扁桃炎 うつる キス。 扁桃腺や喉が腫れたら性病ですか?風俗嬢は口内の病気が多い?

「扁桃炎」の原因を医師が解説―人にうつるの?予防対策はあるの?

扁桃炎 うつる キス

この時期、夏風邪と間違えやすいのが「扁桃炎」です。 熱が出たり、のどの痛みがあり、夏風邪だと思い市販の風邪薬を飲んでも、治りが悪い、こうした場合、のどの入り口付近の扁桃が炎症を起こした「扁桃炎」かもしれません。 また、扁桃炎は、慢性化し何度も繰り返す人もいます。 悪化すると、うみが広がり手術が必要になったり、腎炎などの引き金になったりすることもあります。 軽く見ないで早めの治療が大切です。 そこで、7月1日(月)、松井宏夫の「日本全国8時です」(TBSラジオ、月曜あさ8時~)で、扁桃炎について取り上げました。 扁桃の場所ですが、口を大きく開いて舌をやや下げるようにした状態でのぞきこんでみると、のどの奥の左右にぷっくりと膨らんでいる部分があります。 これが一般的にいわれる扁桃で、医学的には口蓋扁桃(こうがいへんとう)と呼ばれます。 人間の体には「免疫」と言う働きがあります。 外から異物が入ってきたときに、すかさず、それを攻撃して排除してしまいます。 体外からの入り口の鼻や口で免疫機能を持っているのが口蓋扁桃なのです。 そのため、扁桃の表面にたくさんの凸凹があります。 これは、のどにやってくるウイルスや細菌をなるべく多くくっつけるためですが、細菌やウイルスの巣になりやすいという面ももっています。 疲れやストレスなどで抵抗力が弱ると感染を広げ、炎症を引き起こしてしまいます。 これが「扁桃炎」です。 昔は扁桃のことを「扁桃腺」と呼びました。 「腺」というのは、リンパ腺とか甲状腺とかの「腺」で、体に不要なものを排出したり、必要なものを取り込んだりする働きがあります。 ところが扁桃は、扁桃腺と呼ばれていましたが、実際には「腺」ではなかったんです。 そのため、近年では、扁桃腺ではなく、扁桃と呼ぶのが正しい呼び方となっています。 原因となる細菌は、溶連菌や黄色ブドウ球菌、肺炎球菌、梅毒、淋菌などさまざまです。 またウイルスでは、インフルエンザウイルス、アデノウイルスなどが原因で発症することもあります。 ただ、いずれの細菌やウイルスも強いものではないので、通常は感染しても身体の免疫力で減少・除去されてしまうことがほとんどですが、免疫力が低下していると発症してしまいます。 扁桃は、まさに防衛の最前線なのです。 両方の扁桃が腫れることもありますし、片方だけのこともあります。 また息苦しくなったり、ものを飲み込みづらくなったりします。 食事ができない、あるいは水も飲めないほどの痛みがあります。 さらに、38度以上の発熱、寒気や震え、首のリンパ節のはれ、身体のだるさ、頭痛、関節痛などがあります。 症状が進むと首が腫れてきて、口も開けにくくなります。 ここが大きなポイントです。 ただ、症状だけでは判断しづらい場合もありますので、耳鼻咽喉科で早急にのどを診てもらうことをおすすめします。 問診と視診で、まず診断がつきます。 その扁桃炎は、人にうつると思っている人もいます。 でも、それはありません。 さきほどもお話したように、免疫力の低下が引き金になって発症します。 ですので、免疫力がある健康な人が、扁桃炎にかかっている患者さんと接しても、まず、扁桃炎がうつることはありません。 一方、細菌性の場合は主に抗菌薬も用いられます。 具体的にはペニシリン、セフェム系抗生剤で、食事が取れるのであれば、抗菌薬等の内服でも治療可能ですが、食事が取れない場合は、入院の上、抗菌薬の点滴をします。 それは、扁桃炎が慢性化した慢性扁桃炎の場合です。 慢性扁桃炎は、扁桃炎を何度も繰り返すもので3つあります。 「慢性単純性扁桃炎」、「習慣性扁桃炎」、「扁桃病巣感染症」の3つです。 慢性単純性扁桃炎は大人が多く、子供は少ないです。 急性扁桃炎から移行する場合と、喫煙・飲酒・化学物質の吸入などが原因となる場合があります。 一方、習慣性扁桃炎は、1年に4回以上、2年に5~6回以上の急性扁桃炎を繰り返すものです。 扁桃の深いところに炎症の病巣ができてしまい、刺激を受けることで、炎症が繰り返しおきます。 症状は、急性扁桃炎と同じで、高熱、強い痛み、そして膿などです。 習慣性扁桃炎の原因は、幾つかありますが、副鼻腔炎など鼻の空気の通りが悪くなり、口呼吸をするようになると、細菌やウイルスが直接、扁桃に届くようになり、発症を繰り返すことなどがあります。 その他、体質などの影響もあり、苦しんでいる方も多いです。 最後の扁桃病巣感染症は、扁桃から離れた皮膚、関節、腎臓に疾患が引き起こされる状態です。 日本の基準では、小児においては感染症が1年で4~5回以上、または2年で5~6回以上ある場合に手術の必要性があるとしています。 また、抗菌薬による治療を行っても改善しない重度の急性扁桃炎や、扁桃の肥大による閉塞で睡眠障害が起こる場合などにも手術が検討されます。 手術時間は30分から1時間程度ですが、手術の検査のために、2日ほど、術後に5日から6日ほどの入院が必要です。 手術後に入院が必要な理由は、切除部分を切ったままの状態にしておかないといけないので、出血することがあるなど、注意しなければならないことがあるためです。 ただ、一般的にはその心配はありません。 影響が出る方も稀にいますが、多くは免疫力が落ちることはないとされています。 手術で摘出する扁桃は、主に口蓋扁桃です。 その他にも、扁桃は周辺に多くありますので免疫力が極端に落ちることはありません。 十分な睡眠を取り、食事もきちっととり、規則正しい生活です。 無理はしない。 特に糖尿病など全身疾患のある人は、より注意して体力の温存に努めましょう。

次の

「扁桃炎」の原因を医師が解説―人にうつるの?予防対策はあるの?

扁桃炎 うつる キス

性病は、口や喉にも感染する?風邪との違い 性病と一言で言ってもさまざまな性病があり、その一部は、喉や、舌に感染し、そして一部では、口の中に症状が出るものもあります。 梅毒の場合にはできものができ、淋病の場合には、喉にできものが出来ることもあります。 特に、口の中の喉の痛みなどでは、性病の一つである、 咽頭クラミジアなどが考えられるといえるでしょう。 性病というと、性器やその周辺に感染してしまう病気であると思われがちですが、それだけではなく、喉や口の中に感染し、 扁桃腺まで腫れてしまう病気もあります。 相手の性器に居るウイルス・細菌が喉に感染してしまうことがあります。 口の中は、体液で湿っていたり、性器とよく似た性質を持っているため、性器に感染する菌は、喉でも感染しやすくなっています。 口腔内に感染する性病例として、クラミジアや、淋病、尖圭コンジローマ、トリコモナス症、 梅毒などが考えられています。 いくつかを紹介してみます。 咽頭クラミジアとは? 咽頭クラミジアは、日本では、今最も多い性病としても知られています。 また、10代の女性にも蔓延していて、女性の場合には症状が進行してしまうと、 不妊の原因にも繋がりかねません。 早期発見と早期治療が必要であるといえるでしょう。 最初は自覚症状がないことも多いため無自覚でパートナーなどに感染させてしまうことがありますので、注意をしましょう。 その他には、女性の場合には白い塊状のおりものが増えたり、悪臭がしたり、男性の場合には、 尿道から膿が出たり、排尿に異変を感じることがあります。 陰部の感染だけではなく、咽頭感染も多いことから、このように呼ばれています。 淋菌感染症とは? 淋菌感染症は、喉が腫れてしまうことが多い性病の一つであり、 咽頭クラミジアの次に多いと言われている性病です。 おりものの異変や陰部の痒み、そして膿が出ることもあり、性交渉の他にも、キスやフェラでも感染します。 慢性の扁桃腺炎を引き起こしてしまうこともある病気で、目をこすれば角膜炎や結膜炎になることもあります。 カンジダ症&口内ヘルペス 風俗嬢がかかりやすい性病の一つに、 カンジダ症があります。 カンジダ症といっても、中には口腔カンジダ症という病気があり、真菌という常在菌のカビの一種が増えて症状が現れることが多いです。 抗生物質を服用したときや、妊娠中にも発生しやすいですが、人に感染する病気であり、 性行為や、フェラなどでも感染しやすくなります。 また「口腔ヘルペス」も喉の痛みがある、オーラルセックスで感染するとされている性病です。 ディープキスなどでもうつると言われていて、水ぶくれが唇に出来、1度感染すると治らずに再発を繰り返すことが多い病気です。 複合感染にも気をつけよう 気をつけなければいけないのが、 複合感染です。 これらのクラミジア感染症や、淋菌感染症になると、他の性病にも感染しやすくなってしまうという特徴があります。 特に、これらの病気にかかってしまうと、HIVにも感染しやすくなってしまい、バリア機能が弱まってしまい、その確率が高まります。 複合感染をすることによって、本来効果的なはずの抗生物質などの薬が効きにくかったりと 治癒しにくくなってしまいます。 また、ゆっくりと症状が進む性病でも、HIVウイルスと複合感染をしてしまうことによって、症状が急速に進行することがありますので、注意する必要があるといえるでしょう。 喉の痛み…扁桃腺の腫れ以外の症状は? 口腔内で性病に感染してしまった場合、 口臭にも変化があることが多いです。 たとえば、淋病に感染すれば、咽頭炎や扁桃炎になり、口の中からは、これらの症状特有の臭いがすることがあります。 クラミジア、トリコモナスと行った性病でも、喉の炎症から、他の雑菌が繁殖しやすくなり、口臭の原因にもなってしまいます。 しっかりと歯磨きをしていて、歯周病でもないという場合には、 性病を疑って見る必要があるといえます。 病気が原因で、口臭が酷くなってしまうことはありますが、その他にも、歯周病や虫歯など、色々な要素があるので、それだけでは判断できません。 判断をする場合には、病院で検査をする必要があるといえるでしょう。 風俗を始めてから口内の病気にかかる理由とは? 風俗では、ゴムフェラなどのプレイなどもありますが、どうしても、色々なサービスをしなければならない側面があります。 特にオーラルセックスなどが当たり前になっているお店もありますので、 口の中や、咽頭粘膜などは傷つきやすくなっています。 この結果どうしても感染しやすくなってしまいます。 どんなときもゴムを着用した方が安全ですが、それで100パーセント防ぐことが出来るというわけではありません。 また、風俗で勤めている女性だけではなく、最近では、普通のカップル同士でもこのように性病に感染してしまう確率は増えています。 特に梅毒感染者の多くは、 男性の同性愛者の方が多いと言われていて、カップルでも罹患してしまう可能性はありますので、注意することが必要です。 風俗で、風邪かな?と思われる症状が現れた場合には、すぐに検査をすることが必要です。 放置しておくと、そのまま 感染をしたままになってしまい、症状が進行してしまったりする危険性がありますので、注意をしましょう。 性病にかかりにくくするためには、予防法 完全に性病にかからないという訳ではありませんが、性病にかからないためにはいくつか予防法があります。 まず、プレイをする際には、 コンドームを使用することが必要です。 ケジラミなどどうしても予防することが出来ない病気もありますが、高い確率で予防することが出来るといえるでしょう。 また、普段から傷がある場所には気をつけておくと言うことも大切です。 口内炎がある場合や、噛んでしまい口の中に傷があると言うときに、風俗でプレイをするのは避けておきましょう。 普段なら気にしないような 小さな傷でも感染の元になってしまうことがあります。 明らかに目に見えるような怪我の場合には、プレイを避けてしばらく休んだ方が良いでしょう。 また、体調が悪いときには、無理をしないと言うことも予防法の一つです。 体調が悪いと言うときには、免疫が落ちていることが多く、 普段はかからないような病気になってしまったり、 重篤化するという危険性もあります。 体調が悪いときにはしっかりと休み次に備えておくと言うことが大切なのです。 まとめ いかがでしたでしょうか。 扁桃腺や喉の腫れは風邪と思われがちですが、実は 性病にかかってしまっていることがあります。 喉が腫れてしまう性病にはいくつか種類があり、検査をしなければ分からないことが多いです。 検査をすることで、早期発見と早期治療をすること出来ます。 しかし、予防法もあります。 風俗で勤務されている方は、特に 性器や口の中に傷があるという場合には、プレイを避けておくようにしましょう。 また体調の悪いときなどには、お休みするなどをして無理をしすぎないことも大切です。

次の

急性へんとう炎|耳鼻咽喉・頭頸科|順天堂医院

扁桃炎 うつる キス

何気なくかわす恋人とのキス。 唾液を通じて互いの口内細菌を交換するこの行為ですが、実は感染症を引き起こすリスクを伴っていた!? そこで今回は、医師と歯科医師のライセンスを持つ秋山志穂先生に、キスによって感染する「キス病(伝染性単核球症)」についてくわしく教えてもらいました。 「キス病」ってどんな病気? キスでうつることに名前が由来する 「キス病(伝染性単核球症)」は、発熱や倦怠感、リンパ節の腫脹(しゅちょう)、咽頭痛が主な症状の病気です。 咽頭炎、扁桃炎は約半数の人に見られます。 腫れた扁桃には、「白苔(はくたい)」と呼ばれる白い膿栓が発生します。 また、口内に「出血斑」という血の小さな塊ができることも。 キス病は、通常2~4週間で症状が軽快しますが、3カ月程度症状が長引くこともあります。 基本的には、「悪さをしないまま、菌を保有している」と考えてください。 と言うのも、キス病に幼いころ感染すると、抗体ができるため発症しないケースが多いのです。 (幼少期に感染せず)思春期から青年期にかけて感染してしまうと、抗体ができないうちに発症してしまう可能性が高まります。 この場合、2人に1人が発症すると言われています。 横浜市内の病院に勤務。 歯科医師及び医師のライセンスを持つ。 口腔内細菌と腸内フローラ、口腔内細菌と肺炎、口腔内細菌と糖尿病の関係について周知するため、日々尽力している。 予めご了承ください いよいよ12月に入り、今年も残すところあとわずか……。 寒さと気ぜわしさで、心も体もガチガチになっていませんか? 第23回の今日は、体をのびのびと広げることで、足のむくみや冷えまで緩和する「ピラミッドのポーズ」を紹介します。 その名の通り、開脚しながら前屈を行い、ピラミッドのような三角形をつくることで、日ごろあまり使わない、足の裏側の筋肉を伸ばします。 このストレッチ効果によって、滞りやすい血液やリンパの流れを促進し、足のむくみや冷えの緩和にも効果を発揮! また、ポーズの仕上げに両手を組み、頭上に引き上げることで肩甲骨まわりがほぐれ、肩こりのケアにも役立ちます。 心地よい刺激を楽しみながら、深い呼吸と一緒に、寒さと疲れで縮こまった体を大きく広げるようなイメージでポーズを行いましょう。 両手を腰に置き、背筋を伸ばしつつ、両足の裏をしっかりと床に根付かせる。 (2)背筋をまっすぐに保ったまま、息を吐きながら、腰の辺りから上半身を前に倒す。 (3)足裏で床を踏みしめ、座骨を天井に持ち上げながら頭頂は床の方向に。 頭の重さを感じながら、首の力を抜く。 (4)両手を背中で組み、肩甲骨を寄せながら天井方向に引き上げる。 このままの姿勢で3~5呼吸キープ。 ポーズを解くときは、両手を腰に戻し、頭が最後に持ち上がるようにゆっくりと上体を戻して、ひと息リラックス。 かかとから親指の付け根まで均等に、足の裏全体で床を踏みしめましょう。 年の瀬の慌ただしい時期だからこそ、ヨガでメンテナンスを行いながら、心機一転、新しい年を向かえる準備をはじめましょう! (監修・文:村上華子、撮影:masaco).

次の