三郷 市 台風。 三郷市の屋根リフォーム|スレート屋根をカバー工法でガルバリウム鋼板に張り替えました|千葉県・関東圏の屋根修理は屋根修理プラスにお任せ!

今回台風での江戸川・中川の水位と 埼玉県三郷市の防災について。長...

三郷 市 台風

伊豆諸島では、濃霧による視程障害に注意してください。 梅雨前線が東シナ海から伊豆諸島を通り、日本の東へのびています。 東京地方は、おおむね曇りとなっています。 27日は、東日本は高気圧に緩やかに覆われますが、気圧の谷や湿った空気の影響を受けるため、曇り時々晴れとなるでしょう。 東京都では高温が予想されるため、熱中症などの健康管理に注意してください。 28日は、前線が関東地方沿岸付近まで北上するため、雨で明け方から朝は雷を伴い激しく降る所がありますが、昼過ぎからは曇りとなる見込みです。 伊豆諸島でも、雨や雷雨となり激しく降る所があるでしょう。 【関東甲信地方】 関東甲信地方は、曇りや晴れとなっています。 27日は、東日本は高気圧に緩やかに覆われますが、気圧の谷や湿った空気の影響を受ける見込みです。 このため、曇りや晴れで、午後は、山沿いを中心に雷を伴い激しい雨の所があるでしょう。 28日は、前線が関東地方沿岸付近まで北上する見込みです。 このため、雨や曇りで、関東地方南部や伊豆諸島では雷を伴って激しく降る所があるでしょう。 関東地方と伊豆諸島の海上では、27日はうねりを伴い波が高いでしょう。 28日はうねりを伴ってしける見込みです。 また、所々で霧が発生しています。 船舶は高波や視程障害に注意してください。

次の

【一番当たる】埼玉県三郷市の1時間毎の天気

三郷 市 台風

お問い合わせの経緯 新築から、25年が経過をしたこともあり、屋根リフォームを、検討していました。 ちょうどその時、近所を外壁塗装しているという、リフォーム会社の営業に屋根の劣化を指摘されたこともあり、本格的にメンテナンスを検討していました。 訪問販売業者に、無料の屋根点検を勧められましたが、インターネットで会社名を調べても、ヒットせず、担当者が名刺も持ち合わせていなかったため、不審に感じ、他の業者を探すことにしました。 インターネットで三郷市周辺の屋根業者を探していた際に、弊社のホームページをご覧になり、興味を持って頂きました。 建物の設計や構造に関する、国家資格の建築士の、国家資格保有者が在籍しており、信頼性を感じていただき、現地調査のご依頼をいただきました。 ビフォーアフター 担当者のコメント お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い、屋根の劣化症状を確認させていただきました。 外壁はサイディング、屋根はスレートの2階建の戸建て住宅でしたが、築年数25年が経過したこともあり、屋根の劣化がみられました。 屋根材にチョーキング現象と呼ばれる、塗料の劣化症状が発生し、棟板金に錆が発生している状態でした。 屋根塗装によるメンテナンスも可能でしたが、結局、次回のメンテナンスの際に、カバー工法でガルバリウム鋼板に張り替える必要があったため、築年数25年のタイミングでカバー工法による、ガルバリウム鋼板のへの葺き替えリフォームをご提案させていただきました。 カバー工法とは既存のスレート瓦の上に新しく、ガルバリウム鋼板屋根を施工する、スレート屋根に特化した、屋根のリフォーム工法です。 ガルバリウム鋼板とは、金属製の屋根材ですが、塗装によるメンテナンスの必要が無い、メンテナンスのフリーの屋根材です。 将来的なメンテナンス費用が発生しないため、比較的早い段階でガルバリウム鋼板に張り替えることで、屋根塗装によるメンテナンスの機会を削減できるため、費用対効果の高い屋根リフォームを実現できます。 築年数25年の屋根でしたが、ガルバリウム鋼板に張り替えることで、費用対効果の高い屋根リフォームを実現できることから、カバー工法による屋根の葺き替え工事をご提案させていただきました。 屋根の劣化症状と現地調査の様子 ここからは、屋根の劣化症状と現地調査の様子について具体的に見ていきましょう。 屋根の頂点の棟板金が、錆びていました。 屋根馬(アンテナ)のもらい錆による腐食です。 屋根全体が、ホコリが被ったように白く汚れています。 これはチョーキング現象と呼ばれる、スレート瓦の代表的な劣化症状です。 紫外線の影響で、表面の塗装が劣化して、粉状に劣化することから発生します。 こちらは別の屋根面です。 先ほどの屋根面と同様に、チョーキング現象が発生しています。 屋根の全体写真です。 チョーキング現象は太陽の紫外線の影響で発生します。 そのため、マンションの日陰や北側の屋根面など、日当たりによって、劣化速度が異なります。 北側の屋根面はキレイであっても、南側の屋根面のスレート瓦にチョーキング現象が発生していることも多いので、専門業者で現地調査を行って、屋根の正確な劣化症状を確認することが重要です。 屋根カバー工法の工程と現地調査の様子 屋根カバー工法とは既存のスレート屋根の上に、新しくガルバリウム鋼板屋根を被せる、スレート屋根に特化した、葺き替え工法です。 従来の葺き替え工法と比べて、工期が短く、廃材が出ないため、安く新しい屋根材に葺き替えられるのが特徴です。 それでは、ここからは、屋根カバー工法の工程と現地調査の様子について具体的に見ていきましょう。 【工程1】棟板金・雪止め金具の撤去 まずはじめに、屋根の障害物となる、「棟板金」と「雪止め金具」を撤去します。 屋根の雪止め金具を撤去しました。 軒先部分にはスターターと呼ばれる、新しい屋根材を設置するための部材を取り付けます。 【工程2】ルーフィング(防水シート)の施工 棟板金、雪止め金具の撤去が完了したら、ルーフィングシートを施工します。 ルーフィングシートとは屋根の防水シートですが、屋根の二次防水として、重要な役割がある部材です。 写真のシート状の素材が、軒先(下部)から棟(高部)に向かって順番にルーフィングシートを施工します。 ルーフィングシートの施工が完了しました。 なお、ルーフィングシートにはいくつか種類がありますが、ガルバリウム鋼板屋根の場合、改質アスファルトルーフィングと呼ばれる、耐久性に優れた、製品を使用します。 補足情報ですが、ルーフィングシートは釘で固定しますが、釘を打ち付ける際に、ルーフィングシートを貫通してしまいます。 そのため、ルーフィングシートを固定する際は、フェルトを1枚挟んで、釘を打ち付けます。 【工程3】棟下地の施工 ルーフィングの施工が完了したら、棟下地を施工します。 胸下地とは、棟板金を設置する際に、土台となる下地板です。 棟下地の施工が完了しました。 棟下地はガルバリウム鋼板を施工する際のガイドとしての役割もあります。 【工程4】屋根本体(ガルバリウム鋼板)の施工 胸下地の施工が完了したら、屋根本体(ガルバリウム鋼板)を施工します。 ルーフィングシートと同様に、軒先から棟に向かって順番にガルバリウム鋼板を設置します。 なお、ガルバリウム鋼板は、ニチハの横暖ルーフという、耐久性に優れた製品を使用します。 2段目〜3段目にかけて、雪止め金具を施工します。 1面の施工が完了しました。 寄棟屋根は4つの屋根面がありますが、2面の切妻屋根と比べて、屋根材の加工や工数が増えるため、若干割高になります。 ガルバリウム鋼板の施工が完了しました。 【工程5】棟板金の施工 最後に棟板金を取り付けたら、施工完了です。 棟板金お取り合い部分は、コーキングで隙間をシーリングします。 屋根カバー工法の施工後の様子•

次の

気象庁 | 気象警報・注意報 | 三郷市

三郷 市 台風

こんにちは。 副編集長のシイノキ()です。 西日本で発生した記録的な豪雨により、亡くなられた方々へのご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。 出来ることは多くないので、とりあえず少額の寄付金だけをソッと続けたいと思います。 アプリやインターネットで、地域の災害対策や予備知識を得ておきましょう さて。 遠く西日本で起きてしまった災害。 テレビ画面やモニターを通して見ていると、心理的な距離感もあるせいか、どうしてもどこか自分事ではない感じがしてしまいます。 と、ここで2017年秋のことを思い出しましょう。 まだまだ記憶に新しい出来事ですが、この時、三郷市の西側の境界を流れる中川が 氾濫危険水位(レベル4)に達し、氾濫寸前までいきました。 2015年にもレベル3までいきましたね。 首都圏だし、しっかりした堤防もあるし、三郷は大丈夫!なんてのは幻想で、いつ我が身に水災がふりかかってもおかしくないです。。。 てか、最近、天候おかしいですしね。 三郷にも水没の過去あり 昭和22年9月、日本を襲った カスリーン台風。 この時、利根川・荒川などが決壊し、 三郷市を含む埼玉県東部は広い地域で浸水の被害を被ったそうです。 こちらは葛飾区が配信している動画ですが、どえらいことになってます。 死者は1,077名、行方不明者は853名、負傷者は1,547名だったそうです。 この時、三郷で被災した祖父は 『あの時は、だいたいの家の1階は全部沈んだんだ』 と語ってくれました。 この時に使用したと言う木製の舟が、「また使うことになるかもしれない」と、祖父母の家にしばらく置いてありましたよ。 堤防によって守られているということは、堤防がなくなればとんでもないことになるということ。 話が全く違いますが、40メートルの津波が襲ってくるという現実を考えれば、堤防があっさり壊れるほどの水量の雨が降ることもありえるわけで。 その時、自分の住んでる街がどうなるのかというイメージは持っておいた方がいいです。 アプリやインターネットで得られるハザードマップ 三郷市のサイトでは、洪水や地震による被害予測を地図上に示した 『ハザードマップ』が見られます。 PDFがダウンロード出来るので、試しに見てみましょう。 実寸のハザードマップは実際のファイルを見ていただくとして。 ハザードマップは利根川が氾濫したパターン、江戸川が氾濫したパターンが掲載されています。 ざっと見た感じ、三郷市の大きな範囲で1メートルから5メートルが浸水するという衝撃的な事実が判明します。 こえぇ! 50cm未満で済むのは、市役所の北一帯あたりだけですね。。。 こちらの資料、決壊からどれくらいの時間で水が到達するのかまで把握出来るので、必見です。 江戸川なら2時間、利根川なら24時間で浸水するようですね。 準備さえしておけば余裕で逃げられる。 あとこちら。 利根川はん濫時の浸水想定、揺れやすさ(想定震度)、建物倒壊危険度、避難場所の情報を表示する アプリがAndroid・iOSともにリリースされています。 実際にダウンロードして見てみました。 利根川氾濫時は全域水没して避難場所は2F以上しか使えないんですね…。 ちなみに、我が家のエリアを見てみましたが、 想定浸水は2メートル〜3メートルでした。 ……ワオです。 そこまで把握することが出来れば、ある程度対策も出来そうかな。 一軒家の方は、食べ物や水の備蓄は2階にも必要だと思う 震災時の備蓄は1階でもOKですが、 三郷の場合、洪水・浸水時には1Fは水没してしまいそう。 なので、食料や水の備蓄は一軒家の方は2Fにもある程度用意しておいた方が安心な気がします。 一般的に、クローゼットや寝室?とかですかね。 2Fにリビングがあるご家庭とかは安心かも。 アパート・マンションの方は、住民や大家さん、管理会社さんとコミュニケーション取りつつ、なんらかの対策をしておきたい。 あとはそうですね。。。 救命具・浮き輪なんかも置いておいてもいいのかな。 もっと言うと、 ゴムボートとかがあると更に安心ですよね。 アウトドアが趣味な方は、シレッと買っちゃってもいいんじゃ。 いや、違いますよ、俺が欲しいとか、そういうわけじゃないです。 1万円前後から購入できそうなので、Amazonとかで探してみましょう。 今回はリンクは張りません。 備えあれば憂いなし しかし、三郷市の大体が水没するとか、どうしたらいいんだろね。 川が氾濫するほどの雨が降らないことを祈るしかないのだけど、こればかりはわからんからなぁ。。 2〜3メートルか。 約190cmある親父も沈みきるほど。 シイノキパパでかい。 でも、土砂崩れとかの心配がない分だけいいのかもね。 今回の被災地は山沿いも多くて土砂災害がすごい。。。 少しでも早く落ち着けるようにお祈りします。 暑さもきついので、水分はとれるタイミングに十分とっていただいて。 旦那さんだけ遺して、みんな亡くなってしまったとか、そういうの見るとなんだか胸が苦しくてよ……。 みさ子さんはどこかしらでしぶとくやれそうだけども。 あたしの心配もしろや! でも、そうだね。 実際に災害が起きた時、子どもたちとどうコミュニケーションとるかも話しておかなきゃいけないな。

次の