化粧下地 パープル。 紫の化粧下地の効果とは?プチプラでおすすめのパープルのCCクリームも

【楽天市場】化粧下地(カラー:パープル)

化粧下地 パープル

自分が化粧下地に求める効果によって、カラーも選ぶようにしましょう。 出来るだけナチュラルなを作りたい方は、ヌーディーなカラーのものを、全体的に肌悩みをカバーしたい方は、しっかりと色味のある肌色の化粧下地が良いでしょう。 また、化粧下地にはグリーンやピンクなど、肌色以外のカラーのものも多くあります。 肌の赤みを隠したいときはグリーンやブルー、血色良く見せたいときはピンク、肌に透明感を出したいときはパープルなど、色によって補正の効果はそれぞれです。 自分の肌色の悩みに合わせて、化粧下地の色も選んでみましょう。 自分の肌悩みに合わせ、部分用の化粧下地もプラスで使ってみましょう。 例えば、の凹凸をなめらかにしたい、毛穴崩れを防ぎたいというときには、毛穴をカバーすることを目的として作られている「ポアプライマー」という部分用下地がおすすめ。 また、アイメイクが崩れたりよれたりしやすいという方は、ベースをプラスしてみると良いでしょう。 乳液やクリームなどがまだ肌に残っていて、ぬるぬるとした状態では、肌の上で化粧下地がすべり、均等に広がってくれません。 化粧下地がムラになっていると、ファンデーションまでムラ付きになったり崩れやすくなったりと、キレイなベースメイクには程遠い仕上がりになってしまうことも。 顔全体に化粧下地を伸ばしたら、などでなじませると良いでしょう。 テカリやすい部分と乾燥しやすい部分で化粧下地を使い分けて、自分なりのベストを探してみるのもおすすめです。 他にも、頬の赤い部分にだけブルーを使って、血色の悪い所にはピンクを使うなどの使い分けもできます。

次の

くすみを隠す化粧下地の選び方と塗り方、色で肌色を補正する | 女性の美学

化粧下地 パープル

自分が化粧下地に求める効果によって、カラーも選ぶようにしましょう。 出来るだけナチュラルなを作りたい方は、ヌーディーなカラーのものを、全体的に肌悩みをカバーしたい方は、しっかりと色味のある肌色の化粧下地が良いでしょう。 また、化粧下地にはグリーンやピンクなど、肌色以外のカラーのものも多くあります。 肌の赤みを隠したいときはグリーンやブルー、血色良く見せたいときはピンク、肌に透明感を出したいときはパープルなど、色によって補正の効果はそれぞれです。 自分の肌色の悩みに合わせて、化粧下地の色も選んでみましょう。 自分の肌悩みに合わせ、部分用の化粧下地もプラスで使ってみましょう。 例えば、の凹凸をなめらかにしたい、毛穴崩れを防ぎたいというときには、毛穴をカバーすることを目的として作られている「ポアプライマー」という部分用下地がおすすめ。 また、アイメイクが崩れたりよれたりしやすいという方は、ベースをプラスしてみると良いでしょう。 乳液やクリームなどがまだ肌に残っていて、ぬるぬるとした状態では、肌の上で化粧下地がすべり、均等に広がってくれません。 化粧下地がムラになっていると、ファンデーションまでムラ付きになったり崩れやすくなったりと、キレイなベースメイクには程遠い仕上がりになってしまうことも。 顔全体に化粧下地を伸ばしたら、などでなじませると良いでしょう。 テカリやすい部分と乾燥しやすい部分で化粧下地を使い分けて、自分なりのベストを探してみるのもおすすめです。 他にも、頬の赤い部分にだけブルーを使って、血色の悪い所にはピンクを使うなどの使い分けもできます。

次の

くすみを隠す化粧下地の選び方と塗り方、色で肌色を補正する | 女性の美学

化粧下地 パープル

パープルの化粧下地を使うメリット 化粧下地にはベージュやピンク・グリーン・ブルーなどさまざまなカラーがあります。 その中でパープルやラベンダー色の化粧下地は 赤味と青味をかねそなえたカラーで黄味をマイナスする機能と赤味をプラスして血色をよくみせてくれる2面性を持ち合わせています。 白肌でブルー系の化粧下地だと血色が悪く見えてしまう方や黄くすみが気になる方におすすめです。 また、程よいツヤ感を出してくれるので エレガントな華やかさのある印象を出したいときにもおすすめです。 パープルの化粧下地の選び方 自分の肌質に合ったものを選ぶ 化粧下地は 自分の肌質にあったものを選ぶことより機能を発揮しメイク崩れがしにくくなります。 乾燥が気になる方や敏感肌の方はコラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分がはいったものを選ぶのがおすすめです。 オイリー肌の方は油分の少ないものやオイルフリーのものを選ぶのがおすすめです。 混合肌の方は皮膚が薄く刺激を受けやすい頬の状態に合わせ、保湿成分が入ったものを選ぶようにしましょう。 仕上がりのイメージや肌悩みによって選ぶ ツヤ感のあるみずみずしい肌に仕上げたい方は保湿成分がたっぷり入ったものやパールが配合されたものを選ぶことで輝く濡れたような肌に仕上がります。 マシュマロのようなふわっとしたマット肌に仕上げたい方は油分が少なめな肌や毛穴に密着するようなクリームタイプなどの重めのテクスチャーのものを選ぶことでさらさらとした肌に仕上げてくれます。 テカリや毛穴が気になる方は皮脂をコントロールしてくれる成分が入ったものを、くすみやしみが気になる方はパールが配合されたものを選ぶことでカバーしてくれます。 下地のタイプで選ぶ パープルの化粧下地にはリキッドやクリーム、ジェル、クッションパウダーなどさまざまなタイプのものがあります。 さらりとした使い心地で ナチュラルメイクに仕上げたい方はリキッドタイプがおすすめです。 化粧崩れを気にせず使いたい方には肌に密着するクリームタイプがおすすめです。 ジェルタイプは軽いテクスチャーでみずみずしい肌に仕上げてくれます。 配合されている成分で選ぶ パープルの化粧下地には保湿成分や美容成分がはいったものが多くあります。 また、パラベンや合成着色料などの合成添加物が少ないものを選ぶことでデリケートな肌の方でも安心して使うことができます。 また、紫外線カット成分が配合されているものが多くありますが、 単にSPFが高いものを選ぶのではなく自分の生活に合ったものを選ぶのが大切です。 例えば通勤のみの外出であればSPF20~30程度で十分肌を守ることができます。 価格帯で選ぶ 化粧下地はメイクを毎日する方であれば毎日使うものになります。 肌に合ったものを探すのも大切ですが 自分が無理なく使うことができる価格のものを選びましょう。 1つの価格が高くても少量でしっかりとカバーしてくれるものなどもあるので容量や1回で使う量と合わせて選ぶことが大切です。 パープルの化粧下地の人気ブランド・メーカー KOSE• しっとりした使い心地で夏場に汗をかいてもヨレることなくパールの艶感が続く。 肌がワントーン明るくなった。 スポンジで塗ることでより肌になじむ。 ワンプッシュのせるだけでパールが光に反射してくすみがとんでパッと明るい肌になる。 乾燥肌でも保湿力が高いのでメイク直しできない日でも乾くことなくうるおいが続く。 細かなパールでギラギラしすぎることなく肌にツヤ感が出せる。 肌のくすみや色ムラをカバーし厚塗り感のない透明感あふれる肌になる。 細かなパールが反射して肌のくすみが気にならなくなったといった口コミが多くみられました。 保湿力も高くメイクがよれにくいので夏場でも安心して使うことができますね。 テクニックフリーでツヤ感あふれる肌に導いてくれます。 2位 RMK(アールエムケー) ベーシック コントロールカラー N 02 パープル• ナチュラルに肌を補正し白くなりすぎず自然な肌色に仕上がる。 伸びがいい軽めのテクスチャーでコスパがいい。 乾燥肌でも安心して使える保湿力でうるおいが続く。 クマが気になるときに使うと自然な色で消してくれる。 のびがよく、くすみをカバーして均一な肌色に仕上げてくれる。 ワントーン明るいナチュラルな肌になった。 くすみをカバーしてナチュラルな肌の色に仕上げてくれるといった口コミが多くみられました。 デパコスで1本単位だと高く感じますが、少量でよくのびるのでコスパがいいのも魅力的です。 ナチュラルメイクに仕上げたい方に特におすすめです。 3位 クラランス ラディアント コントロール カラー 05 ラベンダー• いきいきとした肌にみせてくれる血色感と透き通るような透明感の両方を引き上げてくれる下地でイエベの肌のくすみを消して女性らしさを引き上げてくれる。 くすみをカバーしつつワントーン明るい血色のいい肌に仕上げてくれる。 香りも自然の木花のような香りで使いやすい。 気になっていたくすみを消してくれうっすら入っているパールで華やかな輝く肌に仕上がる。 紫外線カットの効果はないようなのでUV下地は別途必要。 くすみを一掃して明るい血色のいい肌に仕上げてくれるといった口コミが多いようです。 紫外線カットの下地が必要になりますが透明感を引き出したい方は試してみてはいかがでしょうか。 4位 ナチュラグラッセ カラーコントロールベース 01 バイオレット• 肌をぱっと明るくナチュラルに仕上げてくれる。 オフィスなど普段使いにおすすめ。 なかなか合う下地が見つからなかったがトラブルなく使えた。 ストレスのない使用感で肌のアラを飛ばしてくれる。 キープ力はそこまでないが、汚く崩れない。 石鹸で落とせるところも魅力的。 のびのいいテクスチャーで肌に溶け込むように心地がいい使用感。 肌トラブルがなくなり、素肌がきれいになった。 ナチュラルな明るい肌に仕上げてくれるといった口コミが多くみられました。 ナチュラルコスメならではのキープ力が弱いといったデメリットはあるものの、肌トラブルが改善した方が多いようなのでなかなか自分に合った化粧下地が見つからないといった方におすすめです。 石鹸で落とせるので肌に負担をかけにくい点もポイントです。 5位 江原道 コウゲンドウ メイクアップ カラーベース ラベンダーピンク• 少し硬めのテクスチャーで化粧崩れやてかりがあまり気にならない。 さっと塗ると肌をワントーン明るくしてくれ無臭で使いやすい。 毛穴を隠してくれ、テカリが気にならなくなりパウダーが必要なくなった。 使い始めてから素肌がなめらかな肌質に変化した。 色ムラがなくなり血色のいい肌に仕上げてくれる。 フィット感がよく時間が経ってもヨレない。 どんなファンデーションでも合わせやすい。 硬めのしっかりしたテクスチャーが肌にぴったりと密着しテカリをおさえてくれるといった口コミが多くみられました。 肌質改善に効果があった方も多く、ごわつきや乾燥が気になる方にもおすすめです。 無臭なのも使う人を選ばず評価が高いようです。 プチプラなパープルの化粧下地総合おすすめ人気ランキング 次にドラッグストアやバラエティショップでも購入することができるお手軽なプチプラのパープルな化粧下地をあつめてみました。 はじめてパープルの色味を使う方もお試しで使うことができますね。 1位 ベビーピンク ラベンダーマジックベース• なめらかな伸びのいいテクスチャーで肌になじみ透明感をだしてくれる。 ムラができにくく肌を均一にトーンアップしてくれる。 細かいパールがほどよく肌にかがやきを与えてくれる。 時間がたってもくすむことなく乾燥しない。 冬場であれば十分な日焼け止めにもなる。 伸びがよく少ない量で顔全体になじませることができる。 くすみをカバーしナチュラルなワントーン明るい肌に仕上げてくれる。 細かなパールが肌にほどよい透明感を与えてくれるといった口コミが多くみられました。 ゆるめのテクスチャーで少量で顔全体をカバーできるのでコスパがいいのも魅力的ですね。 2位 CandyDoll(キャンディドール) ブライトピュアベース ラベンダー• 伸びがいいテクスチャーで使い心地がいい。 保湿力が高く、乾燥肌でもトラブルなく使うことができる。 肌が明るくなりくすみを目立たなくしてくれる。 肌色補正が手軽にでき、紫外線カットをしっかりしてくれるので日焼け止めを別で塗らなくてもよくなった。 汚く崩れることがない。 黄ぐすみがかなり強い肌でもきれいな白肌に仕上がる。 さらさらとした軽いテクスチャーで夏のべたつく季節にもストレスなく使うことができる。 お手軽な値段で肌の補正力がしっかりあるといった口コミが多くみられました。 黄味のくすみが気になる方に評価が高いようです。 軽めのさらっとしたテクスチャーで肌にするする伸びる点もポイントですが、量がでやすいので注意が必要です。 3位 エチュードハウス ETUDE HOUSE エニークッション カラーコレクター ラベンダー• クマやニキビ跡が消え、色ムラのない白肌に仕上がる。 肌がパッと明るくなり疲れ顔が解消され若々しい肌になった。 しっとりとうるおったツヤ肌に仕上がる。 パウダーを薄くなじませるだけで印象の違う陶器肌に仕上がる。 肌になじみ厚塗り感がない。 汗をかいても一日中キープできる。 硬めのしっかりしたテクスチャーで伸びはよくないが少しの量で顔全体をカバーできる。 ニキビ跡やくすみなどをカバーしツヤのある肌に仕上がるといった口コミが多くみられました。 液体の化粧下地ではないのでのびは悪いがパフにのせてたたくことで少ない量でカバーできる点もポイントです。 自分に合ったパープルの化粧下地で血色のいい肌をつくりましょう パープルの化粧下地はくすみを飛ばし透明感のある肌をつくってくれます。 ただ、自分の肌質を理解せず使ってしまうと効果を最大限発揮させることができなくなってしまいます。 自分の肌と向き合い、知ることが大切です。 自分の肌に合ったものをみつけて華やぐ白肌を手に入れましょう。

次の