ケヴィン スペイシー。 人物情報

www.digitaleskimo.net: メン・イン・キャット(吹替版): ケヴィン・スペイシー, ジェニファー・ガーナー, クリストファー・ウォーケン, ロビー・アメル: generic

ケヴィン スペイシー

高校時代に演劇に目覚め、ニューヨークの名門ジュリアード音楽院で2年間演技を学ぶ。 その後、舞台を中心にキャリアを重ね、1986年、ジャック・ニコルソン主演の「心みだれて」で映画デビュー。 91年には、ニール・サイモン演出のブロードウェイ劇「ロスト・イン・ヨーカーズ」でトニー賞助演男優賞を受賞する。 大ヒット作「セブン」(95)で猟奇殺人鬼を怪演し、「ユージュアル・サスペクツ」(95)でアカデミー賞助演男優賞を受賞。 「アメリカン・ビューティー」(99)の主演で再びオスカーを受賞した。 「アルビノ・アリゲイター」(96)で監督業に進出し、監督第2作「ビヨンド the シー 夢見るように歌えば」(04)では製作・脚本・主演も兼ねた。 13年にスタートしたNetflixオリジナルドラマ 「ハウス・オブ・カード 野望の階段」に主演。 プロデューサーとして「ソーシャル・ネットワーク」(10)や、「キャプテン・フィリップス」(13)などの製作総指揮を務めた。 その他の出演作に「L. コンフィデンシャル」(97)、「ベイビー・ドライバー」(17)など。 関連作品(映画)• 6 2019年公開• 5 2018年公開• 9 2017年公開• 1 2016年公開• 8 2013年公開• 1 2012年公開 関連作品(海外ドラマ)• 5 受賞歴.

次の

天才俳優、ケヴィン・スペイシーについてあまり知られていない事実21選

ケヴィン スペイシー

Netflixはこの声明が出た後すぐに反応。 スペイシー主演のドラマ「ハウス・オブ・カード」を現在撮影中のシーズン6で打ち切ることを発表した。 Netflixによるとこれは「数カ月前に決定していたことで今回の告発とは関係がない」としている。 しかし話はここで終わらなかった。 スペイシーはセクハラ常習犯だったのである。 彼は2003年から2015年にかけてロンドンのオールドヴィク劇場で芸術監督を務めていたが、当時複数の若い俳優たちに性的嫌がらせをしていたことをメキシコ出身の俳優ロベルト・カヴァゾスが暴露した。 さらにもっと最近の事件も明らかに。 ドラマ「ハウス・オブ・カード」の撮影現場でも性的嫌がらせをしていたのである。 元スタッフを含む8名のスタッフが「スペイシーは性的搾取者だ」とCNNに対して告白。 ある男性アシスタントは「初期のシーズンで彼から性的暴行を受けた」と話している。 次々と明らかになるスペイシーの行為に対して、一度は撮影中だったシーズン6の撮影を延期すると発表していたNetflixはさらに厳しい処分を決定。 「シーズン6(ファイナルシーズン)はケヴィン・スペイシーを出さずに撮影する」と発表した。 主人公のフランク・アンダーウッド大統領が登場しないままファイナルシーズンを終えるという決断を下した。 Netflixは撮影を一時中断している間に「番組の展開を考える」としている。 大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインの30年以上にわたるセクハラ行為が告発されたことをきっかけに、他の有名俳優や監督、映画会社のトップたちの性的暴行事件が次々と暴露されている。 ケヴィン・スペイシーも、約30年前に当時未成年だった俳優のアンソニー・ラップに性的暴行をしていたことがラップ本人の告白で明らかになった。

次の

堕ちた名優ケヴィン・スペイシー 性的暴行事件発覚からの転落の経緯(2/2ページ)

ケヴィン スペイシー

ケヴィン・スペイシー ことの発端は、アンソニーが、当時26歳だったケヴィンの自宅で開かれたパーティーに参加した際、ケヴィンに抱きかかえられてベッドに連れて行かれ、上に乗られたという経験を明かしたことにあった。 アンソニーはバズフィード・ニュースに対してこう語っていた。 「僕の記憶では、みんな帰ったし、自分も帰らなきゃと思っていたころのことさ」 「新郎が新婦を抱きかかえるみたいにケヴィンが僕のことを抱きかかえたんだ。 僕は『何が起こっているんだ?』って感じで状況が呑み込めていなかったから最初は抵抗しなかった。 そしたら彼が上に乗ってきたんだ」 「性的な関係を求められたんだよ」 Actor Anthony Rapp says Kevin Spacey made a sexual advance toward him when he was 14 — BuzzFeed News BuzzFeedNews その後、なんとかバスルームに逃げ込んだというアンソニーは「彼はゲイなのかもって思って、バスルームのドアを開けて『帰るから』って言ったんだ」と話している。 しかし、その後マンションの玄関先までケヴィンが着いてきて「本当に帰るのか?」と尋ねてくるのを振り切ってその場を後にしたと説明している。 SNSで謝罪するも「問題をすり替えてる」と炎上 これを受け、ケヴィンはツイッターに謝罪文を掲載、その中で自身がゲイとして生きていることも明かした。 「僕はアンソニー・ラップに対して1人の俳優として多大な尊敬と称賛の意を持っています。 彼のストーリーを耳にしてこれ以上ないくらいゾッとしています。 僕はその話を本当に覚えていないのです。 30年以上の前の話ということですから。 でももし僕が彼の言うような行動をとっていたのだとしたら、恐らく泥酔状態での不適切極まりない行為と思われるその行動について心からお詫び申し上げます。 長年彼にそのような気持ちを持たせ続けてしまったことをとても申し訳なく思います」 「今回のことで自分の人生についても考えさせられました。 僕のことに関する話題が取り上げられているのは知っていますし、それは僕がブライベートをあまり明かさないことに原因があることも知っています。 僕はこの人生において、女性とも男性とも関係を持ってきましたし、男性を愛したことも恋愛関係になったこともあります。 そして今はゲイとして生きることに決めたのです。 僕はこのことに正直さと率直さを持って取り組み、自分の行動を見直し始めたいと思っています」 しかし、このケヴィンの謝罪文とカミングアウトに非難が殺到している。 複数の著名人や権利団体などから、「このタイミングで同性愛を告白するのは問題のすり替え」「ゲイであることと、未成年者に迫ることは何ら関係ない」といった声があがっている。 俳優として数々の功績を積み、2015年にはエリザベス女王から大英帝国勲章を授与されるなど、名声をほしいままにしてきたケヴィン。 すでに出演作への影響なども伝えられているが、これを機に、これまで築いてきた輝かしいキャリアの終わりを迎えることになるのだろうか。 <TEXT/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>.

次の