両面ティターン ハイランダー。 【通常90万】『秋ノ落葉』を入れてサブカイムで遊んでみた【土マグナ編成】

【グラブル】土はマグナのままいくか、それとも将来的に逆位置カイムティターン編成を目指すか試算

両面ティターン ハイランダー

一見良さそうに見えるけど、実用性は保証できナス🍆 『秋ノ落葉』がやってきた こんにちは、ベオです。 今回も サクッと更新して サクッと読めるようにしたいと思います。 (余談 昨日に行ってきました。 ) 土両面マグナでサブカイム編成 通常ダメ90万超え。 土両面マグナに『秋ノ落葉』を入れて、サブカイム編成で遊んでみました。 ただし確定クリティカルでは無いので、ダメージにかなりのムラがあります。 実用性は謎だけど、ロマン編成ってことで😎 — ベオ beogran1224 ・結論から言うと、 永遠拒絶琴を5凸渾身に出来れば実用性はアリかも ・確定クリではないので、ダメージにかなりのムラが出る ・終末琴5凸渾身が出来れば、クリじゃなくてもダメージの底上げができると思われる。 クリが決まれば、通常90万!クリが出ないと・・・ 実際アバ銃編成は、確定クリじゃなくてもクソ強い 編成はこんな感じ サブにカイムをIN 別枠攻刃20%UP 上限10%UP 守備50%UP! 何気に守備50%UPはカチコチになるので、渾身依存のマグナには有難い 土両面マグナのサブカイム装備編成 サブカイムの『逆位置 』発動条件が 武器ダブりしたらOUTなので ゴブロ斧を一つしか装備出来ません。 なのでこんな感じに。 この状態で、両面マグナだと クリ率は54%ぐらい(間違ってたらゴメン 召喚石 ハングドマンは5凸 入れて上限をモリモリ クリが決まれば90万、クリが決まらないと これが現実。 このダメージ差なら、大人しく安定の確定クリ装備編成の方が良いかも? だけど別の恩恵もある 別枠攻刃20%UP 上限10%UP 守備50%UP! と上記にも記載したけど ・奥義&アビダメも上限が上がるので、そこら辺でカバーできる説 ・守備力50%UPで、渾身維持に役に立つ説 永遠拒絶5凸渾身が出来れば 自分はマンなので、 絶対否定を5凸にしちゃいましたが 永遠拒絶琴を5凸渾身に出来れば、クリティカルが発動しなくても 高いダメージを出せる思います。 現に、4凸時点でもそこそこダメージ出せてますからね 『秋ノ落葉』は将来性のある武器。 だけど・・・ 一般的な土マグナ2の編成。 この枠のどれかを追い出すとしたら、ゴブロ刀になるのだろうか DAUPは有難い。 けど 無名金重をメインで持てば そんなに連撃にこだわらなくても良いとも思う…ジレンマ 渾身の場合はHPは沢山欲しい 話は戻り最後に 冷静にここまでの装備が揃えられるのなら 青でも良いから こんな感じにマンを始めちゃった方が早いかもしれない。 以上『 秋ノ落葉』を入れた、サブカイムのマグナ編成でした! 『秋ノ落葉』はマグナ2が揃っている方には、ちょっと悩ましい武器だなぁと感じました。 まだゴブロ斧が揃っていない、初心者〜中級者には繋ぎの武器として 恩恵のある武器だと思います。 あとは技工の武器がもっと増えれば マグナのサブカイム編成の武器としても使えると思うので 将来性のある武器だなとも感じました。 ここまで読んでくれてありがとう!降臨頑張ろう beog.

次の

【グラブルQ&A】ティターン編成移行について[No251834]【グランブルーファンタジー】

両面ティターン ハイランダー

土マグナハイランダー編成という可能性 水有利古戦場も終わって落ち着いて来たので、古戦場前に加入してちょっとずつ使いはじめている土属性賢者であるカイムの使用感などをあげてみようと思います。 まずはカイムのアビリティ編成 おそらく使い勝手が良いのは2アビです。 いわゆるコピースキルであり、分かりやすく言うとグラゼロのあとに打つともう一発グラゼロが打てるというようなスキル。 ただ、スキルによってはコピーできないものもあり、剣聖の剣神解放やザ・グローリーのグロリアス・アーツなどはコピーが出来ないようです。 そして、カイムの特徴とも言うべき3アビのブランクフェイス。 スタメンが使ったアビリティによってアビリティの内容が変わるというリミテッドリーシャのブレイブコマンドとちょっと似たアビリティとなります。 ブレイブコマンドはアビリティ使用後に使った種類によってアビリティ内容が変わりますが、ブランクフェイスの方はブランクフェイス状態の時に使われた直前のアビリティによって内容が変わります。 また、ブレイブコマンドの方は号令レベルの高さが非常に重要になりますが、ブランクフェイスの方はランクによって変わるのはカイムにかかる効果だけになるのであまり重要ではない気がします。 そして、ブランクフェイス及び変化した各トリックの再使用ターン数は一応5ターンとなっていますが、奥義を打つごとに各トリックがリセットされ、即ブランクフェイスが使用可になるので奥義回りがいい土属性だと5ターンかからずに打てることが多々ある感じです。 2アビの使用間隔が1ターンなのでダイヤトリックを多用していくことになる感じでしょうか。 カイムも正位置と逆位置のアビリティを持っていますが、カイムのもう1つの特徴とも言うべき刑死者の逆位置のサポートアビリティ、すべて違う武器を並べるといういわゆるハイランダー編成です。 メンバーと召喚石は全く一緒で 装備の方を変えてみました。 通常マグナ編成 マグナハイランダー編成 これで試しに通常マキュラを同じような進行で殴ってみたのですが どちらも両面ユグマグでリロード無し 通常マグナ編成 マグナハイランダー編成 差は少ないもののマグナハイランダー編成の方が強いという結果に・・・ これ以前にも同様にマキュラを殴っているのですが、やはりマグナハイランダーの方が僅かに早い結果でした。 マグナハイランダー編成の方はニーベルンホルンが3本並んでないのでクリティカル確定とはなりませんが、逆位置効果や白虎邪のダメージ上限アップ効果もありマグナハイランダー編成の方に分があるようでした。 通常マグナ編成ダメージ例 マグナハイランダー編成ダメージ例 まぁ、どちらの編成も進行する上で多少のブレはあると思いますが、少なくとも火力的には甲乙つけがたい性能と言えるのではないでしょうか。 また、HPを比べてみると 通常マグナ編成 マグナハイランダー編成 ほぼ変わらず・・・ マグナ編成の方はニーベルンクリンゲをもっと並べてHPを盛るというのもあると思いますが、自分のユグ杖はスキルレベル15までしか上げていなかったのでそれを考慮すると、マグナ編成に勝てないまでもなかなかいい勝負になるのではないかと思います。 そして、やはり本命は両面ティターンによるハイランダー編成・・・ 仮にティターンを引くことができれば違う武器を1本ずつ並べるだけなので比較的容易にティターンでのハイランダー編成を組むこともできます。

次の

【グラブル】カー・オンHLを土属性ティターン編成でフルオートソロ討伐したので編成や内容を見ていきます。編成にはカイム君を入れたハイランダー風味。水着のブローディア姉さんでダメージを軽減して、マキラちゃんで弱体回復や敵の弱体と味方の強化をしながら。

両面ティターン ハイランダー

リミテッド武器の有無は理想編成を目指す場合だけでなく、マグナ編成を超える場合にも重要となる。 新リミ武器「八幡薙刀」実装 6月下旬のリミテッドレオナ実装に合わせて、新たな土属性リミテッド武器「八幡薙刀」が追加。 5凸後は第2スキルのメイン装備縛りがなくなり汎用性が高まる。 メイン武器や英雄王の槍などは通常軸や奥義軸など、運用によって変動する枠となります。 高難易度を想定しており上限UPの恩恵が少ないため、「支配の天秤」の優先度は低めとなっています。 最大HPが高いほど堅守を活かして低HP時に受けられる攻撃が増えるため、守護によるHP上昇も重要な要素ですね。 自発的にHPを減らす手段が少ないため、初動の火力を補える「一期一振」を採用しています。 上記の編成例をベースにしつつ、敵の火力や行動次第で守護武器でや背水武器の本数など、場面に応じた細かい調整をしていくことになります。 TA率UPの効果量は控えめだが、高いATKと34%の攻刃で基礎ダメージを大きく底上げ可能。 一期一振の方が4凸優先度は高いが、 状況次第で理想編成に入るため、無理なく作成できるなら4凸しておきたい武器。 HPを確保したい場面で攻刃と守護を兼ねた枠として編成候補。 Lv120で取得する攻刃 中 に加え、守護IIを併せ持つのが特徴。 既に所持している場合はHPを確保したい高難易度マルチ等で編成候補となるが、 代用武器も多くサプチケやムーン交換での取得優先度は低い。 パラシュと同様に既に所持している場合はHPを高くする必要がある 高難易度バトルで編成候補だが、優先して入手を目指す必要性は低い。 2倍、4凸時点で1. 23倍にする強力なスキル持ち。 神威でHP底上げもでき、対水属性の場合は必須武器。 上限付近のダメージを出せる編成では火力を伸ばす手段として有効。 一振など刀武器の数を用意できる場合は編成に組み込んでいきたい。 白虎邪に比べて攻刃量では劣るが、Lv150ならATKの差でこちらが優先される。 ソロモンドライブと比較するとHP最大時の攻撃力が下がる代わりに、低HP時の攻撃がより強力になる。 低HP想定のバトルならこちらを優先。 背水寄りのティターン編成では、空いた枠にはこの武器を入れたい。 5凸後は第2スキルのメイン装備縛りがなくなり、サブ装備時にも恩恵を得られるようになる。 ユグドラシルブランチより優先度は下がるものの、5凸追加で奥義の回復性能やHP確保も可能となり、フルオート適性も高まった。 高難度のソロバトルなど耐久編成を組む際に候補となる。 5凸SLv20まで強化済みなら1本程度編成しておきたい。 必殺武器.

次の