小松菜 奈 と あい みょん。 小松菜奈

STARDUST

小松菜 奈 と あい みょん

名前は東京の小松川(現在の江戸川区)に由来しているそうです。 江戸時代、将軍に気に入られ、献上する際、土地の名前を冠したとか。 また、当時から江戸庶民には親しまれていたようです。 小松菜はそれぞれの地域で土着のものがあり、同じ品種もあればオリジナルのものもあるようですが、群馬の武州寒菜(ぶしゅうかんな)や新潟の大崎菜、関西では黒菜と呼ぶところもあるように、それぞれの地域での名前があるようです。 また、品種改良も進み、ここ10年ほどでずいぶんとスリムでスタイルの良いコマツナが市場を占めるようになってきました。 また、冬にはホウレンソウのように「 」と言うのも出回ります。 また、ほうれん草と同じようにサラダでも食べられる柔らかい赤軸のものも出ています。 右の表は農林水産省がまとめた平成22年の全国のコマツナの生産量です。 上位一位から5位までが関東が占め、それだけで全国の約半分を作っています。 東京も2位となっていますね。 また、初春に出回る若くて色が薄いものは鶯菜(うぐいすな)とも呼ばれています。 寒さに強く、一二度霜が降りた後のほうが甘みが増し、葉も柔らかくなって美味しくなります。 普段ホウレン草をよく使っていると思いますが、ホウレン草よりアクが少なく、用途的には同じように使えるので、メニューにもどんどん取り入れてみてはいかがでしょうか。 11月~3月にかけてが旬ですが、3月頃に出荷される鴬菜(うぐいすな)も非常に季節感が強く、見逃せません。

次の

小松菜が虫にくわれています。

小松菜 奈 と あい みょん

農薬を使い、きれいな小松菜を自分で作るのと、直販所できれいな小松菜を購入する事の差異は何だろう。 どちらが安いのだろう。 家庭菜園は作ることが趣味だから別にいいのか・・・私にはよく分からない。 オルトラン粒剤は、浸透移行性農薬、根や葉から吸収され植物内に蓄積され、葉などを食べる虫を駆除でき、予防にもなる。 有機リン系の殺虫剤。 当然安全とされ多くの作物に使用されている。 別に農薬を使用しなくともきれいな野菜は出来ますよ。 葉物野菜の場合は、種蒔き直後から寒冷紗や不織布でトンネルをして、そのまま収穫期まで育てる。 これどほとんどの害虫は防げます。 問題は、実物野菜の場合は、隔離した方法だと受粉行為が必要になり面倒と言うこと。 また、土壌内の害虫は防げないため、きれいな根菜類は作れない可能性があることですね。 手間は遙かにかかりますが・・・。 不織布使用の場合(寿命は寒冷紗より大変短い)は、保温効果と、少しの遮光効果があるため、生育が早い上軟らかな葉物野菜が収穫可能になります。 趣味の園芸ならば、こだわってもいいのかなっておもいます。 ちなみに、我が家の小松菜も穴あきですが、普通に食べられます。 さら言うと、 有機リン系化合物の中には、人に対する神経毒になるものを多く、サリンなんていう毒物も有機リン系化合物です。 私の一番の疑問は、虫を殺す薬剤が人体に影響を与えないとして使用を勧められるってこと。 素人の管理で農薬を使って作ったきれいな野菜より、信用できるハウス農家の安い野菜のほうが安心できるのはワ・タ・シだけ?.

次の

小松菜が苦い原因は3つある!苦味の対処法とおすすめ料理はコレ!

小松菜 奈 と あい みょん

小松菜は霜がでても大丈夫なほど 寒さに強くて、むしろ霜が降りたほうが 実がしまって、甘くなります。 いつもは食べない方も旬の冬にはおすすめの野菜です。 せっかくですから、味をかみしめて夏とどれほど違うのか食べ比べてみてもいいですね。 また、ほうれん草と小松菜の違いはほうれん草は アクのもと、 シュウ酸を多く含むのですが、小松菜は シュウ酸が少ないので、あくを取る必要がなく、 下茹でが必要ないので調理も保存も便利です。 生でも食べることができる小松菜ですが、お浸しにするのが一般的ですよね。 苦味はないと言われている小松菜ですが、苦味が気になる場合は、ゆでる際にお砂糖を少々入れるのもおすすめです。 小松菜の茹で方はこちらをご覧ください。 成人病の予防や貧血の予防、美容効果も期待でき、カルシウムは栄養価が似ているホウレン草の 3. 5倍も含んでいて、野菜の中ではトップクラスと言われています。 では、小松菜の主な栄養素とその効果を順に見てみましょう。 5倍、その量は 牛乳に匹敵するほどです。 カルシウムは 骨や歯を形成するので 骨粗鬆症の予防には欠かせない栄養素です。 また、イライラを解消して、 ストレス緩和にも効果的です。 ビタミンDと一緒にとるとカルシウムを効率的に吸収できるので、 ちりめんじゃこや しいたけなどと摂るのが理想的です。 ビタミンCとともに 免疫力をアップさせて 風邪の予防にもなります。 肌や体の老化を防ぐので、 美肌・美容効果も期待できるので女性にはうれしいですね。 5倍です。 鉄は血中の赤血球を作っているヘモグロビンの成分で、 貧血の予防をしてくれるので、貧血気味の女性の方におすすめです。 小松菜には吸収率があまりよくない 非ヘム鉄が含まれているのですが、 ビタミンCやたんぱく質と一緒に摂ると吸収がよくなって効果的です。 食物繊維は腸の働きをよくして 蠕動運動を活発にするため、 便秘を解消、改善する働きがあります。 また、 大腸がんの予防にも効果的です。 便秘気味の方は、積極的に摂るのがおすすめです。 最近では、腸内環境をよくすることが 認知症の予防になるともいわれていますので、日ごろから気にかけておきたいですよね。 高血圧の予防やまた、 利尿作用もあるので むくみの予防にもなります。 ビタミンKはカルシウムと一緒にとることで骨を丈夫にしてくれます。 出血時には 血を固める働きもする、不足すると非常に困る栄養素です。 実に多くの栄養素が含まれ、その効果も老化防止や歯や骨の形成まで様々な役割を果たしてくれることがわかります。 栄養が不足しがちなご高齢の方やお子さん、また、妊娠中の方には特に積極的な摂取をおすすめしたい野菜のひとつです。 とくに、カルシウムは牛乳などから摂取することが多いですが、 アレルギーなどで動物性の食材が食べれないという方にも、小松菜はおすすめです。 野菜の苦手なお子さんには、あまりくせがない味なので、カレーやシチューに入れたりして調理するのもいいですね。 小松菜の効果的な食べ方は? 小松菜と言えばお浸しや油揚げと煮物にするのが一般的ですが、他にもナムルにしたり、炒め物やどんなお料理にもあいます。 そんな小松菜を効果的に食べるには、カルシウム、鉄分やビタミンCは水に溶けてしまうので、できれば 茹でずに 炒めるか、 水にさらす時間をなるべく 短くするようにしましょう。 さらに、小松菜は 生でも食べられるので、牛乳やリンゴ、バナナなどと一緒に ジュースにしても栄養素を存分に摂れます。 また、生で食べても大丈夫な小松菜には、腎結石の原因と言われる シュウ酸を含むので、 食べ過ぎると 結石の原因になると言われていますが、かなりの量を毎日、生で食べることがなければ大丈夫だと言えます。 小松菜は冷凍も可能で、しかも生のまま保存できるのでとても便利です。 私もよく、冷凍しておくのですが、ちょっと緑が欲しい時に凍ったまま、ジュースや煮物、お味噌汁に入れたりして、とても助かっています。 5倍もあるなど、ほうれん草の方が多いと思っていたのでちょっと驚きですよね。 さまざまな良い効果のある小松菜、ぜひ、いつもの食生活に積極的に活用してみてください。 スポンサーリンク•

次の