コー イケル ホン ディエ。 コーイケルホンディエの性格や特徴、しつけや寿命、飼い方は?

コーイケルホンディエ

コー イケル ホン ディエ

コーイケルホンディエ子犬は、 登録者がブリーダーさんのところで撮影していますが、頻繁に訪問できない地域もあります。 写真のない情報や、出産前情報など有ることもあります。 コーイケルホンディエ子犬インラインフレーム 写真のない情報や、出産前情報など有ることもあります。 コーイケルホンディエ子犬選びは、これからワンちゃんと長い間暮らしていく上で、 重要なポイントです。 あなたは、 コーイケルホンディエの子犬を選ぶことは出来ますが、子犬はあなたを選ぶことは出来ません。 お互いが幸せな生活を送れますよう、 以下のステップを踏んで選んで行きましょう。 ・成犬時の大きさは? ・初心者向きか? ・性格は、穏やかか? ・運動や手入れの手間は? ・躾しやすいか? ・犬を飼っても良い環境か? ・室内・室外どっちで飼うのか? ・近くに運動できる場所はあるか? ・誰が世話をするのか?(散歩をする人は?) ・性別は?(気性・しつけのしやすさ・出産させるのか?) ・血統にこだわるのか? ・ペット用、ショー用? ・短毛、長毛? ・1頭で飼うのか?多等飼いか? 環境の確認と家族の承諾を得た上で、 運命のコーイケルホンディエの子犬に出会ったときに直ぐに、 行動できるように心の準備も整えてください。 カテゴリー: , 投稿日: 投稿者: 犬種の特徴は、 血統書発行団体の規定に沿った内容です。 毛色等はその種に認められた規定になります。 体高、体重などは基本的なサイズとして規定に近いほどスタンダードに近いと言えますが、 近年の平均的なサイズを表しているものではありません。 家庭で飼われている犬・猫のサイズが、 規定より大きすぎる場合や、又は、小さすぎる場合、 それが健康に大きく影響を与えるものではありません。 犬のサイズに関係なく、健康管理は飼われる方の、 日頃から愛情持って接することで、体調の変化などに、 素早く気づき、対応していただくことが、何よりも重要です。 「ウィキペディア Wikipedia : フリー百科事典」より( 最終更新 2011年11月18日 金 06:24 ) コーイケルホンディエは、オランダ産の中型犬の一種。 俗にコイケルホンド、コイケル等と呼ばれる。 日本ではまだ知名度が低く、ブリーダー自体もまだまだ少ない。 JKCの登録頭数は、1999年に6頭で近年は132頭 2007年。 87頭 2008年)。 115頭(2009年)。 96頭(2010年)と100頭前後で増えてきている。 歴史 : 16世紀からオランダでカモ猟に使われていた犬。 銃が発明される以前のカモ猟では網が用いられていたが、網を打つ前に鳥をおびき寄せるのがこの犬の仕事だった。 カモ猟では、ふさふさした尾を茂みの中から見え隠れするように動かし、仕掛けた網や、銃の射程距離内にカモをおびき寄せていた。 オランダ王室でも飼われていたという。 第2次世界大戦が終了するまでには殆どが全滅してしまい、一時期は世界で5頭までに減少した。 現在では愛好家の努力によって少しずつ増えてはいるが、依然として本国オランダ以外では非常に希少な犬種となっている。 現在では、主にペットとして生存している。 特徴 : 体重は約7〜15kg、体高は35〜40cm。 体高と体長がほぼ等しい。 垂れ耳には豊富な飾り毛と垂れ尾を持っている。 被毛は、真直ぐ、或いは軽くウェーブした長めの被毛を持っている。 耳や腹、尻、四肢などには飾り毛があり、特に尾には豊富な飾り毛を持っている。 元々猟犬であるため、ボール遊びなど十分な運動を必要とする。 性格は、陽気で気立てが良い。 フレンドリーで活発、環境適応性が広く遊び好き。 頭もよく、飼い主や家族に忠実である。 カテゴリー: , 投稿日: 投稿者:.

次の

コーイケルホンディエの性格や特徴、しつけや寿命、飼い方は?

コー イケル ホン ディエ

この記事でまとめたこと• コーイケルホンディエの性格は? コーイケルホンディエは陽気で温和、人懐っこくて飼い主に忠実な性格をしています。 環境適応能力に優れ、友好的で無駄吠えも少ないので、他の動物や小さな子どもともうまく共存することができます。 自立心も強くなく神経質な面も少ないので、いつも家族を楽しませようとしてくれますよ。 寂しがり屋な一面もあるので家族としっかりコミュニケーションをとるように心がけてくださいね。 長時間放置したり、厳しく突き放したりする態度は甘えん坊のコーイケルホンディエにとってはストレスになってしまうのです。 コーイケルホンディエの特徴は? 体高と体長がほぼ等しいスクエア型で体高は35~41cm、体重は9~11kg前後の中型犬に分類されます。 毛色は、ホワイトの地色に鮮やかなレッドのまだら模様です。 コーイケルホンディエは被毛の完成に約2年かかるといわれています。 小さめの耳や腹にあるフリンジ状の豊富な飾り毛と、羽毛状の豊富な飾り毛があるふさふさの尻尾がチャームポイントです。 銃が発明される以前のカモ猟では尻尾を茂みの中から見え隠れするように動かし、仕掛けた網や、銃の射程距離内にカモをおびき寄せていたというユニークな逸話を持つ犬でもあります。 コーイケルホンディエのしつけは? コーイケルホンディエはもともと猟犬なので、主従関係をはっきりさせることから始めてください。 のみ込みが早く人に親しむ性格で、基本的にはとてもしつけがしやすい犬種です。 ただ、元気が有り余っているので子犬時代のしつけは少し大変かもしれません。 根気よくしつけてあげてくださいね。 賢く学習能力の高い犬種なので長めの散歩やゲーム、頭を使ったスポーツなどをうまく取り入れながらしつけを行うといいですよ。 しつけを行う際には褒めて伸ばすのがオススメです。 うまく命令をこなすことができたら、オーバーリアクションで喜んであげることで、モチベーションがアップしますよ。 コーイケルホンディエの寿命は? コーイケルホンディエの寿命は12~14年で中型犬としては平均的なのですが、遺伝疾患が多いので気を付けてください。 かかりやすい疾患としてセロイド・リポフスチン脳症や血液疾患であるフォン・ヴィレブランド病、神経が麻痺して次第に歩けなくなる遺伝性壊死脊髄障害(ENM)があげられます。 中でもVWD(フォンビルブラント病)という遺伝病には特に注意が必要です。 この病気を持っていると、鼻血や歯茎の出血、ヒート中の出血、ケガをしたときに出血が止まらないという症状がでます。 現在は親犬がVWDをもっていないかという遺伝検査が実施されており、親犬がもっていなければ子犬も発症する心配はありません。 飼う前には親犬が検査をしているか、必ず確認してくださいね。 コーイケルホンディエの飼い方は? 家族とのコミュニケーションを大切にする犬種なので、できれば屋内で飼育することをおすすめします。 もともと猟犬なのでスタミナが豊富です。 毎日最低でも1日2回それぞれ60分程度の運動が必要です。 肉体的な運動に加え、頭も一緒に使うフリスビーやアジリティなどをしてあげると喜びますよ。 ドッグランに連れて行ってあげたり、ボール遊びや水遊びをしてあげたりすることも併せてオススメです。 猟犬としての本能からか散歩の時に鳥や猫を追いかけまわすこともあります。 きちんとリードをつけて、しっかりと離さないように持ってくださいね。 垂れ耳のため、蒸れたり汚れがたまりやすいです。 定期的に耳掃除をしてください。 被毛のお手入れは、毎日ピンブラシやスリッカーを使ってブラッシングするだけでも毛並みが美しく整います。 毛が長い耳の周り、おしりや尻尾の飾り毛はコームを使うと便利です。 シャンプーは成犬であれば1ヶ月に一度程で十分です。

次の

コイケルホンディエ/子犬/ブリーダー/レオトップランド

コー イケル ホン ディエ

子犬価格• 日本でも専門のブリーダーがいますが数が少なく、年間に90頭前後しか生まれていません。 コーイケルホンディエのおすすめドッグフードや餌代は? コーイケルホンディエは、アレルギー性やアトピー性の皮膚疾患になりやすい犬種です。 フードを選ぶ際は、 穀物や人工添加物を使用していないかどうかを必ずチェックするようにしてくださいね。 また、遺伝的要因が多いですが股関節形成不全にもなりやすいので 関節のケアに良いとされる成分や筋肉の維持に欠かせない「タンパク質」が豊富に含まれているフードがおすすめですよ。 おすすめドッグフード コーイケルホンディエにおすすめのドッグフードは「モグワンドッグフード」です。 主原料として使用されているのはサーモンのほか低脂質・高タンパク質のチキン。 コーイケルホンディエの丈夫な骨格や筋肉をつくり維持するのをサポートしてくれますよ。 飼育に必要なグッズ• ケージ• 食器類• トイレ用品• ケア用品• 首輪・リード コーイケルホンディエを飼育するためには、「ケージ」「食器類」「トイレ用品」「寝床」「ケア用品」「首輪・リード」などが必要です。 総額で5万円で揃えることができます。 ケージ ケージは屋根つきを用意しておくと脱走の危険がなく安心です。 成長期のコーイケルホンディエの骨は完成してなく柔らかい状態です。 連続でジャンプしたり負担をかけると後天的に膝蓋骨脱臼などの病気を起こす場合もあります。 床材を滑りやすいフローリングなどでなく、衝撃吸収性があり滑らないラグなどを敷く対策も必要ですよ。 合計2万円程度で購入できます。 食器類 食器は100円ショップで販売されている物でも問題はありませんが、プラスチック製だと食べているときに動いて食べ辛かったり、噛んだときに傷がつき雑菌が繁殖したりして不衛生になります。 陶器製、金属製の重量のある食器を選んでくださいね。 1000円程度で揃えられますよ。 トイレ用品 トイレ用品とは、ペットシーツとそのペットシーツを入れておくトレイのことです。 誤飲を避けるためにもメッシュ状の網がついたトレイを選び、トイレシーツは100枚入り1000円程度で購入できます。 寝床 毛布やペットベッドなどの寝床も用意しますが、トイレトレーニングが成功しトイレをしっかり覚えてから用意します。 最初のうちは洗いやすい毛布やバスタオルを活用すると、トイレを失敗した場合に丸洗いすることができてもしものときに便利ですよ。 子犬用のベッドは約3000円程度です。 ケア用品 コームやスリッカーブラシ、ピンブラシなどのブラシや、犬用の爪きり、シャンプー・リンスーなどのケア用品も用意しておきます。 軽く梳かす程度ならコームを抜け毛を取るならスリッカーブラシを使用します。 毛が長い耳の周りやおしり、尻尾の飾り毛はコームを使って、その他全身はピンブラシかスリッカを使って毎日ブラッシングをすると綺麗な毛並みを維持できますよ。 それぞれ1000円程度で購入可能です。 首輪・リード 首輪による「首が絞まる」「どこかに引っ掛ける」「首からずれて口に移動する」などの事故は、成長に合わせてぴったりなサイズを選ぶことで防ぐことができます。 3000~5000円程度で様々なタイプの首輪やリードが選べます。 コーイケルホンディエの飼育はどのくらいお金がかかる? 生涯かかる合計費用• コーイケルホンディエの飼育にかかる初期費用は「子犬価格」を40万円とすると「飼育環境」を合わせて約50万円です。 年間費用には「餌代」「ケア用品」「トイレ用品」「医療費 ワクチン代 」が含まれます。 小型犬の医療費は年間3万円ほどなので、年間費用は15万円です。 コミュニケーションをたくさん取ろう! 運動量は、1日2回20~40分程度の散歩を行います。 比較的ストレスのたまりにくい犬種ですが、飼い主とのコミュニケーションはたくさんとってあげてください。 可愛らしい中型犬コーイケルホンディエにぜひ癒やされてみてくださいね。

次の