バイト 辞める 書類。 バイトを辞めるバイトを辞める時って何か書類とかって書きますか?

バイト、パートを退職時に返すもの受け取るもの

バイト 辞める 書類

バイトを辞めるときに、口頭で伝えればいいのか、退職届を書いた方がいいのか悩むところです。 責任者に退職の意思を口で伝えればOKの場合もありますが、口頭での話は後に何も残らないもの。 勝手にばっくれたと思われたり等、不測のトラブルを避けるためには、きちんとした書面で退職を伝えることをお勧めします。 アルバイトの場合、 退職のときに提出する書類は「退職届」もしくは「退職願」です。 これらは書類の性質が違いますので、用途によって使い分けるようにしましょう。 退職届と退職願の違いは「申し出を撤回できるかどうか」 書き方こそ大きな違いはありませんが、この二つは書面の意味が異なります。 退職届は一方的に「退職します」と宣言するもので、原則として撤回することはできません。 退職願は「退職させてください」とお願いする書類で、お店の責任者や社長が了承するまでは退職の申し出を撤回することができます。 退職届と退職願の使い分け 退職届と退職願の使い分けは、違いにもある通り、退職の申し出を撤回することがありえるかどうかです。 100%辞める、撤回しないという場合は退職届、話し合いや条件、状況次第では撤回してまた働くという場合は退職願を使います。 退職届を提出するケース• すでに会社との話し合いが済んでいて、退職することが決まっている場合• 意思が固く、何を言われてもアルバイトを辞めたい場合 退職届は辞める意思が動かないときに提出します。 仮に承認されなくても、届けを出してから14日以降ならば出社しなくても法律上の問題はないとされています。 ブラックバイトや人間関係がこじれたときなどで、会社が話し合いに応じてくれない場合などには、退職届の提出を選んだ方がいいかもしれません。 また、学生の場合には卒業後に就職が決まっていて、円満にアルバイトを退職するなどのケースなども考えられます。 退職願を提出するケース• 労働条件が改善されれば続けてもいいと考えている場合• 退職の意思を強く示すとトラブルが起きてしまいそうな場合 一般的には退職願を用いるケースの方が多いようです。 書類の性質を考えると退職届よりも波風が立つ可能性が薄いし、辞める意思があることに違いはないので、受理されないということも考え辛いからです。 円滑な退職を求める場合には、退職願を出しておくとよいでしょう。 なお、この二つは書類の性格は異なりますが、承認された後の効力に違いはありません。 どちらが適しているかは環境によって異なりますで、自分自身の状況に合わせて作る書類を決めましょう。 退職届・願を書くときの準備 退職届・願は、手書きでの作成が一般的です。 しかしパソコンの普及が増え続けていることを背景として、 現在はパソコンで作成するケースもあります。 就業規則などに記載してある場合もあるので、書類を作る前に確認しておくとよいでしょう。 また、会社側が様式を用意している場合は、指定されたものを使用しましょう。 用紙のサイズ A4またはB5サイズが一般的です。 郵送する際には、セミB5便箋でも問題ありません。 用紙の種類 白色の紙を使いましょう。 無地のもの、罫線が入っているもの、どちらを使用しても大丈夫です。 ペンの種類 原則として黒インクの筆記用具を使用します。 ボールペンや万年筆の使用が一般的です。 鉛筆やシャープペンシル、文字を消せるボールペンなどの簡単に消えてしまうものは避けたほうが賢明です。 印鑑の種類 書類には捺印をする部分があります。 シャチハタは使用せず、三文判や認印を用意しましょう。 退職届・願の書き方 文言や内容はほとんど変わりませんが、2点ほど相違点があり、この違いで意味が変わってきます。 そのほかにも、日付や会社の正式名称に気をつけるなど、作るときは注意が必要なポイントがあります。 退職届の形式、構成は以下の通りです。 そして、退職願の形式、構成は以下の通りです。 用途に合わせてどちらかを記載しましょう。 「、」を忘れないように注意し、最下部に記載します。 どんな理由でも「一身上の都合」として問題ありません。 ここには実際に退職する日を記載しましょう。 縦書きの場合には和暦、横書きは西暦での表記が一般的です。 」、願の場合は「退職致したく、ここにお願い申し上げます。 」と書きます。 「退職日」ではありませんので注意しましょう。 部署・課名は正式名称で記載しましょう。 三文判や認印を使って捺印しましょう。 株 などの省略も避けましょう。 お店などは、社名と店名が違うことがあるので注意しましょう。 そのまま使える退職届・退職願の文章 ここで、そのまま書き写すかパソコンにコピーすれば使いやすい文例を紹介します。 上記の注意事項に気を付けて活用してください。 封筒の大きさは用紙のサイズによって違います。 A4用紙で書類を作ったならばA4専用封筒を、B5サイズならばB5の専用封筒を選びましょう。 また、封筒の色は茶色ではなく白色が一般的です。 提出は退職1ヵ月前が目安 法律上は、退職の意思を伝えてから14日後であれば退職が認められることになっています。 ですが、引き止められれば断り辛いと思いますし、2週間というのは会社側からすれば急な申し出と捉えられてしまうでしょう。 円滑に退職するためにも、1ヵ月ほど前には退職することを申し出ておいた方がよいでしょう。 併せてこちらの記事もCheck! 無事に書類が受理されましたら、退職の具体的な流れになります。 新しいバイトも探さなければいけなくなるかもしれませんが、まずは短期、単発OKのところからとりあえず探してみるというのもおすすめです。

次の

バイト 休職 辞める

バイト 辞める 書類

伝えるタイミング 退職を告げるとしても、あなたの都合だけでいつ伝えても良い訳ではありません。 店長さん等、 相手側の状況や事情を考えるのも大切なことです。 そのため相手が忙しそうな場合には、無理にその場で伝えないようにする配慮も必要と言えます。 バイトに退職届は必要? 基本的には、アルバイトを辞める際には 退職届は不要です。 通常であれば、上司に口頭で伝えるだけで済むケースが多いでしょう。 ですが中には退職書面の提出を求める会社もありますので、辞める前に退職届などが必要かどうか確認しておきましょう。 もし退職届が必要な場合には、それを書くのに必要なもの(用紙・ペン・印鑑など)を用意します。 退職届は基本的には 手書きですが、最近ではPCを利用して作成する人もいるようです。 書く内容については、書籍やインターネット等の情報を元にして記入しても良いでしょう。 退職届は 白色の封筒に入れ、自分の手で直接上司に 手渡すようにします。 今までの感謝の気持ちを込め、「お世話になりました」という言葉を添えて渡すと良いかと思います。 また退職届というのは トラブルが想定される時にも活用される事があります。 例えば退職の「言った言わない」を防ぐ目的や「退職後の給与不払い」を防ぐ目的など、その証拠として退職届を提出しておくといったケースです。 念のため退職届を自分でコピーしておく事や、内容証明郵便を利用するケースも考えられます。 また逆に、会社側から 退職届の提出を強要されるようなケースも考えられます。 特にトラブル絡みで仕事を辞める場合には要注意です。 例えば 「不当解雇」等が問題になっている場合、会社側としては従業員に退職届を提出することで「自分から辞めると言い出した」という説明をする事も考えられます。 そのため無理に退職届を提出させようとしたり、根拠もないのにむやみに退職届の提出を要求された場合には、その 理由を確認してみると良いかもしれませんね。 バイトを辞める手続きまとめ バイトを辞める手続きについて幾つか挙げてみました。 実際にはバイトを辞める際にはさほど複雑な手続きはありません。 基本的には会社のルールに従って退職の手続きを進めていけば問題はないでしょう。 退職手続きはあなたにとってバイト先での最後の仕事とも言えます。 今までお世話になったバイト先ですので、きちんと手続きを済ませておきたいですね。 また バイトを辞める時の同僚への挨拶についてはこちらの記事も参考にしてみてください。 参考記事: 今回はバイトを辞める手続きについて挙げてみました。

次の

バイトを辞めるとき電話で言うのは非常識?円満に辞める方法とは?

バイト 辞める 書類

バイトを辞める時、みなさんは口頭で伝えますか? それとも書面ですか? 社会に出ると退職するときは必ず書面の提出が必要ですが、バイトではどうでしょう。 バイト先によっても異なりますが、母体が大きい会社の場合は、正式に 「退職届」を提出する必要になることもあります。 この先バイトを辞める時には、以下のようなことに注意してください。 退職届を書く前に! まずは口頭で相談を 確かに退職届が必要なバイト先もあるのですが、何よりもまずバイトリーダーや社員の人に 口頭で状況を話してみてください。 できれば辞めることを決意する前に、 「学校の授業についていけなくなっているので、バイトをやめさせていただこうと考えているのですが……」「子どもの帰宅時間が変わり、バイトを続けるのが難しくなってきました」「正社員の仕事を探すために就職活動をしようと考えはじめています」などと相談することをお勧めします。 何の前触れもなく、急に「退職届」を突き出すとビックリされることにもなりかねませんし、「一言相談してくれればよかったのに……」と寂しくなるものです。 バイトの退職届は決められた書類があることも バイト先で辞めることを相談する時に、「バイトをやめることになった場合、退職届の提出は必要ですか?」と聞いてみましょう。 バイト先によっては 「退職届はいらないから、この書類に記入してください」と言われ、その書類が退職届け代わりになることがあります。 スタッフが会社を辞める際、会社側としては退職時に必ず確認したい事柄があるものです。 例えば制服を借りていれば返却を確認する必要がありますし、シフト勤務の職場では、 「制服貸与の有無」「シフト最終日」などを書く欄が書類の中に設けられていることがあります。 このような場合は自分で退職届を用意する必要はなく、 会社が提供する書類に記入をすればOKです。 自分で退職届を作成するときは必要項目を漏れなく書き添える 会社から「それでは退職届を持ってきてください」と言われた場合は、 パソコンや手書きで退職届を作成する必要があります。 退職届を書くことはあまりないでしょうから、文章などは以下を参考にしてください。 まずは冒頭に 「退職届」と書きましょう。 間違って「退職願」と書いてしまうと、「バイトを辞めたいのですがよろしいでしょうか?」とお伺いをしていることになります。 「辞めさせていただきます」と意志を伝えるには「退職届」と書いてください。 ・文面は以下の通りです。 「-」はスペースを空ける部分です。 2行目の「私事、」は、 紙の下のほうに寄せ、「このたび」は 3行目の上から書いてください。 「私」という言葉を下のほうに書くことで、「自分」をへりくだって表現しています。 逆に相手の名前は尊敬の念をこめて 上部に書くようにしてください。 6行目の「株式会社~」は「このたび」と同じく、 一番上から書き始めましょう。 バイトの退職届は1か月前までに手渡しで 「辞める場合はいつまでに申し出ること」というルールがないバイト先もよくありますが、正社員の場合を見てみると、 「退職希望日より1か月前」が一般的です。 法律上は2週間前ということですが、シフト調整や次の人の採用などを考えると、少しでも余裕をもって伝える配慮があるとよいでしょう。 バイト先に退職届を提出する方法は、もちろん 「手渡し」が理想です。 退職には色々な理由があると思いますが、少なからずお世話になった人や会社ですし、今後またどこかでご縁があるかもしれません。 顔をあわせて「お世話になりました」という言葉と一緒に手渡しするのが理想です。 「立つ鳥あとを濁さず」ということわざもありますが、何事も最後まで丁寧に対応するということは、どんな立場の人でも大切なこと。 辞める状況によっては気まずい場合もありますが、自分の成長のためにも「たかがバイト」とあなどらず、一つの経験としてきちんと対応してみてください。 バイト先でトラブルがありそうなら退職届のコピーは必須 普通のバイト先ならありえませんが、給与の未払いがある場合や、辞める・辞めない等でトラブルになりそうな場合は、退職届は不要と言われても、日付を明記した書面で提出しておきましょう。 またその際に自分の手元にも証拠を残すため、 コピーをとって保管しておきます。 まとめ バイトで退職届を提出するというのは一般的ではないようですが、バイトも正社員も「雇用契約」があることに変わりありません。 契約をやめるわけですから、本来は正式に書面をもって伝えるのがルールです。 まずはバイト先で相談をし、必要に応じて対応するようにしてください。 <合わせて読みたい>.

次の