ブーゲンビリア 育て 方。 ブーゲンビリアの育て方で絶対に失敗しない7つのコツ!

ブーゲンビリアの育て方・栽培方法のコツ

ブーゲンビリア 育て 方

水やり ブーゲンビリアの水やりは重要です。 神経質になる必要がない品種もありますが、ブーゲンビリアは基本的に水を与えるほど枝葉がどんどん生えて、花の芽の生育が鈍くなるという性質があります。 4~10月の花芽をつけはじめた頃から乾燥気味に管理してください。 真夏の生育期には葉がしおれてきたらたっぷり水を与えるくらい待っても大丈夫です。 なぜなら花が咲いている時期に水を与えすぎると、花数が減るだけでなく、生長しきれなかった花の芽がトゲになって枝に残ってしまうからです。 11~3月にかけては水やりを控えて耐寒性を強くします。 1週間に1回程度で十分です。 また、根が凍るのを防ぐために夜や早朝ではなく晴れた日の午前に水やりしましょう。 肥料 ブーゲンビリアは長期にわたって生長と開花を繰り返すため、即効性の液体肥料より緩効性の化成肥料の方が適しています。 特に鉢植えにすると葉色が冴えなくなりやすいので、5~9月までは花の終わった後、剪定後、芽吹き後にそれぞれ化成肥料を施しておきましょう。 開花直前に肥料を与えると花付きが悪くなり、窒素成分が多い肥料は新芽の生育ばかり活発になってしまうので、肥料の時期と成分には注意してください。 ブーゲンビリアの剪定時期と方法は? 挿し木 ブーゲンビリアを増やすなら、切り取った枝を活用する挿し木が簡単な方法です。 6~7月頃、硬く傷のない枝を選んで育てていきましょう。 剪定で切り落とした枝を活用すると効率的に数を増やせますよ。 ナイフなどで長さ10cmで、切り口が斜めになるよう調節する• 発根率を上げるために葉を4〜5枚まで減らす• 30~60分くらい水に切り口を浸けておく• 水からあげたら切り口にメネデールなどの発根促進剤を塗る• 湿らせたパーライトや川砂を小鉢に敷く• 土が乾燥しきらないよう水やりを続ける• 半日陰で管理して1〜2ヶ月後に植え替える 種まき ブーゲンビリアは種まきでも数が増やせます。 1ヶ月程度で発芽するので、苗が大きくなるまでじっくり育てたい方におすすめです。 花が咲いた後、サヤが十分に熟したら種を取り出す• 封筒に入れて、さらにビニール袋にいて春まで冷暗所で保存する• 気温が20度前後に安定した5~7月に、種まき用の土を入れたポットに種をおく• 軽く土を被せて水を与える• 土が乾燥しないように日陰で水やりをして管理する• 苗が育ったら庭や鉢に植え替える ブーゲンビリアの育て方!植え替えの時期と方法は? ブーゲンビリアを鉢で育てているなら、2~3年に1回4月中旬から6月頃に植え替えを行います。 根が太くまっすぐ下に伸びる性質があるので、放っておくと鉢が割れたり、根が傷んで枯れてしまいます。 木の体力を消耗しないように、つぼみの作られる時期と開花期を避けて、一回り大きい鉢または同じ大きさの鉢を用意してください。 ブーゲンビリアの植え替えは、株を大きくするというよりも、土を一新してリフレッシュさせることが主な目的です。 新しい鉢の底に軽石と土を入れる• 鉢から土ごと引き抜く• 古い土などを軽く落とす• ひどく傷んで黒ずんだ根や伸びすぎた根は切り取る• 苗を植えて水を与える• 植え替えが済んだら元の場所に戻して管理する ブーゲンビリアの花が咲かない原因は、3つあります。 1つ目は日当たりがよすぎるか悪すぎること。 できるだけ午前中に日があたり、午後は直射日光の当たらない場所で、夜は街灯などの光を浴びない場所に植えましょう。 2つ目の原因は、水や肥料を与えすぎていることです。 ブーゲンビリア乾燥気味で肥料は少なめくらいがちょうどよく生長します。 3つ目は、生育環境が良すぎることです。 しっかり土作りをした地植えなどは、どんどん枝が伸びて大きくなります。 これはよいことなのですが、花を早く見たい方はスコップで生長しすぎた根を切ってあげると枝葉と根のバランスがよくなり、花が咲きやすくなりますよ。 ブーゲンビリアの育て方のポイントは2つ!.

次の

ガーデン・ブーゲンビレアの育て方・お手入れ方法

ブーゲンビリア 育て 方

ブーゲンビリアを育てる前に知っておきたいこと ブーゲンビリアは熱帯地域に分布する蔓性の低木です。 トロピカルな雰囲気満点で、色が非常に鮮やかなので庭木としてもおすすめ。 育てる際には日当たりや水やりを注意深く管理する必要があるため、中級者向けの植物といえるでしょう。 種類を知ると、選び方がわかります ブーゲンビリアは、鮮やかで豊富な花色が特徴ですが、じつはこの色づいた花びらに見える部分は花を取り巻く葉で、前述したように苞 ほう といいます。 実際の花は、苞の中央にある小さな白い部分。 ただし、本記事では苞を「花びら」とわかりやすく表記します。 花びらは、大きさや咲き方にバリエーションがあり、非常に多くの園芸品種が流通しています。 日本では、ブラジル原産のグラブラ、スペクタビリス、ペルー・コロンビア原産のペルウィアナの3原種と、これらを掛け合わせたバッティアナタイプ、ハイブリッドタイプの5系統が流通しています。 ここでは、代表的な6つの品種を紹介しましょう。 ミセスバッド グラブラとペルウィアナの自然雑種で、鮮やかな赤の花が特徴的な品種です。 地植えにも適しているので、育てやすいです。 その華やかさからギフトに用いられることが多く、バッティアナタイプの元祖といわれています。 ピンクレディー ピンクレディーは、ピンクと白の、やさしい色みがかわいらしい品種です。 母の日のプレゼントとしても人気があります。 エリザベスアンガス 紫色の花を咲かせるエリザベスアンガス。 ブーゲンビリアのなかでも、代表的な品種です。 寒さに強く、地植えにも適しています。 日本では、沖縄の家屋の庭先などでよく見かけます。 サンデリアナホワイト 市場に多く流通する、サンデリアナ系ブーゲンビリアを代表する品種のひとつです。 まっ白な花を咲かせる品種で、夏の暑さに強く、沖縄では「珊瑚礁」という名で、多くの人に愛されています。 オレンジアイス 透け感のあるオレンジ色の花を咲かせます。 黄金色の斑があり、華やかで美しい見た目が人気です。 育てやすい品種でもあります。 ブライダルブーケ 八重咲きタイプです。 グラデーションのかかった花色が特徴的な品種です。 ピンクレディーとも似た淡いピンクで、中心に向かって白から緑色に変化します。 結婚式でも人気のある品種です。 ブーゲンビリアを育てるときに必要な準備は? ブーゲンビリアを育てるときは、以下のものを用意しましょう。 準備するもの ・ブーゲンビリアの苗 ・鉢 ・鉢底ネット ・鉢底石 ・土 ブーゲンビリアを育てるときは、初心者の場合、鉢植えからのスタートがおすすめです。 根が横に伸びず下に伸びていく性質をもつため、鉢はできるだけ縦長で深さのあるものを選んでください。 鉢底には鉢底石(軽石)を敷いて、水はけをよくしましょう。 ブーゲンビリアは、日当たりのよい明るい場所を好みますので、鉢の置き場所についても先に考えておくのがベターです。 適した土作りが、育てるコツの第一歩 ブーゲンビリアの栽培には、排水性、通気性のある土が最適です。 市販の培養土を使う場合は、草花用を選ぶといいでしょう。 培養度や地植えの土に、赤玉土を少し混ぜると、水はけがさらによくなります。 自分で単粒の土をブレンドして作る場合には、赤玉土(小粒)4:腐葉土3:軽石(小粒)2:鹿沼土(小粒)1の割合で混ぜます。 土は植えつけの2週間くらい前に作り、植えつけまで寝かせます。 ブーゲンビリアの育て方にはポイントがあります ブーゲンビリアは、市販の株を購入して育てるのが一般的です。 植物栽培に慣れていない方でも失敗が少ないでしょう。 ブーゲンビリアの育て方~苗から始める~ 苗の選び方 ブーゲンビリアの苗は、春から夏にかけて園芸店やホームセンターなどで販売されています。 葉の色が鮮やかで、艶があるものを選んでください。 葉先が黄色くなって萎れているものは、根が弱っている可能性があるので避けましょう。 また病害虫(アブラムシ、すす病など)がいないかしっかりと確かめましょう。 植えつけ時期と方法 ブーゲンビリアの植えつけに最適な時期は、5~7月です。 植えつけ手順は下記のとおりです。 ブーゲンビリアは根が傷つきやすいので、扱いには注意しましょう。 プラポットから抜いたあとは根の土をはらわずに、そのまま新しい鉢に植えてください。 ブーゲンビリアと仲よくなる日々のお手入れ 水やりのタイミング 春~秋にかけては、土が乾いたら都度水やりをしましょう。 土が完全に乾燥したタイミングで、たっぷり水をあげてください。 冬の水やりは、土の乾き具合に応じて、週に1回程度に抑えます。 この時期に水をあげすぎてしまうと、根腐れの原因となるためです。 水やりをするときは、鉢底から流れ出るくらい、たっぷり水をあげましょう。 土の中に溜まった不要物を取り除き、新鮮な空気を取り入れてくれます。 一方、ブーゲンビリアには、水をあげすぎると開花しないという性質があります。 乾燥と水やりのメリハリをつけることがとても重要です。 土が乾いて、葉がやや萎れかかってきたら水をあげるイメージでも大丈夫です。 肥料の施し方 ブーゲンビリアは、肥料は控えめにあげることがポイントです。 チッ素成分の多い肥料をあげすぎると枝葉のみが成長し、開花しない原因となるので、注意しましょう。 成長期の春から夏の間、月1~2回の頻度で肥料を与えます。 肥料はP(リン酸)の割合が高いものを選びます。 時間をかけてゆっくり作用する、固形の緩効性化成肥料がおすすめです。 立派に育てるための、植え替え時期と方法 ブーゲンビリアは鉢が手狭になると、根が詰まって根腐れを起こしてしまいます。 2~3年にいちどくらいの割合で、成長期の5~7月にひと回り大きな鉢に植え替えを行ってください。 鉢の底から根が飛び出すような場合は、できるだけ早めに植え替えるようにしましょう。 ただし、つぼみができているときや、花が咲いているときの植え替えは、苗が弱ってしまう可能性が高いので避けてください。 剪定を行うときは、時期に注意しましょう ブーゲンビリアは枝がどんどんと伸び広がるので、見た目よく楽しむには、剪定が欠かせません。 伸びすぎた枝先は都度切り落として問題ないですが、大規模な剪定は6~8月、開花がひと段落したタイミングで行いましょう。 ブーゲンビリアの剪定は「切り戻し」という方法で行います。 言葉どおり、不要な部分を切って、元の状態に戻す剪定方法です。 具体的な手順は下記のとおりです。 ブーゲンビリアは枝の真上に花がつく性質があるので、できるだけ横に誘引して育てていくと、全体にバランスよく花がつきます。 葉が茂りすぎても開花の妨げになるので、幹ができるだけ日に当たるように調整しましょう。 知りたい! ブーゲンビリアの増やし方 種の採取の時期と方法 ブーゲンビリアは種から育てることもできますが、種自体が市場で流通しておらず、手に入れるのが容易ではありません。 また、種をまいてから発芽まで1か月以上かかります。 後述するように、ブーゲンビリアを増やしたいときは、挿し木を行うといいでしょう。 挿し木の時期と方法 ブーゲンビリアは、挿し木で増やすのが一般的です。 剪定で切り落とした枝が使用できるので、剪定を行った後にはぜひ、挿し木にチャレンジしてみましょう。 剪定を行う6~8月は新芽が出やすい季節なので、挿し木を行うのに最適なタイミングです。 手順は下記のとおりです。 毎日の観察が、病気や害虫を防ぐコツです 育てるときに注意したい病気 ブーゲンビリアには、特別に気をつけなければならない病気はありません。 水の与えすぎによる根腐れに気をつけていれば、病気に悩まされることは少ないといえるでしょう。 育てるときに注意したい害虫 ブーゲンビリアは、害虫にも比較的強い植物ですが、絶対に虫がつかないというわけではありません。 毎日観察し、異変がないかチェックするようにしましょう。 アブラムシ 緑色の小さな虫で、葉や茎につきます。 栄養を吸い取り苗を弱らせたり、すす病の原因となったりします。 アブラムシがついたときは、水で洗い流すか、殺虫剤で駆除しましょう。 風通しの悪い場所で発生しやすいので、屋外や通気性のよい窓際に鉢を置くようにしましょう。 また反射光を嫌う性質があるので、苗の根元にアルミ箔を敷いておくのも予防策として有効です。 Credit 記事協力 監修/矢澤秀成 園芸研究家、やざわ花育種株式会社・代表取締役社長 種苗会社にて、野菜と花の研究をしたのち独立。 育種家として活躍するほか、いくとぴあ食花(新潟)、秩父宮記念植物園(御殿場)、茶臼山自然植物園(長野)など多くの植物園のヘッドガーデナーや監修を行っている。 全国の小学生を対象にした授業「育種寺子屋」を行う一方、「人は花を育てる 花は人を育てる」を掲げ、「花のマイスター養成制度」を立ち上げる。 NHK総合TV「あさイチ」、NHK-ETV「趣味の園芸」をはじめとした園芸番組の講師としても活躍中。 文・ランサーズ.

次の

ブーゲンビレアの育て方|ヤサシイエンゲイ

ブーゲンビリア 育て 方

ブーゲンビリアをご存知でしょうか。 ブーゲンビリアは、オシロイバナ科のイカダズラ属に属する美しい植物です。 和名はそのまま筏葛(イカダカズラ)です。 原産地は、中央アメリカ及び南アメリカの熱帯雨林。 ブーゲンビリアという名前は1768年にブラジルでこの木を見つけたフランス人の探検家ブーガンヴィルから取って名付けられました。 花の色は赤や白、ピンクやマゼンタ、紫、橙、黄などの華やかな色で、南国では一年を通して咲きます。 この華やかな色で覚えている方も多いですよね。 南国の写真や映像にはハイビスカスと並んで必ず登場します。 この花には香りがなく、花の香りのアレルギーの方でも育てることが出来ます。 花言葉は情熱、あなたは魅力に満ちている、あなたしか見えない。 そこで今日は、この力強い花言葉を持つ華やかなブーゲンビリアを育てるコツについてお伝えします。 ではご覧ください。 ブーゲンビリアは太陽と友達 まずはブーゲンビリアの特徴を知りましょう。 乾燥には強いですが寒さには弱く、環境の変化も得意ではありません。 南国に咲き誇るくらいですから逆に暑さには強く、熱帯性花木に分類されています。 一定の気温があれば花が咲くので、場所によっては一年中花を楽しむ事もできます。 沖縄や九州を除く日本の気候では5月から10月が開花期です。 特に気を付けたいのは日当たりの良い場所に置くこと。 日照不足で花が落ちてしまうこともありますので、太陽の光に当てましょう。 控えめが水やりのポイント 基本は乾燥気味がポイントです。 開花中の水やりは、葉が萎れてからたっぷり与えるようにします。 鉢底から水が流れ出て来るくらいたっぷり与えるのがポイントで、鉢の底まで水が届かないと水切れを起こしてしまうので注意が必要です。 また、南国の植物だからと水をやり過ぎると根を腐らせてしまいます。 開花時期が終わり、花が付いていない時期は水やりを控えめにすると翌シーズンの花がつきやすくなります。 そのあとの冬場はさらに水やりの頻度を抑えます。 冬場は活性が落ちているので、鉢にもよりますが、一週間に一度くらいで大丈夫です。 春からは剪定がポイント 春は冬越しが終わり新芽が出てきます。 固形肥料を与えます。 この時期に水を減らしすぎると枝葉の成長が遅れますが、水やりの頻度を増やせば根腐れの原因にもなりますので注意します。 枝が伸びすぎると花芽が付きにくいので剪定で調整していきます。 脇芽を出すようにすると花がたくさん付きます。 まず枝を支柱に巻きつけて枝に角度をつけることで成長を遅らせ、脇芽を出します。 枝が増えすぎないよう剪定を行います。 伸びすぎた枝については枝先の先端をつまんでしまえばそれ以上枝は伸びなくなり、葉の付け根から脇芽を出せるので、この摘芯と剪定で調整します。 春から夏にかけて水は控えて 春から夏にかけては、樹勢も増していくので剪定と誘引はこまめに行います。 苞というつぼみを覆う緑色の殻が開いてからしてゆきます。 植え替えもやはり春から夏にかけて行います。 ある程度葉が生い茂ってきたら、水やりを控えめにし始めて苞の出現を促します。 窒素が多い肥料は開花障害を引き起こすので、肥料は骨粉などリン・カリが多いものに変えるとよいでしょう。 水やりを極力まで控えますが、夏になれは水の吸い上げが早いので水切れには注意してください。 肥料は夏になれば不要です。 秋は最後の花を楽しんで、ゆっくり冬ごもり 夏が過ぎるとブーゲンビリアも疲れてきています。 夏に肥料を切っていた株については肥料を与えましょう。 もうそれほど枝葉は育ちませんが、ブーゲンビリアは秋が一番見頃なので、秋の早いうちに樹を整えておきます。 花のあとは強めの剪定を行って冬越しの準備をします。 11月なれば4までは室温で育てるのがよいでしょう。 最低でも5度以上の気温を維持できるようにしましょう。 また日光の当たる暖かい場所に置くことも必要です。 水やりについては、活性が落ちているので1週間に1度位の頻度で、日が昇ってから行いましょう。 定期的な植え替えでいつも生き生きさせて ブーゲンビリアは鉢植えで育てる場合、根が育つ速度が早いので定期的に植え替えを行います、植え替えの頻度は1年から3年に1回の頻度で行います。 先に述べたとおり、4月中旬から6月の間に行います。 この時期の他にブーゲンビリアが根詰まりを起こし、元気がなくなった場合も植え替えを行います。 根詰まりすると、鉢底から根が出ていたり、表面の土に根が見えていたり、水やりをしても土が固まり、吸う速度が遅かったりします。 鉢植のサイズは一回り大きめのサイズの鉢植えにしましょう。 鉢植えのサイズを同じにしたい場合は伸びた根の1/3をカットします。 水はけのよい土を選んで 土は、水はけの土が望ましいので、粒の粗めの土にしましょう。 中粒の赤玉石に腐葉土を混ぜるなどすると、良い土になります。 根は、長すぎるものは切断します。 根鉢については、暖かい成長の時期なら少し崩しても問題ありませんが、温度が低い場合は負担になりますので、崩さないようにしましょう。 根鉢は鉢植えの植物がしっかりと根を張ったことにより,土と根が固まりとなったものです。 植え替え後は水を切らさないように、水やりを行います。 肥料は安定するまで与えずに様子をみると良いでしょう。 水はけのよい土は水やりを失敗させないポイントになります。 このように、鉢植えで温度の管理をしやすくしてあげて、水はけのよい土で水やりをしやすくしてあげる。 春先は植え替えと剪定で花芽が出るように調整をしてあげて、冬はゆっくり冬越しさせてあげれば、ブーゲンビリアはそれほど難しい植物ではありません。 南国では普通に地面から生えて手入れもいらないほどだそうです。 心配ならサンデリアナ系の品種は寒さにも強く、管理もしやすいのでぜひ花屋さんに出向いてみてください。 まとめ ブーゲンビリアの育て方のコツ! ・ブーゲンビリアは暑さに強く寒さに弱い ・控えめが水やりのポイント ・春からは剪定がポイント ・春から夏にかけて水は控えて ・後の花を楽しんで、ゆっくり冬ごもり ・定期的な植え替えでいつも生き生きさせて ・水はけのよい土を選んで.

次の