きめつのやいばどうなる。 【鬼滅の刃最新話ネタバレ205話】最終回で炭治郎たちの子孫が現代で平和に暮らす?|ワンピースネタバレ漫画考察

【鬼滅の刃(きめつのやいば)】結末が気になる!どう展開していくのか考察してみた!

きめつのやいばどうなる

1 少年ジャンプ• 週刊少年ジャンプ 2020年 33・34合併号• ジャンプGIGA 2020 SUMMER• 最強ジャンプ 7月号• 少年ジャンプ+ イチオシ情報• 5周年記念!オンライン展覧会開催中!! そろそろ連載1周年記念!キミの考えるスパイを大募集!• 12月18日 金 映画「約ネバ」公開!! 全順位の完全データを公開!• キミがどの呪術師と似たタイプなのかがわかる!• 夢のスペシャルマッチが実現!! 漫画賞• ガリョキンPro用ネーム公開!9月30日 水 締切!! WEBでの持ち込み受付を始めました!• 第100回手塚賞&第93回赤塚賞 投稿受付中!• 受賞作品一覧• 漫画賞Q&A• 編集部ツイッター• 11月13日、集英社が発行する『週刊少年ジャンプ』に連載中のマンガを、共謀の上、発売日前にスキャンしてデジタル化し、無断でインターネット上に公開したとして、被疑者4人が京都府警サイバー犯罪対策課と東山署に逮捕されました。 報道などで被疑者が無断で公開を企てたとされている、英語海賊版サイト「mangapanda」は複数のマンガ誌を発売日前に入手し、それをスキャン、翻訳、加工して自らのサイトに掲載し広告収益を得ていた非常に悪質なサイトであり、また、他の海賊版サイトにスキャンしたファイルを供給するなど、国境を越えた海賊版グループの中核と推測されます。 ネットの海賊行為に関しては、その収益や制作過程、流通経路など不明な点が非常に多く、今回の摘発を機に、その全容が解明されることを期待しております。 また、今回の事案は今年施行されたばかりの改正著作権法に基づき、集英社が有する出版権の侵害としても摘発されました。 集英社ならびに週刊少年ジャンプ編集部は著作者が心血を注いで作り上げた大切な作品を正しい形で日本をはじめとする全世界の読者のみなさまにお届けするという自らの役割を果たすため、引き続き著作物の海賊行為に関しては刑事告訴も含め厳正に対応していきます。 2015年11月17日 週刊少年ジャンプ編集部 今、ネット上には漫画を不正にコピーしたものがあふれています。 これらの「不正コピー」とアップはすべて、漫画家たちの気持ちに反しておこなわれたものです。 そして、「この作品はこう読んでほしい」という作者の意図をも大きくねじ曲げています。 「不正コピー」を作りネットにアップする行為は、たとえそれが気軽な気持ちでおこなわれたとしても、漫画家が心血を注いだ表現活動を傷つけることであり、また法に触れる行為でもあります。 私たちは、こうした「不正コピー」を発見するつど、漫画家と話し合いながら、考えられるあらゆる策を講じてきました。 しかし、心ない人たちはあまりに多く、残念ながらそのすべてには対応し切れてはいないのが現状です。 読者の皆様にお願いです。 ネット上にある「不正コピー」は、漫画文化、漫画家の権利、そして何より、漫画家の魂を深く傷つけるものです。 それらはすべて法に触れる行為でもあるということを、今一度、ご理解ください。 また漫画家の方々と集英社は今後も、ネット上のあらゆる「不正コピー」に対しては厳正に対処していきます。 読者の皆様の変わらぬご支援をお願いいたします。

次の

きめつのやいば(鬼滅の刃/ネタバレ)善逸の生死は?今後の展開が気になる!

きめつのやいばどうなる

1 少年ジャンプ• 週刊少年ジャンプ 2020年 32号• ジャンプGIGA 2020 SPRING• 最強ジャンプ 7月号• 少年ジャンプ+ 2020年 32号 イチオシ情報• 5周年記念!オンライン展覧会開催中!! そろそろ連載1周年記念!キミの考えるスパイを大募集!• アニメ2期2021年1月放送!• 全順位の完全データを公開!• キミがどの呪術師と似たタイプなのかがわかる!• 夢のスペシャルマッチが実現!! 漫画賞• ガリョキンPro用ネーム公開!9月30日 水 締切!! WEBでの持ち込み受付を始めました!• 第100回手塚賞&第93回赤塚賞 投稿受付中!• 受賞作品一覧• 漫画賞Q&A• 編集部ツイッター• 11月13日、集英社が発行する『週刊少年ジャンプ』に連載中のマンガを、共謀の上、発売日前にスキャンしてデジタル化し、無断でインターネット上に公開したとして、被疑者4人が京都府警サイバー犯罪対策課と東山署に逮捕されました。 報道などで被疑者が無断で公開を企てたとされている、英語海賊版サイト「mangapanda」は複数のマンガ誌を発売日前に入手し、それをスキャン、翻訳、加工して自らのサイトに掲載し広告収益を得ていた非常に悪質なサイトであり、また、他の海賊版サイトにスキャンしたファイルを供給するなど、国境を越えた海賊版グループの中核と推測されます。 ネットの海賊行為に関しては、その収益や制作過程、流通経路など不明な点が非常に多く、今回の摘発を機に、その全容が解明されることを期待しております。 また、今回の事案は今年施行されたばかりの改正著作権法に基づき、集英社が有する出版権の侵害としても摘発されました。 集英社ならびに週刊少年ジャンプ編集部は著作者が心血を注いで作り上げた大切な作品を正しい形で日本をはじめとする全世界の読者のみなさまにお届けするという自らの役割を果たすため、引き続き著作物の海賊行為に関しては刑事告訴も含め厳正に対応していきます。 2015年11月17日 週刊少年ジャンプ編集部 今、ネット上には漫画を不正にコピーしたものがあふれています。 これらの「不正コピー」とアップはすべて、漫画家たちの気持ちに反しておこなわれたものです。 そして、「この作品はこう読んでほしい」という作者の意図をも大きくねじ曲げています。 「不正コピー」を作りネットにアップする行為は、たとえそれが気軽な気持ちでおこなわれたとしても、漫画家が心血を注いだ表現活動を傷つけることであり、また法に触れる行為でもあります。 私たちは、こうした「不正コピー」を発見するつど、漫画家と話し合いながら、考えられるあらゆる策を講じてきました。 しかし、心ない人たちはあまりに多く、残念ながらそのすべてには対応し切れてはいないのが現状です。 読者の皆様にお願いです。 ネット上にある「不正コピー」は、漫画文化、漫画家の権利、そして何より、漫画家の魂を深く傷つけるものです。 それらはすべて法に触れる行為でもあるということを、今一度、ご理解ください。 また漫画家の方々と集英社は今後も、ネット上のあらゆる「不正コピー」に対しては厳正に対処していきます。 読者の皆様の変わらぬご支援をお願いいたします。

次の

【鬼滅の刃最新話ネタバレ205話】最終回で炭治郎たちの子孫が現代で平和に暮らす?|ワンピースネタバレ漫画考察

きめつのやいばどうなる

鬼舞辻無惨を討伐して最終回? 順当にいけば、長い戦いにはなるものの鬼舞辻無惨を討伐して、すべての鬼が消滅し、禰豆子も人間に戻りハッピーエンドとなりそうです。 さすがに最終決戦ということで、鬼殺隊の総力を投入して挑むことになるため50話以上(本誌1年分)は描かれることになるのではないでしょうか。 しかし伏線がかなり多く残っていることや、鬼滅の刃という作品が社会現象を起こすほどの人気になっていることから、あと1年で完結してしまうということはないのではないかと私は考えています。 超人気漫画「ワンピース」との比較 この画像は、国民的人気漫画である「ワンピース」と鬼滅の刃の話題度をGoogleトレンドで比較したものです。 アニメが放送されたことで、鬼滅の刃の話題度(赤線)が一気に上昇しており、ここ数週間ではワンピース(青線)を超える話題度になっていることがわかります。 過去にワンピースの話題度を超えている作品は2013年にアニメ化した「進撃の巨人」のみであり、その進撃の巨人も6年経過した2019年〜2020年で最終回を迎えそうになっているという状況です。 鬼舞辻無惨との決着はつかないかも? 先ほどのグラフから見て取れるように、社会現象を起こすほどの作品を話題になっている最中に1年ちょっとで完結させるというのはおそらく無いのではないかと考えられます。 ここで頭に浮かぶのが「引き延ばし」ですが、鬼滅の刃は設定が緻密に練られているため安易な引き延ばしは起き得ないと思います。 作品を見返してみると、まだまだ残された謎が多かったり、回収されてない伏線が多数あるため、この 「無限城での鬼舞辻無惨が最終決戦ではない」という可能性はあるのではないでしょうか。 そこで考えられる可能性をいくつか挙げてみます。 鬼舞辻無惨について考察 1. 無惨にトドメを刺す前に逃げられる 鬼舞辻無惨は、これまでの話を見て分かる通り非常に慎重な性格であり、人混みではあえて逃げたり、現在の柱は誰も無惨と遭遇したことがないなど、無用な争いを避ける傾向にあります。 今回は無限城という、鬼殺隊からすると振りでアウェイな空間だからこそ無惨も逃げていませんが、追い詰められたら少しでも生きながらえるために無限城から離脱する可能性があります。 実はトドメを刺せていなかった 那田蜘蛛山で、下弦の伍である累が「炭治郎に頸を斬られる前に自分で頸を斬って逃れる」といった選択をしています。 今回の無惨戦でも、総力をあげて無惨を討伐するが「何かしらのトドメを刺せていなくて」実は無惨は弱体化したものの生きながらえている、といった状況は考えられます。 慎重な性格である無惨のことだから、自分が瀕死になったときの奥の手をいくつも用意していたとしてもおかしくありません。 1や2のパターンに共通するのは「無惨がしばらく弱体化する」ということであり、その間に無惨の支配から逃れた強い鬼たちが頭角を現し、それらが各地に被害を及ぼすため、どこかにいる無惨を探しながら各地の鬼を倒して回る、といった第二部へと進んでいく可能性がありえそうです。 その頃には、炭治郎たちは柱になっていて、柱のメンバーも入れ替わっているかもしれません。 無惨は倒したものの第2の無惨が現れる この作品において、鬼舞辻無惨は鬼たちにとって絶対的存在であり逆らえないものと描かれていますが、珠世と禰豆子はその支配からなぜか逃れられています。 そして珠世においては、支配から逃れただけでなく「愈史郎」という自分の血を分けた鬼まで生み出しています。 つまり、 この2人以外にも無惨の支配から逃れた鬼がまだ存在する可能性はあり、実は水面下で勢力を拡大していたといった展開も考えられます。 鬼舞辻無惨が鬼になったのは平安時代(1000年以上前)なので、その過程で鬼舞辻無惨が血を分け与えたものの袂を分かった鬼がいてもおかしくはありません。 これまでは無惨の勢力が強大だったため影を潜めていましたが、無惨が討伐されたことで自分こそが次世代の鬼の王になろうとして世に姿を現す、といった話もありえそうですね。 まとめ あと1,2年で話が終わるとは考えづらい いくつかの考えられるパターンを大いに妄想を含めて予想してみました。 もちろん話の展開予想としては妄想だらけで信憑性は低いですが、 漫画の話題度がものすごいことになっているというのは事実としてあり、過去に同じ規模まで話題になった進撃の巨人が、それから6年以上連載が続いていることを考えると、編集部としても当初の完結スケジュールからもう少し後ろ倒しにせざるを得ないのではないでしょうか。 ということで、私としては鬼滅の刃は少なくともあと3年以上は続くのではないかと考えています(というか、大好きな作品なので続いてほしい)。 鬼滅の刃2部の内容について 鬼舞辻無惨について.

次の