アスカ 見参 攻略。 ダンジョン万歳『風来のシレン外伝 女剣士アスカ見参!』攻略

風来のシレン外伝 女剣士アスカ見参!とは (フウライノシレンガイデンオンナケンシアスカケンザンとは) [単語記事]

アスカ 見参 攻略

2020-06-13• 2020-06-12• 2020-06-07• 2020-06-06• 2020-06-04• 2020-06-02• 2020-06-01• 2020-05-31• 2020-05-20• 2020-05-17• 2020-05-16• 2020-05-07• 2020-05-06• 2020-05-05• 2020-05-01• 2020-04-29• 2020-04-26• 2020-04-17• 2020-04-16• 2020-04-11• 2020-04-09• 2020-04-08• 2020-04-05• 2020-04-03• 人気の30件 Vistaで動きますか? 互換モード無しでも、Windows Vista Home Premium 32bit版、64bit版で動作を確認。 インストールしたフォルダのAsfPc. exeを実行してゲームを起動すればいい。 インストール後に作成されるショートカットは、インストールしたフォルダのLoader. exeを参照しているため注意 ちなみにLoader. exeを実行させ、それ以外ならウィンドウズバージョンエラーを出力するだけに見える。 当然Vista以降ではバージョンエラーになるため、Loader. exeからゲームを起動したいという場合ならば、互換モードの設定が必要になる。 Windows7、Windows8で動きますか? 【方法1】 AsukaPlusを使用すれば動きます。 詳細はリンク先参照。 するとsecdrv. rarファイルがでてくるのでそれをクリックしてDL後ファイルを実行 署名等のメッセージが出るがそのまま実行でOK 実行後パソコンを再起動するとエラーが発生する事なくアスカがプレイ可能となる。 windows7で確認 DL後パソコンを再起動しないとゲームができないままなので再起動は必ず行って下さい。 一度行えば再起動は以後必要ありません。 但し、上記ファイルを実行すると、ASUKA TOOLSが利用できなくなったとの報告もあるため ASUKA TOOLSを利用してる人はKB3086255を削除した方がいいかもしれません。 Windows8で確実にできるのかは未確認です 情報求む Windows8でsecdrvを使用した場合、「この風来日記は壊れています」となりセーブデータが読み込まれなくなることが確認されました。 Windows10ではデジタル著作権管理システムの一部 secdrv. sys がサポートされておらず、このシステムに依拠している当ゲームは本来動作しません。 しかし下記の手順を踏むことで上記のシステムをWindowsの「テストモード」時限定ながら有効化でき、これに伴って当ゲームについてもテストモード時限定ながら動くようにできます。 なお当記事は下記手順の安全性を一切担保するものではありません。 実行は自己責任でお願いします。 またリンク先外部サイト様は当Wiki及び風来のシレン外伝 女剣士アスカ見参!と何ら関係がありませんので、質問文書等を送られることのないようご注意ください。 secdrv. のsecdrv. sysに自己署名をする からdseo13b. exeをダウンロードして、実行する。 Sign a System File を選択して、[Next]をクリックし、1. で入手した secdrv. sys のパスを入力する。 署名が終わったsecdrv. 最後にWindowsを「テストモード」へと移行(要再起動)し、当ゲームを管理者権限で実行します。 テストモードへの移行方法については別途お調べ下さい。 オススメのコントローラはありますか? 家庭用ゲーム機用のコントローラを使っている人が多いようです。 PC用コントローラは耐久性、機能に難のあるものが多くお勧めできません。 ただ、家庭用ゲーム機のコントローラは価格が高く PS4とXbox Oneは5000円前後、360でも3000円近く 、 安価に手っ取り早くプレイしたい方はPC用コントローラも選択肢に入ります。 テンキーで斜め移動が簡単にできて10本の指をフルに使えるため、極めればキーボードが最強?という声も。 Xbox 360 または Xbox Oneコントローラを使う場合 PCに接続するだけでは、左右のトリガーをボタンとして使用できません。 デュアルショック2よりも、デジタル系コントローラ 例えばPS1のDS1 の方が高レスポンスが出る模様。 レスポンスを追求するなら以下のページを参照。 以下は、PS2、PS1用の変換機の参考情報。 家庭用ゲーム機パッドUSB変換器 Part. 11 より。 おすすめ平均 良好です^^ 動作良好 ソウルキャリバー4で問題なく使えています ボタンが・・・ 使えます。 sanwa. asp? JY-PSUAD1より入手しやすい JY-PSUAD1と違い、PS2コントローラのコネクタ部分が本体基板直付けでは無い。 そのため、頻繁にコントローラを抜き差しする場合は、JY-PSUAD1よりJY-PSUAD11のほうが良いかも。 完動 買ってとても満足しています。 sanwa. asp? 1のレスポンス。 、1回ボタン押してもタタンッと2回押された事になってしまう問題が複数報告されている。 動くはずのRAPは、実際は動かないことが多いらしい。 RAP2はOKっぽい? もう生産終了したかも。 現時点では発売されていないJY-PSUAD1Nが後発と思われ。 おすすめ平均 PS3で! FF11、DTXmaniaで使っています。 PS2のコントローラで動作せず 使いどころを選ばされる。 ダメもとで・・・ おすすめ平均 マクロ機能でしかコントロールできません vista,win7でも認識した。 ドライバやハードの安定性は抜群。 elecom. elecom. 大抵のショップで安く売ってる。 DualShock1なら問題なし 環境によってはBSOD連発。 Windows標準ドライバなら問題ない模様。 hkems. レスポンスも良好 RAPやロジクールのコードレスパッドなど多くのコントローラが動く。 PSとDCとか同時挿ししてあっても動く。 公式サイトを見ると、PS3でも使用できるらしい。 十字キーの斜め入力中はボタン9〜12が効かない。 mayflash. HORIのアナログ振動パッド2 TURBOなら問題ないようです。 1 コントローラを接続せずにゲームを起動して、キーボードで操作してパッド設定を開き、「デフォルトにもどす」を選択する。 「デフォルトにもどす」を選択した時点で「移動」にAxisが設定され、左スティックで移動できるようになります。 この方法だけでは「移動」へPOVを設定できないので、方向パッド 十字キー で移動できません。 「移動」にAxisを設定し、且つ方向パッド 十字キー での移動もしたい場合は、 外部のソフトで左スティックと方向パッドを同じ機能 Axis にするなどの設定をしてください。 例えば公式ドライバとXInput Plusを使う場合、XInput Plusのキー割り当ての左スティックを「方向パッド」に割り当てると可能です 2 POVやAxisを使用できる他のコントローラをPCへ接続してゲームを起動し、「移動」へPOVかAxisを設定する。 「移動」がPOVなら方向パッド 十字キー 、Axisなら左スティックで正常に移動できるようになります。 3 一度ゲームを終了した後、レジストリを直接編集してパッド設定の「移動」をPOVかAxisへ変更する。 レジストリ編集を間違えると、PCが起動しなくなるなどの重大な問題が起きる恐れが十分有ります。 自己責任で行ってください。 表記は16進数でも10進数でもOK。 5 表示はdword:00000005 なら「移動」がPOV、1 dword:00000001 なら「移動」がAxisになります。 1 〜 3 どれかの後に一度ゲームを終了して 3 の場合は終了したまま 、コントローラを接続してゲームを再起動し改めてパッド設定に入り、 「移動」「iDashの方向のみ」 以外を設定してください。 「移動」「iDashの方向のみ」はカーソルを合わせて決定ボタンを押すこと自体ダメです、その瞬間にAxis2が入力されてしまいます。 「移動」にAxis2が入力された場合は、「取り消し/走る」ボタンで一度パッド設定を抜け、再度パッド設定に入ればOK。 どちらも、Axis2のまま最下部の「決定」は選ばないように。 特に「移動」をAxis2のまま「決定」してしまったら、上記 1 〜 3 どれかでPOVかAxisへ変更してください。 例えば「移動」にPOV、「iDash」にAxisを設定すると、方向パッド 十字キー で移動でき左スティックでiDashできます。 (ただ正直使いにくいのでお勧めしません) 左右トリガー LT、RT がパッド設定で反応せず、設定できません 公式ドライバの場合、何らかのソフトでトリガーをボタンとして使えるようにする必要があります。 あるはずのセーブデータがインストールフォルダ内に無いのに、なぜかゲーム内ではきちんとセーブできている Vista以降のOSにある「VirtualStore」という機能が原因のようです。 管理者権限の無い状態で書き込みを行うと失敗し、安全度の高い場所へフォルダのコピーが作られ 以後データの読み書きには勝手にそちらを参照するようになる…という少しややこしい補助機能があり、それがVirtualStoreです。 管理者/非管理者を切り替えると起動画面で「セーブデータが破損」表示が出ますが これは呼び出し先が変わったために、レジストリのチェックにひっかかっているからです。 実際は壊れてません。 無暗に切り替えないか、データコピー技と同様のレジストリ削除で対応しましょう。 八神楽の森で仲間はどうやったら出てきますか? 何度も冒険すると出てきます。 冒険しなくても何度も再開・セーブを繰り返し、八神楽の森に行くだけでいいという情報もあります。 なお、イベントが発生する前でもダンジョンで出会えることがあります。 天輪国上級クリア後、鋼賀村で神器を貰いジンパチが八神楽の森へ向かうイベントが発生• ダンジョンを何度か往復すると、八神楽の拠点(布団があるマップ)を出たところでジンパチが仲間になるイベントが発生 (鋼賀村に戻ってポントを出していないと出現しない。 ジンパチが祭来国へ向かうとイベントが発生)• またダンジョンを何度か往復すると、八神楽の拠点を出たところでミナモが仲間になるイベントが発生• 再びダンジョンを何度か往復すると、八神楽の拠点を出たところでジンパチとミナモが出会うイベントが発生し、 ジンパチとミナモを八神楽の森でいつでも仲間に出来るようになる。 ペースは遅めで、3〜4回帰還しないとイベントが進行しない。 試練系ダンジョン内でランダム出現する、キハチとヘイジをそれぞれ仲間にする(同時に仲間にする必要はない)• キハチとヘイジをそれぞれ仲間にした後で何度かダンジョンを往復すると、 八神楽の拠点を出たところでキハチとヘイジが出会うイベントが発生し、キハチとヘイジをいつでも仲間に出来るようになる 放っておいても加入するが、かなり後になる(星華の大筒突入時に来る、特殊な台詞等は無い)。 というフラグになっていると思われます。 また、キハチとヘイジにダンジョン内で初めて出会えるのはランダムダンジョン階層(ドラスの試練であれば3F以降)だけである可能性が高いです。

次の

ツール

アスカ 見参 攻略

1F、2F 表白蛇同様に1Fからンドゥバが出現するので、どうしても死にたくないならレベル3になるまでアイテムを拾わないようにしましょう。 また、ここで特殊モンスターハウスが出た場合は特殊な状況下以外では諦めましょう。 3F〜5F 3F、4Fにしおいやんが登場するので、うろこの盾でも持っていない限りここにはあまり長居しないようにしましょう。 4F、5Fにはボウヤーが出現します。 矢系の罠が滅多に出ない裏白蛇では貴重な矢製造機なので、利用できるなら幾らでも矢を稼いでおきましょう。 5F〜7Fにゲイズが出現します。 迂闊に隣接すると貴重な合成素材を飲まされたりするので、矢があるなら遠距離攻撃を仕掛けてなるべく隣接しないようにしましょう。 6F〜9F 6F〜8Fににぎりへんげ、7F〜9Fに怪盗ペリカンが出現します。 基本は表白蛇と同じくオニギライズしながら怪盗ペリカンで合成を進めていくのですが、 裏白蛇では怪盗ペリカンの出現率が激減しているため、ギリギリまで粘って出現を待ちましょう。 散々待っても一体も出ないこともありますがめげずに頑張りましょう。 幸い、にぎりへんげが一緒に出現する階層ならオニギライズしながら待つことができるので餓死の可能性は低くなります。 重装の盾をメイン盾として使う場合、裏白蛇では保存の壺が出にくい関係上、食糧事情が表白蛇よりもかなり厳しいので、この階層では常に飢え死にを覚悟する必要があります。 どうしても嫌ならば最終的には不要な印ではありますが「皮」を付けると獣王の盾感覚で使用できます。 また、8F〜10Fに出現するコドモ戦車は矢稼ぎするチャンスなので、できるだけたくさんの矢を確保しておきたいです。 10F、11F 12F〜16Fに出現する怪盗ペリカン2世の為の下準備。 嫌な敵ばっかりで長居する必要もありません。 アイテム回収してさっさと降りましょう。 危険の少ない階層と言えど迂闊にぼうれい武者を放置して攻撃力の高いモンスターを作ってしまうと、盾が貧弱な場合はピンチに陥りますので油断しないように、 12F〜16F 怪盗ペリカン2世での合成タイム。 相変わらず12F、13Fにはハヤブサ天狗が一緒に出現することは忘れないでおいて下さい。 メイン盾が鉄鋼の盾なら、この辺で「弟」がないと辛くなってきます。 「消(う)」もそろそろ合成しないとおばけ大根が強敵になります。 序盤の基本形はこの辺で完成させたいところ。 保存の壺が出にくい裏白蛇では食糧事情も厳しく、出現率が低い2世に対してどこまで粘るかよく判断しないといけません。 次にオニギライズできるのは20F〜22Fなので、食料と空腹度の割合をよく考えて行動しましょう。 特に14F〜16Fには火炎入道が出現するため、壺に入れていないおにぎりはだいたい焼きおにぎりにされてしまいます。 出現率も高くどんなに気をつけても通路で先制攻撃を受けるのを避けられないため、 壺がない場合は最初から焼きおにぎりにされる前提で考えた方が安全です。 「それなら地面に置いてから落とし穴に気をつけて歩き回ればいいだろう」とか思っていると、 今度は13〜15Fに出現するいやすぎガッパに投げられるのがオチなので諦めましょう。 17F〜19F 怪盗ペリカン3世の為の下準備。 序盤は表白蛇と大差はありません。 一応、 19F〜21Fにバッドカンガルーが出現しますので、イカリミノタウロス等に殴られないように気を付けましょう。 また、武具のどちらにも「金」が無い状態で、なおかつ両手持ち装備がない場合は 17F〜19Fに出現するミドロが厄介。 守り切る自信がないなら早めに降りましょう。 17F〜19Fにパ王、17F〜20Fにドラゴン、18F〜20Fにアイアンヘッド、19F〜21Fにタウロスと、何気に特殊アイテムドロップモンスターが勢揃い。 中でもアイアンヘッドの頭は後々非常に役に立つので是非とっておきたいところです。 しかし無理して取る程のものではないので、残りの満腹度と相談の上で粘るかすぐに降りるか決めましょう。 20F〜24F 怪盗ペリカン3世での合成タイム。 この後は47F〜49Fに怪盗ペリカン4世が大量発生する特殊な階層までずっと合成ができません。 なので主要な合成はここで終了させないと後が辛くなります。 特に回復の剣はなるべく3世ゾーン終了までに完成させたいところ。 武器は「金回扇扇」くらいまでできるのが理想。 盾の印の方は、ここで「金」と「消(う)」以外のスロットが空いており、なおかつ盾の修正値が不足気味なのであれば勿体振らずに残りのスロットを「弟」で埋めましょう。 そうでないとここから先の戦いが厳しくなります。 また、素材が集まっておらず合成できなかったり、既に主要な合成が終わっている場合などもあるかと思います。 そういう場合は17F〜19Fで入手したアイアンヘッドの頭に「飯」を沢山付けて飯頭を作成しましょう。 食料の為に消費していたアイテム欄を節約できるため、表白蛇よりも倍は役に立ってくれます。 6個付ければ安全確保できている階層なら風2回まで余裕で粘れます。 特にここで回復の剣が作れず、なおかつ盾の修正値の底上げもできないような状態になってしまった場合、代わりにレベルを底上げする必要がありますので、そういった意味でも各階層でギリギリまで粘れる準備が必要になります。 ここまでの階層の敵配置はせいぜいトドが出現しないこと以外は表白蛇と変わらない構成でした……が、ここでとうとう裏白蛇ならではの敵、 しろがねマムルが23F〜27Fに出現します。 ちゃんと盾がある程度の形まで整っていれば、そこまで恐ろしい相手でもありませんが、未だに防御に不安があるような状況なら注意が必要です。 但ししろがねマムルには状態異常が効くので、単純な防御力が不足していても対抗策はいくらでもあります。 他にはメンベルスを利用したミノタウロスの斧入手、再オニギライズ、ペリカン召喚など、基本的にやることは表白蛇と変わりません。 ここでの粘りが後半に響きやすいのでしっかり装備を整えましょう。 25F〜35F ここはエビルカンガルーが出現しなくなったことと、しろがねマムルが出現すること以外は、微妙な違いはありますがだいたい表白蛇と同じです。 ということでやることも同じ。 25F〜30F、36F〜38Fに出現するミノタウロスの斧を確保し、26F〜30F、36F〜38Fに出現するノロージョの姉の呪いを受けずに進むようにしましょう。 スーパーゲイズにも注意。 要注意モンスターはイッテツ戦車。 水がめで水をぶっかけると封印状態にすることができるので、ミノタウロス共々水路のあるフロアではガンガンぶっかけてやりましょう。 また「金」がない場合は30F〜35F、39F〜40Fに出現するゲドロに注意しつつ戦いましょう。 また、 ぼうれい武者を放置してアークドラゴンやタイガーウホーンを登場させないように。 36F〜46F 36F〜40Fにエビルカンガルーが出現します。 単純に出現率が高くなっているので、見かける機会も表白蛇より多いです。 保存の壺が少ない裏白蛇では倍速ノロージョの姉が怖いので、用がないなら早めに降りるようにしましょう。 ついでに 39F〜44Fにしろがねマムルが再び出現します。 エビルカンガルーのせいで稀に倍速しろがねマムルが登場することもありますので、油断しないように。 それ以外のモンスターの出現テーブルは、アイアントドが出現しなくなったこと以外はあまり変わりません。 47F〜52F 47F〜50Fに怪盗ペリカン4世が出現します。 今までは怪盗ペリカン系の出現率が低く設定されていましたが、 47F〜49Fに限り(50Fも?)逆に怪盗ペリカン4世の出現率が表白蛇よりも高く設定されています。 なので、ここでは容赦なく合成しまくって構いません。 武器、防具はほぼここで完成形まで持ち込み、杖も複数本あるならどんどん纏めていきましょう。 一緒に47F〜52Fにエビルカンガルーがまた出現するので、倍速モンスターにも注意。 51F〜55Fにはにぎり元締めが出現します。 エビルカンガルーと一緒に出てくるので51F、52Fでは非常に危険な存在になります。 51F、52Fでは早めに降りるように心がけましょう。 53F〜60F ここからが裏白蛇の本領。 難易度の上昇具合が加速します。 まず 53F〜72Fにノロージョの母が出現します。 耐久力も高いので呪い攻撃を受けずに進む公算は低いです。 呪いの腕輪や封印の杖が沢山ない限り、最初からアイテムは呪われるものだと割り切った方がいいかもしれません。 しかしそうなると緊急時に危険が及ぶので、保存の壺があるなら緊急脱出アイテムはせめて呪われないようにしておきましょう。 保存の壺が無い場合、せめておはらいの巻物を多めに確保しておいて、いつでも呪いを解除できる準備だけはしておきましょう。 幸いにして おはらいの巻物は呪われないので、出しっ放しでも問題ありません。 そしてとうとう、 55F〜60Fにおうごんマムルが出現します。 とんでもない攻撃力、倍速、状態異常無効としろがねマムルのように生ぬるい相手ではありません。 正面戦士の盾があれば利用し、火ばしらの杖などで対抗しつつ戦いましょう。 61F〜65F 61F〜65Fにデビルカンガルーが登場します。 更に一緒ににぎり元締めが61F、62Fに出現します。 オオイカリのにぎり元締めは非常に危険。 61Fと62Fは即降り推奨です。 他にもオオイカリノロージョの母が厄介です。 オマケで61F〜65Fに怪盗ペリカン4世が出現します。 合成に用があるなら利用するのも手ですが、デビルカンガルーもいるのであまり長居はしないように。 少なくともにぎり元締めが居る61、62Fでは粘らず、63〜65Fで粘るようにしましょう。 66F〜75F 66F〜83Fにドドロが出現します。 ノロージョの母以上に特殊攻撃を喰らってはいけない相手なので、封印の杖を駆使して近付かせないようにしましょう。 サビよけの腕輪があると楽です。 ない場合も代理の両手持ち装備(ミノタウロスの斧が手頃)を用意しておけば、すぐに取り換えることができます。 但し 盾を装備していない状態でミラージュデビル、アストラルデビル(基本アストラルだが両方出現する階層もある)に遭遇すると一溜まりもないので、対処は素早く行いましょう。 そうでなくても装備を外してドドロを退治しようとすると、下の図左のように物凄い分裂されてどうにもならなくなることもあるので、ケチらずにアイテムを使って対処しましょう。 分裂されると却って消耗します。 また、 66F〜75Fにはデブートンも出現します。 石投げの単純なダメージは勿論、腕輪にも被害が出やすいので注意が必要です。 他にも68F〜99F(間に出現しない箇所も幾つかアリ)にシハンが出現します。 装備を弾かれないように注意しましょう。 必着の腕輪があれば便利ですが、基本は呪いよけやサビよけを優先し、アイテム欄に空きがある場合だけ確保すれば十分です。 そして 71F〜75Fにはまたしてもデビルカンガルーが出現します。 この階層はノロージョの母(但し72Fで終了)、ハイパーゲイズ、デブートン、ドドロ、シハンとデビルカンガルーの援護を受けると凶悪になるモンスターが非常に多い階層なだけに、特に注意が必要になります。 脱出、即降り促進アイテムをここの階層の為にある程度確保しておきたいところ。 更に75F〜79Fにおうごんマムルが再登場します。 75Fではデビルカンガルーと一緒に出現します。 おうごんマムルは状態異常を全て無効化するので、杖を振られてもイカリにはなりませんが、 倍速は効果があるので三倍速になりおまけに目を覚ますのでその辺を徘徊するようになります。 これだけで十分危険な存在です。 76F〜86F 出現するモンスターがある程度入れ替わります。 ハイパーゲイズ、デブートンが出現しなくなるのはありがたいですが、代わりに 76F〜96Fにねむり大根、76F〜86Fにベルトーベンが出現します。 眠り大根はタイマンなら眠らされても然程問題でもありませんが、 メガタウロス、シハンが援護しに来ると目が覚めたらダンジョンの中じゃなくて布団の中かもしれません。 ねむらずの腕輪があれば装備しましょう。 ベルトーベンはレベル3モンスターを3体も呼び出すので非常に危険。 しかも おうごんマムルが出現するフロアではおうごんマムルも召喚します。 はっきり言ってシャレにならないので近付かずに倒しましょう。 82F〜86Fにはやっぱりデビルカンガルーが出現します。 ここでオオイカリになると特に危険なのはねむり大根。 見えない箇所からバシバシ投げてくるようになり、そのまま別なモンスターに殴られて終了……ということも有り得ます。 やはり即降りがベストでしょう。 また、タイガーウホーンも危険です。 とにかくどんな状態からでも1ターンで即死が有り得るフロアなので、細心の注意を払って進むよう心がけましょう。 一応、76F〜86Fには怪盗ペリカン4世も出現しますが、合成している暇はあまり無いと思います。 余裕があれば利用しましょう。 87F〜93F 87F〜93Fにアークドラゴンが出現します。 が、デビルカンガルーは出現しないので表白蛇をクリアしている人なら対処も難しくないでしょう。 アークドラゴンの炎対策用盾があるならそこまで怖い敵でもありません。 あと 90F〜99Fまでおうごんマムル、87F〜99Fにハイパーゲイズが出現するので、そちらの対応も抜かりなく行いましょう。 ここが最後にアイテムを集めることができる階層ですので、94F〜99Fを攻略するためのアイテムが足りない場合は集めながら歩くのもアリでしょう。 94F〜99F ラストスパートですが表白蛇のようにサクサク進めません。 最後の最後にまたアイツが…… 94F〜99Fにデビルカンガルーが出現します。 ここにはアークドラゴンも出現するのでオオイカリアークドラゴンという最悪のモンスターが誕生することがあります。 何せ 毎ターン何処にいても70ダメージ飛んでくるので、 歩くことすらままならない非常に危険な階層です。 とにかくこの階層の最大の対処は即降り。 この階層の為に集めておいた5回分のあかりの巻物を使いましょう。 移動したら周囲の危険を取り除き、同じ部屋に階段があれば即降り、なければあかりの巻物を読んで階段目指して進みます。 その他、底抜けの壺、大部屋の巻物と混乱の巻物、たかとびの腕輪、モンスターハウスの巻物などを駆使していくらでもオオイカリアークに対処できるようにしましょう。 ちなみに最終手段として タイガーウホーンに投げてもらい、階段付近または落とし穴に投げてくれることを祈るという方法があります。 当たり前ですが却って危険になることの方が多いので、本当にどうにもならない場合にだけ使ってみましょう。 クリア後 見事99Fを超えれば、「返」の印が付いた風魔の盾が手に入りますが、 正直どうでもいいです。

次の

天輪国初級

アスカ 見参 攻略

2020-06-13• 2020-06-12• 2020-06-07• 2020-06-06• 2020-06-04• 裏白蛇島 2020-06-02• 2020-06-01• 2020-05-31• 2020-05-20• 2020-05-17• 2020-05-16• 2020-05-07• 2020-05-06• 2020-05-05• 2020-05-01• 2020-04-29• 2020-04-26• 2020-04-17• 2020-04-16• 2020-04-11• 2020-04-09• 2020-04-08• 2020-04-05• 2020-04-03• 人気の30件 階層 全99階 上り・下り 下り 出現条件 のクリア 出現ベース - 行き方 八神楽の森のアスカの 寝床の右側にいる忍者 に話しかける クリア特典 返印付きの 持込 不可 仲間連込 不可 救助 不可 店 有 MH 有 特殊MH 有 Windows版限定ダンジョンで、シリーズ恒例の最終ダンジョンである もっと不思議のダンジョン。 全99階で、ほぼ全てのアイテム・モンスターが出現し、落ちているアイテムのほとんどが未識別状態で落ちている。 ドリームキャスト版アスカの最終ダンジョンであったのアイテムやモンスターの出現率を調整し、難易度をさらに上げたダンジョン。 主な調整点は、保存の壺が出にくい・の杖を振るデビルカンガルーが広範囲にわたって出現するなど。 保存の壺の出現率の低下により低層からアイテムの取捨選択を迫られるようになり、さらには深層にいくにつれ より強力になっていくイカリモンスターに対処していかねばならず、プレイヤーの腕を問い続けるダンジョンに仕上がっている。 との相違点• 怪盗ペリカン系が出にくい・カンガルー系が出やすい・トド系が出現しない・おうごんマムルが出現など、敵の出現率・出現テーブルが変化• 敵、ワナの初期配置数が多い• 矢のワナの出現頻度がかなり低下している(ワナでの矢稼ぎがしにくい)• 下りダンジョンになった(つまり落とし穴の罠により次の階層に行けるという事)• 若干だが、杖・巻物・腕輪が出にくくなり、剣・盾・壺の出現率が上がっている• 祝福の壺、ケンゴウのカタナが出現する• 保存の壺が極めて出にくい• 以下のアイテムが出ない• 装備品:根性の竹刀、衰弱の枝、グランドカウンター、身かわしの盾、透視の腕輪、よくみえの腕輪、ハラヘラズの腕輪、識別の腕輪• その他:白紙の巻物、ねだやしの巻物、持ち帰りの巻物、引き上げの巻物、祝福ギタン、プチフェニックスの箱 Table of Contents• 基本攻略 武器の扱い ペリカンが貴重な裏白ではまず盾の合成が優先される、よって序盤ではの作成は後回し。 本格的な回剣作りは2世以降のゾーンで行おう。 ただし、盾の強さに関わる扇印、入れるだけで楽になる剣の眠印、会印は入手出来次第入れたい。 盾の基本値を上げる「扇」印は出来るだけ多く入れておきたいので、鉄扇を見つけたら必ず確保しておくこと。 盾の扱い 打開のためには強い盾が必須となる。 ベースには鉄甲の盾、獣王の盾、うろこの盾が癖がなく使いやすい。 まずは力下げ対策のために「消」か「う」印を、あとは「弟」や「金」で埋めていこう。 また、印を全て詰めても終盤では防御力が足りないので、修正値を上げていく必要性がある。 修正値のついた盾は必ず確保。 地の恵みの巻物もすぐ読まずに、転写や祝福を狙ってできるだけ保持すること。 草の扱い 必須と言える草は薬草・弟切草・命の草・毒消し草の4種。 毒消し草は盾印に、残りは回復の剣を作るのに必要となる。 高飛び草や無敵草もあれば便利に越したことはないが、これら4種が識別できたら草識別の必要性は低くなる。 草の飲み識別は絶対にしないこと。 貴重な命の草を無駄飲みしたり、超不幸の種、物忘れの草、キグニ族の種などを飲んでしまう危険もある。 序盤で同じ草が重なった場合は飲んでみても良いが、店鑑定や識別の巻物・識別の壺などが出る可能性を踏まえて、ペリカン出現階までは耐えて持っておくべきである。 ちからの扱い 「毒矢罠」「毒草飲み」「おばけ大根系の毒草投げ」「しおいやん系の舐め攻撃」と終盤まで「ちから」下げはずっと付き纏う問題となり、 「ちから」の数値を保持することが打開のために必須と言っても良い。 力が高ければ、回復の剣による回復量が大きくなり終盤も安定する。 そのため、装備する盾印にまず「消」「う」を入れておきたい。 盾に消orう印が入るまでは、しおいやん系とは遠隔攻撃で戦うこと。 ちからの種を大事にしよう。 できれば「よくきき草」を飲んでからまとめて飲むと良い。 ただしよくきき草の出現率はちからの種よりも低いため、火力が足りず苦戦を強いられ抱え落ちしそうだと思ったら、さっさと飲むのも手。 ペリカン合成 怪盗ペリカン系の出現率がかなり低い(47F〜49Fに出る4世だけは出現率が高い)裏白では、序盤のペリカンは一匹も無駄にできない。 ペリカン出現階では満腹度の許す限りペリカン待ちをして、出来る合成は全てしておきたい。 3世以上のペリカンは2倍速行動なので対策がなければ相手はしたくない、できれば2世までに盾の印合成は全て済ませておきたいところ。 勘違いしてはいけないのが、修正値から盾をまとめると、扇や弟印等もないので意外と打たれ弱くなってしまう事。 混ぜる印が無いなら仕方ないが、基礎値や盾弟あっての修正値という事を忘れてはいけない。 分かりやすく言えば、弟や扇1印は鍛えた木の盾1枚に匹敵すると言えばほぼ間違いない。 それだけ大きい要素なのだ。 同時に山、三、必、見、識等を入れても、最序盤はほとんど楽にはならない事を覚えておくと良い。 ある程度安定した装備を作れてからがこの印達の本領である。 アイテムの取捨選択 保存の壺の出現率が低いので、アイテムの取捨選択がシビアになる。 MH対策、難敵対策、回復、合成素材、食料等の目的別用途に合った各種アイテムをバランス良く持つことが大切。 入れ物になる壺の出現率が白蛇に比べると大幅に落ちているため、弱化の壺や手封じの壺を大事にするのは勿論、安易に識別の壺を識別に使わない事も大事である。 また変化の壺も、場合によっては割らずに持っていくという選択肢がある事を覚えておくといい。 さらに入れ物にした壺をどの階で、何をする時の開けるものかを明確にしておくと、途中で壺を無駄にするロスを防げる。 後半はそのためのスペースを確保するために割る必要があるので、何を入れるか・いつ割るかをよく計画立てておくとクリアに近づく。 ワナチェック 裏白は下りダンジョンであるため、落とし穴に落ちると次のフロアに移動する。 泥棒やピンチ回避には好都合であるが、 フロア内に未回収のアイテムがあったり、ペリカンで合成しようとしていたりする場合、その被害は大きなものになる。 有用なアイテムを一つでも多く集めるために、なるべくワナチェックはしたい。 特にペリカン3世が出る24Fまではサボらず、なるべくワンチャンになる一歩をしない事が後に繋がると言って過言ではない。 結論から言えば、一歩一歩罠チェックをした方が確実に勝率は上がる。 安定打開の為にはほぼ必須技術と言えるだろう。 罠チェックをする事で消費ターンが増えるように思えるが、裏白は強烈な罠がより多く出現するため、結果的に消費ターンは少なくすむ事が多い。 アイテム識別 店を見つけたらwikiのと睨めっこして全ての未鑑定アイテムの値段識別をしておくこと。 表を見ずに値段識別できるようになってようやく初心者脱出と言ったところ。 一気に全てを覚える必要はない、まずは必要十分なところから覚えていこう。 例えば草は100ギタンに薬草、500ギタンに弟切草、400ギタンに命の草と毒消しがあるとさえ覚えておけば十分。 アイテムの出現率 未識別アイテムの出現率は一律ではなく、個々に確率が設定されている。 床落ちの草であれば、弟切草>薬草>毒消し草の順になり、ダブった場合はこの3種の可能性が高い。 さらに、店での値段識別で500or100が判明した場合は、弟切草、薬草の可能性が極めて高くなる。 店売り品の場合は、床落ちと比較して、プラス品が出易く、マイナス品で出難くなっている。 床落ち品の1500草であれば、ちからの種or毒草どちらか判らないが、店売りであれば、ちからの種の出現率が極めて高く、ダブって売っている事も多く判別し易い。 同上に1200の巻物にも偏りがあり、店売りでは天、地の恵みの巻物の確率が高く、バクスイの巻物は非常に低い。 1200と適当に値段を付けず、12みせ、などに変えておくと識別が捗る場合がある。 盾の名前 印 強さ 印数 買値 売値 解説 - 16 6 15000 3500 非常に強力。 だが出現率は極めて低いので、出るものとして計算してはいけない。 - 12 4 10000 2000 防御力は申し分なし。 各種特効武器との共鳴効果もうまい。 - 9 5 1200 600 獣王より基本守備力は落ちるが印数が5なので、合成素材の引きによっては獣王よりこちらをとるケースも。 獣王で進んでいたらやまびこや見切りを引いた、というようなケースで乗り換えもできる。 重 12 5 2400 1200 にぎりへんげの剣や使い捨ての剣(か)、水がめ+丼などで食糧問題を解決済みであればメインで使用できる。 印数5なので鉄甲と同様獣王からの乗り換えも。 裏白に慣れていて、TAでかなりのフロアを即降りする場合などは問題なくベースで使える。 竜 10 3 6000 3000 防御力は優秀だが、印数3が厳しい。 総合スペックが青銅甲並みなので、ドラゴンキラーとの共鳴効果ありきの盾。 印を埋めるのが早い点とドラゴンキラーの火力が高い点で、TA向き装備と言える。 う 6 5 6000 3000 消印はほぼ必須なため、ベースとして使っても問題ない。 命印を入れれば鉄甲の盾と互角の性能となる。 ただし命の草は貴重なので、命印を入れないのならば剣に扇印を多くして補ってやるといい。 地味にクセのない盾で、弟4枚を入れれるのはうろこだけの特権なので、その点を生かしてやるところがミソとも言える。 - 5 5 400 200 終盤まで進むには頼りないが、特殊能力がないため、他にいい盾がない場合は上記盾への乗り換え用として育てていこう。 丼 5 3 5500 2700 繋ぎ用に。 後々に正面戦士の盾との合成も有効なので、弟を1〜2個入れてしまってもいい。 固定ダメージ対策にもなる。 修正値が高い盾をいきなり作るのは困難なため、序盤はこれをたくさん付けた正面戦士の盾を作ってしのぐといい。 本作では敵のHPが高めに設定されているので、 力を0にされるとにぎりもとじめ、ノロージョの母、ジャガール王、ドドロ、シハンなどの処理に手間取り、アイテムをボロボロにされてしまう。 ドドロには無効なので、62階までに入手できなかった場合は入れないという選択もありうるが、入れておけばドドロを不幸の杖等で処理することが可能になる。 回復の壺、底抜けの壺を安心して持ち歩けるのが大きい。 ただし拾える確率は低いので、中盤までに拾えなければ諦めて他の印を。 腕輪へのダメージも軽減できる。 印単体としては強力だが、相性が悪い印 丼、眠etc もあるので注意が必要。 盾弟ほど低層を楽にする印ではないので、安定した回復ソースを得るには、剣に弟印を複数枚入れると心強い。 そういう意味ではパコレプキンの腕輪とも直接シナジーしやすく、非常にTA向きの印。 TAで防御力が低い場合は非常に使える。 シナジー効果で剣「飯」印が「に」印に近い性能になる。 単純におにぎりの所持数を半分減らせるだけ(=保存の空きを増やせる)でなく、おにぎりや焼きおにぎりが大きなおにぎりとして使えるのが非常に大きい。 さらに、出現率の高い重装の盾のデメリット打ち消しにも使える。 正面戦士の盾が無い場合は、メイン盾に入れたい。 盾を十分に鍛えられていない場合は欲しい。 この印を入れずにかつ盾が弱い場合は、ゾワゾワやバクスイ等のアイテムを切らさないようにしたい。 防御力が低く、回復剣も作成済みなら入れてもいい。 しかし弟と違って回復効果が無いので、過信は禁物。 弟印を複数付ければオオイカリアーク対策にもなる。 バ - 分裂系との相性が最悪だが、分裂系以外には割と使える印。 特におうごんマムル対策に優秀なので、サブ盾に入れるのはアリ。 ドドロゾーン終了後、印消しなどで印スロットが開いていたらメインもアリ。 祓 - おはらいが余っているなら正面戦士の盾に入れるのはアリだが、メイン盾には不要。 ペリカンゾーンでサブ剣やサブ盾とおはらいの巻物を出しっぱなしにしていると、合成されてしまう恐れがある。 サブ盾 非常に優秀。 メイン盾の防御力が40以下の場合は是非持って行こう。 防御力は扇印無しだと26とたいしたことないように見えるが、前三方向に対して防御力が倍になるので実質防御力52。 天敵はアストラルデビルとデブートン。 パコレプキンなどの強襲にも注意。 印を重ねがけしても防御アップ効果は4倍にはならないので注意。 + 通称正面丼。 中盤までは満腹度に困らなくなる。 + おうごんマムル対策として非常に優秀。 これ一つで対策になる。 弟印をいくつか入れておけば完封できる。 弟が無ければ薬印を入れても十分効果はある。 ++ メイン盾をペリカンに投げる時に使える。 足踏みで眠るのを待つと、眠らせたときに機を逃しやすいので注意が必要。 武器の名前 印 強さ 印数 買値 売値 解説 龍 25 7 30000 15000 ドラゴンキラーを4つ入手できないと作成できないが、裏白蛇で入手できる可能性のある武器の中で一番強力。 作れたら剛剣マンジカブラを凌駕するスペックだが、入手はもはや神話の域。 - 18 6 15000 7000 非常に攻撃力が高いが、まず出ないので計算には入れないほうがよい。 拾えたら必ず金印を入れたい。 竜 15 3 10000 5000 入手しにくいが、ドラゴンシールドと共鳴した場合かなり使える。 中盤以降は絶え間なくドラゴン系の敵が出現するのでかなり有効。 共鳴しなくとも、基本攻撃力の高さも相まってなかなかに強いが、印が少なく扇が入れられないので防御不足になりがちなのがキズ。 セット共鳴無しなら、素直に他の武器にする人も多い。 - 10 6 5800 1600 印数6で、扇印を多めに入れられるので防御が安定する。 攻撃力も申し分なしで、金印を入れる価値は十二分にある。 - 8 5 1200 500 印数5、攻撃力もそこそこでベースとしては十分。 印数の関係で金印を入れるか入れないかは人による。 印の一番後ろに金を入れると、乗り換えがしたい時にスムーズに行く。 回 6 3 6000 3000 印数が3しかないが、回印が必須と考えれば実質4。 4世まではこれメインでもいい。 最悪、回復剣(扇眠会)でも最後まで行ける。 ド 6 5 5000 2500 印数5。 分裂系をすみやかに処理できるが、肝心のドドロは硬いので思ったほど効果は期待できない。 ただし、獣王の盾と共鳴した場合は強力。 金印はいらない。 仏 4 5 5000 2000 印数5。 硬いジャガール王やガルムドラゴン、アストラルデビルやねむり大根などのうっとうしい敵をすみやかに処理できる。 獣王の盾との共鳴が強い。 攻撃力は低いので金印は不要。 金 3 5 6000 3000 基本攻撃力は低いが印数5であり、武器に金印を入れない人にとっては錆びたカタナより有用なベースである。 途中でどうたぬきや金セットに移行もしやすい。 掘 2 5 3500 1600 攻撃力は低いが印数は多めの5であることに加え、なんといっても穴が掘れるのが強み。 耐久値は60〜100なので、無駄掘りしなければなかなか壊れる事はない。 耐久値は武器を乗り換えない限りリセットされないため、既に使用したつるはしをベースに据える時は特に注意すること。 - 10 8 3500 1200 両手持ち。 序盤は強力な武器となるので、盾が来るまでの繋ぎに。 - 5 4 20000 10000 両手持ち。 序盤から中盤まで、空振りと罠に気をつければ使えないこともない。 壁際に追い込まれないようにすること。 早めに作れれば大助かりだが、ペリカンの数が不足しがちな序盤は盾の完成を優先させよう。 ペリカン4世ゾーン(47〜49F)終了までには作りたいところ。 1個目の命の草を無駄飲みするのを絶対に避けるため、草は確実に識別していこう。 回復の剣とのコンボも強い。 ミノタウロスの斧は粘ってでも入手したい。 他の印や正面戦士の盾との相性も抜群。 鉄甲以下の盾では必ず入れたいところ。 序盤で拾ったら即入れよう。 重装の盾との相性も抜群。 出会ったにぎりもとじめに、片っ端からおにぎりを投げて処理していけるのも強い。 ただし戦闘を有利にする印ではないので、合成せずにサブとしてそのまま使うのもあり。 回復の剣とのコンボも強い。 モンスターは寝ている間は分裂しないので、分裂系の敵にも役立つ。 火力が低いほど効果を発揮する。 パコレプキンの腕輪との相性が良い。 見切りの盾やパコレプキンの腕輪に頼ったプレイをするなら、たくさん入れよう。 そうなると嫌なモンスターを倒すためのターン数が増加するのが痛いので、できれば入れておきたい。 ただし力の数値でカバーできるので、入れなくてもなんとかはなる。 金を入れるなら、基礎値がカタナ(8)以上の武器がおススメ。 天 - 経験値の増加が気持ちいいので、余裕があったら入れてみても良い。 入れるなら序盤から入れたい。 終盤はLVUPの恩恵が減るので、入れる意味はほぼない。 飯 - に印の劣化版だが、サブ剣に入れても良いかも。 鉄扇 飯 飯 など、飯印が2つあれば巡回に支障がない程度の腹事情になる。 じっくり巡回するなら是非入れたい。 ここまでペリカンが余ることは殆ど無いが…。 火 - 序盤は便利だが、終盤の敵は倒すのに何発も剣を振る必要があり面倒。 裏白ではワナチェックが極めて重要であり、エフェクトが長いこの印は煩わしい上にTAにも不向き。 視界不明瞭MHでおうごんマムルを狙い撃ちするのに便利だが、そのためだけに印を確保する価値はない。 腕輪 床落ち出現率が低い順に上から記述してある。 最強の腕輪。 ドドロ、ノロージョの母、元締め、ハイパーゲイズ、シハンなど、いやなモンスターを壁の中から倒せることで、アイテムを大幅に節約できる。 壁越しの斜め攻撃も可能となる。 手に入れた場合は、武器には扇よりも弟印を入れたほうが効果的である。 壁の中で外すと高飛びに使えるので、即降りのお供にもなる。 独特な立ち回りが必要となるので、プレイヤーのスキルが最も現れる腕輪といっても過言ではない。 敵に囲まれたときに威力を発揮。 後半になればなるほどフロアに出現する敵の初期配置数は増えていくので、後半の逃げで効果を発揮する。 呪われないようにしたい。 開幕MHを完全無効化できる。 モン巻きとの相性は神。 階段を下りるときのつけ忘れや、外し忘れてヒビが入らないように注意。 オオイカリ眠り大根が終盤の死因になりやすいので持っておくと楽。 無ければ身代わり杖や飛ばずや混乱を多めに持つことで回避可能。 ノロージョ系の対処が楽になる。 特にノロ母フロアでは頼りになる。 MH対策や黄金マムル対策になるアイテムを保存に入れておくのは当然として、装備を呪われてペリカン合成時に泣くことのないようにしたい。 モンスターハウスに入ってしまったとき、通路に下がってアイテムを投げることで楽に壊滅できる。 終盤でオオイカリアークドラゴンが誕生してしまったとき、あかりの巻物で位置を特定して壁越しにアイテムを投げつけることで対処できる。 他にも風まで待ってアイテムに乗ったカッパを狙撃したり、大砲を転がして転び石稼ぎに使うなど、使い方がゲームの苦楽を大きく左右するアイテム。 装備ロスト対策。 またシハンは攻撃力が高い難敵なので、これあると通常時のシハンがだいぶ楽になる。 特に水がめがない場合に有効。 便利ではあるが無理して持っていく必要はない。 ドドロ対策に非常に優秀だが、ドドロはタフな上に分裂するため、これを装備したまま広い場所で戦うとあっさり壊れてしまう。 通路で出会い頭の印消しを防ぐのがメインの役割だが、力が高い時やドレバス共鳴や火力を維持したどうたぬきがメインの場合は別。 ドドロを3発確定以上で倒せる火力がある場合は相当にいい働きをしてくれるだろう。 分裂を防ぐ形の通路に誘い込む事も腕輪を割りにくくするコツ。 ドドロゾーンは長いので、予備のサビ避けやメッキ等で2回は腕輪修復が出来る状態にしておくと心強い。 おどるポリゴンに踊られるとやっかいなので、出現階層が近ければ準備しておくといい。 3000ギタンの腕輪はまずこれだろう。 床落ちではそうでもないが、店売りでの3000ギタンの腕輪はねがいの腕輪である確率がかなり高い。 攻撃力の弱いモンスターにさっさと割ってもらって、メッキがつくことを期待しよう。 できるだけ後に割ってもらったほうが壺増大効果のときは効果が高いが、持ち物欄を圧迫するようなら即割ってもかまわない。 持てる場合は、出来るだけ後に割ると保存や祝福、水がめ強化はもちろんだが、47F向けに貯めた壺や深層用にあかり等を詰めた壺の容量も増えるので、一気に形勢が変わる場合がある。 巻物 床落ち出現率が高い順に上から記述してある。 深層でもデビルカンガルーが登場するこのダンジョンでは非常に重要。 祝福候補。 開幕MH対策になるが、は混乱せず襲ってくるので注意したい。 祝福候補。 HP回復は単純ながらも重要で、金縛りや満腹度回復、装備品の呪い解除と、その有用性は多岐に渡る。 祝福候補。 混乱の巻物と共にMH対策になるが、15ターン後にモンスターが倍速になってしまうので、20ターン効果がある混乱の巻物より使いにくい。 しかし、ペリカン合成時には混乱よりこちらの方が便利。 さらに印としても武器・盾共に入れることが出来るので、混乱の巻物と場合によって使い分けよう。 最強の即降りアイテムの1つ。 浮島、水没アイテムの入手にも役立つ。 大迷路対策や泥棒するのに便利だが、深層は危険もあるので注意。 神アークが爆誕したら、この巻物を読んで対処することを視野に。 深層で使う場合は混乱、バクスイ、はりつけ、場所替え、無敵草あたりとセットで使おう。 使う前に先制で身代わりをモンスターに振っておくと安全に使用する事が出来る。 祝福候補。 強力な巻物複製アイテム。 水がめとのコンボで未識別の巻物の識別も可能。 祝福最優先。 盾へのメッキを優先する。 高飛びの腕輪など、強力な腕輪の修理にも。 銀の矢や大砲の弾が稼げる。 大量の大砲の弾はつるはしになり、各種MH、亡霊武者や洞窟マムル対策にも使える。 アスカではそのフロアに配置されているモンスターを1つの部屋に纏めてMHを発生させるという仕様なので、 とうぞくの腕輪を装備してから読めば、フロアにいる全てのモンスターを無力化できる。 腕輪が無くても全てのモンスターを自分の視界に納めて杖や巻物でコントロール出来るので、神アーク対策として底抜けの壺・大部屋の巻物に次いで所持しておくと良い。 通路モンスターの可視化や一時しのぎの杖での階段の場所確認及びアイテム回収が可能と、集まったモンスターを処理できる道具があれば優秀な巻物と化す。 祝福候補。 杖 床落ち出現率が高い順に上から記述してある。 視界明瞭大部屋MHや終盤の即降りで非常に重要。 最低一本はキープ。 MHでは杖反射も頭に入れておくこと。 一時しのぎの杖もコンボで使える。 重要な杖。 さまざまな場面で必要になる。 オオイカリモンスターに振ると等速にできるのも強い。 部屋の入り口でかなしばり、モンスターを足止め出来る。 MHでモンスターを散らしたい時や、深層での即降りで有効。 視界不明瞭大部屋MHでの階段探しに役立つ。 MHでの場所替えとのコンボは常に頭に入れておくこと。 うしわか丸系に反射してもらうことで、泥棒や階段即降りにも使える。 おうごんマムルにも有効な数少ないアイテムである(階段上へ移動させるだけでかなしばりは効かない)。 飛ばずの巻物で大砲の弾を稼いであるなら、危機回避アイテムとしてかなり強力な杖になる。 終盤になると重要度の増す杖。 アーク、ドドロ、ベルトーベンと強力なモンスターに有効。 オオイカリモンスターに振るとレベルを下げた上等速にできる。 オヤジ戦車やイッテツ戦車に壁を掘ってもらってからコドモ戦車にして矢稼ぎ、という使い方も。 アーク処理・オオイカリモンスター対策に。 特殊攻撃が怖い敵には封印、攻撃力が脅威になる敵はからぶりの杖など、状況によって使い分ける杖。 モンスターハウス対策・おうごんマムル対策をかねる杖。 複数本はいらないが、1本持っておくと安心。 ピンチのときにこれ一本。 たいていのピンチをしのげる。 代用のきかない重要な杖なので、ほかの杖で済ませられる時はほかの杖を。 大切に使おう。 序盤に過信して、レベルアップした敵に倒されないよう注意。 ふきとばしの杖、一時しのぎの杖と併用して身代わりを遠くに移動させると身代わりが倒されにくい (身代わりが同じ部屋からいなくなっても、身代わりになっている間はアスカは攻撃されない)。 使い方を間違えるとマイナスアイテムになるが、回復と攻撃を同時に行えるため非常に有用。 アークドラゴンと対峙した際は特に。 序盤は矢稼ぎ地形を作るために使う。 大砲の弾やつるはしでも良い。 敵の密度が多い中部屋MHでは、これらで通路を作ると楽に打開できることがある。 ひばしらの杖もあると楽。 泥棒のお供としても使える。 ふきとばしや引き寄せで階段を持ってくれば確実に盗める。 しあわせ草や鬼面武者系と共に、序盤にペリカンのレベルを上げるために使える。 強くなったペリカンに倒されない自信があるなら。 壺 床落ち出現率が高い順に上から記述してある。 いつでも回復できるよう、1つは持っておきたい。 HPギリギリまで粘ると罠やエーテルデビル系で死ぬこともあるので、早めの使用を心がける。 スーパーゲイズ出現階層では持ち歩かないのも手だが、ハイパーゲイズ出現階層ともなると他の敵が強いので贅沢は言えなくなってくる。 いわずと知れた重要アイテム。 アイテム識別はもちろんの事ながら、壺が貴重な裏白では、中層で装備や杖入れとして使用すると 47Fまでもって行けるアイテム量がまったく違ってくる。 安易に識別の巻物として使わないのもプレイの幅の1つ。 アイテムを持ち運べる壺というだけでも重要。 捨てずに取っておき、草や巻物、腕輪の運搬に利用しよう。 印目当てで修正値を捨てるなら鉄扇、ミノ斧などの武器を入れてもいい。 非常に重要。 1〜2個あると何かと便利。 水路を見つけたらこまめに水を補給するのを忘れないように。 転写の巻物との識別コンボ、イッテツ戦車の封印、タウロス系とシャーガ系の力半減、罠壊しなど使える場面が非常に広い。 水をかけると弱まる敵は非常に多く、盾に弟印があれば回復役として利用することもできる。 丼印とも相性がいい事や、手元に転写がある場合は巻物識別に非常に有用なのも強み。 強化の壺や祝福地の恵み等で盾が硬くなった場合は贅肉になる事が多いので、その場合は後半は持たないのも手。 武器が呪われていれば普通にアイテムを入れることが出来る。 ノロ姉出現階層や呪いの罠を見つけた時はチャンス。 弱化の壺と違い武器盾、杖も入れられるので上手く使いたい。 敵に投げつけると封印状態にする効果があるので、不要なら敵に投げる。 保持アイテム数の増加に加え、アイテムを呪いから守れるといいことずくめ。 見つけ次第、何があろうと確保。 入れ物としては至高だが、白蛇島に比べ出現率がかなり下げられている。 店では比較的売っているほうだが、それも乱数の機嫌次第である。 白蛇島とは異なり、裏白蛇は下りダンジョン。 割って落とし穴を出せば、泥棒にはもちろんのこと、最強の緊急脱出アイテムとなる。 4世以降の階層で見つけたら是非キープしたい。 低層では持ち物を圧迫するため、他に打開アイテムがあるなら早々に泥棒などに使うが吉。 アイテム保有数が限られがちな事態に対して、アイテムの効き目や使用回数を増すことで応える重要な壺。 出現率は保存の壺より低い。 最終盤に向けたあかりの巻物、混乱の巻物、大部屋、転写、モン巻き、守備力が足りなければ地の恵みの巻物に。 回が早々に出来ていて、火力が欲しければ力の種、天使の種を祝福してよくきき草と使い合わせるのもおススメ。 店限定で値段識別は容易。 祝福の壺、すいだしの巻物&転写の巻物複数枚がそろうと一気に修正値を稼げる。 余裕があれば4世ゾーンまでは吸い出しを待とう。 中盤の盾入れとしても使えて便利。 01F〜02F が出たら諦めるくらいの気持ちで、L2ダッシュで巡回した方がリアル時間節約になるのでお勧め。 クリア成功率重視の場合は、レベル3になってからアイテムを拾うと良い。 またンドゥバはギタンには化けられない事を覚えておくといい。 草や壺は出来る限り店で金額を確認し、草は出現率がやや低い命の草や毒消し草の含まれる400G台のものを、識別の巻物や壺で重点的に識別していく。 壺は「入れる」コマンドで水がめとやりすごしの壺は識別できる。 祝福の壺にどうでもいいものを入れるのを避けたい。 巻物は地の恵みを無駄にしたり、モンハウの巻物を部屋の入り口から遠い所で使ったり、フロア内にモンハウがあるのに大部屋の巻物を使ってしまったりする事のないようにしたい。 地雷も普通に出現するため、少なくともアイテムやモンスターに隣接する一歩手前では素振りしてワナ確認をしたい。 05F〜06F (05F〜07F)、(06F〜08F)が出現。 ここまでに拾ったアイテムを勝手に使わされたり、おにぎりにされロストしたり、そのおにぎりを勝手に食わされたりする危険の高い、以後を大きく左右する階層と言える。 イカリの杖、入れ替えの杖、大砲の弾はゲイズに使わされると下手すれば即死なので注意。 ペリカンゾーンまでに合成アイテムを確保していくことが最優先なので、矢が大量にある場合は惜しまずに使おう。 しかしオニギライズを考えると、矢は少量残しておきたい。 封印の杖などはこの後しばらく使いたい敵はまじしおいやんくらいなので、使い切る気持ちで使ってもいいかもしれない。 6Fからはにぎりへんげのおかげで食料の心配もないので、風が吹くまで粘ってレベルを上げたい。 食料が多い場合や引きがとても良い場合は、5Fから置きアイテムをして風まで待ってから行動するのもアリ。 レベルも稼げるのでペリカンゾーンも楽になる上、不注意以外で事故はほとんど無くなるのでおススメ。 07F〜09F (07F〜09F)が登場。 ペリカンを待って合成を進める階層。 武器に扇、盾に弟か消を優先的に合成したい。 基本的に盾への合成を優先。 特にこの後にまじしおいやんが出現するので、「消」「う」の印を優先的に入れたい。 しあわせの杖をペリカンに使うのもあり。 07F〜08Fは開始時の部屋で罠チェック後に全アイテムを床におき、オニギライズ&ペリカン待ちをすると良い (欲を言えば全ての通路入り口から3マス以上直線的に離れている部屋で待機したい)。 装備以外のアイテムを全て床に置けば、にぎり変化・ゲイズにアイテムを消滅させられることもない。 巡回には罠チェックが必須だが、風が吹いてからで良いだろう。 オニギライズをすれば満腹度に困ることもない。 2回目の風が吹いた時、すぐに階段に向かえるように、1回目の風の後になるべく階段近くに所持品を移動したい。 08F〜10Fではコドモ戦車からの鉄の矢稼ぎが可能。 柱部屋・つるはし・トンネルの杖・大砲の弾・大きな部屋が有れば積極的に行おう。 その際、コドモ戦車とペリカンを直線上に並ばせないように。 鉄の矢がペリカンに入ると合成が無駄になってしまう。 09F〜10Fではが出るので、アイテム床置きで巡回はしないほうがいい。 開幕部屋で風待ちすると、風が吹くころにはフロアのアイテムにはみなカッパが待機しているので、ペリカンを待つなら巡回してアイテムを拾ってから。 持ちきれないなら通路に置いて、回収する時に矢を撃ってカッパを倒す。 先へ行くための重要な階ではあるが、矢稼ぎ、識別、ロスト対策、合成と欲張り過ぎるとつまらないミスを引き起こす。 モンハウや店があれば尚更欲張らず、優先順位を決めて行動したい。 12F〜16F (11F〜13F)、(12F〜16F)、(13F〜15F)、 オヤジ戦車(14F〜16F)、火炎入道(14F〜16F)、シューベル(15F〜16F)、荒馬ザムライ(16F〜18F)などが出現。 12F〜13Fはペリカン2世とハヤブサ天狗が同時出現するので、矢を1本撃って判別してから本命のアイテムを投げつけたい。 ただし天狗がペリカンに化けている確率は約5%程度と低いので、割り切って合成に踏み切るのも手。 いやすぎガッパがいるフロアでは、すぐにアイテムを回収する必要がある。 ただし遠投や銀矢がある場合は風を待って、別の部屋から敵を狙撃するなどすれば確実なアイテム回収が可能。 14F〜16Fの大部屋モンスターハウスはかなり危険。 オヤジ戦車・火炎入道・いやすぎガッパ・荒馬ザムライと嫌な敵揃い。 オヤジ戦車によって火炎入道が大増殖する可能性が高い。 16Fからは荒馬ザムライもいるため、乱れ馬王も発生し得る。 落石の巻物・いかずちの巻物は一枚では敵を倒しきれない。 むしろ適度にHPを削ってしまい、イッテツ・乱れ馬王が発生しやすくなる。 序盤のモンスターハウスは可能な限り撃破してアイテムを集めたいところだが、時には場所替えの杖で階段まで逃げる判断も必要。 食料に余裕があって矢がない場合は狙ってもいいかも。 モンスターの攻撃力がかなり上がってきているため、このあたりでとりあえずの合成ができないとジリ貧必至。 特に、食料対策が出来ているか否かでペリカン2世ゾーンの合成量が決定的に違ってくる。 丼や皮、に印、使い節等で食料にゆとりがあるなら、出来る限りここで合成を済ませたいところ。 20F〜24F メンベルス(20F〜22F)、ダイキライ(20F〜22F)、イェンロン(20F〜23F)、(20F〜24F)、 イアイ(22F〜24F)、おどるポリゴン(23F〜25F)、スーパーゲイズ(23F〜25F)、しろがねマムル(23F〜27F)などが出現。 ここを逃すと47Fまでペリカン合成の機会がないので、4世ゾーンまでいける装備でなければ怪盗ペリカン3世を待ち合成。 ダイキライを爆弾状態のまま部屋の入り口に待機させておくと、ペリカン合成時に追い詰めやすい。 ただしアイアンヘッド、イェンロンなどによる爆破事故も念頭に入れておくこと。 回復の剣を作るには武器に3つも合成しなければならないので、回復の剣の材料があるときに盾の合成と回復の剣の作成のどちらを優先すべきか悩むことがある。 この辺はペリカンと装備の完成度に左右されるが、回剣は素材が揃って次の合成でメインに入れれるor出来た回剣がメインになるなら即作っておくべきである。 中層が大幅に楽になる。 盾の印が完成していない時はそっちを優先する場合もある。 回復の剣はここまでに作れなくとも、ある程度の修正値や印があれば4世ゾーンでも十分。 正面戦士の盾を拾えているなら、弟印を1個つけてやるだけで回復が可能なので是非付けたい。 安定打開を目指すなら20・21Fでメンベルスを使ってミノタウロス・怪盗ペリカン2世を狩るとかなり中層が楽になる(カンガルーも出る点には注意)。 22Fでもしても良いが、タウロスが出ないので狙いは怪盗ペリカン2世のみになってしまう(イアイのドロップ率が高いくらい)。 盾があまり育っていないと、逆にアスカが狩られる可能性もあるので注意しよう。 ベル狩り。 正面戦士の盾があるならば、部屋の入口で耐えて放流することもできる。 エビルカンガルーには注意 あかり状態推奨 狩りをするなら怪盗ペリカンは余るし、深層のおうごんマムル対策にもなる。 23F〜25Fはおどるポリゴンやスーパーゲイズなど、嫌な敵が多いので注意が必要。 食料や矢に余裕が無いならパパッと降りたいフロア。 しかし余裕があるなら粘って、装備の合成に加えて杖の回数をペリカンでまとめると後が楽になる。 風を待てばほぼ全ての敵に対処可能になるので、事故も著しく減るのも大きい。 しろがねマムルは強敵なので、痛み分けの杖やからぶりの杖、鈍足の杖等を駆使して戦おう。 正面戦士の盾がある場合は完封可。 25F〜35F (24-30F、36-38F)、・(25-30F、36-38F)、 パオパ王(25-30F、36-38F、47-49F)、(26-30F、36-38F)が出現。 ここにはエビルカンガルーが出ないので、表白蛇よりは楽。 それでもミノタウロスとイッテツ戦車の攻撃が激しく、回復の剣の能力が無い場合は苦しい階層。 装備があまり強くない場合は水がめが重要アイテムとなる。 水がめも無い場合は、正面等のサブ盾が欲しいところ。 一つでも弟印や薬印を入れておくと非常に楽になる。 ノロージョの姉に盾を呪われると装備変更が出来なくなるため、サブ盾を使う場合は注意が必要。 おはらいは常に1つ維持するといい。 ここで修正値付きの盾を集め、武器・盾の有用な印を集める。 印については上述のとおりだが、この階層で1本はを入手しておこう。 30Fの時点で拾えていない場合、次のチャンスは36-38Fになるが、そこではエビルカンガルーが出現するので盾の防御力が低い場合は危険。 また、斧はドドロキラーとしても使えるため、もう1本維持していくのもアリ。 修正値付きの盾は保存の壺や、識別の壺、手封じにいれて持っていくが、それでも持ちきれずに混乱の巻物・身代わりの杖といった重要アイテムと取捨選択を迫られる場面があるだろう。 その場合、最低限の開幕モンスターハウス対策を確保し、とりあえず46Fにたどり着けるためだけのアイテム以外は盾を持ったほうがいいかもしれない。 その後の階層のことは、それ以降で拾ったアイテムでなんとかするつもりで。 このあたりの取捨選択には経験が求められる。 25-30Fの開幕モンハウでは、パオパ王に開幕封印されないよう注意。 モンハウでなくとも、敵に囲まれている場合は早めに巻物や高とび草を使った方が安全。 飛ばずの巻物があれば、イッテツ戦車から大砲の弾を巻物1枚につき約50個ほどに入手できる。 ぼうれい武者や洞窟マムル、固まっているモンスターを倒すのに役に立つので是非とも手に入れたい。 エビルカンガルーの利用、またはバクスイやすばやさの種などを投げてやると、大砲80個程度入手が可能になる。 それだけあればガンガン使えるのでおススメ。 36F〜46F アイテムを入手できるミノタウロスやイッテツ戦車が36F〜38Fで再登場するが、 (36F〜40F、47F〜52F)も出現するため、盾の防御力が低いと厳しい。 即降りも視野に。 エビカンフロアが終わると敵の攻撃も幾分穏やかになるが、(41F〜45F、51F〜55F、61F〜62F)は大きな脅威。 おにぎりにされると死の危険も。 なるべく特技を受けないようにしたい。 39F〜40F、44Fではしろがねマムルと将軍が重複して出現する点に留意。 可能性は高くないが、ぼうれい武者によるレベルアップでおうごんマムルになると極めて危険。 この段階で黄金マムルに遭遇すると、なすすべなくやられることもある。 将軍を倒すときは状況に応じて適切な処置を。 66F〜67F 登場 66F〜78F、82F〜83F。 印消し能力が脅威な上、出現率も他の要注意モンスターより高い。 サビよけの腕輪がない場合は即降り推奨。 杖で確実に処理していこう。 不幸の杖や封印の杖があると良い。 やたら硬い上にタフでその上分裂までするので殴りたくないが、ミノ斧があれば装備を守れる上、-20になっても会心効果で早く倒せる。 両手武器がない場合も、保存の壺に武器防具をまとめて入れると1ターンで素手になれるが、杖でさっさと処理した方がいいだろう。 サビよけの腕輪で出会い頭の印消しを防ぐことができるので、デビカンゾーンでは特につけておきたいが、過信して殴り合いをするとすぐに壊れてしまう。 87F〜93F ・・(87F〜99F)、(90F〜99F)、(91F〜93F、97F〜99F)などが登場。 相変わらず嫌な敵はいるものの、デビルカンガルーが出現しないので前後の階層に比べると楽に進める。 盾が強くて乱れ馬王の攻撃が痛くないなら、通路で背後に引き連れて探索するといい。 銀の矢で敵サーチ+黄金マムル対策を兼ねれる。 他にもラシャーガ・メガタウロスは水がめがあれば回復役として従えられる。 ただし、シハンがいる階層では装備ロストしかねないのでやめた方がいい。 所持アイテムや装備の状況によってはこの階層で即降りせず、94F以降に備えてアイテムを集めて回るという選択肢もある。 未検証だが、特に深層ではあかりの巻物などの出現率が高いという情報もある。 (巻物の出現テーブルは全階層で同じ。 ) 94Fまでに、あかりの巻物or大部屋混乱バクスイを6回使える状況にしている事が1番望ましい。 あかりの巻物等が読める分だけ最終ゾーンの危険度が減るため、このあたりで祝福の壺が出た場合はそれらを優先的に祝福しよう。 TAアイテム 分裂系を手早く処理したり、敵を倒すターン数が減るのでTA向きといえる。 攻撃力の高さは速さに直結する。 印数も6つと融通が利く。 滅多に出現しないが修正値を守る価値はある。 厄介な大迷路や一本道を短縮できる。 モンスターからの退避路も確保でき、開幕モンハウ等のためにメイン剣に堀印も一考の余地あり。 矢稼ぎや泥棒にも。 壁の中から倒すだけでアイテム節約になるほか、MHに遭遇しても壁までいければ簡単に殲滅・アイテム補充可能。 またパコレプワープでの階段探しやピンチ脱出など、あらゆる場面で時間短縮が可能。 毎階装備するのが面倒だが、危険な開幕モンスターハウスを無効化できる上、アイテムを補充できるのがすばらしい。 印数が少ない為、必要なペリカンの数が少なく済むのが大きい。 また終盤でのドラゴン耐性も馬鹿にできない。 階段へ一直線。 不明瞭モンハウ等で階段の位置をサーチ。 ヨシツネ丸の魔法弾反射で階段まで飛べる。 開幕モンスターハウス等でアイテムを温存したり、遠投場所替えでのショートカット。 様々な場面で時間短縮に使える。 スコアアタック攻略 どうやら撃破点は限界まで稼げることが確認された模様。 あとはアイテムのスコアをいかにして稼ぐかか。 撃破点• 三or銀の印を利用し、通路の角でシューベル系に召喚させて撃破点を稼ぐ• 32767体を超える敵を倒すと撃破点がオーバーフローしマイナスになる模様。 注意されたし。 アイテムスコア• 飛ばずの巻物で銀の矢を大量に用意し、武器(メンベルスでの狩りで入手したミノタウロスの斧等)・盾に銀印をつけまくる(印の値段もスコアになる)• 高値な回復の剣をできるだけ作る• 高価な剣・盾に修正値をつけるとスコアが稼げるため、最後にメイン剣・メイン盾を高額なものに乗り換える• サトリの盾を作るために、重装の盾を集める 参考: 1 マムル[10] あなぐら[10] チンタラ[10] ンドゥバ[1] 2 マムル[10] あなぐら[10] チンタラ[10] うしわか[5] ンドゥバ[1] 3 みならい[10] よせ蛙[10] いやん[10] うしわか[10] ンドゥバ[1] 4 みならい[10] よせ蛙[10] いやん[10] うしわか[10] ガマラ[5] ボウヤ[10] 天狗[5] ンドゥバ[1] 5 わらポリ[10] ゲイズ[10] ガマラ[5] ボウヤ[10] 天狗[5] ンドゥバ[1] 6 わらポリ[10] ゲイズ[10] オトト兵[10] にぎり[10] 中チンタラ[10] ンドゥバ[1] 7 ペリカン[2] ゲイズ[10] オトト兵[10] にぎり[10] 中チンタラ[10] 影帽子[10] ンドゥバ[1] 8 ペリカン[2] コドモ[10] プルン[3] にぎり[10] 中チンタラ[10] 影帽子[10] ンドゥバ[1] 9 ペリカン[2] コドモ[10] プルン[3] まじしお[10] R. イノシシ[10] すぐ蛙[10] カッパ[10] オト軍曹[10] ジャガン[10] 鬼面[10] ンドゥバ[1] 10 ウッホ[10] コドモ[10] プルン[3] まじしお[10] R. イノシシ[10] すぐ蛙[10] カッパ[10] オト軍曹[10] ジャガン[10] 鬼面[10] ンドゥバ[1] 11 ウッホ[10] ハヤブサ[5] クロウ丸[10] まじしお[10] R. イノシシ[10] すぐ蛙[10] 馬武者[10] とげ竜[10] ジャガン[10] 鬼面[10] パコレプ[10] ンドゥバ[1] 12 ウッホ[10] ハヤブサ[5] クロウ丸[10] ペリカン2[2] ノロージョ[10] 化大根[10] 馬武者[10] とげ竜[10] まわポリ[10] パコレプ[10] ンドゥバ[1] 13 ボーン[10] ハヤブサ[5] クロウ丸[10] ペリカン2[2] ノロージョ[10] 化大根[10] ムーロン[10] とげ竜[10] まわポリ[10] パコレプ[10] 嫌すぎ[10] ンドゥバ[1] 14 ボーン[10] デブータ[10] 炎入道[10] ペリカン2[2] ノロージョ[10] 化大根[10] ムーロン[10] ケンゴウ[10] まわポリ[10] オヤジ[10] プルリン[3] 嫌すぎ[10] ンドゥバ[1] 15 ボーン[10] デブータ[10] 炎入道[10] ペリカン2[2] シューベル[10] 般若[10] ムーロン[10] ケンゴウ[10] シャーガ[10] オヤジ[10] プルリン[3] 嫌すぎ[10] 兵隊アリ[5] ンドゥバ[1] 16 とおせん[10] デブータ[10] 炎入道[10] ペリカン2[2] シューベル[10] 般若[10] 荒馬[10] ケンゴウ[10] シャーガ[10] オヤジ[10] プルリン[3] 兵隊アリ[5] ンドゥバ[1] 17 とおせん[10] ガマグッチ[5] ヨシツネ[10] パ王[10] ドラゴン[5] 般若[10] 荒馬[10] キグニ族[5] シャーガ[10] めまわし[10] ミドロ[10] 黒帽子[10] ンドゥバ[1] 18 とおせん[10] ガマグッチ[5] ヨシツネ[10] パ王[10] ドラゴン[5] アイアン頭[10] 荒馬[10] キグニ族[5] シャーガ[10] めまわし[10] ミドロ[10] 黒帽子[10] ンドゥバ[1] 19 エーテル[3] カンガルー[5] ヨシツネ[10] パ王[10] ドラゴン[5] アイアン頭[10] タウロス[10] キグニ族[5] プチフェニ[3] めまわし[10] ミドロ[10] 黒帽子[10] ンドゥバ[1] 20 エーテル[3] カンガルー[5] メンベル[10] ペリカン3[2] ドラゴン[5] アイアン頭[10] タウロス[10] イェンロン[10] プチフェニ[3] 親方[10] ダイキライ[10] ジャガー[10] ンドゥバ[1] 21 エーテル[3] カンガルー[5] メンベル[10] ペリカン3[2] いま蛙[10] オト大将[10] タウロス[10] イェンロン[10] プチフェニ[3] 親方[10] ダイキライ[10] ジャガー[10] ンドゥバ[1] 22 パコキーナ[10] メンベル[10] ペリカン3[2] いま蛙[10] オト大将[10] J. イノシシ[10] イェンロン[10] イアイ[10] 親方[10] ダイキライ[10] ジャガー[10] ンドゥバ[1] 23 パコキーナ[10] 暴れ馬[10] ペリカン3[2] いま蛙[10] オト大将[10] J. イノシシ[10] イェンロン[10] イアイ[10] 竜ヘッド[10] おどポリ[10] S. ゲイズ[10] しろがね[1] ンドゥバ[1] 24 チェイン頭[10] パコキーナ[10] 暴れ馬[10] ペリカン3[2] やだん[10] オト大将[10] J. イノシシ[10] イアイ[10] 竜ヘッド[10] おどポリ[10] S. ゲイズ[10] しろがね[1] ンドゥバ[1] 25 チェイン頭[10] ミノタロス[10] 暴れ馬[10] パオパ王[10] やだん[10] スカイ[1] イッテツ[10] 炎入道[10] ナシャーガ[10] 竜ヘッド[10] おどポリ[10] S. ゲイズ[10] しろがね[1] ンドゥバ[1] 26 チェイン頭[10] ミノタロス[10] デブチョ[10] パオパ王[10] やだん[10] スカイ[1] イッテツ[10] 炎入道[10] ナシャーガ[10] ノロジョ姉[10] 大チンタラ[10] しろがね[1] ンドゥバ[1] 27 チェイン頭[10] ミノタロス[10] デブチョ[10] パオパ王[10] やだん[10] スカイ[1] イッテツ[10] 炎入道[10] ナシャーガ[10] ノロジョ姉[10] 大チンタラ[10] しろがね[1] ンドゥバ[1] 28 チェイン頭[10] ミノタロス[10] デブチョ[10] パオパ王[10] やだん[10] スカイ[1] イッテツ[10] 炎入道[10] ナシャーガ[10] ノロジョ姉[10] 大チンタラ[10] ンドゥバ[1] 29 チェイン頭[10] ミノタロス[10] デブチョ[10] パオパ王[10] やだん[10] スカイ[1] イッテツ[10] 炎入道[10] ナシャーガ[10] ノロジョ姉[10] 大チンタラ[10] ンドゥバ[1] 30 チェイン頭[10] ミノタロス[10] デブチョ[10] パオパ王[10] やだん[10] スカイ[5] イッテツ[10] 炎入道[10] ナシャーガ[10] ノロジョ姉[10] 大チンタラ[10] ンドゥバ[1] 31 チェイン頭[10] アース針[10] ファントム[3] ガマゴン[5] スルー[10] 隊長アリ[3] ゲドロ[10] エレーキライ[10] ウホホ[10] スカル[10] 将軍[10] ンドゥバ[1] 32 チェイン頭[10] アース針[10] ファントム[3] ガマゴン[5] スルー[10] 隊長アリ[3] ゲドロ[10] エレーキライ[10] ウホホ[10] スカル[10] 将軍[10] ンドゥバ[1] 33 チェイン頭[10] アース針[10] ファントム[3] ガマゴン[5] スルー[10] 隊長アリ[3] ゲドロ[10] エレーキライ[10] ウホホ[10] スカル[10] 将軍[10] ンドゥバ[1] 34 チェイン頭[10] アース針[10] ファントム[3] ガマゴン[5] スルー[10] 隊長アリ[3] ゲドロ[10] エレーキライ[10] ウホホ[10] スカル[10] 将軍[10] ンドゥバ[1] 35 チェイン頭[10] アース針[10] ファントム[3] ガマゴン[5] スルー[10] 隊長アリ[3] ゲドロ[10] エレーキライ[10] ウホホ[10] スカル[10] 将軍[10] ンドゥバ[1] 36 チェイン頭[10] ミノタロス[10] デブチョ[10] パオパ王[10] やだん[10] スカイ[1] イッテツ[10] 炎入道[10] ナシャーガ[10] ノロジョ姉[10] 大チンタラ[10] エビカン[5] ンドゥバ[1] 37 チェイン頭[10] ミノタロス[10] デブチョ[10] パオパ王[10] やだん[10] スカイ[1] イッテツ[10] 炎入道[10] ナシャーガ[10] ノロジョ姉[10] 大チンタラ[10] エビカン[5] ンドゥバ[1] 38 チェイン頭[10] ミノタロス[10] デブチョ[10] パオパ王[10] やだん[10] スカイ[5] イッテツ[10] 炎入道[10] ナシャーガ[10] ノロジョ姉[10] 大チンタラ[10] エビカン[5] ンドゥバ[1] 39 チェイン頭[10] アース針[10] ファントム[3] ガマゴン[5] スルー[10] 隊長アリ[3] ゲドロ[10] エレーキライ[10] ウホホ[10] スカル[10] 将軍[10] エビカン[5] しろがね[3] ンドゥバ[1] 40 チェイン頭[10] アース針[10] ファントム[3] ガマゴン[5] スルー[10] 隊長アリ[3] ゲドロ[10] エレーキライ[10] ウホホ[10] スカル[10] 将軍[10] エビカン[5] しろがね[3] ンドゥバ[1] 41 洞窟[10] アース針[10] ファントム[3] オト元帥[10] スルー[10] もとじめ[10] エレーキライ[10] ウホホ[10] スカル[10] しろがね[3] ンドゥバ[1] 42 洞窟[10] アース針[10] ファントム[3] オト元帥[10] スルー[10] もとじめ[10] エレーキライ[10] ウホホ[10] スカル[10] しろがね[3] ンドゥバ[1] 43 洞窟[10] アース針[10] ファントム[3] オト元帥[10] スルー[10] もとじめ[10] エレーキライ[10] ウホホ[10] スカル[10] しろがね[3] ンドゥバ[1] 44 洞窟[10] アース針[10] ファントム[3] オト元帥[10] ガマゴン[5] もとじめ[10] オドロ[10] ジャガール[10] 将軍[10] しろがね[3] ンドゥバ[1] 45 洞窟[10] アース針[10] ファントム[3] オト元帥[10] ガマゴン[5] もとじめ[10] オドロ[10] ジャガール[10] 将軍[10] ンドゥバ[1] 46 洞窟[10] アース針[10] ファントム[3] オト元帥[10] ガマゴン[5] オドロ[10] ジャガール[10] 将軍[10] ンドゥバ[1] 47 洞窟[10] アース針[10] ファントム[3] オト元帥[10] スルー[10] ペリカン4[20] パオパ王[5] エレーキライ[10] ウホホ[10] プチフェニ[1] スカル[10] エビカン[5] ンドゥバ[1] 48 洞窟[10] アース針[10] ファントム[3] オト元帥[10] スルー[10] ペリカン4[20] パオパ王[5] エレーキライ[10] ウホホ[10] プチフェニ[1] スカル[10] エビカン[5] ンドゥバ[1] 49 洞窟[10] アース針[10] ファントム[3] オト元帥[10] スルー[10] ペリカン4[20] パオパ王[5] エレーキライ[10] ウホホ[10] プチフェニ[1] スカル[10] エビカン[5] ンドゥバ[1] 50 洞窟[10] アース針[10] ファントム[3] オト元帥[10] ガマゴン[5] オドロ[10] ジャガール[10] 将軍[10] エビカン[5] ンドゥバ[1] 51 洞窟[10] アース針[10] ファントム[3] オト元帥[10] ガマゴン[5] もとじめ[10] オドロ[10] ジャガール[10] 将軍[10] エビカン[5] ンドゥバ[1] 52 洞窟[10] アース針[10] ファントム[3] オト元帥[10] ガマゴン[5] もとじめ[10] オドロ[10] ジャガール[10] 将軍[10] エビカン[5] ンドゥバ[1] 53 スカイ[5] たまらん[10] イヌワシ[10] 闇帽子[10] ノロジョ母[10] もとじめ[10] オドロ[10] ジャガール[10] 将軍[10] ンドゥバ[1] 54 スカイ[5] たまらん[10] イヌワシ[10] 闇帽子[10] ノロジョ母[10] もとじめ[10] オドロ[10] ジャガール[10] 将軍[10] ンドゥバ[1] 55 スカイ[5] たまらん[10] イヌワシ[10] 闇帽子[10] ノロジョ母[10] もとじめ[10] オドロ[10] ジャガール[10] 黄金[1] ンドゥバ[1] 56 スカイ[10] たまらん[10] ファントム[5] 闇帽子[10] ノロジョ母[10] チョーキライ[10] S. イノシシ[10] ウホーン[10] 塩勘弁[10] プルンプリン[1] 黄金[1] ンドゥバ[1] 57 スカイ[10] たまらん[10] ファントム[5] 闇帽子[10] ノロジョ母[10] チョーキライ[10] S. イノシシ[10] ウホーン[10] 塩勘弁[10] プルンプリン[1] 将軍アリ[3] 黄金[1] ンドゥバ[1] 58 スカイ[10] たまらん[10] ファントム[5] 闇帽子[10] ノロジョ母[10] チョーキライ[10] S. イノシシ[10] ウホーン[10] 塩勘弁[10] プルンプリン[1] 将軍[10] 将軍アリ[3] 黄金[1] ンドゥバ[1] 59 スカイ[10] たまらん[10] ファントム[5] 闇帽子[10] ノロジョ母[10] チョーキライ[10] S. イノシシ[10] ウホーン[10] 塩勘弁[10] プルンプリン[1] 将軍[10] 将軍アリ[3] 黄金[1] ンドゥバ[1] 60 スカイ[10] たまらん[10] ファントム[5] 闇帽子[10] ノロジョ母[10] チョーキライ[10] S. イノシシ[10] ウホーン[10] 塩勘弁[10] プルンプリン[1] 将軍[10] 将軍アリ[3] 黄金[1] ンドゥバ[1] 61 スカイ[5] たまらん[10] イヌワシ[10] 闇帽子[10] ノロジョ母[10] もとじめ[10] オドロ[10] ジャガール[10] 将軍[10] ペリカン4[2] デビカン[3] ンドゥバ[1] 62 スカイ[5] たまらん[10] イヌワシ[10] 闇帽子[10] ノロジョ母[10] もとじめ[10] オドロ[10] ジャガール[10] 将軍[10] ペリカン4[2] デビカン[3] ンドゥバ[1] 63 スカイ[10] たまらん[10] ファントム[10] 闇帽子[10] ノロジョ母[10] チョーキライ[10] S. イノシシ[10] ウホーン[10] 塩勘弁[10] プルンプリン[1] ペリカン4[2] デビカン[3] ンドゥバ[1] 64 スカイ[10] たまらん[10] ファントム[10] 闇帽子[10] ノロジョ母[10] チョーキライ[10] S. イノシシ[10] ウホーン[10] 塩勘弁[10] プルンプリン[1] ペリカン4[2] デビカン[3] ンドゥバ[1] 65 スカイ[10] たまらん[10] ファントム[10] 闇帽子[10] ノロジョ母[10] チョーキライ[10] S. イノシシ[10] ウホーン[10] 塩勘弁[10] プルンプリン[1] ペリカン4[2] デビカン[3] ンドゥバ[1] 66 H. ゲイズ[10] デブートン[10] イヌワシ[10] ノロジョ母[10] チョーキライ[10] S. イノシシ[10] ドドロ[10] 塩勘弁[10] プルンプリン[1] 雷ランス[10] 将軍アリ[3] ンドゥバ[1] 67 H. ゲイズ[10] デブートン[10] イヌワシ[10] ノロジョ母[10] チョーキライ[10] S. イノシシ[10] ドドロ[10] 塩勘弁[10] プルンプリン[1] 雷ランス[10] 将軍アリ[3] ンドゥバ[1] 68 H. ゲイズ[10] デブートン[10] ヨシツネ[10] パ王ーン[10] ミラージュ[3] パコキング[10] S. イノシシ[10] ドドロ[10] アストラル[1] うたポリ[10] 雷ランス[10] シハン[10] ンドゥバ[1] 69 H. ゲイズ[10] デブートン[10] ヨシツネ[10] パ王ーン[10] ミラージュ[3] パコキング[10] S. イノシシ[10] ドドロ[10] アストラル[1] うたポリ[10] 雷ランス[10] シハン[10] ンドゥバ[1] 70 H. ゲイズ[10] デブートン[10] ヨシツネ[10] パ王ーン[10] ミラージュ[3] パコキング[10] S. イノシシ[10] ドドロ[10] アストラル[1] うたポリ[10] 雷ランス[10] シハン[10] ンドゥバ[1] 71 H. ゲイズ[10] デブートン[10] イヌワシ[10] ノロジョ母[10] チョーキライ[10] S. イノシシ[10] ドドロ[10] 塩勘弁[10] プルンプリン[3] 雷ランス[10] 将軍アリ[3] デビカン[3] ンドゥバ[1] 72 H. ゲイズ[10] デブートン[10] イヌワシ[10] ノロジョ母[10] チョーキライ[10] S. イノシシ[10] ドドロ[10] 塩勘弁[10] プルンプリン[3] 雷ランス[10] 将軍アリ[3] デビカン[3] ンドゥバ[1] 73 H. ゲイズ[10] デブートン[10] ヨシツネ[10] パ王ーン[10] ミラージュ[3] パコキング[10] S. イノシシ[10] ドドロ[10] アストラル[1] うたポリ[10] 雷ランス[10] プチフェニ[3] シハン[10] デビカン[3] ンドゥバ[1] 74 H. ゲイズ[10] デブートン[10] ヨシツネ[10] パ王ーン[10] ミラージュ[3] パコキング[10] S. イノシシ[10] ドドロ[10] アストラル[1] うたポリ[10] 雷ランス[10] プチフェニ[3] シハン[10] デビカン[3] ンドゥバ[1] 75 H. ゲイズ[10] デブートン[10] ヨシツネ[10] パ王ーン[10] ミラージュ[3] パコキング[10] S. イノシシ[10] ドドロ[10] アストラル[1] うたポリ[10] 雷ランス[10] プチフェニ[3] シハン[10] デビカン[3] 黄金[3] ンドゥバ[1] 76 メガタロス[10] ベルトベン[10] ペリカン4[2] パ王ーン[10] パコキング[10] ドドロ[10] アストラル[3] 眠大根[5] 雷ランス[10] うたポリ[10] シハン[10] 黄金[3] ンドゥバ[1] 77 メガタロス[10] ベルトベン[10] ペリカン4[2] パ王ーン[10] パコキング[10] ドドロ[10] アストラル[3] 眠大根[5] 雷ランス[10] うたポリ[10] シハン[10] 黄金[3] ンドゥバ[1] 78 メガタロス[10] ベルトベン[10] ペリカン4[2] パ王ーン[10] パコキング[10] ドドロ[10] アストラル[3] 眠大根[5] 雷ランス[10] うたポリ[10] シハン[10] 黄金[3] ンドゥバ[1] 79 メガタロス[10] ベルトベン[10] ペリカン4[2] パ王ーン[10] パコキング[10] ギガ頭[10] シンロン[10] 眠大根[5] ガルム[10] ウホーン[10] シハン[10] 黄金[3] ンドゥバ[1] 80 メガタロス[10] ベルトベン[10] ペリカン4[2] パ王ーン[10] パコキング[10] ギガ頭[10] シンロン[10] 眠大根[5] ガルム[10] ウホーン[10] シハン[10] ンドゥバ[1] 81 メガタロス[10] ベルトベン[10] ペリカン4[2] パ王ーン[10] パコキング[10] ギガ頭[10] シンロン[10] 眠大根[5] ガルム[10] ウホーン[10] シハン[10] ンドゥバ[1] 82 メガタロス[10] ベルトベン[10] ペリカン4[2] パ王ーン[10] パコキング[10] ドドロ[10] アストラル[3] 眠大根[5] 雷ランス[10] うたポリ[10] シハン[10] デビカン[3] ンドゥバ[1] 83 メガタロス[10] ベルトベン[10] ペリカン4[2] パ王ーン[10] パコキング[10] ドドロ[10] アストラル[3] 眠大根[5] 雷ランス[10] うたポリ[10] シハン[10] デビカン[3] ンドゥバ[1] 84 メガタロス[10] ベルトベン[10] ペリカン4[2] パ王ーン[10] パコキング[10] ギガ頭[10] シンロン[10] 眠大根[5] ガルム[10] ウホーン[10] シハン[10] デビカン[3] ンドゥバ[1] 85 メガタロス[10] ベルトベン[10] ペリカン4[2] パ王ーン[10] パコキング[10] ギガ頭[10] シンロン[10] 眠大根[5] ガルム[10] ウホーン[10] シハン[10] デビカン[3] ンドゥバ[1] 86 メガタロス[10] ベルトベン[10] ペリカン4[2] パ王ーン[10] パコキング[10] ギガ頭[10] シンロン[10] 眠大根[5] ガルム[10] ウホーン[10] シハン[10] デビカン[3] ンドゥバ[1] 87 メガタロス[10] アーク[5] ラシャーガ[10] H. ゲイズ[10] 乱れ馬[10] イヌワシ[10] プチフェニ[1] ギガ頭[10] シンロン[10] 眠大根[5] ガルム[10] ウホーン[10] ンドゥバ[1] 88 メガタロス[10] アーク[5] ラシャーガ[10] H. ゲイズ[10] 乱れ馬[10] イヌワシ[10] プチフェニ[1] ギガ頭[10] シンロン[10] 眠大根[5] ガルム[10] ウホーン[10] ンドゥバ[1] 89 メガタロス[10] アーク[5] ラシャーガ[10] H. ゲイズ[10] 乱れ馬[10] イヌワシ[10] プチフェニ[1] ギガ頭[10] シンロン[10] 眠大根[5] ガルム[10] ウホーン[10] ンドゥバ[1] 90 メガタロス[10] アーク[5] ラシャーガ[10] H. ゲイズ[10] 乱れ馬[10] イヌワシ[10] プチフェニ[1] ギガ頭[10] シンロン[10] 眠大根[5] ガルム[10] ウホーン[10] 黄金[5] ンドゥバ[1] 91 メガタロス[10] アーク[5] ラシャーガ[10] H. ゲイズ[10] 乱れ馬[10] パコキング[10] プチフェニ[1] ギガ頭[10] シンロン[10] アストラル[3] ガルム[10] うたポリ[10] シハン[10] 黄金[5] ンドゥバ[1] 92 メガタロス[10] アーク[5] ラシャーガ[10] H. ゲイズ[10] 乱れ馬[10] パコキング[10] プチフェニ[1] ギガ頭[10] シンロン[10] アストラル[3] ガルム[10] うたポリ[10] シハン[10] 黄金[5] ンドゥバ[1] 93 メガタロス[10] アーク[5] ラシャーガ[10] H. ゲイズ[10] 乱れ馬[10] パコキング[10] プチフェニ[1] ギガ頭[10] シンロン[10] アストラル[3] ガルム[10] うたポリ[10] シハン[10] 黄金[5] ンドゥバ[1] 94 メガタロス[10] アーク[5] ラシャーガ[10] H. ゲイズ[10] 乱れ馬[10] イヌワシ[10] プチフェニ[1] ギガ頭[10] シンロン[10] 眠大根[5] ガルム[10] ウホーン[10] デビカン[5] 黄金[5] ンドゥバ[1] 95 メガタロス[10] アーク[5] ラシャーガ[10] H. ゲイズ[10] 乱れ馬[10] イヌワシ[10] プチフェニ[1] ギガ頭[10] シンロン[10] 眠大根[5] ガルム[10] ウホーン[10] デビカン[5] 黄金[10] ンドゥバ[1] 96 メガタロス[10] アーク[5] ラシャーガ[10] H. ゲイズ[10] 乱れ馬[10] イヌワシ[10] プチフェニ[1] ギガ頭[10] シンロン[10] 眠大根[5] ガルム[10] ウホーン[10] デビカン[5] 黄金[10] ンドゥバ[1] 97 メガタロス[10] アーク[5] ラシャーガ[10] H. ゲイズ[10] 乱れ馬[10] パコキング[10] プチフェニ[1] ギガ頭[10] シンロン[10] アストラル[3] ガルム[10] うたポリ[10] シハン[10] デビカン[10] 黄金[10] ンドゥバ[1] 98 メガタロス[10] アーク[5] ラシャーガ[10] H. ゲイズ[10] 乱れ馬[10] パコキング[10] プチフェニ[1] ギガ頭[10] シンロン[10] アストラル[3] ガルム[10] うたポリ[10] シハン[10] デビカン[10] 黄金[10] ンドゥバ[1] 99 メガタロス[10] アーク[5] ラシャーガ[10] H. ゲイズ[10] 乱れ馬[10] パコキング[10] プチフェニ[1] ギガ頭[10] シンロン[10] アストラル[3] ガルム[10] うたポリ[10] シハン[10] デビカン[10] 黄金[10] ンドゥバ[1] から引用。 ワナの種類 01F〜 05F〜 06F〜 10F〜 11F〜 21F〜 木の矢のワナ 1 1 1 1 1 1 鉄の矢のワナ 1 1 1 1 1 1 毒矢のワナ 1 1 1 1 1 1 丸太のワナ 10 10 10 10 10 10 水滴ポットン 10 10 10 10 10 10 イガイガボトボト 10 10 10 10 10 10 トゲのワナ - - 10 10 10 10 落石のワナ - 10 10 10 10 10 大落石のワナ - - - 10 10 10 いかずちのワナ - - - - 10 10 地雷 10 10 10 10 10 10 大型地雷 10 10 10 10 10 10 装備外しのワナ 10 10 10 10 10 10 転び石 10 10 10 10 10 10 トラバサミ 10 10 10 10 10 10 鈍足のワナ 10 10 10 10 10 10 回転板 10 10 10 10 10 10 眠りガス 10 10 10 10 10 10 ケロケロの雨 10 10 10 10 10 10 モンスターのワナ 10 10 10 10 10 10 バネ 10 10 10 10 10 10 落し穴 10 10 10 10 10 10 警報スイッチ 10 10 10 10 10 10 召喚スイッチ 10 10 10 10 10 10 呪いのワナ 10 10 10 10 10 10 デロデロの湯 10 10 10 10 10 10 一方通行のワナ 10 10 10 10 10 10 罠のワナ 1 1 1 1 1 10 イカリのワナ - - - - - - から引用。 ドドロゾーンは一気に逃げるべきですね。 60Fぐらいで風魔引いたけど切替えられなかったし切替える必要ないですね -- 2013-02-04 月 16:05:17• ポリゴン系が集中して壺がない場合が多い序盤は重装メインにすると結構餓死する。 重装メインにするならやっぱり序盤は何らかの食料対策が必要かな -- 2013-02-14 木 16:25:27• 保存が少ない序盤は飯対策に追われる事が多く、ペリカンが引けない理由は極論すれば、大抵飯が足りなくて待てなかったというのがほとんどだと思う。 少なくとも、剣飯よりはずっと働くし、に剣ほどインスタント効果は無いにしろ、飯に追われる事はほぼ無くなるはず。 そんなアホなという人はお試しあれ。 -- 2013-03-02 土 01:05:21• もののついでに(?)と思った部分を大幅に修正。 異論がある場合は、おねがいします。 -- 2013-03-02 土 03:00:31• 80F前後のペリカンはとても重要だと思う -- 2014-01-08 水 01:16:27• 久々にきたらクッソどうでもいい攻略情報が赤字になってるな -- 2014-02-15 土 18:20:23• 回印って必須じゃないよね。 30回くらいクリアしてるけど回印入れたの半分以下だな。 -- 2014-02-19 水 08:13:45• 今更だけど、低層で盾にどんぶりか皮いれて4世でそれはずすってのがけっこう安定する -- 2015-04-08 水 11:54:20• まじしおいやんが出るフロア以前に聖域を手に入れた場合は、鬼面武者を使ってしおかんべんが出来ると言う事、そしてオニギライズ以前に聖域を手に入れてしまった場合は、水たまりに置けば張り付かないので持ち越せる事。 この2つは覚えておくとオトク。 -- 2018-03-15 木 11:11:06• まじかよ、めっちゃいい感じで40Fまで来てたのに通知来てそのままフリーズして落ちてデータパーになりやがった。 まじふざけんなよorz -- 2019-07-11 木 14:53:14• 裏白蛇って体感的に武器盾が白蛇よりかなり呪われてる確率高いんだけどただの乱数の偏りか? -- 2019-07-13 土 15:07:55• 1階で獣王ひいて9回で回復剣完成して -- 2019-07-17 水 21:58:51• 最後の94Fからはあかり開放即降り目指したけど階段が遠くてオオイカリメガ牛とアークに囲まれ絶体絶命だった時に運よく出た落とし穴でなんとか逃げれた。 あれなかったらまじ死んでたわ -- 2019-07-23 火 15:04:52• くねくね草持っといてよかった; -- 2019-09-01 日 20:22:50• 初クリア。 最後 -- 2019-09-16 月 04:11:08• アークに焼き殺される寸前でツボの端っこに入ってた困った時で命からがら階段にたどり着いた。 -- 2019-09-16 月 04:13:04• 皆さんのお陰でクリアできました。 ありがとうございした。 やっと解放されたー! -- 2019-09-16 月 04:17:36• 1Fでドラキラ拾い50F店で2本目ゲット、79Fでシハンが3本目ドロップ。 続く80F店でまさかの4本目が揃い龍神剣完成。 終盤のアークと黄金様、アストラル対策に印再構成して、龍神剣(三扇回会眠に衰)+50・鉄甲(竜バ識弟身)+49でクリア! 腕輪には恵まれなかったけれど、とうぞく様々のおかげで死因No1の開幕大部屋視界明瞭特殊モンハウも無問題。 卍や車輪も3本出るとか、終わってみれば裏白さんデレッデレでしたw -- 2019-11-25 月 21:31:39• -- 2019-11-25 月 21:34:44• wikiのおかげで初挑戦でクリアできました!どうたぬき+10(回三会金扇扇)重装+14(う弟弟弟弟)。 通路で会った黄金マムルにモンハウの巻物が役に立ちました。 -- 2020-06-01 月 01:13:50• どんなにアイテム揃ってても低層特殊ハウスで殺されるの鬼畜すぎる。 運の要求度高すぎて無理 -- 2020-06-04 木 01:04:41.

次の