の の うら の ん。 建築のページ−Architecture Guide−

『おうちで食べるうらかわごはん』情報(6月11日現在)

の の うら の ん

ウラなんばとは 難波から日本橋のあいだ「千日前」に広がる飲食店街が「ウラなんば」と呼ばれ、 個人で経営している小さな店舗を中心に、和洋中様々なジャンルの飲食店が100店舗以上立ち並びます。 ライバル同士である飲食店。 しかし、ここでは飲食店同士の横のつながりがこのエリアを盛り上げています。 さらにお客さんが主体となってイベントを開催するなど、お店とお客さんの一体感が強い場所です。 今では、雑誌meetsに一冊まるまる特集を組まれたり、NHKの取材が入ったり、吉本新喜劇で「ウラなんば花月」が行われるなど外部からも注目されています。 「ウラなんば」に公式な定義はありませんが、このサイトでは ・南北は千日前通りあたり〜なんさん通り ・東西は高島屋くらい〜黒門市場 としています。 (アーケードをのぞいていたり、エリアからちょっと外れる場所も入ることもありますが、、、) ウラなんばの始まり ウラなんばの始まりは2010年。 当時は道具屋筋や家具屋通りの倉庫がならび、キャバレーの電飾が光るエリアでした。 個人飲食店の店長が「このエリアの飲食店を盛り上げていこう」と始まったウラなんば。 当初は堺筋から一本西の通り周辺からはじまり、堺筋を挟んだ黒門市場周辺の店舗と広がっていったという経緯があります。 最初にできた「ウラなんばマップ」にのっている飲食店の数はわずか11店舗。 そこから1年ごとに店舗数は増え、今では加盟店舗ではなくエリアそのものがウラなんばと言われるようになりました。

次の

【うらみちお兄さん】最新刊5巻含め全巻無料で読めるか試してみた!

の の うら の ん

月・火・木~日・祝前日・祝日 ランチ 11:30~14:00 (L. 13:30、ドリンクL. 13:30) ディナー 17:00~23:00 (L. 22:30、ドリンクL. 22:30) 定休日• 水曜日• 第1火曜日、第3火曜日 平均予算• 7,000円(通常平均)• 2,000円(ランチ平均) クレジットカード• VISA• MasterCard• JCB• アメリカン・エキスプレス• ダイナースクラブ• Discover Card• MUFG• NICOS• UFJ• セゾン• Alipay• paypay 予約キャンセル規定• 直接お店にお問い合わせください。 シェフ・料理人•

次の

『おうちで食べるうらかわごはん』情報(6月11日現在)

の の うら の ん

吉備地方の平野(から望む) 伝承によると、温羅は異国から飛来して吉備に至り、製鉄技術を吉備地域へもたらして鬼ノ城を拠点として一帯を支配したという。 吉備の人々は都へ出向いて窮状を訴えたが、温羅はが派遣した武将から逃げおおせて倒せなかった。 このため(第10代)は(第7代)の子での1人のを派遣した。 討伐に際し、五十狭芹彦命は現在のの地にを構えた。 温羅に対して矢を1本ずつ射たが温羅はその都度石を投げて撃ち落とした。 そこで命が2本同時に射たところ、1本は撃ち落とされたが、もう1本は温羅の左眼を射抜いた。 すると温羅はに化けて逃げたので、五十狭芹彦命はに化けて追った。 さらに温羅はに身を変えて逃げたので、五十狭芹彦命はに変化してついに捕らえたところ温羅は降参し「吉備冠者」の名を五十狭芹彦命に献上した。 これにより五十狭芹彦命は吉備津彦命と呼ばれるようになった。 討たれた温羅の首はさらされることになったが、討たれてなお首には生気があり、時折目を見開いてはうなり声を上げた。 気味悪く思った人々は吉備津彦命に相談し、吉備津彦命は犬飼武命に命じて犬に首を食わせて骨としたが、静まることはなかった。 次に吉備津彦命は吉備津宮の釜殿の竈の地中深くに骨を埋めたが、13年間うなり声は止まず、周辺に鳴り響いた。 ある日、吉備津彦命の夢の中に温羅が現れ、温羅の妻の阿曽媛に釜殿の神饌を炊かせるよう告げた。 このことを人々に伝えて神事を執り行うと、うなり声は鎮まった。 その後、温羅は吉凶を占う存在となったという(吉備津神社の)。 この釜殿の精霊のことを「丑寅みさき」と呼ぶ。 人物 [ ] 温羅側• 温羅(うら) 「吉備冠者」「鬼神」とも。 を拠点とした鬼。 渡来人で空が飛べた、大男で怪力無双だった、大酒飲みだった等の逸話が伝わる。 出自についても渡来説・渡来説・渡来説・渡来説・渡来説など複数の伝承がある。 阿曽媛(あそひめ) 温羅の妻。 阿曽郷(現・総社市阿曽地区)の祝の娘。 王丹(おに) 温羅の弟。 吉備津彦命側• (きびつひこのみこと) 記紀に記載あり。 「大吉備津日子命」とも。 いずれも吉備平定後の名で、本の名を「彦五十狭芹彦命(ひこいさせりびこのみこと、比古伊佐勢理毘古命)」。 第7代皇子。 『日本書紀』ではに数えられる。 『古事記』『日本書紀』とも、吉備へ征伐に派遣されたとする。 地元では、妃として百田弓矢比売命 や高田姫命(たかだひめのみこと) の名が伝わる。 (わかたけひこのみこと) 記紀に記載あり。 「若日子建吉備津日子命」とも。 兄を「大吉備津彦命」、稚武彦命を「吉備津彦命」と記す場合もある。 第7代皇子で、吉備津彦命の弟。 『古事記』では、兄とともに吉備へ派遣されたとする。 犬飼武命(いぬかいたけるのみこと) 忠実な家臣といい、桃太郎における犬のモデルとされる。 後世、。 楽々森彦命(ささもりひこのみこと) 当地出身の家臣で智将といい、桃太郎における猿のモデルとされる。 その出自は県主であったともいい、娘の高田姫命が吉備津彦命に嫁いだともいう。 留玉臣命(とめたまのみこと) 「遣霊彦命」とも。 鳥飼に優れた家臣といい、桃太郎における雉のモデルとされる。 関係地 [ ] - - - () 吉備津彦命本拠地。 (きのじょう) 奥坂( )。 式山城で、国の史跡。 温羅の本拠地という。 鬼の釜(おにのかま) 総社市黒尾( )。 鬼ノ城への登山道脇に所在。 総社市指定有形文化財。 温羅が生け贄を茹でたという(実際には新山寺の湯釜か )。 鬼の岩屋(鬼の差し上げ岩) 総社市奥坂( )。 岩屋寺にある洞窟。 温羅が住んだ地という。 阿宗神社(あそうじんじゃ) 総社市奥坂( )。 温羅の妻の阿曽媛の関係地という。 一帯の阿曽郷からは古代製鉄跡が多数発掘された。 また吉備津神社の鳴釜神事に使用する釜は、当地の鋳物師によるものと定められている。 吉備津( )。 ()、。 本殿は国宝。 吉備津彦命が本陣を置いた地という。 また、吉備津彦命が営んだ斎殿跡ともいい 、命を主神に祀る。 本殿外陣の東北(艮)隅には「艮御崎神」として温羅と王丹(弟)が祀られ、末の『』では「艮みさきは恐ろしや」と詠われている。 岡山市北区一宮( )。 吉備津彦命を祀る。 境内末社に温羅のを祀る温羅神社があるほか、本殿周囲四隅に楽々森彦命・楽々与理彦命・夜目山主命・夜目麿命を祀る。 温羅神社(吉備津彦神社末社) 戦い伝承地 [ ]• 矢部( )。 吉備津彦命が石楯を築き防戦準備をしたといい、頂上の5つの平らな岩が石の楯という。 矢置岩 岡山市北区吉備津の吉備津神社境内( )。 吉備津彦命が矢を置いたという。 古くはであったと推察されている。 1月3日には伝承に関連した「矢立の神事」が行われる。 矢喰宮(やぐいのみや) 岡山市北区高塚( )。 温羅が投げた石が吉備津彦命の放った矢と当たって落ちた地という。 境内には多くの巨岩がある。 血吸川(ちすいがわ) 鬼ノ城から南へ矢喰宮そばを流れる川( )。 吉備津彦命が2本同時に放った矢の1本が温羅の左目に当たり、血が吹き出して川となったという。 赤浜(あかはま) 総社市赤浜( )。 集落名。 温羅の血により真っ赤に染まったことに由来するという。 鯉喰神社(こいくいじんじゃ) 倉敷市矢部( )。 鯉に化けて逃げた温羅を、鵜に化けた吉備津彦命が捕まえた地という。 鯉喰神社 終焉伝承地 [ ]• 白山神社 岡山市北区首部( )。 温羅が首をはねられた地という。 また首が串に刺されてさらされ、「首村(こうべむら、現・首村)」の地名由来になったともいう。 境内には温羅を祀る鬼神首塚が残る。 (おかまでん) 岡山市北区吉備津の吉備津神社境内( )。 境内の一角にあり、建物は国の重要文化財。 温羅の首がうなり続けるため首村から移し、御釜殿の土中に埋められたという。 温羅にまつわるはの『』で知られる。 艮御崎神社(うしとらおんざきじんじゃ) 岡山市北区辛川市場( )。 「小丸山」という丘上にある。 温羅の胴体を祀るという。 青陵神社(あおはかじんじゃ) 岡山市北区谷万成( )。 吉備津彦命・温羅の戦いで討たれた2人の鬼の首を祀るという。 岡山市北区吉備津( )。 宮内庁治定「大吉備津彦命墓」。 吉備の中山山頂にある。 その他 [ ]• (つづみじんじゃ) 岡山市北区上高田。 吉備津彦命の后という高田姫命を祀る。 また、高田姫命の出生地は当地で、その父はとして当地を治めた楽々森彦命であるという。 関係文書 [ ]• 『』 末の歌謡集。 吉備津神社について次の歌を伝える。 『』 11年()5月16日の記事で、鳴釜の存在を伝える。 『備中吉備津宮勧進帳』 、11年()。 「鬼神」として伝承を掲載。 温羅伝説の初見。 『鬼城縁起(鬼ノ城縁起)』 中期の年間()の書写か。 「鬼神」として伝承を掲載。 『備前吉備津彦神社縁起写』 江戸時代前期、年間(-)。 「吉備冠者」として伝承を掲載。 『備中国大吉備津宮略記』 江戸時代中期、賀陽為徳著。 「百済の王温羅」として伝承を伝える。 『』 江戸時代中期、著。 「」に鳴釜神事の様子を伝える。 考証 [ ] 伝承では、温羅は討伐される側の人物として記述される。 一方で、製鉄技術をもたらして吉備を繁栄させた渡来人であるとする見方 、鉄文化を象徴する人物とする見方もある。 吉備は「真金(まかね)吹く吉備」という言葉にも見えるように古くからの産地として知られており 、阿曽媛の出身地の阿曽郷(鬼ノ城東麓)には製鉄遺跡も見つかっている。 また、鬼ノ城から流れる血吸川の赤さは、によるものともいわれる。 また、吉備津神社の本来の祭神を温羅であると見る説もある。 この中で、に吉備が服属する以前の同社には吉備の祖神、すなわち温羅が祀られていたとし、服属により祭神が入れ替わったと推察されている。 注釈 [ ]• , p. , pp. 58—60。 , p. 40に拠る。 , p. 吉備津神社の内宮社祭神• 鬼の釜 史跡標柱。 , p. 607. , p. , p. 608. , pp. 71—72. , pp. 58—60. , p. , p. , p. 239. , p. 174. , p. 238. , p. , p. 参考文献 [ ]• おかやま観光コンベンション協会。 『岡山桃太郎と鬼 吉備津彦と温羅』岡山桃太郎と鬼研究会編、岡山桃太郎と鬼研究会、2004年。 志野敏夫 『岡山理科大学紀要第』 35B号、37—45頁、1999年。。 『岡山県謎解き散歩』柴田一編、新人物文庫、2012年。 温羅伝説 -史料を読み解く-(岡山文庫284). 日本文教出版. 2013. 『日本歴史地名体系 岡山県の地名』、1988年。 藤井駿 『吉備地方史の研究』 山陽新聞、1980年 [1971年]。 藤井駿 『吉備津神社』(版) 日本文教出版〈岡山文庫 52〉、2008年 [1973年]。 薬師寺, 慎一『』吉備人出版、2008年。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - 公式サイト.

次の