ムダ 毛 処理 ぶつぶつ。 ムダ毛処理後のチクチクや赤いポツポツ【対策&3つの予防ポイント】

むだ毛を剃った後の毛の断面(?)のような黒いぶつぶつを消...

ムダ 毛 処理 ぶつぶつ

[目次]• アンダーヘアの処理方法とは アンダーヘアの処理方法は、大きく分けると、• 自宅でのセルフ処理• 皮膚科• 脱毛サロン で行う方法に分かれます。 自宅での処理としては、• カミソリやシェーバーで剃る• ピンセットなどで抜く• 除毛クリームやワックスでの除去• 家庭用脱毛器• セルフ・ブラジリアンワックス• ヒートカッター での熱処理などが一般的です。 セルフ処理には自信がないけれどキレイに処理したいという方は、• 脱毛サロン• ブラジリアンワックス• 医療レーザー• 光脱毛 などがおすすめです。 アンダーヘアの正しい7つの処理方法とメリット・デメリット 仕上がりの美しさや肌への負担を考えると 脱毛では、レーザー脱毛や光脱毛がおすすめの方法といえるでしょう。 長さの調整では、毛先が水着や下着から突き抜けにくいという点からも、 ヒートカッターがアンダーヘアの処理に適しています。 コストや手軽さという観点も加味して、自分に適した方法を選ぶには、それぞれの処理方法の特徴や メリット、デメリットをしっかり理解する必要があります。 主な処理方法によるメリットやデメリット、注意点を以下に説明します。 カミソリ・シェーバーで毛を剃る カミソリやシェーバーで剃るという行為は、頻繁に行わないといけないため、 肌への負担が大きくなります。 そのため、 アフターケアも念入りにすることが必要不可欠です。 メリット• 手軽で簡単• 一度に広範囲を処理できる• コストが安い デメリット• すぐに毛が生えてくる• 伸びてきた毛先がチクチクする• 肌への負担が大きく、角質をはがしてしまう• カミソリ負けをしてしまうことがある• 頻繁に処理をすることで、色素沈着などの肌トラブルを誘発することがある 毛抜きやワックスで毛を抜く 処理する頻度が少なくて済みますが、 処理時の痛みや肌へのダメージが大きいのが毛を抜く処理の特徴です。 特に、 埋没毛は抜く処理をした場合に頻発するトラブルで、一旦発生すると自宅ケアではなかなか治すことができないため、注意が必要です。 メリット• 毛根からひき抜くので、毛が伸びてくるまでの期間が長い• 伸びてきた後のチクチク感が少ない デメリット• 毛をひき抜く際に痛みが大きい• 皮膚へのダメージが大きく、「埋没毛」を引き起こすことがある• 毛抜きで1本1本抜く場合は、時間がかかる 除毛クリームで脱毛する クリーム状あるいはムース状の除毛剤を脱毛したい部分に塗り、洗い流す処理です。 除毛クリームは、 毛を溶かす作用のある強い薬剤のため、 塗った部分の肌にも大きなダメージが加わります。 また、 デリケートゾーンは粘膜の近くなので塗るのは控えましょう。 メリット• 塗るだけなので、手軽• カミソリのように切り傷を作ってしまう心配がない• 一度に広範囲を処理できる デメリット• 肌にダメージが加わる• 薬剤にかぶれたり、アレルギー症状が発生することがある• 表面の毛を溶かすだけなので、すぐに生えてきてしまう• 刺激の強い薬剤のため、粘膜部分には基本的に使用不可• アンダーヘアのような、太くて硬い毛よりも産毛の方が向いている 熱線により毛をカットするヒートカッター 熱線によりアンダーヘアをカットする方法で、カッターの形は櫛(くし)型タイプが主流です。 メリット• 切断面が丸くなるため、チクチク感が少ない• 簡単に処理ができる• 肌への負担がない デメリット• 切るだけなので、毛自体をなくすことはできない ワックスシートで脱毛する ブラジリアンワックスなど、粘着力のある脱毛用の ワックス剤を塗った後、ワックスと一緒に毛根から脱毛する方法です。 メリット• 広範囲の脱毛が可能 デメリット• 毛を引き抜く処理と同様、痛みや肌へのダメージが大きい• 毛が皮膚の中で成長する「埋没毛」を引き起こすことがある 美容皮膚科など専門クリニックで処理するレーザー脱毛 主に 美容皮膚科などのクリニックで行われる脱毛方法です。 メリット• 医療レーザー脱毛の場合、ほぼ永久的に生えてこない(個人差はある)• 毛のメラニン色素にのみ反応するので、皮膚へのダメージが少ない• 自分では処理しにくいところを確実に処理可能 デメリット• アンダーヘアのような太い毛だと、レーザー照射時に痛みが強い• コストがかかる• 2~3か月程度ごとに、3~6回ほど通わなければいけない エステやサロンで行う光脱毛 主に エステティックサロンや脱毛サロンで行われる脱毛方法です。 メリット• 皮膚へのダメージが少ない• 自分では処理しにくいところを確実に処理可能• レーザーよりも痛みが少ない デメリット• レーザーと比較すると、処理した毛が再生しやすい• レーザーよりも頻繁に通わなければならないことが多い アンダーヘアを自分でお手入れするときの注意 以上のように、アンダーヘアの処理方法も特徴もさまざまです。 安全性や皮膚への負担、仕上がりの美しさという点では、すでにご説明した通り、• レーザー脱毛• 光脱毛• ヒートカッター による処理がおすすめです。 アンダーヘアのお手入れは、形を整え、下着や水着からヘアがはみ出ないことも大切ですが、清潔で快適に過ごせるためという理由もあります。 美容面だけでなく、衛生面からもアンダーヘアのお手入れをするように心がけましょう。 また、自己処理を行う場合は、デメリットやリスクをしっかり理解したうえで、適切に行うようにしてください。

次の

正しい毛の剃り方。チクチクしない、ブツブツ毛穴が黒くならない方法はありますか?

ムダ 毛 処理 ぶつぶつ

ムダ毛処理後の「チクチクする・ブツブツが目立つ」の解消法 肌を出す季節になると、気になるのが「ムダ毛」ですよね。 でもムダ毛処理をしても、少し経つとチクチクすることってありませんか? 人と肌が触れ合うとチクチクしてるのがバレるから、結局長袖を着てしまったり……。 キレイな素肌を出すためにムダ毛処理をしているのに、これじゃ何のためにやっているのかわからなくなってしまいますよね。 また、キレイに毛は処理したはずなのに、毛穴がブツブツして目立ってしまうことに悩んでいる人もいるのではないでしょうか? そこで今回は、 ムダ毛処理後のチクチクやブツブツをなくす対策をご紹介します。 自信を持って素肌を出すために、正しい剃り方や肌トラブルを防ぐ方法を見ていきましょう。 ムダ毛処理後に毛がチクチクして痛い! 彼氏とのデート前や、友人と夏レジャーに行く前には、ムダ毛処理をしますよね。 でも、彼氏と肌が触れ合ったときに「チクチク痛いんだけど」なんて言われたら、顔が火が出るほど恥ずかしいですよね。 ムダ毛処理後にチクチクしてしまうのは、ズバリ「短い毛がツンツン立っていること」が原因です。 ちょっとだけ伸びてきた毛が、元気よく立ってしまうのでチクチクするのです。 これを解消する方法はあるのでしょうか? 少なくとも、その日のうちにチクチクするのを防ぐ方法はあります。 次の日のことは、また対処すれば大丈夫なので、まずは正しい剃り方をマスターしましょう。 カミソリでムダ毛処理するとブツブツになると悩んでいませんか? 毛がチクチクして痛いのは、カミソリなどで剃っている限り、ずっと付きまとう問題です。 でも、カミソリでのムダ毛処理を繰り返していると、毛穴がブツブツになって目立つのが気になっていませんか? 毛穴のブツブツには2種類あります。 それは、「赤いブツブツ」と「黒いブツブツ」です。 それぞれの状態と原因を見ていきましょう。 赤いブツブツは炎症を起こしている ムダ毛処理後に赤いブツブツができるのは、炎症を起こしているのが原因だと考えられます。 カミソリで剃ったり、「除毛クリーム」や「脱毛テープ」によって、肌に強い刺激を与えたことが原因だと考えられます。 また、細菌が毛穴から入ったことによって、「毛嚢炎」などの炎症を起こしている可能性もあります。 毛穴が赤く炎症を起こしたら、すぐに何らかの対処をしないと、どんどん悪化して、色素沈着してしまう恐れもありますし、重度の皮膚炎を引き起こす可能性もあります。 黒いブツブツは毛の切断面が見えている ムダ毛処理後に黒いブツブツになるのが気になって、毛抜きで抜いている人はいませんか? たしかに抜いた直後は良いかもしれませんが、毛抜きで抜くのを繰り返すと、皮膚の下に毛が埋もれてしまう「埋没毛」が増える原因になります。 また、無理やり毛を引き抜くことで、毛穴が炎症を起こして「赤いブツブツ」ができることもあります。 毛抜きでムダ毛処理をしている人は、今すぐやめてくださいね。 あなたの肌を守るためです。 または、カミソリで剃ったことによる切断面が、黒く見えているだけの場合もあります。 この場合は、できるだけ切断面を細く処理する器具を使ったり、毛そのものを細くすると良いでしょう。 ムダ毛処理後にチクチク・ブツブツしない剃り方 では、ムダ毛処理後にチクチクしたり、毛穴がブツブツしない剃り方はあるのでしょうか? 上手な剃り方がわかれば、ムダ毛処理後の悩みから解放されますね。 皮膚を適度に柔らかくしてから剃る 理容室で男性がヒゲを剃るときは、必ず「蒸しタオル」で皮膚を温めます。 これは、毛穴を開き、ムダな深剃りを防ぐためです。 また皮膚とムダ毛を柔らかくすることで、カミソリの刃が皮膚に引っかからないようにするためでもあります。 さらに、毛が柔らかくなることで剃りやすくなり、肌が傷つくのを防ぐ役割もあるのです。 自分で剃る場合にも、このステップをやることで、肌のダメージを最小限に食い止めることができます。 お風呂上がりでも良いですが、肌がふやけてしまっている場合には、少し回復してから剃らないと、余計に肌を傷つけるので気をつけてくださいね。 シェービングクリームを塗る ムダ毛処理後にチクチク・ブツブツしない剃り方は、必ず「シェービングクリーム」を塗ることです。 お風呂の中で剃っている人は、石鹸やボディソープを泡立ててカミソリで剃っているかもしれませんが、それはNGです。 石鹸には、刃と肌が触れ合うのを防ぐ「クッションの役割」がないので、必ずシェービングクリームを使うことがポイントです。 また、ジェルやローションなどもあると思いますが、クリームがいちばん弾力があり、肌を傷つけにくいのでオススメです。 ワセリンは肌をコーティングする役割があるので、肌と刃が触れ合うのを防いでくれます。 また、剃った後に肌がヒリヒリする人には、ワセリンを塗って剃るほうが、肌に刺激を与えにくいと言われています。 ただし、カミソリにつまってしまったり、電動シェーバーでは使えない場合も多いです。 肌にやさしくタッチして滑らせる カミソリでムダ毛を処理するなら、肌に強く押しつけるのはNGです。 できるだけ深剃りしたほうが、チクチクを防げるのはわかりますが、それでは皮膚まで削ぎ落としてしまいます。 そのため、カミソリの刃は必ずやさしく肌に当てましょう。 そして、ゆっくりと滑らせていくのがポイントです。 一気にシュっと剃ってしまうと、肌に負担がかかるだけでなく、肌を傷つけてしまうので気をつけましょう。 抑毛ローションで、ムダ毛処理の回数を減らす ムダ毛処理を頻繁にしている人は、前の日の夜に剃ったのに、次の日の夜にはもうチクチクしていることってありますよね。 そうなると、毎日ムダ毛処理をしている人もいると思います。 でも、これがNG! ムダ毛処理の頻度は、週1回くらいがベストです。 でも、1週間ずっとチクチクしてボーボーになってしまうのは困りますよね。 そこで1つの対処法として、「抑毛ローション」を使うことをオススメします。 抑毛ローションとは、毛が細くなり、生えにくくなってくる効果があるローションのこと。 抑毛ローションには、大豆イソフラボンが配合されていることが多く、毛を生えにくくする効果が期待できます。 そうすれば、ムダ毛処理の回数を減らせますよね。 豆乳ローションという名前で売られている場合もあります。 大豆イソフラボンは女性ホルモンと似たような働きをすることから、肌をきれいにする美肌効果もあります。 肌の保湿効果もあり、使い続けるほどに、チクチク・ブツブツを徐々に改善していくことが期待できます。 ムダ毛処理による毛穴のブツブツ対策 では、ムダ毛処理による毛穴のブツブツ対策には、どのような方法があるのでしょうか? これは見た目にもわかる肌トラブルなので、どうにかして治したいですよね。 赤いブツブツも、黒いブツブツも、両方に効果のある対策をご紹介します。 ブツブツ・黒ずみ対策には、保湿クリームが最高のアイテム ムダ毛を処理することばかりに意識を取られると、処理後のスキンケアを怠りがちです。 わたしも化粧水で適当に保湿はしていましたが、クリームで入念に保湿していませんでした。 でも最近、顔につけるスキンケアクリームを脇にも塗るようになって、驚くほど肌状態が変わったのです。 「なんで、もっと若い頃に気づかなかったんだー!」って残念に思いますが、今は、脇を見られても怖くありません。 保湿ケアの効果を甘く見てはいけませんよ。 ちょっともったいない気がしますが、ブツブツが気になるなら、ぜひ保湿効果の高いクリームを塗ってみてください。 ポイントは、保湿クリームを塗るときにしっかりと肌に浸透させることと、軽くマッサージを行うことで「ターンオーバー」が活発になり、肌がさらにキレイになります。 抑毛ローションで毛を細くする 先ほどもご紹介した抑毛ローションは、毛穴の黒いブツブツ(毛の切断面)を目立たなくする効果も期待できます。 それは、毛を細くすることができるから。 抑毛ローションで毛が細くなれば、切断面の面積が小さくなるので、必然的に目立たなくなりますよね。 使い続けなければ効果がないので、時間がかかる対策ですが、他の対策と並行して行うと良いですよ。 光脱毛やレーザー脱毛を検討する ムダ毛処理後の肌状態に満足できない人は、脱毛を検討することをオススメします。 費用はかかりますが、「ムダ毛の自己処理」という物理的苦労と、「ムダ毛に悩まされる」という心理的苦労の両方を解消することができるのです。 わたしも長年ムダ毛に悩まされていましたが、脱毛を決心して良かったと思っています。 金額はかなりかかりましたが、悩みが一気に2つ解消したので、今でも後悔はしていません。 あなたもムダ毛の悩みから解放されてみませんか? カミソリを清潔に保つ・刃の交換をする ムダ毛処理による毛穴のブツブツを解消する方法は、カミソリの状態も関係しています。 カミソリが清潔でないと、毛穴に細菌などが入ってしまい炎症を起こします。 そのため、カミソリをお風呂場に置きっぱなしにするのはNG。 雑菌の温床になってしまいます。 ムダ毛処理をお風呂場でする場合には、必ずキレイに洗ってから乾燥させることがポイントです。 刃が錆びてしまうこともあるかもしれませんので、風通しの良い乾燥した場所で乾かすと良いでしょう。 また、カミソリの刃の切れ味が悪くなっていることで、肌に刺激を与えている場合もあります。 そのため、カミソリの刃は小まめに交換するようにしましょう。 使う頻度によって違いますが、最低でも1ヶ月に1回くらいで交換することをオススメします。 ちなみにカミソリの製造販売メーカーでは、2週間で交換するのがベストだと推奨しています。 ムダ毛処理のタイミングも大事 ムダ毛処理による毛穴のブツブツ対策は、ムダ毛処理をするタイミングも大事なポイントです。 といっても、ムダ毛をキレイにしないといけない予定もあると思いますので、なかなかタイミングをはかって処理するのはむずかしいと思いますが、できるだけタイミングを考えてムダ毛処理をしましょう。 ムダ毛処理がNGな時期は、「生理中」や「体調不良のとき」です。 この時期は、体の免疫力が低下しているので、肌の免疫力も同時に低下します。 すると、ムダ毛処理による肌トラブルが起きやすい状態なのです。 そのため、生理後や体調が良好な状態のときに、ムダ毛処理をするようにしましょう。 ムダ毛処理後の痛み・かゆみの対処法 ムダ毛処理後に赤いブツブツになる人は、痛みやかゆみを伴っている場合が多いと思います。 その状態になったら、いち早く対処する必要があるので、放置しないでくださいね。 まずは、とにかく冷やす&保湿 ムダ毛処理をした直後は、とにかく「冷やす」&「保湿」が何よりも大切な対処法です。 このときに、しっかりと冷やしておかないと、炎症が悪化して皮膚炎などを引き起こすことがあります。 また保湿することで、肌のバリア機能を回復させることができます。 つまり、肌の免疫力を高めるということですね。 この冷やす&保湿の対処法をしても炎症がおさまらず、痛みやかゆみが引かないなら、適切な対処をする必要があります。 軟膏や市販の塗り薬で症状を緩和させる ムダ毛処理後に痛みやかゆみが続くなら、軟膏や市販の塗り薬を使って、症状を緩和させることが適切な対処法となります。 もし、どんな薬を選べば良いのかわからない場合は、ドラッグストアなどに常駐している薬剤師さんに聞いてみると良いでしょう。 それでも明確にわからない場合は、適当に薬を選んでしまうと、逆に症状が悪化してしまう場合もあるので気をつけてください。 効く薬がわからないときは皮膚科へ どんな薬があなたの症状に効くのかわからない場合は、すみやかに皮膚科を受診しましょう。 炎症はなるべく早めに対処することが大切なので、あまり様子をみていると、悪化してしまうことがあります。 皮膚科で塗り薬をもらうと、「ステロイド系の抗炎症剤」や「抗生物質」などをもらうと思いますが、症状が落ち着くまでは効果的な薬だと考えられます。 ただし、この手の薬は長期間の使用は避けるべき薬なので、症状がおさまったら使用を中止しましょう。 (基本は、医師の指示通りに使ってください) 長期間使用すると、肌の自然治癒力が低下し、アレルギーやアトピー性皮膚炎などにかかりやすくなると言われています。 また、体が薬に慣れてしまい、効果が薄れてくることもあります。 生活習慣の改善も毛穴のブツブツ対策になる ムダ毛処理後のチクチク・ブツブツ対策や、実際の剃り方、対処法などをご紹介しましたが、生活習慣を改善することも大切な対策となります。 ムダ毛処理はお肌におこなうことなので、肌状態を良好にすることが大事です。 肌状態を良くするには、生活習慣を改善することが効果的。 とくに「睡眠」と「食事」を見直してみましょう。 睡眠をしっかりとることで、肌のターンオーバーが活発になり、毛穴のブツブツ対策に効果的です。 また食事では、皮膚と粘膜を強くする「ビタミンA」が効果的。 また、ストレスをためない生活も大事。 ストレスがたまると免疫力が低下し、肌状態が悪くなることが考えられます。 ストレスは、健康・美容・ダイエットなど、どの分野でも大敵ですね。 正しいムダ毛処理でキレイな肌を手に入れよう! ムダ毛処理後のチクチクやブツブツの対策、剃り方・対処法などをご紹介しました。 ムダ毛は女性の悩みの種ですが、なんとか上手に対処して、キレイな肌を保ちたいですよね。 正しいムダ毛処理の方法をマスターして、見られても恥ずかしくない美肌を手に入れましょう!.

次の

毛孔性苔癬のムダ毛処理でおすすめの方法3選

ムダ 毛 処理 ぶつぶつ

このページの目次• ムダ毛処理でぶつぶつができるのは「肌のバリア機能低下」が原因 カミソリや毛抜き、脱毛ワックス・テープ、光脱毛、医療レーザーなどは「肌の水分と皮脂」を失いやすく、バリア機能低下によるぶつぶつやポツポツも発生しやすくなります。 肌のバリア機能とは、水分と皮脂の薄い膜による防衛機能を指し、ウィルスや細菌の侵入を防いだり紫外線の影響を抑える働きをしています。 カミソリや毛抜きは皮膚に傷ができやすく、そこから細菌が侵入して赤いぶつぶつ 毛嚢炎 ができたり、皮膚のなかに毛が埋まってぽつぽつが目立つことがあります。 これらのぶつぶつは自然と治ることが多いですが、繰り返し発生するとぶつぶつが悪化することもあります。 重度のぶつぶつは手術や皮膚移植を必要とすることもあり、後遺症で「シミ」や「肌のデコボコ」が残る可能性が高くなるので、普段から ムダ毛処理は正しく行い、肌のバリア機能を高める「保湿」を行うことが重要になってきます。 重度のぶつぶつの方はページ内「」を参考にして下さい。 正しいムダ毛処理でぶつぶつの予防と悪化防止ができる 正しくムダ毛処理を行うことはぶつぶつの発生や悪化を防ぐのに役立ちます。 そのなかで最も肌負担が少なくぶつぶつ等の肌トラブルが起きにくいのは電気シェーバーとなりますが、ムダ毛処理ごとに正しいポイントも変わってきますので把握しておくとよいです。 ・ カミソリの正しい使い方 カミソリは肌負担を抑えながら滑らかに剃れるよう、毛穴を開いてからシェービング剤を使用して順剃り 毛の流れに沿って剃る をします。 ・ 毛抜きの正しいムダ毛処理法 毛抜きはムダ毛が掴みやすく切れにくいものを選び、毛の流れに沿って丁寧に抜いたあとに水で洗い流すかウェットティッシュなどで清潔にして雑菌が繁殖しないようにします。 ・ 除毛クリームはパッチテストが必須 除毛クリームはムダ毛が隠れるほどたっぷり塗り、肌に優しい弱酸性の石鹸やボディソープでしっかり洗い流します。 事前のパッチテストでは二の腕の内側に10円玉ほどの量の除毛クリームを塗り、24時間以内に赤みやかぶれなどのアレルギー反応がなければ問題なく使用できます。 ・ ワックス脱毛と脱毛テープは少ない肌刺激でしっかり除毛する ワックス脱毛と脱毛テープを使用する場合はベビーパウダーをあらかじめ塗ることで肌刺激が抑えられます。 1回でしっかり除毛できるよう、使用時は真上に引っ張るのではなく、低い角度で毛の流れの逆方向に思い切って引っ張ってください。 ワックス脱毛やテープの使用後は1~2時間ほどヒリヒリや赤みが出やすいので、冷たいおしぼりや保冷剤をあてて冷やすと早く落ち着きます。 ・ 電気シェーバーは種類ごとの剃り方を行う 回転刃式の電気シェーバーは円を描くように剃り、その他のタイプは逆剃りが一般的となります。 電気シェーバーにはドライ剃りやウェット剃りタイプなどがあるので使用する種類の使い方を確認し行いましょう。 ムダ毛処理後のぶつぶつ改善には「保湿」が最良 ムダ毛処理後のぶつぶつ・ポツポツの改善には、保湿ケアを行って肌に潤いを与えバリア機能の維持と向上をさせることが大切です。 保湿には「肌に潤いを与える」「炎症を抑える」「毛穴を引き締める」の3つの作用があり、肌のバリア機能を維持するうえで最良の方法のため、正しく ムダ毛処理をした後は「朝・入浴後(または就寝前)」に保湿を欠かさず行うようにして下さい。 保湿では肌への密着性が高いクリームがよく、保湿力が高い 「セラミド」や「ヒアルロン酸」の成分を含むものがオススメです。 さらに詳しい情報は?ムダ毛処理後に適した保湿クリームの選び方や使い方はにまとめていますのでご参考ください。 【体質的・遺伝的に肌のバリア機能が弱い方の保湿剤の使い方】 「乾燥肌」「敏感肌」「アトピー肌」の方は肌のバリア機能が弱く、ムダ毛処理後にぶつぶつや赤み が発生しやすい体質と言えます。 主に遺伝が原因の「毛孔角化症(モウコウカクカショウ)」「毛孔性苔癬(モウコウセイタイセン)」は鳥肌のように毛穴が目立つ症状があり、ムダ毛処理でぶつぶつが悪化しやすい状態にあります。 毛孔性苔癬の症例 上記に該当する方はぶつぶつ予防・改善のためにムダ毛処理の頻度を「週に1回」または「2週間に1回」に減らし、「1日に数回(朝・昼・入浴後・就寝前)の保湿」を徹底して行いましょう。 ただし、症状が重度の場合は皮膚科や美容クリニックでの診察をおすすめします。 埋没毛の場合は、角質除去ができる「スクラブ」を行うことで改善が見込めます。 スクラブの使い方や選び方は以下でまとめていますので参考ください。 参考ページ: 4. ぶつぶつが重度の方は皮膚科での治療がおススメ 重度のぶつぶつで強い炎症が起きていたり、症状が悪化していく方は「皮膚科」での治療を検討したほうが良いです。 皮膚科では「炎症の抑制」と「ぶつぶつの治療」を主に行い、肌の状態によってはビタミン剤やかゆみ止めを別途で処方することもあります。 ・炎症を抑える治療法 毛穴に炎症や膿、出血が起きている場合は「抗菌剤」や「抗生物質」「ステロイド剤」などの飲み薬や塗り薬を使用して炎症を抑制しぶつぶつを改善します。 これらの薬は肌で繁殖した菌を殺菌する役割があり、2~3か月ほどの使用で症状が落ち着いていきます。 ただし、これらの薬剤を半年以上などで長期使用すると、菌が耐性を持ってしまい効力が薄くなることがあるので、あくまで対処療法となります。 費用は保険適用で2~3ヵ月分2,000円前後となります。 尿素はもともと身体の中に存在する成分で高い保湿力があり「肌の生まれ変わり(ターンオーバー)の促進」に役立ち、肌刺激も少ない傾向にあります。 尿素は市販の化粧品やクリームにも配合されていますが、皮膚科処方は純度・濃度が高く、余分な成分(ヒアルロン酸やセラミドなどの他の保湿成分)が入っていないため市販品よりも効果が得られやすいです。 尿素の副作用でかゆみが現れることもありますが、その場合はかゆみ止めと併用しながら処方することもあります。 費用は保険適用で1ヵ月分180~300円 約25g ほどとなっています。 カラダのぶつぶつを一時的に隠す方法 すぐにカラダのぶつぶつを隠したい場合、顔や腕なら化粧品、足ならストッキングが一般的です。 なかでも顔や腕のぶつぶつは、ダメージを受けた肌を保護しながらシミや肌荒れをうまく隠すBBクリームがおすすめです。 BBクリームは保湿成分や美容液成分を含み、ファンデーションや化粧下地、日焼け止めの機能まであるオールインワン化粧品で肌をケアする効果もあります。 さらにコンシーラーも併用すると目立つぶつぶつでも長時間隠すことが可能です。 足のぶつぶつをうまく隠すストッキングには足の指先部分だけ隠れていないタイプもあり、ミュールやサンダルを履く方や、ペディキュアを見せたい方でも使えるものがあります。 BBクリームはドラッグストア・コンビニ・アマゾン、ペディキュア見せもできるストッキングは主にアマゾンや楽天で販売されています。 まとめ ムダ毛処理後にぶつぶつや肌荒れが起きる主な原因は「肌のバリア機能の低下」で、 肌の水分や皮脂量が少なくなって乾燥が起き、細菌の侵入や繁殖しやすい状態になることが肌トラブルを招いています。 特にカミソリや毛抜きなどは肌に小さい傷や炎症がつきやすく、そこに雑菌が入りぶつぶつや毛嚢炎になることも多いです。 これらのぶつぶつを根本から予防・改善するには「正しいムダ毛処理 」または「肌負担の少ないムダ毛処理」と「朝・入浴後の保湿」を行うことが欠かせません。 ぶつぶつが重度だったり悪化していく場合は、皮膚科で肌状態をみてもらい必要な治療を受けるようにして下さい。 ぶつぶつを一時的に隠したいときは足ならストッキング、顔や腕ならBBクリームやコンシーラーがおすすめです。

次の