食べたあと寝る向き。 【松本浩彦医師】「食べてすぐ寝ると牛になる」はむしろオススメ!医師が解説/ドクター備忘録/オピニオンD/デイリースポーツ online

左向きで寝るとカラダにいいってホント? — みんな健康

食べたあと寝る向き

横になる時間は30分 食事の内容で大きく変わるのですが、普通の食事をした場合消化される 時間は約3時間 しかし、3時間も右向きになるのは横になるを超えて寝てしまった方が 良いのではと感じてしまいます。 30分の理由 横になる事で肝臓への血流が増えて肝臓の働きを良くしてくれます。 寝てしまうと体は休息の状態になるため機能しにくくなるのですが 30分後横になり寝た場合にはまだ胃は動き続けると言う事です。 食事をすると食べ物が胃に集まり、消化が始まります。 消化が始まると肝臓の働きが活発になり、肝臓では食べ物からの栄養の加工 や貯蓄、脂肪の消化や吸収をする事から活発に肝臓が働く事は早い消化につながります。 食べ物の消化時間 果物類:20分~30分 野菜類:1時間~2時間 炭水化物(米・麺類・パン類・イモ類):8時間~12時間 タンパク質(肉類・魚類・卵・乳製品):10時間~24時間 少しお腹が空いている時や胃の調子が悪い時に食べてしまうヨーグルト。 乳製品は消化があまり良くなく負担がかかってしまう場合があります。 少し食べる場合には果物の方がおすすめです。 果物は果物自体が消化する事ができるので胃に負担がかからず、すばやく消化 してくれます。 果物を食べて他の食事を食べれば消化が早くなるかと言うと、残念ながら果物に は他の食べ物を消化する力はありません。 特に食事の後に果物を食べる事は消化を早くすることにはならず、カロリーを増や すだけになります。 「寝る」と「横になる」の違い.

次の

左向きで寝るとカラダにいいってホント? — みんな健康

食べたあと寝る向き

寝る前に食事をすると太りやすい 第一の理由がこれです。 一度は耳にしたことがある理由ですよね。 もしかしたら肥満を気にする人の中には、「寝る前の食事=太る」という図式が成り立っていて、なんとなく避けているという人もいるかもしれませんね。 しかしある種、都市伝説のように解釈している人もいるのではないでしょうか。 夜食が習慣になっている方には残念なお知らせですが、「寝る前に食事をとると太る」というのは事実です。 どういう仕組みなのかというと、端的にいうと「食べたものが消費されないから」です。 例えば朝食事をとると、昼までの家事や仕事などでとった分をカロリー消費できます。 昼も同様で、夜までの買い物や仕事などでこれもまた消費することができます。 しかし寝る前というのは、もうあとは布団に入って眠るだけ、つまり「食事分を消費する機会がない」という状態です。 そしてカロリー消費されることのなかった〝余剰分〟はそのまま体に蓄積されていきます。 これが、寝る前に食事をとると太るとされる理由です。 就寝の直前に食事をすると睡眠の質が下がる 睡眠の質が下がるというのも、寝る前に食事をとった際に起こる弊害の一つです。 なんとなく、お腹いっぱいの状態で寝たら幸せじゃない?という感じがするかもしれませんが、実はそうではないのです。 まず、食事をとると体はそれを消化しようとします。 これは朝も昼も同じですね。 そして夜もまた同じです。 これの何が問題なのかというと、夜はその後「睡眠という体を休める行為が控えている」という点です。 にも関わらず食事をとってしまうと、体は入ってきた食事の消化に集中してしまいます。 つまり睡眠に注ぐはずだった力が消化に向いてしまい、結果的に睡眠の質が下がるということになってしまうのです。 眠る前の食事は胃腸にダメージを与える 上記では「寝る前に食事をとると体が消化に集中してしまい、それが睡眠の質に影響を及ぼす」とご説明しました。 「じゃあ、消化自体はできるのか?」というと、残念ながらそうでもないのです。 そもそも睡眠状態にある胃腸の働きは鈍くなっています。 よって、単に食事といえど寝る前というだけで大きな負担になってしまうのです。 さらに、横になると胃と食道は平行な状態になります。 この状態は消化を滞らせ、消化不良を起こしかねません。 ゆえに、寝る前の食事は胃腸にダメージが大きいのです。 眠る前の食事は肌に悪影響を及ぼす 寝る前の食事は、これまで挙げてきた健康面だけでなく、美容面にも悪影響を及ぼします。 ポイントは「成長ホルモン」です。 成長ホルモンは肌細胞を作り出す、いわば肌細胞の元ともいえる、若返りホルモンとも呼ばれるホルモンです。 日中ダメージを受けた肌はこの成長ホルモンによって修復される……はずなのですが、熟睡できない・質の悪い睡眠では、この成長ホルモンは十分に分泌されません。 そしてこれまで説明してきたとおり、寝る前の食事は睡眠の質を下げます。 つまり寝る前の食事は、肌の生成、ダメージの修復を妨害し、美肌を遠ざける行為といえるのです。 寝る前に食事をすると寝つきが悪くなる 寝る前に食事をとると消化しようと胃腸が働いてしまう。 これは上記でもご説明しましたが、実は体の働きが胃腸に集中してしまうという点以外にも、ある弊害が起こります。 それが内蔵の温度・深部温度の上昇です。 体が温まるなんて健康にも美容にもいいんじゃない?温活、なんて流行もあり、そう思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。 しかし睡眠はその限りではありません。 なぜなら、睡眠は深部温度が下がることでその準備に入るからです。 一般的に「寝る前にお風呂に入るといい」といわれる理由の一つもこれです。 すなわち、お風呂に入って体を温め、その後体温が下がっていくのを利用して睡眠モードを助長しよう、というわけです。 通常、体は21時以降、深部温度が下がり自然と睡眠の準備をしてくれます。 しかし食事をとると胃腸が動き出し、深部温度が上昇してしまいます。 つまりこれから寝ようとして体が下げてくれた深部温度を、食事をして胃腸を働かせることで上昇させて睡眠モードを脱してしまう。 そして寝つきの悪い夜を招いてしまうのです。 寝る前の食事は深部温度を上昇させ寝つきを悪くさせる、ということは、ぜひ覚えておきたいポイントです。 とはいえ、関係なくお腹は減りますよね。 特に仕事などでどうしても食事と睡眠の時間を空けられないという方もいらっしゃると思います。 いくら寝る前の食事が悪いとはいえ、空腹のあまり寝られないなんてことになってしまえば本末転倒です。 そこで、なるべくなら睡眠に影響を及ぼさない食事をご紹介します。 ポイントは「消化しやすく、体の負担にならないモノ」です。 具体的にはスープやヨーグルト、それでは物足りないという場合はうどんやおかゆなど、消化しやすい炭水化物をとるのがおすすめです。 お肉や揚げ物だけは、絶対に避けるようにしたほうが良いかと思います。 まとめ:寝る前の食事は高リスク!早めの食事を心がけよう 寝る前の食事がダメな理由5つ、いかがでしたか?「ちょっとくらい」……が招く多くの弊害をご理解いただけたでしょうか。 胃腸へのダメージ、汚肌へ直結、睡眠不足……寝る前の食事が与える悪影響は計り知れません。 いくつかのちょっとした心がけを守って、快眠生活をエンジョイしたいものですね。 関連する記事• 2015. 31 なかなか寝付くことができない方や、起床時に疲れが残っていると感じている方も大勢いらっしゃることと思います。 みなさんは良い睡眠がとれない原[…]• 2015. 29 翌日に重要な用事を控えているため早く眠ろうと布団に入ったのに、どうしても眠れない…。 誰もが一度はそのような経験をしたことがあるはずです。 眠らなければと[…]• 2018. 22 みなさんは最近どのような夢を見たでしょうか? 寝ているときに見る夢は、良い夢である場合もあれば、うなされるほど悪い夢を見るときもあります。 良い夢であれ[…].

次の

食後の寝る向きに注意するのは何故?右と左どちらを下にするのか解説―ちょっと本気な眠り系情報サイト|熟睡研究所

食べたあと寝る向き

こんにちは。 スタッフのミントです。 睡眠は、健康な生活を送る上で欠かせないものです。 しかし、ただ眠ればよいというわけではありません。 ぐっすり熟睡できないと、朝起きたときに疲れが残っていたり自律神経が乱れて頭痛やだるさ、冷え性やイライラなどの様々な体調不良を起こしたりすることもあります。 その日の疲れをその日のうちに取り除き、身体も心も元気な状態を取り戻すために、ぐっすりと質の良い睡眠を取るようにしたいですよね。 では、質の良い睡眠を取るためにはどうしたらよいのでしょうか? 寝具やパジャマを自分に合ったものにする、寝室の環境を整えるなど、質の良い睡眠のためには様々な方法がありますが、そのひとつに眠る時の姿勢があります。 正しい姿勢で眠ることで、身体の疲れを取り除き熟睡することができると言われています。 反対に、まちがった姿勢で眠ると腰痛や肩こり、身体のゆがみなどが引き起こされることにもなります。 そこで、睡眠時の正しい姿勢について考えていきたいと思います。 仰向け寝は理想の寝姿勢 仰向けや横向きなど、寝る時の姿勢にもいろいろありますが、中でも最も理想的な寝姿勢は仰向け寝だと言われています。 仰向けで寝ると身体の圧力が均等に分散されるため、血液が身体のすみずみまで循環しやすくなり、血栓ができにくくなります。 他にも仰向け寝には、寝返りが打ちやすい、呼吸が深くなるなど、熟睡するのに必要な様々なメリットがあります。 仰向け寝をする時には、手足を広げるようにします。 このような姿勢で寝ると、手足からスムーズに放熱されるので体温が下がりやすく、さらにぐっすりと眠れます。 また、仰向けで寝ると顔のしわやたるみを予防できるという、女性にうれしい美容効果も期待できます。 朝起きたときに身体が痛かったりだるかったりする場合は仰向けで寝ると体圧を上手に分散できて、痛みやだるさが解消されることがあります。 横向き寝の効果、メリット 横向きで寝ると舌根がゆるみ気道がふさがることを防ぐため、いびきを軽くしたり睡眠時無呼吸症候群を予防したりする効果があると言われています。 横向きと言っても、右向きと左向きがあり、その向きによっても身体に与える影響に違いが出てきます。 右側を下にして眠る右向きの姿勢の場合、心臓の位置が上になります。 更に、肝臓という重い臓器が右側にあることからも、右向きで寝ると心臓にかかる負担を軽くすることができると考えられています。 また、胃や腸は右側に消化器の出口があるので、消化器系の働きを良くする効果が期待できます。 左側を下にして眠る左向きの姿勢の場合、リンパ液の分泌を良くする効果があると言われています。 身体の左側はリンパが集中しているためそのような効果があると考えられており、老廃物や体内の毒素の排出を促すことが期待できます。 うつぶせ寝のメリット、デメリット うつぶせで寝ると心臓やお腹などが圧迫されるため、苦しいと感じる人も少なくありません。 ただ、太っていて首回りに脂肪が多かったり顎が小さく気道が狭かったりする場合、気道が狭くなって仰向けでは熟睡できないこともあります。 気道が狭くなると睡眠時無呼吸症候群を引き起こすこともあるため、そのような場合はうつぶせで眠った方が安全です。 ただ、うつぶせ寝は寝返りを打てる人であれば心臓やお腹が圧迫されることを軽減することができますが、自分で寝返りが打てない赤ちゃんやお年寄りにはおすすめできない寝姿勢です。 他にも、顎にかかる重さが大きいため、歯並びに影響を及ぼしたり顎関節症の原因になることが分かっています。 寝る時の姿勢によって、多くの身体への影響があります。 ただ、あまり寝姿勢のことを神経質に考えすぎる必要はありません。 好みもありますし、人によって効果の現れ方も様々です。 自分が寝やすいと感じられる姿勢、自分の体調に合わせた姿勢で寝るようにし、より熟睡しやすい寝姿勢を探してみるといいですね。

次の