ポケモン剣盾はらだいこ。 【ポケモン剣盾】カビゴンの対策【キョダイサイセイ・あくび・はらだいこ】

【育成メモ】カビゴン育成論 トリル→はらだいこで全抜き【ポケモンソード・シールド】

ポケモン剣盾はらだいこ

特性 効果 めんえき どく状態にならない。 あついしぼう ほのお、こおりタイプの技で 受けるダメージを半減する。 隠 くいしんぼう HPが最大の半分以下の時、 きのみを使う。 HP・攻撃・特防が高く、重火力アタッカーとして運用されます。 極端に低い素早さのため、素早さが低い方から攻撃できるようになる トリックルームとの相性も良いポケモンです。 ランクバトル、シーズン5の使用率ランキングでは、 5位に入っています。 特性について• めんえきは、どく・もうどく状態にならない特性です。 カビゴンの特性はどれも、登場時にアナウンスが出ません。 そのため、特性が判別するまではカビゴンにどくどくを撃ちにくいですが、めんえきの採用率はかなり低めです。 シーズン5の採用率は 1. あついしぼうは、炎と氷の被ダメージを半減する特性です。 耐性が増える優秀な特性であり、くいしんぼう型以外では、こちらが選ばれることが多いです。 シーズン5の採用率は 66. くいしんぼうは、HPが最大の半分以下になったときにきのみを使う特性です。 はらだいことの相性が良く、 混乱実+ リサイクルで、何度も回復するという戦法もあります。 また、キョダイマックス型でもこちらの特性が採用されています。 シーズン5の採用率は 32. あくび+まもる+たべのこし型 苦手な相手は あくびで流し、HPが減っても まもると たべのこしで回復するカビゴンです。 一撃必殺の じわれも覚えるため、催眠を防ぎながら早めに倒すことが求められます。 くいしんぼう型 特性 くいしんぼうにより、回復実を使うことで耐久力を増すカビゴンです。 キョダイサイセイできのみを拾ってくる型が主流ですが、ダイマックスせずにリサイクルを使ってきのみを再利用する型も存在します。 積み型 のろいや はらだいこで能力を上げ、突破力を増すカビゴンです。 特性や回復方法はさまざまで、特性くいしんぼうの場合は フィラのみなどですが、特性あついしぼうの場合は オボンのみだったり、ねむる+ カゴのみで回復する場合もあります。 とつげきチョッキ型 元々高い特防を とつげきチョッキでさらに上げ、特殊アタッカーにめっぽう強くしたカビゴンです。 状態異常対策に からげんきを覚えていることがあります。 対策 カビゴンの強さは、 少ない弱点と 高い特殊耐久、 特性と積み技がかみあっていることで成り立っています。 さらに、覚える技も豊富にあります。 突破力のないポケモンでは、積みの起点にされてしまい、要塞化したカビゴンに手も足も出無くなってしまいます。 ここでは、なるべく多くの型のカビゴンに対応できる対策を、紹介します。 やけど状態にする おにびや かえんだまトリックでカビゴンをやけど状態にすれば、物理技のダメージが半減するため、汎用的で有効な対策だと思います。 特性や技で能力変化を無効化 相手の能力変化を無効化する特性 てんねんを持ったヌオーやナマコブシであれば、耐久力も高いので、カビゴンの攻撃を受けきることが可能です。 他にも、 くろいきりや クリアスモッグといった技で、相手の能力変化を元に戻すことができます。 変化技を封じる あくびやのろいを使ってくるカビゴンに対しては、ちょうはつで変化技を封じることが有効です。 とつげきチョッキ型のカビゴンとは、殴り合いを制する必要があります。 高火力の格闘ポケモン ルカリオや ローブシンであればタイプ的に有利であり、防御の低いカビゴンを一撃で倒すことも可能です。 高耐久のポケモン しんかのきせき持ちの サニーゴや、 アーマーガア、 ナットレイなら、ノーマル技を無効や半減で受けられるため、カビゴンの攻撃を耐えながら戦うことができます。 ただし一撃必殺や炎技を覚えている場合もあります。 はたきおとす カビゴンの きのみや たべのこしを はたきおとすで使えなくすれば、リサイクルやキョダイサイセイで拾ってくることはできません。 また、はたきおとすのダメージで、きのみが発動するHPになったとしても、はたきおとすの効果が優先されるため、きのみが発動することはありません。 データから持ち物を予測する シーズン5では、カビゴンの持ち物は、多い順に、 たべのこし 29. 採用率4位から10位までが、何らかのきのみです、 たべのこしが発動しない場合、きのみを持っている可能性が高いと言えます。 おまけ 炎統一における対策 私は普段、炎統一でランクバトルに潜っており、 あついしぼうカビゴンは私のパーティ相手によく出てきます。 炎ポケモンでのカビゴンの対策は、基本的にはかくとう技を使えるポケモンや、おにびでやけどにすることが多いです。 弱点保険ウインディ カビゴンがじしんを使ってくれば、 じゃくてんほけんを発動させて インファイトで倒します。 2段階上昇ようきウインディのインファイトで、B振りカビゴンを確定1発になります。 先制で おにびを使うのも有効です。 エースバーンのとびひざげり ようきエースバーンのとびひざげりで、B振りカビゴンを確定2発 60. 1~71. とびひざげり読みでゴーストタイプに交代されることもよくあるので、様子見で みがわりを使うこともできます。 鉢巻ヒヒダルマ こだわりハチマキ持ちの、ようきヒヒダルマのばかぢからで、B振りカビゴンを乱数1発 94. 5〜111. おわりに 圧倒的な特殊耐久を持つカビゴン。 特殊ポケモンだけで挑むと、悲惨な目に遭います。 パーティは物理と特殊をバランスよく組んでおきたいですね。

次の

【ポケモン剣盾】最強ポケモンランキング(シングル環境)【ソードシールド】

ポケモン剣盾はらだいこ

01 ノーマル たいあたり 物理 威力40 命中100 PP35 通常攻撃 LV. 06 こおり しろいきり 変化 威力0 命中- PP30 5ターンの間「のうりょく」を下げる効果のわざや追加効果を受けなくなる LV. 12 ノーマル ウェザーボール 特殊 威力50 命中100 PP10 天気によって技のタイプが変化する。 「ひざしがつよい」の時はほのお、「あめ」の時はみず、「あられ」の時はこおり、「すなあらし」の時はいわタイプになり、技の威力も2倍になる LV. 30 エスパー ドわすれ 変化 威力0 命中- PP20 自分の「とくぼう」を2段階アップ LV. 36 こおり フリーズドライ 特殊 威力70 命中100 PP20 みずタイプの相手にも「こうかばつぐん」になる。 42 こおり あられ 変化 威力0 命中- PP10 5ターンの間、天気を「あられ」状態にする。 48 こおり オーロラベール 変化 威力0 命中- PP20 5ターンの間、相手の物理攻撃と特殊攻撃のダメージを0半分にする。 天気が「あられ」のときにのみ出すことができる。 ポケモンが交代した場合でもターン分は効果が受け継がれる。 ダブルバトル、マックスレイドバトルでは効果が低下する LV. 54 みず なみのり 特殊 威力90 命中100 PP15 相手が「ダイビング」で潜っていても攻撃が当たり、威力が2倍になる。 天気が「あられ」だと必ず命中する。 TM18 エスパー リフレクター 変化 威力0 命中- PP20 5ターンの間、相手のぶつりわざのダメージを半分にする。 使用したポケモンが交代してもターン分は効果が受けつがれる。 ダブルバトル、トリプルバトルでは効果が低くなる No. TM21 エスパー ねむる 変化 威力0 命中- PP10 HPを全回復して、2ターンの間「ねむり」になる No. TM24 ノーマル いびき 特殊 威力50 命中100 PP15 自分が「ねむり」状態の時だけ効果がある。 TM25 ノーマル まもる 変化 威力0 命中- PP10 そのターンの相手のわざを受けない。 連続で出すと失敗しやすくなる No. 性別の違う相手にしか効果がない No. TM35 こおり あられ 変化 威力0 命中- PP10 5ターンの間、天気を「あられ」状態にする。 その間、相手は逃げられない No. TM39 ノーマル からげんき 物理 威力70 命中100 PP20 自分が「どく」「まひ」「やけど」の時に使うと、技の威力が2倍になる No. TM45 みず ダイビング 物理 威力80 命中100 PP10 1ターン目に水中にもぐって2ターン目で攻撃する No. TM46 ノーマル ウェザーボール 特殊 威力50 命中100 PP10 天気によって技のタイプが変化する。 「ひざしがつよい」の時はほのお、「あめ」の時はみず、「あられ」の時はこおり、「すなあらし」の時はいわタイプになり、技の威力も2倍になる No. TM51 こおり つららばり 物理 威力25 命中100 PP30 1ターンに2~5回連続で攻撃する No. TM55 みず しおみず 特殊 威力65 命中100 PP10 相手のHPが最大HPの半分以下だとわざの威力が2倍になる No. TM64 こおり ゆきなだれ 物理 威力60 命中100 PP10 後攻になるが、そのターンに相手からダメージを受けるとわざの威力が2倍になる No. TM76 ノーマル りんしょう 特殊 威力60 命中100 PP15 同ターンで複数のポケモンが「りんしょう」を出すと、最初に「りんしょう」を使ったポケモンに合わせて技を出すことができる。 また、後に出た「りんしょう」は威力が2倍になる。 相手が「みがわり」を使っていても攻撃が当たる LV. TR03 みず ハイドロポンプ 特殊 威力110 命中80 PP5 通常攻撃 LV. TR04 みず なみのり 特殊 威力90 命中100 PP15 相手が「ダイビング」で潜っていても攻撃が当たり、威力が2倍になる。 天気が「あられ」だと必ず命中する。 TR12 エスパー こうそくいどう 変化 威力0 命中- PP30 自分の「すばやさ」を2段階アップ LV. TR17 エスパー ドわすれ 変化 威力0 命中- PP20 自分の「とくぼう」を2段階アップ LV. TR21 かくとう きしかいせい 物理 威力- 命中100 PP15 自分の残りHPが少ないほど、技の威力が上がる LV. TR26 ノーマル こらえる 変化 威力0 命中- PP10 そのターンに「ひんし」になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で出すと失敗しやすい LV. TR27 ノーマル ねごと 変化 威力0 命中- PP10 自分が「ねむり」の時だけ、覚えている技をランダムで使う LV. TR46 はがね てっぺき 変化 威力0 命中- PP15 自分の「ぼうぎょ」を2段階アップ LV. TR98 みず アクアブレイク 物理 威力85 命中100 PP10 相手のぼうぎょを1段階下げることがある。

次の

【ポケモン剣盾】最強ポケモンランキング(シングル環境)【ソードシールド】

ポケモン剣盾はらだいこ

マリルリとは 出典: ポケットモンスター金銀 第2世代 から登場したポケモンです。 登場した時から5世代までは水単タイプでしたが、6世代になって新しいタイプ 「フェアリータイプ」と「水」の複合タイプになりました。 可愛らしい見た目をしていますね。 フェアリーが加わったことにより、 ドラゴンタイプに滅法強くなったためレート環境での使用率がグッとあがりました。 それ以外にも「アクアジェット」と「はらだいこ」の両立が可能になるなど、マリルリにとって追い風となる出来事が多数ありました。 種族値は「100-50-80-60-80-50」と、耐久はそこそこありますが火力が全然ないことがわかりますね。 種族値だけを見ればそうなんですが、マリルリには「ちからもち」という優秀な特性があり 非常に強力な攻撃を繰り出すことが可能になりました。 特性については次の要素で説明します。 優秀な特性 マリルリには3種類の特性があります。 この画像 シングルレート2016年5月8日現在 を見ると、 9割以上の人が「ちからもち」のマリルリを使っていますね。 この特性は攻撃実数値が2倍になるというものです。 これにより、本来攻撃種族値が低いマリルリがトップクラスの火力を叩きだせる要因になっています。 ちなみに攻撃に特化した場合の実数値は「224」となり、ゼクロムなど 伝説ポケモン以上の火力を出せるようになります! また、数こそ少ないですが「そうしょく」も優秀な特性であり、草タイプの技を受けるとダメージを受けずに攻撃が1段階あがるというものです。 基本的にちからもちを想定して相手は選出してくるので、 意表を突くという意味でも優秀ですね。 育成論 さて、ここから本題である育成論の紹介に入っていきます。 まずはどんなマリルリが一般的に使われているか、ご紹介しましょう。 やはりオボンの実を持たせ、はらだいこを積んでいく 物理アタッカー型が多いようですね。 使用率1位であるフェアリータイプの タイプ一致技「じゃれつく」は、ドラゴンタイプを倒すうえで欠かせない技ですね、使用率2位の「アクアジェット」もマリルリは素早さが遅いため、自身の 素早さを補うという意味で非常に使い勝手が良い技です。 とりあえず次からは、一般的な型2種類とそうしょく型のマリルリの育成論ご紹介したいと思います。 積むタイミングを間違えなければ、アクアジェットを打っているだけで勝てる可能性も出てきます。 持ち物は「オボンの実」。 あとは攻撃ぶっぱして残りは余りに振った感じですね。 技構成は「はらだいこ・アクアジェット・じぇれつく」まで確定で、残りは「アクアテールorたきのぼり・はたきおとす・ばかぢから」から選択してください。 ばかぢからなら通常状態で、 メガガルーラを確定1発出来るのでオススメです。 通常状態でも火力は十分なのでこちらも使いやすいです。 性格は「いじっぱり」、努力値は「252-252-x-x-4-x」で、HPと攻撃にぶっぱします。 技構成は「アクアジェット・たきのぼりorアクアテール・はたきおとす・じゃれつく」で、どれかを抜いてばかぢからを入れてもいいです。 基本的には、有利対面で 一貫性が高いじゃれつくとはたきおとすを中心に使っていけば有利に立ち回れると思います。 オボンの実と比べて、実質的な物理耐久は下がっているのでそこだけは注意してください。 またスイクンなど本来のマリルリであれば、鬼火を入れられて辛い 耐久ポケモンにも強いポケモンになっています。 持ち物は「カゴの実」で、いわゆるねむカゴをします。 マリルリには他の回復手段がないので… 性格は「おだやか」、努力値は「252-x-140-x-116-0-x」で、ようきガブリアスの地震を2発耐える調整です。 技構成は「ねむる・まもる・ねっとう・ ほろびのうた」で、ドラゴンに対してはねっとうで火傷を引いて守りましょう! ほろびのうたを入れることにより、調子にのったラッキーや 耐久ポケモンに強く出ることが出来ます。 ジャローダやキノガッサなどに悩まされている方は是非育成して使ってみてください! 辛いポケモン フシギバナ 出典: フシギバナは草タイプですが、毒タイプも入っているのでそうしょくのマリルリでも非常に厳しいです。 どうしてもマリルリで倒したいなら 「ようきはらだいこ」型のマリルリを育成しましょう!最速ならほとんどのフシギバナを抜くことが出来ます。 まあ、普通のマリルリなら厳しいんで素直に引いて後続に任せるのが無難ですね。 任せる場合でもねむりごなややどりぎのたねなど、こちらを害してくる 補助技には十分注意しましょう ウォッシュロトム 出典: こちらからの打点は一応ありますが、素早さがこちらのほうが遅いので厳しいポケモンです。 チョッキ型なら突っ張ってもいいですが、 鬼火を打たれる可能性が非常に高いので注意しましょう。

次の