ゲー 速。 ジープ・レネゲード

タイピング速度測定(タイ速)

ゲー 速

どことなく親近感の沸くエクステリアデザインだが、走りは本格派のジープ「レネゲード」。 すでに発表となっているフィアット「500X」の兄弟車であり、そしてともにSUVでありながら、よりオフロード走行を意識したのがレネゲードの特徴だ。 生産も500Xと同じイタリアの「メルフィ工場」で行われる。 フラグシップで4WDモデルの「トレイルホーク」は最低地上高(200㎜)が高く、アプローチアングル(30. 5度)やディパーチャーアングル(34. 3度)、そして前後ホイールベース間のランプブレークオーバーアングル(25. 7度)も大きくとられ、本格的なオフローダーに負けない数値を確保する。 4WDシステムは路面状況に応じて5つのモード切り替えが可能だ。 導入当初のグレードは全3タイプでの構成で、エンジンとトランスミッションを併せたパワートレーンは2種類用意される。 4WDモデルの「トレイルホーク」は2. 4リッター自然吸気エンジン(175PS)を搭載し、クラス初の9速ATを組み合わせており、2WD(FF)モデルは「オープニングエディション」と「リミテッド」の2タイプで、1. 4リッターターボエンジン(140PS)を搭載し、こちらはトルコンATではなく6速DCTとの組み合わせとなる。 最大トルクは両エンジンとも23. 5kgmと共通だ。 ちなみに500Xの場合、4WDモデルも1. 4リッターターボエンジンだが、30PSと2. 5kgmとなり、トランスミッションは9速ATになる。 トレイルホークに搭載する自然吸気の直列4気筒2. 4リッターエンジン。 フロントフェンダーアーチモールやテールランプのデザイン処理は、1941年に登場してジープを象徴するデザインを築いた「ウィリス」をモチーフとしている。 しかし、レネゲードでは単に流行だからとレトロデザイン手法を採り入れるのではなく、線の長さやボディーラインを現代風にアレンジすることにこだわった。 だから懐古主義が持つ独特の癖がない。 往年のジープ世代にも、またその偉業を知らない新たな世代にも好かれるユニバーサルなデザインに仕上がっている。 ボトムグレードである「オープニングエディション」以外には、スピードメーターとタコメーターの間に7. 0インチのフルカラーTFT液晶画面が埋め込まれた。 ここには、車両設定状況から燃費数値などの情報画面、さらには安全装備であるレーンキープアシスト機能などの作動状況をグラフィック化して精細に表示することが可能だ。 また、EPB(電動パーキングブレーキ)が全グレードに採用されているため、センターコンソール周辺は非常にすっきりとしたデザインにまとめ上げられた。 乗り味は駆動方式で大きな違いがある。 もっとも、搭載エンジンとトランスミッションが違うので当たり前なのだが、結論から述べてしまうとトレイルホークの俊敏さとFFモデルのしっとりとした走り、それぞれに強い個性がある。 筆者のお気に入りはトレイルホーク。 4リッターエンジンのゆとりと9速ATの緻密なシフト制御が日本の道路事情に合致しているからだ。 それに伴い実用燃費は伸びるし、そもそも回転数が低いだけあってエンジン透過音は極めて小さく、キャビンは静かに保たれるなどメリットも多い。 また、必要であれば速度域にもよるが3段分のキックダウンがDレンジのままで行え、シフトダウンそのものも瞬時に行われるのでもたつく印象は一切ない。 トレイルホークのインテリア。 プレミアムファブリックシートや助手席下収納などを専用装備 さらに2. 4リッター+9速ATの組み合わせは市街地走行でも良好だ。 頻繁なシフトダウンやシフトアップでギクシャクすることもなく、じんわりアクセルを踏んでいくと、まるでCVTのように低回転域を保ったまま淡々と増速していく。 最大トルクは23. 5000rpm台中盤からエンジンノイズが高まってくる点が惜しいが、オンロードでの基本的な運動性能はとても高い。 長めのホイールトラベルに設定されたサスペンションだが、本格的なオフロード走行も意識しているだけありオンロードでは引き締めが強く、荒れた路面では身体が揺さぶられる量も多め。 とはいえ、トレイルホークの神髄はオフロード性能だ。 一方、FFモデルに搭載される1. 4リッターターボエンジンは、低回転域からの豊かなトルクが心強い(最大トルクの発生回転数は1750rpm)。 しかし、発進時にアクセルを大きく開けた際の瞬間的な加速は緩慢だ。 ここが惜しい。 この点、他メーカーとなるが、同じくDCTを搭載しており本国でマイナーチェンジを行ったメルセデス・ベンツ「Aクラス」では、ドライビングセレクター的な機能を設け、ここでスポーツモードを選ぶと自動的にアイドリング回転数を100rpmほど上昇させて発進加速性能を向上させている。 とはいえ、この症状はDCTの構造上、完全に拭うことのできない部分であり、また、燃費数値は多少悪化するがアイドリング回転数の上昇など、トレードオフによって解決できる部分でもある。 しかし、現状のセッティングでも走り出してしまえば十分に力強く、瞬間的な変速が特徴のDCTによってぐいぐい速度を上げていくため不足はない。 また、後席での乗り心地は突き上げが少なく、トレイルホークから2割は良好な印象だった。 これにACC(Adaptive Cruise Control)が装着され、EPBにブレーキホールド機能が付けば満足度はさらに向上するだろう。 こうした走行性能だけでなく、価格的にもFFモデルであれば297万円と非常に魅力的なレネゲード。 多彩でポップなボディーカラーが揃うだけでなく、兄貴分である「チェロキー」同様、豊富なディーラーオプションが用意されている点も新たなファンを獲得する材料になりそうだ。

次の

【インプレッション】ジープ「レネゲード」 /

ゲー 速

製造国 販売期間 2015年— 5ドア ガソリン: 1. 4Lガソリンターボ マルチエア 直列4気筒 1. 0Lディーゼル マルチジェット 直列4気筒 2. 730mm (日本仕様は1,695mm) 2,570mm 姉妹車 ので発表された同名のレンジエクステンダー搭載のが源流であり 、そのデザインテイストを随所に反映させながらの下に位置する車種として開発され、3月ので。 外観はジープの原点であるの現代版をイメージしてデザインされ、ブランドの伝統に従ってセブンスロットグリルと台形のホイールアーチを採用する一方で、1940年代、がガソリンの運搬に用いたジェリー缶をモチーフにした「X」型のデザインが室内外の至る所に隠されている。 フィアットブランドで販売されるは、レネゲードと基本メカニズムの大半を共用するであり、ともに欧州、日本市場向けはイタリア・にあるSATAで生産されるが、レネゲードの北米市場向けは2015年4月に開所した・にあるFCAゴイアナ工場ならびにと系列であるとの合弁会社「FMMペルナンブーコ・コンポネンテス・オートモーティボス」の2工場で生産される。 追って、の広州汽車との合弁企業でも生産される予定である。 エンジンは、ガソリンが「マルチエア」と呼ばれる1. 4Lの(出力特性により欧州向け「マルチエア2」と北米向け「マルチエア」の2種が存在)とにも搭載される「タイガーシャーク」と呼ばれる2. 4Lの2種、は「マルチジェット」と呼ばれる1. 6Lと2. 0Lの2種のターボを市場に応じて使い分けるが、北米市場へはガソリンエンジンのみが投入される。 トランスミッションは6速、6速、製9速(マニュアルモード付)の3種がエンジンと市場に応じて組み合わされるが、日本では、4WDの場合、エンジンの種別に関わらず全て9速ATとなる。 米国では、ラチチュードとスポーツに於いて、2WDと6速MTと1. 4Lターボエンジンが標準の組み合わせで、4WDもATもオプションであり、4WDと6速MTの組み合わせは可能である。 ただし、2. 4Lエンジンを選んだ場合は9速ATとの組み合わせのみとなる。 は全車が電動式を採用する。 駆動方式はとがラインナップされるが、500Xともども、4WDシステムの開発はクライスラーが担当している。 4WDは、惰性走行などエンジン負荷が低いときには後輪の駆動力をカットし、一時的にFFとすることで燃費向上に貢献するシステムを採用。 なお、この切り替えは運転状況に応じて自動的に行われる。 グレードはチェロキー同様、オンロード志向の「Sport」、「Latitude」もしくは「Longitude」(日本では後者の「Longitude(ロンジチュード)」)、「Limited」と「アクティブドライブロー」採用で悪路走破性を高めた「Trailhawk」の計4種から構成される。 日本での販売 [ ] 2015年7月13日、FCAジャパンは同年秋に日本市場に導入することを発表し 、7月24日-26日に開催されたでは発売前の日本仕様の実車が展示された。 2015年9月1日、日本仕様を発表。 グレードはFFが1. 2016年6月29日、特別仕様車「Jeep Renegade Black Edition」を7月16日から発売すると発表。 「Longitude」をベースに、ボディカラー・シート・グリル・アルミホイール等にブラックを採用し、通常ではメーカーオプションでも設定されない「LaneSense(車線逸脱警報プラス)」「前面衝突警報(クラッシュミティゲーション付)」「ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション」「Parkview(リアバックアップカメラ)」を特別装備しながら価格を中位グレードの「Limited」よりも約10万安くした。 150台の限定。 2017年9月23日、日本での発売2周年を記念した限定車「Renegade 2nd Anniversary Edition」を発売。 カラーはアルパインホワイトのみの設定で100台限定。 「Longitude」をベースに、通常はアルパインホワイトには設定されないブラックインテリアを採用し、更にスイスのM-CRO社製キックボード「マイクロ・ホワイト・インターロック」をプレゼントとして追加しつつ、価格をベースモデルより税込172,800円安くしている。 2018年6月9日、仕様向上。 標準搭載するディスプレイオーディオがApple とに対応したUconnectシステムになり、液晶サイズもロンジチュードは7インチ、リミテッドとトレイルホークはナビ機能付きの8. 4インチにそれぞれインチアップ及び機能強化された。 ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクションおよびParkviewリアバックアップカメラの採用モデルを全車に拡大されている他、リミテッドとトレイルホークのボディ設定色を拡大、ロンジチュードとリミテッドのシートデザインも変更された。 同時に、ロンジチュードをベースとした限定車「Night Eagle」を発売。 2017年6月に発売した「Night Eagle」の第2弾で、ボディカラーはカーボンブラックメタリックとレネゲード初設定となるグラナイトクリスタルメタリックの各100台(計200台)。 エクステリアではグロスブラックのリアバンパーディフレクターやフロントフォグランプベゼル、18インチグロスブラックアルミホイール等で精悍さを高めた。 また、通常はリミテッド以上の装備になるLaneSense車線逸脱警報プラス、クラッシュミティゲーション(自動ブレーキ)付前面衝突警報、オートヘッドライト、雨量感知機能ワイパー、運転席2ウェイパワーランバーサポート、リバーシブル式高さ調整機能付カーゴフロアで利便性と快適性も向上した。 2018年9月15日、限定車「Matte Green」と「Safety Edition」を発売。 「Matte Green」はトレイルホークをベースに、レネゲードでは初となるマットグリーンのボディカラーを採用。 通常はオプションとなる地上デジタルTVチューナーを特別装備した。 限定は100台。 「Safety Edition」はロンジチュードがベースで、上位モデルであるリミテッドに装備されているLaneSense車線逸脱警報プラス、前面衝突警報(クラッシュミティゲーション付)、オートヘッドライト、雨量感知機能ワイパーを装備しつつもベースモデルの1万円高という価格に抑えたモデル。 カラーはアルパインホワイトとアンヴィルが80台、オハマオレンジとソーラーイエローが20台の計200台限定。 このうちソーラーイエローは、ベースモデルのロンジチュードでは設定が無かったカラーになる。 2019年2月23日、マイナーチェンジ。 グレードはこれまで通りの「ロンジチュード」「リミテッド」「トレイルホーク」の3種。 上位グレードの「リミテッド」が同日に発売され、「ロンジチュード」「トレイルホーク」は同年5月18日発売。 フロントフェイシアの色やデザインが一新され、「リミテッド」「トレイルホーク」のヘッドライトは新設計になりラングラーにインスピレーションを得た意匠に変更され、ハイ・ロー・フォグランプの全てがLED化された。 ホイールデザインも一新し、パワートレインには1. 4l直列4気筒マルチエア2エンジンを新たに採用した(トレイルホークはハイチューン仕様)。 他には、ドアミラーにオート格納機能が追加されたほか、オーディオナビゲーションシステムのUconnectには、地上デジタルTVチューナーが標準装備された。 2019年6月15日、限定車「Night Eagle」を発売。 マイナーチェンジ後初となる限定車でシリーズ第3弾。 ロンジチュードをベースに前回同様フロントグリル、リアバンパーディフレクター、テールランプベゼル、フロントのJeepバッジ、18インチアルミホイールをグロスブラックで統一し、内装にもグロスブラックのアクセントを施し、ソフトタッチ素材のドア内張り、革巻きステアリングホイール、オートヘッドライト、雨量感知機能ワイパーを特別装備した。 2019年7月25日、限定車「BIKINI Edition」を発売。 限定は100台。 なお、ラングラーにも同様のコンセプト、カラーで「Wrangler Unlimited BIKINI Edition」が同日に発売された。 2020年5月9日、限定車「Night Eagle」を発売。 今回はレネゲードだけでなくとにも設定される。 レネゲードはシリーズ第4弾で、ロンジチュードをベースに前回同様フロントグリル、リアバンパーディフレクター、テールランプベゼル、フロントのJeepバッジ、18インチアルミホイールをグロスブラックで統一し、内装にはピアノブラックのアクセントが追加されている。 これに加え、ロンジチュードで設定がないオートヘッドライトおよび雨量感知機能ワイパーを追加した。 車名 [ ] で「」を意味する。 車名はかつてCJ-7や、KJ型チェロキーなどで使用されたグレード名をそのまま転用しているが、その理由は 「全く新しいフレームや技術で造られたものに伝統の名をつけることで、新世代のジープを物語ることが出来るから」である。 関連項目 [ ]• - 2代目はレネゲードとプラットフォームを共用。 脚注 [ ]• Web Magazine OPENERS 2014年3月10日(2015年2月14日 閲覧)• 2014年3月6日(2015年2月14日 閲覧)• FCAジャパン 公式サイト内 2015年7月13日(2015年7月29日 閲覧)• 2015年7月28日• - FCAジャパン 2016年6月29日• - FCAジャパン 2017年9月14日• - FCAジャパン 2018年5月31日• - FCAジャパン 2018年9月7日(2018年9月7日閲覧)• - FCAジャパン 2018年9月7日(2018年9月7日閲覧)• - FCAジャパン 2019年2月14日(2019年4月11日閲覧)• - FCAジャパン 2019年4月11日(2019年4月11日閲覧)• - FCAジャパン 2019年6月3日(2019年6月5日閲覧)• - FCAジャパン 2019年7月16日(2019年7月17日閲覧)• webCG. 2019年7月18日閲覧。 - FCAジャパン 2020年4月27日(2020年4月28日閲覧)• 2015年2月13日(2015年2月14日 閲覧) 外部リンク [ ]• (英語)• FCAジャパン 公式サイト.

次の

ジープ・レネゲード

ゲー 速

2020年• 2020年4月のお題• 2020年3月のお題• 2020年2月のお題• 2020年1月のお題 2019年• 2019年12月のお題• 2019年11月のお題• 2019年10月のお題• 2019年9月のお題• 2019年8月のお題• 2019年7月のお題• 2019年6月のお題• 2019年5月のお題• 2019年4月のお題• 2019年3月のお題• 2019年2月のお題• 2019年1月のお題 2018年• 2018年12月のお題• 2018年11月のお題• 2018年10月のお題• 2018年9月のお題• 2018年8月のお題• 2018年7月のお題• 2018年6月のお題• 2018年5月のお題• 2018年4月のお題• 2018年3月のお題• 2018年2月のお題• 2018年1月のお題 今月のお題ではない、過去のお題を選択した場合はランキングに登録できません。 (記録は残ります) お名前 全角、半角を問わず、20文字以内で入力してください。 半角の+や¥は使えません。 他の人と同じ名前でも保存できます。 空白の場合はゲストとして登録されます。 変更・保存する あなたのID IDを表示する IDは他の人に教えないでください。 データを引き継ぐ場合はこのIDを控えたうえ、別のPCの同じ欄にIDを入力し、「変更・保存する」をクリックしてください。 共有PCにはIDを保存しないことをお勧めします。 変更・保存する PC内のデータを 初期化する 新しいIDを発行し、PCに保存されているデータとIDを初期化します。 現在のIDとそのデータはサーバ上に保存されています。 別のPCにデータを引き継ぐ場合はIDを控えてください。 初期化する• 54 です。 バージョンが古い場合はCtrlキーを押しながら更新してキャッシュを消去してください。 画面が表示されないときはページの端の色のついたあたりをクリックして再読み込みしてください。 ご注意 サーバー移行に伴い、タイピング速度測定のIDがクリアされている場合があります。 IDを控えていた方は このボタンをクリックして「あなたのID」からIDを入力してください。 一度に複数のブラウザでプレイしないでください。 記録が正しく保存されないことがあります。 ご注意ください。 ローマ字はヘボン式、ローマ字式など複数の入力形式に対応しています。 制限時間が30秒しかない、お題のパターンが少ない、ミスタッチのペナルティがないなど、一般的なタイピングゲームとはルールが異なるため、参考記録程度に留めてください。 ごめんなさい。 データの登録に失敗する サーバーに負荷がかかり、プログラムが正しく処理されないことが原因です。 タイピング速度測定ではない、他のサービスが原因のためサーバーを移行しない限り解決は難しいものと考えています。 瞬間打鍵速度がおかしい 何らかの原因でブラウザ(Javascript)が正しい1秒間を測れず、2秒間の記録が登録されてしまったことが考えられます。 発生頻度が低く、再現することができませんでした。 入力した文字がすべてミス扱いになる 自動的に日本語変換をオフにするよう設定されていますが、何らかの原因で日本語変換がオンになった状態で打っているものと考えられます。 発生頻度がきわめて低く、再現することができませんでした。 Firefoxではお題が正しく表示されない お題の描画に失敗したものと考えられます。 Escキーを押すか、ブラウザをすべて閉じて再度アクセスすると解決することがあります。 この問題はFirefoxのみで確認しています。 技術的に難しい、パフォーマンスに問題が出る、利用者の要望で却下、などの理由によって実装しない場合があります。 ご了承ください。 アンケートの設置• 結果画面に秒間打鍵数のグラフ、よくミスするキー、自己最高記録との差を表示する ランキング にアクセスしてください。 ランキングページ右上のドロップダウンメニューから他のランキングを見ることができます。 みんなの最新結果 全ての結果はやよりご覧いただけます。 リンク• 日本語変換までを含めた、「タイピング速度測定」の姉妹版のタイピングゲームです。 現在ベータ版で、IE、Chromeでしか動作しません。 タイピングの基礎を学ばせていただきました。 「タイピング速度測定」の作成にあたり、最も大きい影響を受けています。 ゲーム性、ランクを参考にさせていただきました。 無料効果音を利用させていただきました。 無料効果音を利用させていただきました。 運営会社です。 楽しいニュースや ほっこりするニュースなど、全国各地からピックアップしています。 開発者個人のTwitterです。 お問い合わせ ご意見やリクエストがございましたら、 までお寄せください。 (お気軽にフォローください) このサイトはが運営しています。

次の