ニュートン 会社。 ニュートン会社概要

アイザック・ニュートン

ニュートン 会社

BCP(事業継続計画)は、企業が(普段は滅多に遭遇しないような)事故や災害に直面しても、しっかりと人命を守り、ひいては速やかに事業を継続・復旧させるためにあらかじめとっておく対策のことです。 BCMはBCPを維持・管理するための仕組みを指します。 企業のみなさまは、そもそも事故・災害に遭遇しないよう日頃から何らかの対策を取っていることと思います。 しかし、噴火による物流の停滞、震災による社会インフラや人員、施設への大きなダメージ、金融ショックによる取引先の倒産、新型インフルエンザ感染による人員不足…こうした事故・災害に遭遇してしまうことを100%回避することは不可能です。 BCMの豊富な構築支援実績は1500社以上• あらゆる業種・規模の企業における豊富な支援実績• 国内企業・グローバル企業における豊富な支援実績• 既存BCPの見直し、ゼロからの構築、バラエティに富んだBCP訓練 演習・テスト 、ITシステムに特化したBCP構築支援など、あらゆるニーズに対する支援実績 世界・日本のBCMのリーディングカンパニーとしての豊富な活動実績• BCMS認証取得制度に向けたユーザーズガイド作成支援実績• FISCシステム監査普及連絡協議会への講師派遣• BCI Japanアライアンスメンバー企業としてBCMSの普及啓発に努める• 分析:組織を理解し、BCMの対象範囲を決定 2. 文書化・実装:対応力向上のための対策を実装し、計画文書を作成 3. 教育・演習:組織のBCM認識を高め、復旧能力の向上を促進 4. 見直し:構築したBCMを評価 5. 改善:BCMの仕組み・対策の改善 対象企業 ・新型インフルエンザ対応において、平時における対策から初期初動対応計画などの策定が必要なお客様 ・新型インフルエンザ対応において感染予防施策や初期初動対応計画のみならず、事業継続計画まで一貫した対策を策定したいお客様 ・新型インフルエンザ等対策特別措置法において指定公共機関に定められているお客様 ・新型インフルエンザ等パンデミック発生時にワクチン製造供給に関わる業務を担っているお客様 ・新型インフルエンザ等に関する業務計画は策定したが、社内外の具体的な手順・連携方法等の詳細が決まっていないお客様 ・社内外の関係者が多岐にわたるため、プロセスを改善する機会を設けにくいお客様 サービス概要 新型インフルエンザ対策に必要な、感染前対応(感染予防)や感染時対応、感染者まん延時対応(稼働人員が一定期間激減した際の行動計画)を策定・導入するための支援を行うサービスです。

次の

株式会社ニュートンの新卒採用・企業情報|リクナビ2021

ニュートン 会社

科学ファンや愛読者から、嘆く声がもれている。 「売れていなかったのか……」。 科学誌「Newton」を発行するニュートンプレスが、民事再生手続きを申請した。 かつて書店には「オムニ」「UTAN」など、さまざまな一般向けの科学雑誌が並んでいた。 ほかならぬ朝日新聞社も「科学朝日」を発行していた。 だが、いまではいずれも休刊や廃刊に。 出版不況の厳しさは増すばかりだ。 そこに届いたニュートンプレスの悲報。 「科学雑誌、冬の時代」を強く印象づけたことだろう。 ところが、実情はかなり違う。 実は雑誌Newtonは売れているのだ。 発行元のニュートンプレスも、出版事業そのものは黒字。 ではなぜ、こんな事態になったのか。 舞台裏を見ていこう。 直前に前社長が逮捕 まず、ちょっとややこしい点を整理しておく。 今回、当事者は2社ある。 株式会社ニュートンプレス = 雑誌Newtonを発行 株式会社ニュートン = 雑誌Newtonの関連デジタル教材を開発 ニュートンプレスが民事再生を申請する3日前、もう一つのニュースがあった。 ニュートンの社長、高森圭介容疑者(77)の逮捕だ。 ニュートンプレスの前社長でもある。 ニュートンプレスが発行する科学雑誌「Newton」は、鮮やかなイラストを豊富に使った誌面が特徴だ 警察の発表では、高森容疑者はニュートンの管理部長(69)とともに、2015年2月から16年3月にかけて、雑誌Newtonの定期購読者3人に「元本と年5%の利息を支払う」などと約束して、計1200万円を不正に預かった疑いがある。 なぜ金が必要だったのか。 iPadなどのタブレット端末で使える小中学生向け教材の開発資金だったという。 ちなみに、ニュートンプレスとニュートンは、形式的には別会社で、資本関係はない。 ニュートンを「ニュートンプレスの子会社」とした記事もあったが、正確ではないという。 両社は名前の弁別が難しいので、これからは雑誌出版社と教材開発会社と呼ぼう。 デジタル展開で目論見が狂う 前社長の逮捕で、雑誌出版社に激震が走った。 教材開発会社に対する多大な貸付金があったからだ。 その額、23億6000万円。 教材開発を支援する資金だった。 開発していたのは、Newtonの名を冠した理科授業用の3D教材だ。 小学4年〜中学3年向けに、物理・化学・生物・地学の各分野がある。 ニュートンプレスが資金を支援して、ニュートンが開発していたタブレット端末教材(紹介パンフレットから) たとえば生物分野の「血液のながれ」では、体中に血液を送り出す心臓のしくみを、リアルな立体画像で観察できる。 心臓の断面図が表示されたり、回転させて全体をながめられたり。 「いいものを作っていたんです。 ところが売れず、資金繰りが詰まった」と、雑誌出版社の弁護士。 そして悔しげな感情も込めて、付け加えた。 「いまでも、いずれは『大化け』すると期待している」 教材開発会社だけでなく、雑誌出版社も個人から資金を集めていた。 未返済額は、前者が約200人に5億4000万円、後者が約300人に6億3000万円という。 この借金返済に向けて、雑誌出版社は昨年12月から経営改善に着手していた。 「このままでは事業を継続できない」。 返済がとどこおっていた債権者には、分割返済を提示して理解を求めた。 今年1月には金融機関とミーティングをもち、返済条件の変更をのんでもらった。 その後、臨時株主総会を2月13日に開き、経営改善計画が認められると、個人債権者に向けた説明会の案内状を16日に送っていた。 ところが、その翌日の前社長逮捕。 任意での再生計画はこの瞬間、もろくも破綻した。 雑誌Newtonは黒字 前社長の後を継いだ高森康雄代表(40)は、高森圭介容疑者の長男だ。 「雑誌Newtonを維持・存続させることが社会的使命。 会社再建に何卒、ご理解をお願いします」。 2月20日、民事再生手続きの申し立て後に記者会見して、深々と頭を下げた。

次の

企業概要

ニュートン 会社

科学ファンや愛読者から、嘆く声がもれている。 「売れていなかったのか……」。 科学誌「Newton」を発行するニュートンプレスが、民事再生手続きを申請した。 かつて書店には「オムニ」「UTAN」など、さまざまな一般向けの科学雑誌が並んでいた。 ほかならぬ朝日新聞社も「科学朝日」を発行していた。 だが、いまではいずれも休刊や廃刊に。 出版不況の厳しさは増すばかりだ。 そこに届いたニュートンプレスの悲報。 「科学雑誌、冬の時代」を強く印象づけたことだろう。 ところが、実情はかなり違う。 実は雑誌Newtonは売れているのだ。 発行元のニュートンプレスも、出版事業そのものは黒字。 ではなぜ、こんな事態になったのか。 舞台裏を見ていこう。 直前に前社長が逮捕 まず、ちょっとややこしい点を整理しておく。 今回、当事者は2社ある。 株式会社ニュートンプレス = 雑誌Newtonを発行 株式会社ニュートン = 雑誌Newtonの関連デジタル教材を開発 ニュートンプレスが民事再生を申請する3日前、もう一つのニュースがあった。 ニュートンの社長、高森圭介容疑者(77)の逮捕だ。 ニュートンプレスの前社長でもある。 ニュートンプレスが発行する科学雑誌「Newton」は、鮮やかなイラストを豊富に使った誌面が特徴だ 警察の発表では、高森容疑者はニュートンの管理部長(69)とともに、2015年2月から16年3月にかけて、雑誌Newtonの定期購読者3人に「元本と年5%の利息を支払う」などと約束して、計1200万円を不正に預かった疑いがある。 なぜ金が必要だったのか。 iPadなどのタブレット端末で使える小中学生向け教材の開発資金だったという。 ちなみに、ニュートンプレスとニュートンは、形式的には別会社で、資本関係はない。 ニュートンを「ニュートンプレスの子会社」とした記事もあったが、正確ではないという。 両社は名前の弁別が難しいので、これからは雑誌出版社と教材開発会社と呼ぼう。 デジタル展開で目論見が狂う 前社長の逮捕で、雑誌出版社に激震が走った。 教材開発会社に対する多大な貸付金があったからだ。 その額、23億6000万円。 教材開発を支援する資金だった。 開発していたのは、Newtonの名を冠した理科授業用の3D教材だ。 小学4年〜中学3年向けに、物理・化学・生物・地学の各分野がある。 ニュートンプレスが資金を支援して、ニュートンが開発していたタブレット端末教材(紹介パンフレットから) たとえば生物分野の「血液のながれ」では、体中に血液を送り出す心臓のしくみを、リアルな立体画像で観察できる。 心臓の断面図が表示されたり、回転させて全体をながめられたり。 「いいものを作っていたんです。 ところが売れず、資金繰りが詰まった」と、雑誌出版社の弁護士。 そして悔しげな感情も込めて、付け加えた。 「いまでも、いずれは『大化け』すると期待している」 教材開発会社だけでなく、雑誌出版社も個人から資金を集めていた。 未返済額は、前者が約200人に5億4000万円、後者が約300人に6億3000万円という。 この借金返済に向けて、雑誌出版社は昨年12月から経営改善に着手していた。 「このままでは事業を継続できない」。 返済がとどこおっていた債権者には、分割返済を提示して理解を求めた。 今年1月には金融機関とミーティングをもち、返済条件の変更をのんでもらった。 その後、臨時株主総会を2月13日に開き、経営改善計画が認められると、個人債権者に向けた説明会の案内状を16日に送っていた。 ところが、その翌日の前社長逮捕。 任意での再生計画はこの瞬間、もろくも破綻した。 雑誌Newtonは黒字 前社長の後を継いだ高森康雄代表(40)は、高森圭介容疑者の長男だ。 「雑誌Newtonを維持・存続させることが社会的使命。 会社再建に何卒、ご理解をお願いします」。 2月20日、民事再生手続きの申し立て後に記者会見して、深々と頭を下げた。

次の