閉経 避妊。 閉経の平均年齢は50歳|気をつけること、知っておくべきこと

47歳女性ですが、先日産婦人科にピルを処方してもらいに行ったら...

閉経 避妊

閉経後に妊娠する可能性はある? これはあり得ません。 完全に閉経した後でしたら、卵子が作られることはありませんので、妊娠することはありません。 しかし、この完全に閉経しているのかどうかというのは人によって非常にわかりにくいので、 実は閉経したと思っていたけどしていなかったために妊娠したというケースがあるわけです。 人によっては生理が1年以上遅れてやってくることだってあるのです。 更年期になってこれだけ遅くなってしまえば誰だって、閉経したと思ってしまうでしょう。 このように、閉経していたと思っていたけど実はまだだったというパターンで妊娠することはあるのです。 閉経したと思った後の性交渉でも子供ができてしまうことが稀にあるので、避妊は安全対策としてしたほうがいいでしょう。 閉経後は性交痛に悩みやすい? 更年期障害と性交に関する詳細なデータは存在しないので、具体的なことはわからないという意見も多いですが、更年期になって 閉経した女性というのは性交痛がきついというお話はネット上で確かに存在します。 この理由を推測している人も多いのですが、その意見は高確率で同じものです。 それは女性ホルモンのエストロゲンの分泌が一気に低下してしまったことで 子宮の筋肉が萎縮したり腟壁の乾燥が発生することで性行をすることでの痛みは格段にひどくなるというものです。 閉経後は女性ホルモンが一気に低下するので腟委縮や乾燥は防ぐことは非常に困難なのです。 そのため、どうしようもない部分とも言えるでしょう。 閉経後は性的欲求が弱くなる? 閉経後は女性ホルモン分泌量が一気に低下するので、 多くの方々は性欲が低下するようになります。 しかし、女性ホルモンが一気に低下すると言うことは男性ホルモンが増えることも意味しておりますので、 男性ホルモンが増えることでむしろ性欲が増してしまうという人もいるのです。 つまり、性欲が少なくなる人もいれば増える人もいると言うことで、 人によって違うとしか言えないということです。 しかし、性欲が弱まっている人はエストロゲン分泌量がかなり低下しているサインとも言われており、膣の乾燥や萎縮が高確率で発生しているとのことですので、避けた方がいいと言えるでしょう。 性交痛がひどくなると考えられます。 閉経後の女性ホルモンはどう変わる? 閉経後は女性ホルモンが一気に低下します。 まず、 女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類がありますが、これは両方とも卵巣から分泌されているのです。 このホルモンは脳からの指令によって分泌するのかどうかを判断しているのが特徴ですが、卵巣の中にある卵胞の数が急激に減少してしまうとそれに合わせて分泌される量も減少していきます。 基本的に女性ホルモンは卵胞を成熟させ排卵にいたる過程で分泌されるので、成熟させる卵胞がないのならば分泌されないのです。 このようにしてエストロゲンが分泌されなくなるのですが、脳の方はひたすらエストロゲンの分泌命令を出してきてしまい、混乱するようになって自律神経系の命令にも狂いが生じるようになってあらゆる不調症状が出やすくなってしまいます。 閉経後の出血で考えられる原因は?生理の復活も? 閉経後の出血は子宮体がんを含む子宮内膜病変や萎縮性膣炎といった病気の可能性があるのでなかなかに油断できません。 第一に考えられることが病気です。 Sponsored Link エストロゲンが減少してしまうと子宮内部の自浄作用も働かなくなってしまうので、 萎縮性膣炎になる可能性がかなり高くなり、不正出血してしまうケースがあるようです。 しかし、その一方で実は 閉経していなかったというケースもあります。 閉経時の生理周期というのはかなり人によって異なるので、年単位でずれ込んで生理が来て出血するケースも存在します。 閉経後の下腹部痛の原因は? 閉経後の下腹部痛や腹痛に悩まされる人もかなりの割合でいます。 まず、閉経前後は女性ホルモンが急激に減少することでホルモンバランスが乱れ、 自律神経にも狂いが生じるようになるので腹痛・便秘・下痢といった症状に悩まされる人が増えます。 特に自律神経が乱れるようになると腸の蠕動運動能力がかなり低下するようになるため、便秘になる割合が高まります。 こうなると 長時間便が腸内にとどまるようになるので腹痛が発生しやすくなるのです。 また、胃酸の分泌が多くなりすぎてしまうことで胃壁にダメージが入るようになるので、痛みが発生するという人もいます。 それ以外には女性ホルモンが低下したことで 子宮以外の部分に子宮内膜ができてしまい、出血や下腹部痛に苦しめられてしまう人もいます。 その他には、子宮筋腫のような腫瘍ができてしまう病気で痛みが発生することもありますし、卵巣癌のように癌が発生して痛みが発生するケースもあるようです。 閉経後に胸が張る場合に考えられる原因は? 閉経前後に乳房の張りや痛みを感じる方もいます。 この場合 真っ先に疑われるのが乳がんです。 乳がんは痛みや張りはないと言われておりましたが、人によっては痛みや張りが出てしまうケースもありますので、可能性として考えておくといいでしょう。 それ以外に考えられるのが、女性ホルモン分泌量が大きく変わることの影響を受けているという考え方です。 ホルモンバランスの乱れがひどいと、乳痛や胸の張りが発生すると言われておりますので、要注意です。 閉経前後はエストロゲンの分泌が減り、プロゲステロンの分泌が増えるようになるので、乳腺の中にある血管が拡張しやすい状況にあります。 そうなると、痛みや張りが発生するのです。 閉経後の子宮筋腫は小さくなる?大きくならない? 子宮筋腫は子宮関係のトラブルの中でもかなり一般的なものなので心配することはないとすら言われております。 この子宮筋腫は女性ホルモンが多く分泌されている期間は増大する可能性がありますが、 基本的に閉経を迎ええる時期になると縮小していくのです。 しかし、それが子宮筋腫ではなく 子宮肉腫だった場合は、閉経後でも増大する可能性がありますので、しっかりと確認することは必須と言えるでしょう。 閉経後に太る女性は多い? 更年期になった女性は体重が増えやすい傾向にあります。 この最大の理由もエストロゲン分泌量の減少にあるのです。 エストロゲンは脂肪合成を盛んにする働きがありますので、これが減少すればするほど同じ量を食べていたら太るようになってしまいます。 しかし、閉経した直後でもまだエストロゲンは少量ながら出ておりますので比較的抑えられますが、閉経してから5年程度経過するとほとんど出なくなってしまうので急激に太ってしまうことがあるのです。 閉経や更年期に関連する書籍として次のようなものがございます。 常喜 眞理 著 閉経後の性的欲求や妊娠の可能性!不正出血や胸が張る原因は?のまとめ 以上、いかがだったでしょうか。 今回は閉経後の様々な疑問に答えて参りました。 閉経は女性ならば避けられないものではありますが、このように色々な違いが発生するようになる時期ですので、知識が無いと必要以上に不安を抱いてしまったりします。 特に、女性ホルモン分泌量が減少することで体重が減りにくくなることを知らないとそのままの食事量をキープし続けてしまうことになりますので、太ってしまうでしょう。 体重が気になる方は注意してくださいね。 カテゴリー•

次の

閉経か確認する方法

閉経 避妊

健康な女性でも、生理が次第に不順になり、量が増えたり減ったりしながらも、一定の年齢後には、ついに生理が止まってしまいます。 これを閉経と言います。 女性にとってその頃のホルモンの変動は激しく、更年期障害に悩む人も出てきます。 しかし医学的には、閉経前後のホルモンの変動は、女性の性欲に直接影響を与えるものではなく、子宮や膣が萎縮していくのは当然としても、定期的な性生活を営んでいる限り、セックスが不可能になるということはありません。 昔から言われているように「雀百まで、踊り忘れず」というのも、決して嘘ではないのです。 考えようによっては、閉経後は避妊の必要がないわけで、束縛なくセックスライフを楽しむことができます。 しかし日本では、夫婦間の性交頻度は年を取るに従って減少し、45歳から月1回の人が増え、55歳からは性生活がないという人が半数以上になると言われています。 この原因は男性側にもあります。 結婚生活が長くなると、どうしても性行為が単調となり、妻の性行為への興味を失わせ、次第にセックスから遠ざかるようになりがちです。 また中高年は、仕事、子どもの進学、就職、親の介護などでストレスの多い時期でもあります。 そしてストレスが多いほど性機能も下がります。 その上に、中高年の男性の勃起力の低下、射精の減少など、不利な条件も加わります。 しかし夫婦間の性行為は、単に快感を求め合うだけでなく、対話にも役立ちます。 室内の照明やカーテンを変えたり、旅行したり、ラブホテルを利用するなどでムードを工夫し、前戯に時間をかけることにより、性生活に潤いを持つようにしたいものです。 なお閉経後には、ラブジュースと呼ばれる性分泌液の減少によって性交痛がおこりますが、これはセックスをする時の体位や、ペニスにゼリーを塗るなどで軽減できます。 またホルモン補充療法によって膣をなめらかにする方法もありますので、婦人科医にお気軽にご相談ください。

次の

50代女性の性|更年期や閉経と性欲

閉経 避妊

50代女性と性 誰もが今の自分の年齢になるのは初めてです。 老いるということは幼児期や思春期の成長期の「できるようになる」時期とは真逆で「できなくなる」ことが増えていくということです。 老いていく中で女性にとって最も大きな変化が閉経です。 閉経は誰もがお解りだと思いますが、女性が卵子の生産を終え妊娠することが できなくなる現象です。 また、閉経を境に前後十年間を更年期と言いますよね。 エストロゲン(女性ホルモン)が減少し体や心に様々な問題が出たりします。 女性の平均閉経年齢は50. 5歳、早い人で40代遅い人でも57・58歳で閉経を迎えます。 ここでは50代女性の性とセックスをテーマにしているので、閉経有りきで話を進めさせてもらいます。 閉経したら女でなくなる? 閉経をしたら女でなくなると落ち込んでしまう方の話をよく耳にします。 何を持ってそういう考えになってしまうのでしょう。 確かに妊娠することはできなくなります。 妊娠は女性に生まれた特権で、新しい生命を創造できるという事は素晴らしい事だと思います。 でも私はそれを女性の象徴として捉えるのはどうかと思います。 だって雌はみんなそうだからです。 ちょっと囲った部分は理屈っぽいので、面倒な方は飛ばしちゃって構わないと思います。 女性というのは人間にだけ適応される性別です。 雌は卵子を生産する生き物の性別を表す言葉です。 閉経で女でなくなるならその後はいったい何になるというのでしょうか。 初潮の平均年齢は11~12歳なので間をとって11. 5歳にします。 仮に卵子を生産できる期間を女性(女)と定義した場合、閉経年齢が50. 5歳なので39年間という期間がいわゆる女性(女)であるとなります。 さらに日本の女性の平均寿命は87. 26歳です。 初潮までの11年間は女性ではなく子供と位置付ければ、36. 76歳はいったいなんなんでしょう? 昔は子供を産み育てることが女性の価値の全てだった時代が有ります。 しかし現代は女性も自分の価値観に従って自由に人生を楽しむことが当たり前になっています。 そこでは子供を作ることが女性の人生の最終到達点ではなくなっているんです。 セックスだって雌にとっては単なる生殖手段ですが、女性にとってはそれ以外にいろいろな意味や役割があります。 人間が通常のセックスで妊娠する確率は25%、ということは単純に4回セックスすれば子供が1人作れることになります。 日本の夫婦の子供数の平均は2人を下回っているようですが、仮に2人とした場合、8回セックスすればよいことになります。 でも、そんな夫婦いるでしょうか?日本人の月平均のセックス回数は調査媒体によって様々なんですが大体4回ぐらい。 性経験がある女性の平均的な初体験年齢が20歳位、高齢出産前とされる35歳まえの34歳までの14年間生殖行為を行ったとすると、672回となります。 子供を作ることがセックスの目的であれば664回はいったい何をしていたというのでしょうか? セックスを生殖手段としか考えていない女性にとっては、閉経は人生が終わるくらいの大問題かもしれません。 しかし、セックスは生殖の為だけにするものではありません。 むしろ回数を見てもそれ以外の意味が多いことは簡単に推測できるでしょう。 セックスは男女のコミュニケーションの最高峰にあるもので、人がに感受できる幸せの最高峰でもあります。 セックスで得られる女性の喜びや充実感は閉経したからと言って大きく変化するものではありません。 当然長期的に見れば若い頃と同じようにはいきませんが、それは別にセックスに限ったことではないのです。 女性が女性としての幸せや喜びを求める限り、女は終わらないんです。 更年期は2パターン 更年期はホルモンのバランスが崩れ心や体に様々な影響を及ぼします。 性欲に関しても同じように影響を受けてしまいます。 しかし性欲に関しては興味深いことに極端な違いが出ることがあるんです。 その辺りを解説していきましょう。 性欲が増す 女性の体には女性ホルモンであるエストロゲンが分泌されていることはお解りかと思います。 しかし同時に割合は少ないですが男性ホルモンのテストステロンも存在するのです。 更年期にはエストロゲンが減少していきますが、テストステロンは60歳くらいまではあまり変化がないそうです。 更年期前まではエストロゲンがテストステロンの影響を抑え込んできましたが、更年期に入ってエストロゲンが減少してくると、比率的にテストステロンの割合が大きくなってきます。 更年期に入り髭が濃くなったり髪が薄くなったりするのはこのせいです。 しかし、テストステロンの最も特徴的な性質が性的欲求なんです。 性欲はテストステロンに由来していたんですね。 ということはテストステロン比率が大きくなれば性欲が増すという事が言えるでしょう。 50代で盛りが付いてはみっともない。 なんて気持ちを抑え込む女性もいるようですが、50代で性欲が向上することはみっともないどころか正常なことなのです。 性欲が減退する 抑うつ、不安、ストレス、パートナーとの関係の問題、過去の経験、薬剤、また頻度は少ないですがホルモンの変化が性欲を減退させます。 性的関心の一時的な低下はよくあることで、多くは疲労などの一時的な原因によるものです。 対照的に性欲減退障害では、性的な思考や空想、性行為への欲求が女性の年齢やパートナーとの性的関係の長さから予想されるよりも減退し、長期にわたって続きます。 性欲減退により女性が悩んでいる場合や、性的経験全般について欲望が欠如している場合にのみ、性欲減退は障害とみなされます。 抑うつ、不安、ストレス、パートナーとの関係の問題により性欲や動機の減退が起こることがよくあります。 性的な自己像がよくないことや、カップルの一方または両方の性的能力が欠けていたり、女性が性的欲求を伝えられないことにより生じる、報われない性的経験も一因になります。 この病気の女性は、不安になりがちで、頻繁に気分が変動する傾向があります。 厳しい状態の時に薬を飲むことで心を安定させることは決して間違ってはいません。 しかし犠牲にするものもあるという事を心に入れておいてください。 なので、状態的に漫然と服用を続けるのではなく、環境の変化や肉体的な変化を感じられた時には、断薬をしてみることも大切だと思います。 断薬をすると割とすぐに性欲は戻ってくるようですよ。 総論 50代女性にとって更年期や閉経は避けては通れない通過点です。 しかしこれは「女性としての終わり」ではなく、「女性の新たなステージの始まり」なのです。 「30させ頃40し頃50茣蓙毟り(ござむしり)」と言う言葉があります。 30代は主に男性の求めに応じているだけのもの、40代になってやっと良さが解ってきて自分から求めるようになる。 50代では茣蓙(茣蓙)を毟るくらい気持ちよくなるといった状態を表現した言葉です。 昔の人も良くわかっていたんですね。 ただ、ホルモンの急激な変化はかなり心身にダメージを与えるのも事実。 緩和措置として投薬やホルモン療法等もあります。 生活に支障をきたすような体調で性欲なんて言っていられないと思いますので、まずはいろいろな手段で心身を良い状態にしてそこから自身の性を意識してみて下さい。 そして貴女の新たなステージをエンジョイしてください。 女性向け風俗レンタル彼氏出張ホスト彼氏代行おもちゃのGENの活用.

次の