ドコモ光 引越し 費用。 お引越し(移転)のお手続き

ドコモ光の引越し費用と手続きの流れ|1番お得なのは解約新規?

ドコモ光 引越し 費用

今回は ドコモ光を利用中の方が引越しをする際に必要な費用や手続きについて解説します。 家にインターネットを引いていると、引越しの時の手続きが面倒に感じますよね。 加えて引越しは何かと入用になるので、引越しの費用は少しでも抑えたいものです。 ここでドコモ光の引越しに必要な流れをチェックし、ぜひ参考に引越しコストを抑えてくださいね。 ドコモ光の引越しにかかる費用はいくら? ドコモ光の引越しでは、 移転手続きの事務手数料2,000円と工事費がかかります。 工事費の金額は、引越し元の地域と引越し先の地域によって工事費が異なることに注意しましょう。 具体的には、NTT東日本・NTT西日本のエリア内の引越しは工事費半額になりますが、エリア間をまたいだ引越しでは新規契約と変わらない工事費がかかってしまいます。 なお、NTTの東日本・西日本のエリアは次のように分かれています。 光回線のNTT東日本・西日本エリア エリア 都道府県 NTT東日本 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県 NTT西日本 富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県 一般的な東日本・西日本の境界やJRの境界とは一部異なるので、今のお住い・新しいお住いで都道府県が変わる場合はしっかりチェックしましょう。 NTT東日本・西日本のエリア内引越しにかかる費用 今のお住いも引越し先のお住いも同じNTT管轄エリアなら、ドコモ光引越し時の工事費用は次の通りです。 同一エリアのドコモ光移転工事費 住居形態 工事費 戸建 9,500円 マンション 7,500円 戸建もマンションも通常の工事費の半額で開通工事ができますね。 NTT東日本・西日本エリアをまたぐ引越しにかかる費用 引越し先が今のお住いとは違うエリアになるなら、ドコモ光の工事費用は次のようになります。 エリアをまたぐドコモ光移転工事費 住居形態 工事費 戸建 18,000円 マンション 15,000円 異なるエリアに引っ越す場合は、ドコモ光を新規契約した時と同じ工事費がかかります。 2020年2月現在、ドコモ光は新規工事費無料キャンペーンを開催中です。 今使っているドコモ光の工事費分割払いが終わっているなら、一回解約して申込みし直したほうがお得かもしれませんね。 無派遣工事の場合の引越し費用は安くなる NTT東日本・西日本エリアに関係なく、引越し先の物件にNTTの光ファイバーが既設の場合は工事費2,000円の「無派遣工事」になります。 無派遣工事は名前の通り、自宅へ工事業者がくることなくドコモ光が開通します。 NTTの局舎内での回線切り替えがあるので、その手数料として2,000円だけ発生するという感覚ですね。 なお、無派遣工事は主に次のような物件が対象です。 移転事務手数料:2,000円 引越し手続き後、7ヶ月以内に新居のドコモ光が開通すれば還元条件が満たせるので、 移転事務手数料は実質0円と考えていいですね。 ドコモ光の移転手続きの流れ 続いてドコモ光の移転手続き(引越し手続き)の大まかな流れを見ていきます。 ドコモ光はNTTの光回線を利用しているので、他の光回線より広い提供エリアです。 ただ、提供エリアを確認せず引越し手続きを行っても開通しないので、必ず新居のエリア検索は行いましょうね! 1 フレッツ光公式サイトで提供エリア確認 ドコモ光はフレッツ光と同じ提供エリアなので、新居の提供エリア検索はNTTのフレッツ光公式サイトを利用します。 エリア 都道府県 NTT東日本 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県 NTT西日本 富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県 この記事のはじめにお伝えした通り、NTT東西に対応した都道府県は上記の通りです。 引越し先の都道府県に合わせて、新居が提供エリアになっているかチェックしましょう! > > NTT東西どちらの提供エリア検索も、郵便番号や住所でピンポイントで提供エリア内になっているか確認できます。 上記のエリア検索で未提供・要調査という結果の場合は、ドコモ光の引越し手続きをしても開通しないので、他サービスでネット環境を用意する必要があります。 > 2 ドコモ光の移転手続き 引越し先がドコモ光の提供エリア内と確認できたら、ドコモ光の引越し手続きを行いましょう。 先にお伝えした通り、移転の申込みはWebフォームから行った方が2,000ポイントもらえてお得です。 > 3 ドコモ光の開通工事日程を決める ドコモ光の引越し手続きを終えると、後日ドコモ光サービスセンターから工事日の日程調整の電話があります。 工事日程の予約はおよそ2週間後から取得できるので、転居の予定に合わせて決めましょう。 ドコモ光の開通工事が派遣工事になる場合は、契約者か家族の立ち合いが必須です。 工事日は引き渡し後、かつ立ち合い可能な日程で決めるようにしましょう。 なお、ドコモ光の開通工事予約は日程と時間帯の予約のみです。 予約の時間帯は幅がありますが、あくまで「その時間帯のどこかで訪問する」という予約です。 9:00〜12:00• 13:00〜15:00• 15:00〜17:00 仮に午前の枠を押さえても、12時ギリギリの訪問になる可能性も十分にあります。 工事業者が訪問してから約1時間かかるので、 工事予約の日は時間に余裕を持っておきましょう。 4 開通工事に立ち会う 開通工事当日は、 工事業者の作業に立合う必要があることに注意しましょう。 基本的には電話のモジュラージャックに通じている配管を利用して光ファイバーを引込むので、短時間で工事は終了します。 工事業者が実施するのは、あくまで光ファイバーの引込みとネットや電話の接続できているかの確認までです。 パソコンやスマホのWi-Fi接続等の設定は自分でやる必要があるので、ルーター等の機器が変わったら工事の後に設定を行ってくださいね。 ドコモ光は移転と解約新規どちらがお得か? 続いて引越しの時に、 ドコモ光の引越し手続きを行う場合と1回解約して新規契約し直す場合でどちらがお得になるのか比較しましょう。 ここまで引越し手続きを行う前提で解説しましたが、状況によっては1回解約して新規契約の方がお得になる場合があります。 ざっくり次の2つの条件に当てはまる方は、1回解約して新規契約をした方がいいでしょう。 契約解除料がかからない更新月のタイミング• プロバイダのキャンペーンが利用できる方 これは、ドコモ光が新規工事費無料キャンペーンを行っているためですね。 移転手続きでは工事費が絶対にかかってしまうので、新規工事費無料キャンペーンの期間中は解約新規も検討した方がいいでしょう。 ドコモ光の契約解除料について ドコモ光では、 スマホと同じように2年自動更新契約が基本となっています。 2年毎の更新月以外にドコモ光を解約すると、所定の契約解除料が発生することに注意しましょう。 ドコモ光の契約解除料 住居形態 契約解除料 戸建 13,000円 マンション 8,000円 引越しであっても解約新規を選択すると上記の契約解除料が必要です。 工事費が無料になったとしても、契約解除料がかかってしまうとあまり意味がありません。 例えば、同じNTTエリア内の戸建間の引越しで、移転手続きと契約解除料が発生する解約新規の費用を比較すると次の通りです。 エリア内引越しの費用比較 移転手続き 解約新規 契約解除料 0円 13,000円 事務手数料 2,000円 3,000円 新規の開通工事費 9,000円 0円 合計 11,000円 16,000円 こうして比較すると、解約新規の方が少し高くなることがわかりますね。 次にお伝えするプロバイダのキャンペーンが受けられれば総合的には解約新規の方がお得になりますが、解約新規をするなら契約期間の更新月にした方が安心できるでしょう。 プロバイダのキャンペーンについて ドコモ光のプロバイダは20社以上ありますが、一部のプロバイダでは新規契約に対してキャッシュバック等のお得なキャンペーンを開催しています。 ドコモ光プロバイダのキャンペーン プロバイダ キャンペーン内容 GMOとくとくBB 最大20,000円キャッシュバック 高性能Wi-Fiルーター無料レンタル ぷらら 15,000円キャッシュバック DTI 15,000円キャッシュバック 引越しの時にキャンペーン中のプロバイダを選べば、先にお伝えした解約新規の方が高くなるパターンでも総合的にお得になることもありますね ただし、プロバイダによっては同じ契約者がキャッシュバックを受けられるのは1回のみといった制約がかかっているものもあります。 引越しをして住所が変わっても、同じスマホの電話番号と紐付けると対象外になる可能性があるということですね。 キャッシュバック目当てに契約解除料がかかるのに解約新規をすると、結果的にキャッシュバック対象外で損をするかもしれません。 引越し先でも同じプロバイダを利用する場合は、解約新規をしてもキャンペーン対象になるのかはしっかりチェックするようにしましょう。 移転と解約新規まとめ• 更新月+キャッシュバックがもらえるなら解約新規がお得• 更新月以外なら移転手続きの方がお得な可能性大 引越し先がドコモ光エリア外の場合のおすすめ回線 最後に、引越し先の物件がドコモ光のエリア外だった場合におすすめの代替回線を紹介します。 ドコモ光はフレッツ光と同じ光回線を利用していますが、物件によってはエリア外という可能性もゼロではありません。 特にマンションでは、NTTの光回線はなくとも他回線に対応しているということもあります。 ドコモ光がエリア外でも諦めず、他の光回線を契約して家のWi-Fi環境を整えましょうね! おすすめ光回線一覧 事業者 月額料金 戸建 月額料金 マンション おすすめ窓口 auひかり 5,100円 3,800円〜 NURO光 4,743円 4,743円 WiMAX 3,609円〜 auに乗り換えるならauひかりがお得! 引越し先がドコモ光の提供エリア外、かつauに乗り換えも検討するならauひかりがおすすめです! auひかりはKDDIの光ファイバーを利用しているため、ドコモ光の提供エリア外でも開通する可能性があります。 独自回線を利用したインターネット回線なので、全体的に速度も優秀ですね。 また、auスマホとのセット割引「auスマートバリュー」があるので、今後ドコモからauに乗り換えるなら割引が効いてお得です。 auひかりは代理店やプロバイダで様々なキャンペーンを行っているので、高額キャッシュバックが狙えるのもポイントです。 auひかりのおすすめキャンペーン 申込み窓口 キャッシュバック金額 最大52,000円キャッシュバック 最大52,000円キャッシュバック 最大61,000円キャッシュバック キャッシュバック金額だけに注目するとGMOとくとくBBが1番お得になりますが、キャッシュバックまで1年近く待つ必要があります。 一方、人気の高いNNコミュニケーションズなら、申込みの流れでキャッシュバック申請が完了し、 最短開通翌月末にキャッシュバックと高速還元です! うっかり受け取り忘れる心配な方はNNコミュニケーションズ、受け取りまで時間がかかってもいいならGMOとくとくBBで申込むのがベストですね。 NURO光は戸建もマンションも世界最速! NURO光は「世界最速」を売りにしたSo-netのインターネットサービスです。 提供エリア自体はNTT系光回線より狭いのですが、ドコモ光が提供エリア内でも速度重視だから乗り換えるという方が多いサービスですね。 利用する光回線はNTTのダークファイバーですが、独自の通信方式を採用して下り最大2Gbpsの超高速回線を実現! マンションでも電話線の流用はせず、全て光ファイバーを配線するので速度が担保されています。 実効速度で500Mbps前後出ることが多いため、回線速度が重要なゲーマーの方に人気が高いですね! また、NURO光も代理店が比較的多く、様々なキャンペーンが開催されています。 ただ、ここ最近は NURO光公式サイトの45,000円キャッシュバックが強力です。 キャッシュバック時期も開通2ヶ月後と速いので、下手な代理店は経由せず公式サイトから申込んだ方がいいでしょう。 > WiMAXなら家でも外でも高速! ドコモ光や他の光回線が全滅なら、光回線ではなくWiMAXを契約するのがおすすめです。 WiMAXは窓口にするプロバイダによって月額料金からキャンペーンまで内容が異なります。 ドコモ光はNTTの光回線を利用しているので、NTT東日本・西日本エリア内か否かで工事費が変わりましたね。

次の

ドコモ光の引越し費用と手続きの流れ|1番お得なのは解約新規?

ドコモ光 引越し 費用

移転にかかる費用についてまとめましたので紹介しますね。 ドコモ光の移転にかかる工事費用など ドコモ光の移転には同一エリア間の移転と東西エリアをまたがっての移転の二つのパターンがあり、 それぞれ工事費に違いがあります。 さらに付け加えると、 ドコモ光のドコモひかり電話を合わせて利用しているかNTT東西のひかり電話をそのままにしているかでも変わります。 東日本と西日本のエリアは以下の通りです。 東日本エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・茨城・栃木・群馬・東京・埼玉・千葉・神奈川・山梨・新潟・長野 西日本エリア 富山・石川・福井・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄 移転の手続きにかかる費用としてはまず 手数料が2000円かかり、移転先で改めて工事をする場合は工事費用がかかります。 マンションタイプの一部で光コンセントがある場合や、前の住人がそのままにしている場合などで工事費がかからないパターンもありますが、 基本的には工事費がかかると思っておいたほうが良いでしょう。 同じエリア内での移転 マンション 戸建て 移転事務手数料 2000円 2000円 工事費用 2000円 2000円 合計 4000円 4000円 以上のような費用がかかります。 例えば 愛知県のマンションから東京のマンションに引っ越す場合でマンションに工事が必要な場合は、 エリアをまたぐ形になりますので合計で17000円の費用がかかります。 また、 工事日が土日になる場合は平日よりも3000円ほど工事費が高くなります。 ドコモ光の移転で利用できない期間を支払わない非課金設定 ドコモ光の移転手続きでは現在利用している住所と新しい住所と切り替えるのに、どのタイミングで転出して新らしい住所に転入するかを決めることができます。 この設定は転出から転入までの移転期間でインターネットを利用することができない期間を支払いを止める「 移転中の非課金設定」を適用できます。 新しい住所に引越しをしても工事をしないとインターネットを利用することができません。 その間の支払いを避けるためにこの設定は役立ちます。 月途中で移転する場合は日割り計算での支払うになります。 実際は転出よりも転入の工事日の兼ね合いもあることから転入美に関してはある程度融通が利くはずです。 ドコモ光引っ越し受付フォームから移転の申し込みでdポイントプレゼント ドコモ光の引っ越しで移転をする場合には、ドコモ光引っ越し受付フォームから申し込むことで、 dポイント5000ptもらえます。 このdポイントは期間・用途限定なので早めに利用するといいでしょう。 dポイントをもらうにはペア回線を伴う契約である事が条件です。 ドコモ光引越しをお得にするには? ドコモ光の引越しでお得にするには解約新規と移転どっちがお得になるのか気になるところでしょう。 ここまでご覧いただいたらわかるように、工事費や違約金を考えると移転の方が料金が安いですね。 しかしタイミングによっては解約新規の方がお得になります! 違約金を払わない更新月なら解約新規 ドコモ光の更新月以外の解約では違約金が発生しますね。 逆に言えば、 更新月での解約では違約金を払う事なく解約できます。 ドコモ光は2年契約で、工事費の分割払いも2年で完済できるようになっています。 つまり、 全くの費用を払う事なく解約できますのでこのタイミングで解約して新規契約すればキャッシュバックキャンペーンを受け取れます。 いっそのこと他の光回線に乗り換えるという選択肢もある ドコモ光を解約して他のインターネット光回線に乗り換えるという方法もあります。 引越しを理由に一度解約して新たにインターネット回線を選び直すという手段です。

次の

ドコモ光の引越しでは移転と解約して違約金払うのとどっちがお得?

ドコモ光 引越し 費用

引越し前に確認しておくとよいこと 引越ししてから慌てないためには、事前の準備が必要です。 ここでは事前に調べておくべき4つのポイントをみていきます。 引越し先にフレッツ回線が導入されているか ドコモ光はフレッツ光の回線を利用しています。 そのためドコモ光を利用したいと思っていても、引越し先の家にフレッツ回線が導入されていなければ、すぐには使用できません。 都内など主要地域ならよいのですが、地方や離島などの場合はフレッツ光回線が開通しているかどうか調べておく必要があります。 NTTが提供しているフレッツ光回線は、全国かなりの地域のエリアをカバーしていまが、すべてをカバーしているわけではないからです。 また集合住宅に引越しする際も注意が必要です。 建物がフレッツ光回線の対象エリア内になかったり、ドコモ光以外のインターネット回線が建物にすでに引かれている場合は、ドコモ光が契約できません。 戸建タイプの賃貸の場合、大家によっては契約OKがもらえることもあるので、あらかじめ大家や不動産にフレッツ光回線を使用できるか確認してみるとよいでしょう。 引越し先がどちらのサービス提供エリアか 移転の際に、ドコモ光から引越し 移転 先のNTTの管轄地域を尋ねられます。 工事費用にも関わってくるので、引越し先の管轄がNTT東日本なのか、西日本なのか確認しておく必要があります。 NTT東日本と西日本の管轄の都道府県は次の通りです。 NTT東日本のサービス提供地域:北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県• NTT西日本のサービス提供地域:富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県 静岡県熱海市・裾野市、富山県中新川郡立山町、長野県木曽郡南木曽町田立の一部エリアにお住まいの場合は、管轄が異なる可能性があるので注意してください。 格安SIM通信ではをまとめて紹介しています! 初期費用の確認 移転には費用がかかります。 ただでさえ引越しでお金がかかる中、想定外の出費はきついものがあります。 慌てないためにも事前にいくらくらいかかるのか把握し、準備をしておきましょう。 移転事務手数料は一律2,000円 税抜 です。 しかし工事料金については条件で費用が変わってきます。 引越し先は戸建かマンションか、NTTの管轄 東日本・西日本 をまたぐか、CATVをどうするかなどが金額が変わる条件です。 どのような条件で引っ越すかによって異なりますが、工事費は2,000~18,000円 税抜 程かかります。 事務手数料と合せて20,000円 税抜 程です。 手続きの申し込み先の確認 移転手続きは、電話、ドコモショップで申し込みできますが、おすすめはWebでの手続きです。 理由は2つあります。 1つは電話が混雑してつながらなかったり、ドコモショップでは長時間待たされたりすることがあるためです。 もう1つはWebから手続きをした場合に限り、現在ポイントがもらえるキャンペーンを行っている点です。 移転の際に事務手数料2,000円 税抜 が発生しますが、その2,000円分のdポイントがもらえます。 なお、どの方法をとっても、手続きの中で契約IDが必要になります。 契約IDはフレッツ光の開通の案内や請求書で確認できます。 電話をしたり店舗に向かう前に準備をしておきましょう。 引越しの流れ 引越し前の準備から実際にドコモ光の利用を始めるまでの、一連の流れを知りましょう。 ここではやらなければならないことを順を追ってみていきます。 手続きの申し込みをする 引越し日が決まったら、すぐに移転手続きの申し込みをしましょう。 インターネットの移転手続きを先延ばしにしてしまうと、引越し後にインターネットがしばらく使えないという状況に陥ってしまいます。 引越し先の移転工事は、契約内容などを確認したあと、最短でも2週間ほど後になります。 手続き自体はWeb、電話、ドコモショップのいずれかの方法でできます。 ポイントがつくのでWebがおすすめですが、自分のやりやすい方法で手続きを進めましょう。 撤去と開通工事の日程決定 引越しの手続きの際に、もう1つ準備しておいた方がよいものとして工事の日程があります。 ドコモ光の公式サイトからWeb申し込みした場合をみましょう。 移転手続きに必要な情報を入力する画面がありますが、下記のものが記入必須項目です。 ドコモ光ご契約者名• 携帯電話番号 ペア回線• 契約ID• 連絡先電話番号• 連絡先電話番号• 連絡希望時間帯• 引越し先住所• 引越し先の工事希望日• メールアドレス つまり、この段階で引越し先の工事希望を決めておく必要があるのです。 引越しの手続きの申し込みをすると、後ほどドコモ光から電話がきます。 内容は引越し前の家での撤去工事と、引越し後の家の開通工事についてです。 この電話でそれぞれの工事の日程を確認されます。 契約内容の確認後、引越し先の工事日は最短で2週間といわれています。 しかし、4~5月の引越しシーズンでは、4月はじめに申し込んでも実際の工事が5月中旬になる場合もあるため注意が必要です。 撤去工事を実施 引越しするまえの家で、撤去工事を行います。 あらかじめ決めておいた日程で撤去工事が行われます。 工事には「派遣工事」と「無派遣工事」があります。 派遣工事になる場合は当日の立ち会いが必要です。 派遣工事になる可能性があるのなら、撤去工事は引越し前に行う方がよいでしょう。 開通工事を実施 引越し手続きの際に決めておいた日程で、引越した家で開通工事を行います。 引越した家で行う開通工事は、ほとんどの場合立ち会いが必要です。 工事費も安く、当日の立ち会いの必要も無く、郵送されてきたONU モデム を設置するだけでよい無派遣工事を望む人は多くいます。 しかし実際に無派遣になることは稀です。 無派遣工事になる場合は、次のパターンが考えられます。 もともとフレッツ光が開通していて、ドコモ光へ転用する場合• 以前に住んでいた人が回線を残して出て行った場合 それ以外は立ち会いが必要だと考えておきましょう。 接続や設定を行う 開通工事をしただけでは、すぐにインターネットを使用することはできません。 WiFiルーター、パソコン、プロバイダ、スマホなどの接続や設定を自分で行う必要があります。 引越し先でプロバイダを変更した場合と、しなかった場合で対応が異なります。 それぞれのパターンを紹介します。 プロバイダを変更しなかった場合:LANケーブルをパソコンやルーターに接続すれば、インターネットに接続できます。 プロバイダを変更した場合:パソコン上での設定変更が必要です。 パソコンを使用した設定方法は、NTT東日本・西日本のホームページ上や、送付される資料で確認できます。 スマートフォンやタブレットによる接続設定方法は、ドコモのホームページ「充実のサポート」の画面に載っています。 利用がスタート 接続や設定が終われば、インターネットを利用できるようになります。 しばらくするとドコモより引越し先に、申込書の控えが送付されます。 利用後に不明点が出てきた場合、ドコモ光への問い合わせ方法は2つあります。 「ドコモインフォメーションセンター」と「LINEでの問い合わせ」です。 また有料ですが月額500円 税抜 で電話やパソコン、ルーターなどの通信機器に関するサポートをしてくれるサービスもあります。 困ったことがあったら活用してみるとよいでしょう。 かかる費用について 引越し 移転 には、費用がかかります。 移転事務手数料と、工事料金がどれくらいかかるのかみていきます。 移転事務手数料がかかる 手続きや工事にかかる費用は、基本的に工事完了日の翌月に請求されます。 利用料金と共に支払うことになるので忘れないように気をつけてください。 移転事務手数料は一律2,000円 税抜 です。 Webから申し込みをした場合に限り、移転事務手数料分の2,000dポイントをゲットできます。 工事料金がかかる 工事料金は、工事内容によって異なります。 まずは派遣工事あり、引越し先がマンションタイプの一例をみていきます。 ドコモ光を解約して乗り換える場合 移転をきっかけとしてドコモ光を解約する場合、当然ながら解約手続きが必要です。 また、ドコモ光の解約では日割り計算されないため、解約のタイミングを間違えないように気をつけましょう。 乗り換え時の流れ• 契約内容の確認• 移転先のインターネット環境をリサーチ• キャンペーンやサービス内容などを比較して乗り換え先を検討• 移転先で使用するネット回線の手続き• ドコモ光とプロバイダの解約手続き• 撤去工事、必要な場合はレンタル機器の返却 ドコモ光を解約する場合、契約内容によっては違約金が発生する可能性があるため、契約内容や契約期間の確認が必要です。 その後、移転先で使用するインターネット環境をリサーチしておきましょう。 固定回線に関わらず多くの業者が独自のキャンペーンを打ち出しているため、キャンペーンやサービス内容を比較して乗り換え先を検討しましょう。 業者が行うキャンペーンには、キャッシュバックやポイント還元、各種ギフト券が貰えるものなど充実しており、乗り換えで適用されるキャンペーンもあるのでしっかりと吟味することをおすすめします。 乗り換え先の業者が決まったら、インターネット環境をスムーズに整えるために、ドコモ光を解約する前に乗り換え先の契約手続きを進めます。 次にドコモ光の解約手続きに進みますが、プロバイダの解約手続きも忘れないようにしましょう。 最後に回線の撤去工事が行われ、WiFiルーターなどをレンタルしている場合はそれらの機器を返却して一連の手続きが完了します。 なお、ドコモ光の移転手続きと異なり、解約手続きの場合はドコモショップと電話のいずれかで手続きを行います。 ドコモ光を解約する際にかかる費用 ドコモ光を解約する際に、ドコモが設定した更新月以外の解約の場合は違約金が発生します。 また、開通時の工事費を分割払いにしていた場合、残金を一括返済しなければなりません。 違約金(更新月以外の解約) 戸建てタイプ:13,000円 マンションタイプ:8,000円• 工事費 分割払いの場合は残金を一括返済 機器て拒否用や回線撤去費用は不要 更新月とは契約してから25カ月目と26カ月目を指しており、この2カ月の期間中に解約すると違約金は発生しないため、更新月と移転が重なることが利用だと言えるでしょう。 ドコモ光を解約する際の注意点 ドコモ光を解約する場合、契約内容や支払い方法によっては違約金の発生や工事費の残金を一括返済しなければなりません。 また、以下のように解約日やプロバイダの解約手続きに注意が必要です。 解約日に注意 ドコモ光では、月初に解約した場合でも解約月の基本使用料は日割り計算されません。 従って、解約するタイミングによっては割高な基本使用料を支払わなければならないため、できるだけ月末で解約することをおすすめします。 ただし、移転先がドコモ光に対応した物件でない場合や海外に移転する場合には、基本使用料を日割り計算できるので安心です。 プロバイダの手続きが必要な場合がある ドコモ光に対応しているプロバイダの場合、基本的に違約金は発生しません。 ただし、プロバイダ独自のオプションに申し込んでいる場合、ドコモ光を解約してもプロバイダとの契約が残るケースがあります。 このようなケースでは、ドコモ光の解約後に「意思表示確認の用紙」が送付されるため、解約希望する旨を記入して返送することで解約できます。 なお、プロバイダにきちんと解約の意思が伝わっていない場合、解約したと思っていても翌月以降も基本使用料を請求される可能性があるので注意が必要です。 乗り換えと継続はどちらがお得な選択なのか 移転のタイミングがドコモ光の更新月の場合、違約金が発生しないのでお得に解約できます。 しかし、エリアをまたぐ移転の場合は工事費が割高なため、乗り換えた方がお得な可能性もあります。 乗り換えた方がお得な場合が多い 携帯キャリアと同様に、多くの回線業者では乗り換えを対象としたお得なキャンペーンを打ち出しています。 乗り換えキャンペーンの一つとして、更新月以外に解約した際に発生する違約金を乗り換え先の業者が負担してくれるケースがあります。 また、条件次第では10,000円以上の高額なキャッシュバックやポイント還元が受けられるキャンペーンもあり、高性能なWiFiルーターを無料でレンタルできる場合もあります。 移転先でもインターネットをスムーズに使用したい場合、他社への乗り換えがおすすめです。 乗り換え先の光回線は、記事をご覧ください。 ただし、他社に乗り換えてキャッシュバックなどの特典を受けるためには、キャンペーンごとに一定期間以上の利用などが適用条件が設定されているため、適用条件をあらかじめ確認しておくようにしましょう。 ドコモのスマホを使用している人は移転するのがおすすめ ドコモではスマホとドコモ光を同時契約すると、「ドコモ光セット割」でスマホ料金がお得になる料金プランを打ち出しています。 スマホの契約内容によって割引き料金が異なりますが、「ギガホ」や「ギガライト」の場合、家族全員のスマホ料金が毎月永年で最大1,000円割引きされるのでお得です。 解約して新規申し込みするメリットとデメリット 引越しを機に、一度解約して新規契約する方法もあります。 お得になることもあれば、損をすることもあります。 一度解約する方法のメリット・デメリットをみていきましょう。 新規工事費無料キャンペーンが受けられる ドコモ光を解約しないで移転した場合、受けられるキャンペーンは、2,000dポイントキャッシュバックです。 一方新規契約した場合、工事費用が無料になるキャンペーンを受けられます 契約事務手数料の3,000円は別途必要。 工事費用はマンションタイプか戸建タイプかなどで変わりますが、15,000~18,000円 税抜 程です。 事務手数料3,000円 税抜 分を支払ったとしても、一度解約して新規契約した方が断然お得ですね。 またこのキャンペーンでは、工事費用分が割り引かれたりポイント還元されたりするようなものではなく、工事費用が「0円」になります。 プロバイダによってはキャッシュバックが受けられる ドコモ光と提携しているプロバイダ経由で申し込めば、一度解約して新規で契約する場合でもキャンペーンのキャッシュバックを受けることができます。 キャンペーンは各プロバイダが行なっており、期間限定のものも多いためホームページ等でチェックしておくとよいでしょう。 例えば「」は、キャッシュバック率が高い上に速度面での評判もよいのでおすすめです。 ドコモ光の申し込みと同時に映像サービスを、本サイト経由でネットナビのホームページから申し込んだ場合、 最大20,000円のキャッシュバックが受けられます。 ネットナビ 出典:• 高額キャッシュバックがもらえる• 好きなプロバイダと契約できる• 開通前のモバイルWiFiレンタル無料 ドコモ光を契約するなら、ネットナビという代理店がおすすめです。 ネットナビをおすすめする理由は、大きく分けて3つあります。 1つ目の理由は、高額キャッシュバックがもらえる点です。 ネットナビでは現在、 最大2万円のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。 オプション契約込みで17,000円〜20,000円、オプションなしでも15,000円がもらえるのです。 引越し等でお金がかかる方にとって、高額な現金キャッシュバックがもらえるのは嬉しいですね。 2つ目の理由は、好きなプロバイダと契約できる点です。 ドコモ光の中にも、ネットナビやDTIといった様々なプロバイダがあります。 同じドコモ光でも、プロバイダによって月額料金やサービス内容が違います。 1つのプロバイダしか選べない代理店もある中、ネットナビならほぼ全てのプロバイダが選べるのです。 3つ目の理由は、開通前のモバイルWiFiが無料でレンタルできる点です。 光回線は通常、契約から開通まで1ヶ月程度かかります。 その間インターネットが使えないのは不便ですよね。 ネットナビなら、ドコモ光開通前の間モバイルWiFiを無料で借りることができます。 ネットナビでドコモ光を契約すると、他の代理店にはない様々なメリットがあるのです。 どこで契約しようか悩んだら、迷わずネットナビを契約しましょう! 契約更新月以外だと解約料がかかる よいこと尽くめの解約からの新規契約にみえますが、デメリットもあります。 多くの人が2年定期契約ありのプランに加入しています。 その場合、契約更新月以外に解約してしまうと解約金が発生します。 違約金は戸建タイプの場合13,000円 税抜 、マンションタイプの場合8,000円 税抜 です。 もしも解約するのならば、契約開始から2年がたった上で解約更新月に解約しましょう。 その場合解約金は発生しません。 引越しをするときの注意点 快適なインターネットライフをしたいと思って手続きしたものの、後からトラブルに気がつくこともあります。 ここでは引越し時の注意点をみていきます。 ドコモ光電話の番号が引き継げない可能性が高い ドコモ光電話の番号が引き継げないことがあるので注意が必要です。 引き継げる場合の条件は次の通りです。 現住所と引越し先住所が、同一区画内 市外局番なしでダイアルできる範囲 の場合• NTT電話回線の収容局が同じである場合 エリアが変わるとオプションが引き継げない 同じNTTでも、東日本と西日本ではオプションが異なることがあります。 NTT西日本では「フレッツ光モバイルパックLTE」や「セキュリティ機能ライセンス・プラス」が独自オプションですし、NTT東日本にも「フレッツ・ウイルスクリア」などがあります。 もしも独自に用意しているオプションに加入しているなら、エリアが変わるとそれらのオプションを利用することができなくなるので注意が必要です。 引越し先がエリア外だったら解約する必要がある 都内や主要都市ならほぼ網羅している光回線ですが、まだ未開通のエリアもあります。 ドコモ光は、NTT東日本や西日本の光回線を利用しているので、光回線が未開通の場合利用することができません。 またマンションタイプの住居に引っ越す場合、フレッツ光に対応していない可能性もあります。 それらの場合には、モバイルルーターなど代替回線を探す必要があります。 や、などを検討してみてください。 機器の返却が必要な場合がある 引越し前の家での工事で、機器や無線LANルーターを撤去、交換することがあります。 もしも機器の返却を依頼されたら、一定期間内に返却する必要があります。 期間を超えてしまうと、機器相当額を請求されることがあるので迅速に対応しましょう。

次の