攻撃面においては、このスタンドに殴られた者は死んだことすらゼロに戻されて、再び死の直前まで向かい、またゼロに戻るを繰り返し、無限に「死」に続ける。 実際にディアボロは刺殺や轢死など死の過程を繰り返す運命に陥ってしまった。 本体であるジョルノさえもこの能力の真相を知ることはないが、心で確信することはできた。 本体が再起不能であった為、暴走状態にあったとは異なり、ジョルノはこのレクイエムを自由にコントロールできるが、通常のゴールド・エクスペリエンスとは異なり、スタンド自体が明確な自我を持ち、勝手に言葉を発することがある。 原作の描写が異様に少なく難解なスタンド能力としてファンの間ではよくその能力が議論される。 GERの能力によりキング・クリムゾンで消し飛ばした時間が逆行していると認識したディアボロだったが、エピタフに表示された予知の結果を信じてジョルノに攻撃を仕掛けようとした。 しかし、攻撃は何者かによって止められる。 ジョルノに殴り掛かろうとしたキング・クリムゾンの腕を止めたのは、その背後にいたもう一体のキング・クリムゾンだった。 その背後には直前の行動を再現したディアボロとキング・クリムゾンが残像のように連なっており、ディアボロが後ろを振り向いたのに連動して一斉に後ろを振り向き始めるという、文字通り筆舌に尽くしがたい光景が広がっていた。 その後ディアボロはゴールド・エクスペリエンス・レクイエムに殴られ、上記の運命をたどることとなる。 原作のその後を描く外伝小説「」ではジョルノのスタンドは〈ゴールド・エクスペリエンス〉と表記され使用する場面は見られなかった。 その為、シルバーチャリオッツ同様、矢を取り上げればレクイエムは解除されるのでは?という解釈もある。 後述するゲーム「オールスターバトル」の恥知らずのパープルヘイズのストーリーモードでは、と対戦する際に使用しているが、こちらも戦う前にゴールド・エクスペリエンスに矢を刺してから発動させている。 ゲームでの活躍• CV: ディアボロとのラストバトルのみ使用可能となる。 蠍を発射する遠距離攻撃が追加されている他、の能力が発動してジョルノの動作がスローモーションになっている間もスタンドだけは平常時と変わらない速度で動かすことができる。 またディアボロは、基本的に接近戦しか仕掛けてこないため、タイミングを見て殴ったり、蠍を飛ばしまくれば余裕で勝ててしまう。 ラスボスも凌駕する性能はまさに究極のスタンド。 この闘いでは如何にG. レクイエムを維持できるかが勝利の鍵となる。 CV: のグレートヒートアタックとして登場。 攻撃を打ち消したり、ラッシュの持続時間が明らかに他のスタンドより群を抜いたり、超スピードでダッシュしたりと発動すると相手を一気に追い込められる切り札的存在だが、ロード時間が長いので、発動できるかどうかが勝負である。 その場で留まってしまうため、ダッシュされて攻撃を受けたり、遠距離攻撃が当たったりするとレクイエムにはなれない。 ストーリーモードではディアボロとの最終決戦で、最初からレクイエムが使える。 最初から最後までなので、性能がよく分かるだろう。 CV: 平時はゴールド・エクスペリエンスのままだが、特殊コマンドでジョルノが自身に矢を刺してを進化させることで使用可能となる。 最初は時間がかかるが2回目からはロード時間なし。 ステージが立体的なため妨害される危険性は少なくなった。 再発の簡略化により使いやすさが向上。 さらに攻撃無効のコマンドもある為、かなり凶暴性を増した。 その代わりコマンド使用可能になるまでが長い。 だが、とあるアイテムを使うと序盤からGERにすることが可能になる(GERに限らずMIHや究極生物、時間停止でも同じことが言える)。 やはり最後の切り札的存在である。 ストーリーモードでは、同じく作中最強とも評される「」「」と共にに攻撃を仕掛けるが、「ザ・ワールド・オーバーヘブン」のDIOの望む真実を上書きする能力が上回り敗北した。 装備DISCとして登場。 発動すると、即座に死亡する 但し、 アイテムはそのままにヴェネチアホテルに帰還できる。 が、修正値はしっかり減る。 正式には「G・E・レクイエムのDISC」。 攻撃・防御能力はどちらも最高クラス。 攻撃能力に、「 すべての敵に大ダメージを与えるぞ」というこれまたチート的な性能を持つ。 これ以外の方法では決して手に入らない。 やはり最終兵器。 関連イラスト.

次の

ゴールドエクスペリエンスの能力「攻撃を反射」「感覚が暴走」はどこ行った?

ゴールド・エクスペリエンス

山猫軒 メルマガ登録をしていると 席の空いたところを埋めるべく 一度スタンダードなコースを 食したことのあるお客に お安いセットを企画、案内してくれます。 コロナの影響、飲食店は凄い影響を受けています。 山猫軒も、接待や出張そのものがなくなってしまうと 必然的に真正面から受けているようです。 ということで本日は前日声かけいただいた 3900円のイタリアセットを目当てに訪問。 コロナについては、世界で日本政府だけが 流れに逆行しており、収束の目処は 全く立っていないと考えますが 「素敵な飲食店を守りたい!」の気持ちは新たに 持ちましたよ。 最初に醤油の飲み比べで掴まれちゃった。 今まで何10年散々飲んできたワインの状態を 壊れていると表現されたのはかなりのショックでしたが 確かに樹グラスの効果も感じちゃうんだよなぁ。 とりあえず、自宅でワインを飲む時に グラスをずっと傾けた状態で飲んでみたい、 今日は今帰仁アグーの焼豚、服部すっぽん、帆立と黄ニラ 豚の種類忘れたけどコッパ、テンパリングを使わず作ったチョコが特に美味しかった。 [夜] ¥20,000~¥29,999 支払い方法 カード不可 サービス料・ チャージ ございません。 消費税はかかります。 席・設備 席数 18席 (カウンター18席) 個室 無 貸切 可 (20人以下可) 禁煙・喫煙 全席禁煙 駐車場 無 近隣にコインパーキングあり 空間・設備 カウンター席あり 携帯電話 docomo、au、SoftBank、Y! mobile メニュー ドリンク 日本酒あり、焼酎あり、ワインあり、日本酒にこだわる、焼酎にこだわる、ワインにこだわる 料理 野菜料理にこだわる、魚料理にこだわる、健康・美容メニューあり 特徴・関連情報 利用シーン こんな時によく使われます。 ロケーション 隠れ家レストラン お子様連れ お子様不可ですが 心がお子様な方も不可です。 ドレスコード 心のドレスコードです。 店内の見た目、乱雑さを嫌う方、気にする方いいことありません こないでください、 またはそうした方を 連れて来ないよう 伏しておねがいいたします。 ホームページ 備考 必ずお読みください 山猫軒の使用上のご注意 こういう方は会いません あわない方は絶対にお越しにならぬよう、 またあわないだろう方を 絶対にお誘いされぬよう 伏して おねがいもうしあげます。 初投稿者 このHTMLタグをブログに貼り付けると、お店の地図や情報を掲載することができます。 山猫軒 関連ランキング:創作料理 丸の内駅、国際センター駅、伏見駅.

次の

ジョルノ・ジョバァーナのゴールド・エクスペリエンス

ゴールド・エクスペリエンス

曖昧さ回避 ゴールド・エクスペリエンスとは、• の、のの名前。 『』に登場する。 1.が名前の由来。 本項で解説。 概要 ゴールド・エクスペリエンス(体験)とは、の、の。 のをつけた人。 殴った物に生命を与える。 物体かかでその効果は次のように変わる。 物体に生命エネルギーを与えたとき 物体に生命が宿り、やに変えることが出来る。 変えるは・・等、様々。 また、生まれたには次のような性質がある。 どんなを生み出すかは本体であるの意思で決める事が出来る。 時間差での発動も出来る。 生まれたは本物のと変わらない習性や特徴を持つ。 ある程度の行動の制御も出来る。 かの持ち物に生命を与えれば、その持ち物の所有者の元へ帰ろうとするを生み出せる。 生み出すは場所ののを受ける。 例えば、猛のいる下で生まれたは、そののを持った状態で生まれる。 に変えた物体は最終的に木にまで成長出来る。 切り落とされた木は材木として物体となり、解除される。 生まれたに攻撃を与えると、その攻撃を与えた者に同じ攻撃のが戻ってくる 後にこの設定はなくなった。 おそらく味方がを被る危険をくすためかと思われる。 や船などのに乗っている間での戦も少なくなかったため、自滅や移動手段の損失を防ぐためともとれる。 自分の体の一部をに変えることもできる。 切り離された体や固まった血液もに変える事が出来る。 の成長により、物体を体の部品に変えて、それをした体に埋め込むことで傷を治療できるようになった。 生物に生命エネルギーを与えたとき に過剰な生命を与えることで、意識や感覚をさせる。 結果、全ての動きがに見え、動きも非常にになってしまう。 発動中は自身もになってしまうので場合によっては自分もになる。 との交戦時では、で殴る前に肺などを負傷をしていた他、がのな攻撃に対し、静かに切れていたので、精密な操作がどこまでできるか怪しい状態だった。 また、に生命を与え続けることでとしての一生を終え、枯れさせるを見せている。 また、触れた物の生命(魂)の塊を感知する事が出来る。 黄金体験なものの一例• 関連動画 関連静画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目•

次の