神棚 処分。 神棚の処分方法とご祈祷・玉串料(御焚上料)と神社への持ち込みについて

神棚のお祀りをやめる時・・・処分の方法など

神棚 処分

社会の高齢化にともない、「面倒を見られなくなった仏壇・位牌のご供養処分」と同時に、「神棚やお札の整理・処分」をする人が増えてきています。 ただ、多くの人は「神棚の整理・処分」について、費用がいくらくらいかかるのか、よく分かりません。 どの方法で神棚を処分するかにより、 無料でできるものから、数万円程度の費用がかかるものまであります。 今回は、神棚を処分する3つの方法の、それぞれの費用相場について解説します。 1:神棚処分の3つの方法 神棚を処分する方法についての詳細は、 で解説しました。 概略は以下のようになります。 神道には、仏教やキリスト教など他の宗教のように、神の定めた戒律がなく、「個人個人の良心により、地域の神々に感謝し恵みを受ける宗教」になります。 つまり、「決まった戒律に従うのではなく、自分の良心で地域の神々と共存する道を歩む」ことが神道の本質です。 したがって、神棚を処分する方法にも、共通のルールがありません。 実際に、複数の神社で「神棚の処分の仕方」について聞くと、 1:祈祷する 2:お札を返納する 3:お焚き上げする という3つの神棚処分方法があり、費用もバラバラでした。 それぞれの方法でかかる費用を見ていきましょう。 もしあなたが「神棚には魂が宿っている」と考えているなら、このような神社でご祈祷してもらうことをおすすめします。 流れは、まず祈祷受付所で「神棚処分の祈祷」の申し込みをし、費用の支払いをします。 申し込み後、祈祷殿や祈祷所と呼ばれる別棟へ案内され、祈祷に立ち会うこともできます。 立ち会わずに、祈祷~処分まで一式を任せてしまうこともできる神社もあります。 神棚の大きさや、祈祷に立ち会うかどうかなどの条件により変わってきます。 神社によって、ご祈祷料の金額を明示してある場合と、「お気持ちでいくらでも結構ですので納めてください」と言われる場合があります。 あらかじめ問い合わせて確認してください。 こうした祈祷をしてもらう方法は、あなたにとっても精神的に一番すっきりするのではないかと思います。 次に、祈祷をせずに神棚を処分する場合の費用について、解説します。 1-2:その2:お札を神社へ返納する場合の費用相場 神棚を処分するにあたり「祈祷は不要」と答えた神社もあります。 こうした神社では、 「神棚の中にあるお札を、神社のお札返納所へ返納してから、神棚本体(お社)をお焚き上げしてくだい」と言われます。 神棚の中にはお札が入っています。 そして、神社には大抵の場合、「お札返納所」「古札納所」「納札所」などがありますので、そこへお札を返納します。 お焚きあげとは焼却のことです。 いくつかの神社やお寺では、年末年始や節分など年に数回お焚きあげをしていますので、自ら神棚を持ち込んでお焚きあげをしてもらうこともできます。 この場合の費用はかかりません。 ゼロ円です。 ただ、一部の神社では、お札を納める場合に、気持ちとしていくらかの金額をお願いしているところもあります。 しかし、通常お札を返納したり、お焚きあげをしたりするのに、料金がかかることはありません。 次に、祈祷もお札返納も何もせず、そのままお焚きあげする場合の費用相場です。 1-3:その3:お焚き上げする場合の費用相場 「何もせずそのまま廃棄してもよい」と言われる神社もあります。 「神棚は、そのままごみとして処分していただいて結構です。 中のお飾り(鏡、お狐さま、神具)もそのまま捨てていただいて問題はありません。 もし気になるようでしたら、お札を近所の神社に返納されて、社は廃棄処分か、お焚き上げしてください」という内容です。 また、ある地域の小さな神社の神主さんは、「神棚そのものに神様の魂が宿っている」という考えはされていませんでした。 したがって、「特にご祈祷などは必要ない」ということです。 ただ、「お焚き上げはしてください」とアドバイスいただきました。 その神主さんによると、お焚き上げそのものがご供養になるということです。 いずれの場合も、費用はほとんどかかりません。 市町村のゴミ回収では有料回収のところもあるので、その場合は規定料金がかかりますが、数千円でしょう。 2:専門業者に依頼する場合の費用相場 以上、「祈祷する」「お札を返納する」「お焚き上げする」という3つの方法の、それぞれの費用相場について解説しました。 どの方法を選ぶかは自分の考え次第、つまり一番心理的にスッキリする方法に決めれば良いと思います。 さらに、「自分で神棚を処分したくない」「神棚を神社へ持っていけない」という人は、「供養じまい専門業者」へ送付依頼する方法もあります。 供養じまい専門業者に送付すれば、「お札返納」や「お焚き上げ」を代行して整理処分してもらえます。 供養じまい専門業者へ送付依頼する場合の費用相場は、神棚1社あたり、10,000円程度(寸法50cm角以内)です。 そのため、最終的には自らの良心で判断し選択することが大切です。

次の

古い神棚・仏壇の処分の仕方

神棚 処分

関連記事 1.神棚の処分方法 神さまをおまつりする神棚は普通のゴミと一緒に処分してはいけません。 神棚は神聖な場所なので、処分にはきちんとしたルールがあります。 後で嫌な思いをしないためにも、神棚の処分方法を把握しておきましょう。 お神札 しんさつ とは、神さまのしるしになっているお札のことです。 神さまのしるしとなるお神札 しんさつ が入っているまま処分してはいけません。 お神札 しんさつ を抜いた後、神棚本体は自治体で処分してもOKです。 自治体では粗大ゴミか、または可燃ゴミになるでしょう。 ほとんどの神棚は木材でできているので、可燃ゴミになります。 自治体によってルールも異なるので必ず確認してください。 わからない場合は業者に依頼するのも1つの方法です。 神棚から抜いたお神札 しんさつ は神社に持っていってください。 お神札 しんさつ は特別なものなので正しい方法で処分しなければなりません。 神社では、神棚のお清め・お炊き上げをしています。 お神札 しんさつ を処分する際もお清め・お炊き上げが基本になるでしょう。 持っていくのが大変だと思いますが、神社では神棚本体も処分してくれます。 お神札 しんさつ と一緒に神社の人に渡してください。 ただし、すべての神社が神棚を処分してくれるとは限りません。 近くにある神社へ問い合わせをして、確認したほうがいいでしょう。 せっかく持っていっても受けつけてくれなければ余計に手間がかかります。 効率的に処分するためにも確認が大切です。 神さまが宿っているお神札 しんさつ はお清め・お炊き上げをしてくれますが、神棚本体は自分で処分するケースが多いです。 自分で処分する場合、自治体よりも不用品回収業者に依頼したほうが手っ取り早いでしょう。 不用品回収業者は幅広いものの回収をしています。 お神札 しんさつ が抜いている神棚であれば、業者に依頼して処分してもらいましょう。 わざわざ運ぶ必要もないので安心です。 連絡をすればすぐに自宅まで引き取りにきてくれます。 時間と手間がかからず非常に効率的な処分方法になるでしょう。 できるだけ費用は抑えたいでしょう。 神社でお神札 しんさつ のお清め・お炊き上げを依頼する際、数千円ですみます。 万単位にはならないので安心してください。 ただし、神社によって細かい金額は異なるので要注意です。 正式な金額が知りたい人は、1度近くの神社に問い合わせてみてください。 また、神社に依頼するときは「玉串料」が必要になります。 玉串とは、お米やお酒、魚や野菜などと一緒に神さまにおそなえするお金のことです。 神さまに対してのお金なので、玉串料と呼んでいます。 あくまで神さまにささげるものとなるので、のし袋にいれましょう。 のし袋が用意できなければ、封筒で代用しても構いません。 実際のところ、費用は業者によってさまざまです。 お清めやお炊き上げと同じく数千円は必要になります。 できるだけ費用を抑えるためにも、1社にしぼらずさまざまな業者の見積もりを比較してください。 業者に見積もりを依頼して3社~4社ぐらいで比較しましょう。 比較することで最も安い費用の業者に依頼できます。 けれども、安いだけでは安心して処分ができません。 業者の中には不正な方法で処分しているところもあります。 ご神札 しんさつ を抜いたとしても正しい方法で処分してくれなければ意味がありません。 安心して処分するためにも見積もりだけでなく、サービス内容や業者の対応もしっかり確認してください。 時間がないからと急いで処分してはいけません。 余裕がないときほど間違った方法で処分してしまいます。 慎重に業者選びもできなくなるため、失敗する可能性が高いでしょう。 引っ越しなどですぐに処分しなければならないケースもありますが、できるだけ時間に余裕を持って神棚を処分してください。 お清めやお炊き上げしてくれる神社も見つけなければなりません。 特に、処分にかかる費用の確認は大切です。 最近では、業者との金銭トラブルが多発しているので十分に気をつけていきましょう。 処分するには高いところから降ろさなければなりません。 よって、高いところから降ろす際は、丁寧に扱ってください。 神棚は結構重たいです。 できれば力のある男性に手伝ってもらいましょう。 神さまが宿っている場所なので傷をつけないように気をつけなければなりません。 神棚ごと神社に持ちこむ場合は、汚れや傷がつかないようにやわらかい布でカバーしておきましょう。 布で包むだけでもしっかり神棚が保護できます。 また、宗派によっては処分方法が決まっているケースもあるので要注意です。 宗派に合った方法で供養しなければなりません。 処分に失敗しないためにも、宗派の正しい供養の仕方を確認してください。 最もやっていけないことは、粗末に扱うこと、普通のゴミと一緒にすることです。 面倒に感じてしまいますが、きちんと正しい方法での処分は私たちの義務になります。 関連記事 4.まとめ 神棚の処分方法や処分費用、処分する際の注意点について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。 神聖な場所である神棚は慎重に処分しなければなりません。 処分方法に困ってしまいがちですが、きちんと基礎知識を把握しておけば安心です。 神棚本体は自治体や業者でも処分できるでしょう。 しかし、神さまが入っている「お神札 しんさつ 」はゴミと一緒に処分してはいけません。 神さまに関係している神社でお清め・お炊き上げしてもらう必要があります。 お清め・お炊き上げは数千円でできるでしょう。 細かい費用は神社によって異なるので必ず確認してください。 神社によっては神棚本体の処分を受けつけていないところもあります。 また、神棚本体を業者に依頼する場合も注意が必要です。 本当に安心して依頼できるかどうか、見積もり内容やサービス、業者の反応を比較して信用できる業者を選びましょう。

次の

【要注意】そのまま捨てるのはNG!神棚の正しい処分方法教えます。

神棚 処分

受付時間 8:00~19:00 土日祝も対応 神棚の処分にはどんな方法がある? 神棚を処分するにはどのような方法があるのでしょうか。 大きく分けると、処分方法は4つです。 神社での処分の方法は3つあります。 祈祷 「神棚の魂を抜く」祈祷をしてもらうこと 御札返納 神棚の中の魂が宿る「御札」を神社に返納すること お焚き上げ 神棚をご供養し、浄火で焼却すること 各々の手順について以下で説明します。 祈祷の手順 祈祷をしてもらうには、基本的には神棚を神社に持ち込むことが必要になります。 以下のような手順で、神社に申し込み、神棚を祈祷してもらいます。 神社に神棚を持ち込む 2. 祈祷の受付所で、祈祷処分の申し込みをする 3. 祈祷に立ち会う また、立ち合いについては必須ではないため、神棚を持ち込んで申し込みをし、その後は神社にお任せする方もいます。 御札返納の手順 神道では、神棚の中の御札にのみ、魂が宿っていると考えられています。 そのため、御札を神社に返納することで、神棚はただの箱となり、処分することができます。 御札返納は「古札納所」・「納札所」・「返納所」などの場所で返納することができます。 お焚き上げの手順 初詣やどんど焼きの際などは、神社の集積所に持ち込めばお焚き上げの処分をしてもらうことができます。 それ以外の時期に集積所はないため、お焚き上げをお願いしたい際は、神社に直接連絡する必要があります。 受け付けてくれない場合もあるため、事前に調べてから神棚を持ち込みお焚き上げしてもらいましょう。 神社では、祈祷とお焚き上げをセットでやってくれるところが多いです。 祈祷をしてもらう際にお焚き上げについても神社に確認してみましょう。 処分専門の業者は、神棚の処分をする前に神社に供養をお願いしています。 そのため、供養をする観点では神社に持ち込むのと同じです。 神社との違いは、仲介料金が入るため、料金が高くなる業者が多いということです。 しかし、 ご近所に神社がない方など、神社に持ち込むのが難しいという方は利用するメリットがあります。 遺品整理業者は、他の遺品整理の一つとして神棚の処分も行うことが多いです。 他の遺品整理に追加の料金なしで神棚の処分を行う業者が多く、神社や他の業者に頼まずに神棚の処分を行うことができるという特徴があります。 また、多くの業者は神棚を他の人の供養品と共に供養をする合同供養を行います。 遺品整理と共に神棚を処分したいという場合であれば、 無料でもきちんとした供養で処分を行うことができます。 みんなの遺品整理では、460件の供養ができる遺品整理業者を紹介しています。 処分できる場合は、地域のゴミ出しのルールに従って捨てましょう。 神棚は、以下の分類になることが多いです。 ・燃やせるごみ ・燃やせないごみ ・粗大ごみ 処分の費用はいくらかかるの? 処分を行う際に、各々の処分方法でかかる費用はどの程度なのでしょうか。 おおまかな費用は、以下のようになっています。 神社で祈祷による魂抜き・お焚き上げの2つの供養を合わせ て5000円程度の値段がかかります。 また、神社に郵送で神棚の処分をお願いすることもできます。 この際も、 5000円程度の料金に送料を加えてお願いすることができます。 特に他の不用品回収とともに神棚の処分を行っている業者の場合は、数千円となることが多いです。 神棚・仏壇を専門で扱っている業者の場合は、数万円かかることがあります。 専門の業者の場合は、小さいサイズであれば2万円程度でお願いすることができます。 遺品整理で支払う料金に加えて、 神棚を処分するための料金を払う必要がない業者が多いです。 神社と同じように「合同供養」をしてくれるにもかかわらず、遺品整理の料金に加えて神棚の処分の追加料金を支払う必要がなく「無料」で処理をしてくれます。 神棚を供養することのできる業者の一覧は以下をまとめています。 ご参照ください。 処分方法を選ぶポイントーメリット・デメリット 神棚の処分をいくつか紹介しましたが、どうやって処分の方法を選べばよいのでしょうか。 それぞれの処分方法のメリット・デメリットを以下にまとめました。 メリットやデメリットを判断の基準にしていただければ幸いです。 神棚の処分と一緒に片付けを業者に安く頼む方法 神棚処分や遺品整理を業者に依頼する際に何よりも重要なのは、「しっかりとした安心できる業者に依頼すること」です。 大切な人の神棚を整理するのですから、いい加減な業者、ましては悪徳業者には依頼したくないものです。 また料金を安くしたい・出費を抑えたいというご要望もあるでしょう。 みんなの遺品整理が選ばれている3つの理由 1、業者比較で最安値が見つかる! ・業界最安値級 1K:15,000円~ ・複数社への一括見積もりで、本当に安い業者がわかる ・見積もり無料・追加料金一切なし ・高価買取とリサイクルでさらにお値引き ・全国600社以上の空き状況、希望エリアから業者をご紹介 2、安心して利用できる仕組みを実現 ・個人情報がいきなり業者に公開されない ・専門アドバイザーに無料相談可 ・上場企業基準の厳しい加盟審査 ・遺品整理士の資格をもつ優良業者のみ紹介 ・作業後の口コミアンケートで評判の良い業者を厳選 3、ご利用満足度98. 1%!カンタンで手間まで削減 ・1度の問い合わせで3社に一括見積もり ・業者に何度も説明する手間を省きます ・キャンセルや日程調整も代理対応 ・忙しい方、遠方の方は立ち合いなしの作業可 ・即日対応、供養、清掃、消臭まで豊富なワンストップサービス 遺品整理業者の審査基準について また当サイト 「 」 は、遺品整理士認定協会と提携しており、遺品整理士が在籍する業者のみをご紹介しています。 またご紹介する業者はすべて厳しい加盟審査をおこなっております。 全国10,000社以上いるといわれている業者の中から、 ・法律を守って運営しているか ・過去にクレームや追加料金がないか ・電話対応や接客の質が良いか などの項目で審査し、厳選して掲載しています。 600社以上の業者から料金、口コミ、スタッフ、サービス内容、作業事例、実際の支払い費用で比較できます。 まずは無料相談 はじめての遺品整理でどうすればいいかわからないという方のご相談も受け付けております。 ・遺品整理の料金や流れ ・どの業者が良いのかわからない ・ホームページでみつけた業者は大丈夫? など気軽にご相談くださいませ。 業界歴9年以上の業界知識の豊富なスタッフが回答いたします。 終わりに 家をずっと見守ってきた、神様が宿ると言われている神棚。 ただのごみとして捨てるのではなく、丁寧に手順を踏んで処分したい方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。 処分の方法は、状況によって人それぞれだと思います。 この記事が自分に適した神棚の処分方法を選ぶ際の、一つの基準となれば幸いです。 【監修者:一般社団法人遺品整理士認定協会】 遺品整理業界の健全化を目的に2011年設立。 遺品整理士養成講座を運営し、認定試験・セミナー・現場研修などを実施している。 法令順守をしている30,000名を超える会員、1,000社を超える法人会員が加盟。 法規制を守り、遺品整理業務を真摯に行っている企業の優良認定、消費者保護のための遺品整理サービスガイドラインの制定もおこなっている。 【執筆者:みんなの遺品整理事務局】 東証一部上場企業の株式会社LIFULLのグループ会社である株式会社LIFULL senior ライフルシニア が運営しています。 2017年より業界最大級の遺品整理・実家の片付け業者の比較サイト「みんなの遺品整理」を運営し、全国で累計件数30,000人以上の皆様からご相談・ご依頼をいただいております。 はじめての遺品整理でも、専門知識が豊富な相談員が中立な立場で、無料アドバイスをさせていただきます。 大切な人の生きた証を残しつつ、気持ちよく次の世代へ資産や遺品を引き継ぐために、私たちは、お客様一人一人に最適なお手伝いができる情報提供・業者のご提案を致します。 神棚の処分、どうすればよい?• 生前整理のすゝめ•

次の