サラ金 金利。 サラ金の実態とシステム|利用する前に考えてほしい6つの事|債務整理ナビ

サラ金の金利は安いってホント?金利の計算方法も解説!昔とは違う?

サラ金 金利

参考サイト• 実質金利の意味を解説 実質金利では、分割払いの回数によって変わる月々の返済金額を、計算機などで簡単に算出することは難しいです。 返済額の算出には、複雑な公式に数字を当てはめて計算をします。 そして、月々の返済額に利息と元金返済額を割り振り、元金完済までの利息の総額を算出していきます。 面倒な実質金利による利息計算も、アドオン率で計算することで、利息総額を簡単に算出できます。 このような計算は1回ずつ計算をして行くには、返済回数が数十回となると大変な作業となります。 それでも パソコンでエクセルの「PMT関数」を利用する事で、返済回数ごとの月々の返済額の算出が可能になります。 (財務関数の 1 つである PMT は、一定利率の支払いが定期的に行われる場合の、ローンの定期支払額を算出します。 ) 月々の返済額を元にエクセル上で返済計画を立てることも可能になります。 アドオン率がわからなくても、パソコンソフトを利用する事で、返済回数ごとの返済額や利息総額の計算は容易にできます。 また、金融機関のカードローンのページでも返済シミュレーションができるようになっているので、同様に返済計画を立てることができます。 ただしサラ金でお金を借りる際の方法を調べている時にはアドオン税率などの専門的な知識は特に必要はないと思います。

次の

サラ金(消費者金融)の利息と金利を徹底解説!

サラ金 金利

融資の基礎知識 消費者金融とは?メリットとデメリット、サラ金や闇金との違いも解説 カードローンと聞いて、思い浮かべる言葉としてよく挙げられるのが「消費者金融」ではないでしょうか。 と同時に、消費者金融業者に対して怖いイメージを持っている人も少なくありません。 また、いわゆる闇金業者(ヤミ金)と混同している人もいるようです。 そのため、カードローンそのものにも、あまり良くない印象を持っている人もいます。 しかし、現在の消費者金融業者は、法律に基づいて融資を行っており、借りすぎや多重債務が起こらないようなしくみができています。 闇金業者とも異なりますので、これを機に、カードローンに対するマイナスイメージを払拭してみてください。 この記事では、銀行系や信販・クレジット系との違いとともに、消費者金融系カードローンの特徴を紹介します。 目次 そもそも消費者金融業者とは? 消費者金融業者とは、一般の個人に対して融資を行っている業者を指します。 代表的なところでは、プロミス、アコム、アイフルなどが挙げられます。 テレビCMや電車広告などで目にする機会も多いでしょう。 現在の消費者金融は、「」という法律に則って融資を行っています。 従って、法外な金利で貸し付けたり、過酷な取り立てをしたりすることはありません。 また、多くの消費者金融は、自動契約機の設置など、カードローンに特化したサービスを提供しています。 サラ金、闇金との違いは? かつてサラ金(サラリーマン金融)といわれていた会社が、現在の消費者金融です。 サラ金という言葉に対して、「高い金利で貸し付ける」「取り立てが怖い」といったマイナスイメージを持っている人は多いでしょう。 確かにかつてのサラ金は、過剰な貸し付け、高金利、きびしい取り立てなど、消費者にとって使い勝手が悪いサービスを提供している時代がありました。 しかし、現在の消費者金融は、貸金業法という法律によってきびしく規制されています。 金利や融資額の上限が定められており、消費者が安心して使えるサービスとなったのです。 一方、闇金(ヤミ金)という名前もよく聞きます。 これは、貸金業法に基づく登録をせず、無登録で違法に貸金業務を行っている業者のことを指します。 正式な登録を受けていないため、法外な金利で貸し付けたり、利用者を精神的に追い込むような、きびしい取り立てをしたりする闇金業者も存在するようです。 貸金業者として正式に登録を受けていない闇金業者からは、絶対にお金を借りてはいけません。 消費者金融と銀行系、信販・クレジット系との違いは? 個人向け融資のサービスを提供しているカードローンは、大きく次の3つに分けられます。 消費者金融系カードローン• 銀行系カードローン• 信販・クレジット系カードローン 消費者金融系のカードローンは、借入れまでのスピードが速いことが特徴として挙げられます。 しかし、銀行系や信販・クレジット系と比較すると、がやや高めに設定されているケースもあります。 かわりに、最近では「最初の30日間は利息ゼロ」など、無利息期間を設けている会社も多くなっています。 銀行系カードローンは、大手銀行や地方銀行などの金融機関が提供しているサービスです。 消費者金融系と比較すると、金利はやや低めに設定されていますが、審査および借入れまでに時間がかかる場合があります。 メガバンクが運営しているカードローンであれば、安心感は高いといえるでしょう。 信販・クレジット系のカードローンは、銀行系とほぼ同じような特徴と考えて問題ありません。 最高金利も銀行系と同じくらいのレベルで、消費者金融系よりもやや低めに設定されています。 長期の借入れを考えている人にとっては、金利の総額を低く抑えることができるため、おすすめです。 返済実績に応じて金利が下がるサービスも。 三井住友カードの「ゴールドローン」「ゴールドローンカードレス」とは? 消費者金融は危なくない? 消費者金融は、かつてサラ金と呼ばれていた時代に比べ、安心して利用できるようになりました。 では、どのような点が変わったのでしょうか?賢い利用のしかたについても確認しておきましょう。 グレーゾーン金利問題が解決し、安心して利用できるようになった 金利を制限する法律は2つあります。 それが「利息制限法」と「出資法」です。 利息制限法で定められた金利の上限は、15. 0~20. 一方、出資法は2010年の法改正までは、金利の上限が29. 2%となっていたのです。 当時は、利息制限法の上限金利(20. 0%)を超える金利で融資をしても、出資法の上限金利(29. 2%)を超えなければ、刑事罰の対象とはなりませんでした。 そのため、多くの貸金業者が29. 2%に近い金利で貸し付けを行っていたのです。 これがいわゆる、「グレーゾーン金利問題」です。 しかしその後、貸金業法の改正により、グレーゾーン金利は撤廃されました。 現在の金利は、最大でも20. 0%となっています。 また、「融資金額は最大でも年収の3分の1まで」というもあり、過剰な貸し付けができないルールとなっています。 このように、現在は貸金業法により、消費者金融の運営が透明化されています。 返済能力を超える悪質な貸し付けや、きびしい督促がされることはありませんので、安心してご利用ください。 大手銀行グループの傘下に入った 現在、大手銀行グループの傘下に入っている消費者金融がいくつかあります。 例えばプロミスは、SMBC(三井住友銀行)グループの傘下に入っています。 銀行といえば、普段から預貯金口座で利用するなど、身近な存在でしょう。 銀行グループの傘下に入ることで安心感が生まれ、イメージアップにつながっている面もあるかもしれません。 賢い利用方法のポイント 消費者金融系カードローンは、必要なときに必要な分だけ借入れできる便利なサービスです。 しかし、借りたお金いずれ返済しなければいけません。 下記の点も踏まえて計画的に利用することが大切です。 お金を借入れする目的が、本当に必要なことなのか改めて考える• 収入のタイミングおよび金額を考慮し、返済の目処をしっかり立ててから借入れする• 「初回無利息サービス」を利用するなど、なるべく金利を抑える 消費者金融系カードローンは決して危ないサービスではありませんが、あくまで利用者自身の「使い方次第」ともいえるでしょう。 消費者金融系カードローンの2つの特徴 消費者金融系カードローンならではの特徴は2つあります。 1 融資のスピード 消費者金融系のカードローンは、銀行系や信販・クレジット系のカードローンに比べて、申し込み~審査~借入れまでにかかる時間が短い傾向があります。 「すぐにお金が必要」という場面において、消費者金融は強い味方となってくれます。 2 返済の自由度 銀行系や信販・クレジット系のカードローンの多くは、指定された返済日しか選ぶことができません。 一方、消費者金融系のカードローンの中には、返済日の候補が多いものや、返済サイクルを自由に選択できるものもあります。 返済方法については各社で異なりますので、ウェブサイトなどで事前に確認しておきましょう。 消費者金融、ひいてはカードローンは安心して利用できる 消費者金融に対してあまり良くないイメージを持っている人は、まだまだ多いかもしれません。 しかし、ここまで説明してきたとおり、現在は安心かつ安全に利用できるサービスになっています。 ただし、借入れの際は、収支のバランスを考えた上で、計画的な利用を心掛けるようにしてください。 また、カードローンには銀行系や信販・クレジット系のサービスもあります。 自分に合ったカードローンを選び、賢く利用しましょう。 三井住友カード ゴールドローン・ゴールドローンカードレス貸付条件.

次の

アドオン率と実質金利の関係とは?

サラ金 金利

闇金というのは貸金業の登録をしていない業者であり、利息制限法で定められている金利よりも大幅な高金利で貸付けをしている業者でもあります。 俗に言う「 高利貸し」というものです。 闇金の金利はどのくらい? 闇金では、「トイチ」と言われる金利があります。 利息を実際に金額にしてみるとその差は歴然ですよね。 闇金で借りないように他の方法を考える 闇金でお金を借りなくてはならない場合と言えば、ブラックリストに載っていて、銀行や消費者金融の審査に通らないことが原因となっているのかも知れません。 銀行よりも審査に通りやすいと言われる消費者金融でも審査に落ちる場合は、金融機関以外での借入れを考える方が賢明と言えるでしょう。 勤め先で給料の前借りをする、家族や知人に借りるなどの方法があると思います。 また知らずに闇金で借入れをしてしまう場合もあると思います。 闇金でお金を借りるとどのような利息がつくのかは、前述の通りです。 闇金の利用を避けたい理由には金利の他に取立ての厳しさもあります。 貸金業法では取立てで禁止されている行為が定められています。 通常は法律を遵守し取立てを行うはずですが、闇金は元々貸金業の登録もしていない為、法律を守る営業をするとも思えません。 その為に取立ても違法な方法で行うことは十分に考えられます。 このような目に遭わないためにも、上手い言葉に乗らないということは重要と言えます。 低金利を謳っていたり、一定期間無利息を宣伝している業者は、怪しいという認識をもつべきでしょう。

次の