まぶしく て 私 たち の 輝く 時間。 眩しくて(韓国ドラマ)の相関図(日本語)やキャストは?視聴率やあらすじも

まぶしくて ―私たちの輝く時間―(眩しくて) 11話・12話(最終回) あらすじと感想

まぶしく て 私 たち の 輝く 時間

, Ltd. all rights reserved. この度DVD-BOX発売を記念して、劇中に登場するまばゆいばかりの名セリフに投票するTwitterキャンペーンがスタートした。 ある日突然25歳からおばあさんになって戸惑う主人公ヘジャだからこそ、気づき、感じ、紡げる言葉の数々。 若さとは当たり前ではない価値があり、老いもまた沢山の幸せで不幸な日常を経た豊かな価値を持つことを教えてくれる。 自分の歴史は今日という日の連続で、山あり谷ありだろうが振り返れば必ず素晴らしい。 だからこそ、過去や未来にとらわれず、自信を持ってまばゆい今日を生きて欲しい、そんなメッセージが伝わってくる。 これらのへジャの言葉の多くは、心に傷を抱えたジュナを助けたい一心で紡がれる。 当初は変わり果てたヘジャの姿に、同じく自分の心が変わり果てていて気づけないジュナだが、おせっかいとも言えるほど根気強く向き合うヘジャのおかげで、再び自分に向き合っていくことに。 また、愛娘がおばあさんになり戸惑う両親がかける言葉も、突然の変化に心が整理できていないにも関わらず、ヘジャへの思いやりに溢れている。 , Ltd. all rights reserved. この度、DVD-BOXの発売を記念して、劇中に登場する珠玉の名セリフに注目。 ポニーキャニオンのオフィシャル韓流&華流TwitterアカウントWE LOVE K ポニーキャニオン【公式】では、本日より「 まばゆい名セリフ」投票キャンペーンがスタート。 最も感動した名セリフを選んでツイートすれば投票完了、計20名様に日本版プレスシートが当たる抽選に参加できる。 あなたが最も感動した名セリフに投票して、豪華商品を当てよう。 先の読めないストーリーの面白さ・緻密さで視聴者を引き込み、衝撃な展開を経ての最終回に最高視聴率を叩き出した本作。 心に響き、長く温かな余韻に浸れる作品としても話題となり、幅広い年齢層に支持された。 日々平穏に生きることをありがたく感じさせ、ときに笑え、そして泣ける。 特に長年韓流ドラマを見続けてきたファンの間で評価が高く、過去最高の韓流ドラマと絶賛される本作。 普遍のテーマながら、今まで出会ったことのない韓流ドラマの底力を見せつけられる本作をDVDで堪能しよう。 , Ltd. all rights reserved. 公式サイト: 予告編 <ナム・ジュヒョク 日本FC情報> 日本FC公式サイト:.

次の

ナム・ジュヒョク×ハン・ジミン&キム・ヘジャ共演作「まぶしくて―私たちの輝く時間―」心に響く名セリフに投票!Twitterキャンペーンが開始

まぶしく て 私 たち の 輝く 時間

傷ついた2人が人生の輝きに気づいていくハートフルラブロマンス。 2019年、2月~のJTBC、月・火ドラマ。 まぁ、こういう感じのドラマがあってもいいかもね。 いろいろ奥が深く、心にじんわり沁み入るような・・・ 不思議な感覚のドラマと言うか・・・何と言うか・・・。 私的には、あまり、深い感想はないんです。 (^^;) と、言うのも・・・前半、全然面白さを感じず 中盤、もっと心に響いてきても良さそうな設定&内容でありながら なんか・・・こう・・・ノレず 最後見終わって、「なるほどぉ ふ~ん、そうなんだ」な感じでしたので。 でも、見終わった方の感想をいくつか拝見して 『そうね、こういうドラマは評価されるかもね』 と、思い直した次第です。 (おいっ!^^;) キム・ヘジャ ハン・ジミン 見る前は、ハン・ジミンがヒロインだと思っていましたが これは、キム・ヘジャさんが主人公のドラマです!!! ハン・ジミンは時間を巻き戻せる時計を持っていて 起こるはずの事故から父親を救うために、 時間(時計)を巻き戻して・・・巻き戻して・・・巻き戻して・・・ とうとう、その事故が起きないようにすることに成功! で、人より時間が進んでしまっていて、ある日、突然、 70歳のおばあちゃん(キム・ヘジャ)になっちゃった。 25歳のハン・ジミンが、70歳のキム・ヘジャの姿になってしまい 家族や友達も、そりゃビックリ 娘だったはずが・・・自分よりも年上の老人の姿になっちゃってね、 父(アン・ネサン)としても、とまどいが隠せないわけで・・・。 でも、何より本人が1番大ショックなわけだけど 大切なお父さんの命を救えたので後悔はしてない・・・と思っていて・・・。 両親や本人の気持ちを思うと、ホロっと泣けたりしました。 (;o;) キム・ヘジャさん、チャーミングで素敵だったし ハン・ジミンちゃんと、重なって見えて・・・ 2人の演技がとても良かったです ハン・ジミンは主に回想シーンとか、置き換えシーンで出てくるんだけど ヘジャさんは、突然老人の姿になってしまった25歳の主人公を演じるんで 親友たちと、今まで通り、はしゃぐシーンとか沢山あって 可愛く映りました。 (笑) それにしても、ナム・ジュヒョクが相手役なのに なんでハン・ジミンをキャスティングしたんだろう?と思いましたが この役、ヘジャさんと背丈が近い人じゃないとダメだろうし 非常に演技力が必要なことと・・・ 本当に25歳ぐらいの若い女優さんでは、ヘジャさんとのギャップが 大きすぎちゃうからかなぁ?なんて、思ったりしました。 (^^;) ナム・ジュヒョク 25歳 ハン・ジミン37歳 12歳差。 (最近、なんか・・・そんなドラマが多い。 ^^;) でも、想像してたより、ドラマの中では、歳の差は感じなかった。 ジミンちゃん、もともと若く見えるしネ。 ヘジャさんと2人のシーンも、いっぱいあった。 すっかり元彼な気分で見た!(おいっ。 後半、羽生結弦クンや、伊藤健太郎クンに見えたりもした。 (^^;) ちなみに・・・ ハン・ジミンちゃんの母役は、この方 イ・ジョンウン 「知ってるワイフ」に続き、ジミンちゃんとはまた親子役! でもって、「恋のゴールドメダル」では、ナム・ジュヒョク君の 母親代わり役だったし!!! またまた共演出来て、3人とも嬉しかっただろうな。 キム・ガウン & ソン・ホジュン キム・ガウンちゃんは、ハン・ジミンちゃんの親友役で ソン・ホジュンは、ハン・ジミンちゃんのおバカな兄役。 (笑) まさに嵌り役でした!!!(爆) 2人の恋は程良いサイドストーリーだったかな ソン・ホジュンと言えば、「三食ごはん」で ナム・ジュヒョクの面倒を見てくれた優しい兄貴分! 同じドラマに出るなんて喜ばしいゾと思っていたけど あんまり、2人が一緒のシーンはなかった。 (^^;) でも、ちょこっと絡みのシーンが出てくると、思わず、 一緒のシーン、嬉しかっただろうなぁ~と、思った。 あんまり、こういう感じのドラマはないかも! 奥が深いです。

次の

まぶしくて

まぶしく て 私 たち の 輝く 時間

その腕時計を使って時間を戻すと、その分、人より早く成長してしまうことに気づき封印を決意する。 時を経て、 25歳になったヘジャは、アナウンサーを目指すも厳しい現実にぶつかる。 気の置けない親友たちに励まされながら、心が折れそうな日々を送っていた。 そんなある日、ヘジャは放送部の集いで記者志望のジュナ(ナム・ジュヒョク)と出会う。 心に傷を抱え、アル中の父を避け祖母と暮らしてきたジュナ。 父のせいで引越しを繰り返し、どこか周りと馴染めずに過ごしてきた。 ジュナはヘジャと会ううちに、感情の赴くままに行動する明るい彼女に好奇心を抱くように。 そしてヘジャもジュナに惹かれていく。 そんな折、ヘジャの父(アン・ネサン)が突然交通事故で亡くなる。 父を救うため不思議な腕時計で時間を戻そうとするヘジャだが、幾度時間を戻しても、事故を防ぐことができず途方に暮れる。 数十回と試みるうちに遂に父を助けることに成功するが、鏡を見ると、自分の姿が70歳くらいのおばあさん(キム・ヘジャ)に変わっていた…。

次の