明智 光秀 の 家紋。 日光東照宮に明智光秀の家紋がある!?

【明智光秀の家紋・桔梗紋】きっかけは明智光秀が仕えた土岐氏だった

明智 光秀 の 家紋

明智光秀の家紋にまつわるウワサとは!? 謎には噂がつきものですが、明智光秀の人生そのものが解明されていないことが多く、噂や憶測が飛び交っているのが事実。 2020年のNHK大河「麒麟がくる」ではどのような方向から明智光秀を描くのかは楽しみなところです。 でも、そのドラマでもたぶん描かれないだろう明智光秀の家紋に纏わる噂が2つあります。 〇桔梗紋は悲劇の家紋といわれている。 〇日光の東照宮には「桔梗紋」があることを証拠の一つとして、光秀=天海説が噂されてる。 実際はどうなのか、残された資料や現在の研究の内容から検証してみたいと思います。 明智光秀の家紋「桔梗紋」は悲劇の家紋なのか!? 桔梗紋が悲劇の家紋と言われる理由を幾つか紹介します。 〇明智光秀の非業の最後 〇加藤清正の不可解な死 〇暗殺された坂本龍馬 〇太田道灌の暗殺 〇土岐氏の滅亡 明智光秀の非業の死や本流である土岐氏の滅亡については、当ブログでも紹介してきました。 そこで今回は加藤清正・坂本龍馬・太田道灌らについての史実をみてみたいと思います。 加藤清正の不可解な死 加藤清正の家紋といえば「蛇の目」が有名ですが、実は桔梗紋も使っていました。 清正が美濃の出身だからという人もいますが、実は秀吉の合理主義がそうさせたのです。 清正の桔梗紋は秀吉の家臣である尾藤知宣が使っていたものでした。 尾藤知宣は九州征伐で大失態を犯し、所領を没収されています。 家具調度や武具も含めて城を渡されたのが加藤清正でした。 蛇の目の紋をいれた新しい武具や家具を作る費用がなかった清正に対し、秀吉はそのまま使えといったそうです。 また一説には、加藤清正は明智光秀と同じ清和源氏の土岐氏の支流に端を発するともいわれています。 加藤清正の死因は不明ですが、根強くあるのが徳川家康の「毒殺説」です。 死因はどうあれ清正の死後改易され、52万石だった加藤家は大名の座から転落しています。 暗殺された坂本龍馬 坂本家の桔梗紋は「組合い角に桔梗」という桔梗紋の庶流です。 坂本家は、明智光秀の娘婿であった明智光春の子、明智太郎五郎を先祖としていることから用いているといわれています。 家系図が無いのと坂本龍馬の本家筋の家紋が「丸に田の字紋」ですから、真偽のほどは不明です。 桔梗紋がカッコいいと思って使ったのだとしたら、それ故に暗殺されたのでしょうか・・・ 太田道灌の暗殺 太田道灌・・・名前を聞いたことはあるけど誰?という人も少なくないでしょう。 太田道灌は江戸城の基礎を築いた人物で、江戸城の内桜田門は別名桔梗門ともいわれています。 それは江戸城最初の城主が太田道灌だったことで、桔梗紋が入った瓦が残されていたからです。 太田道灌が使っていた家紋は「丸に桔梗紋」と言われる線の細い紋で、女紋ともいわれます。 彼は優秀過ぎたがゆえに主に暗殺されました。 それも主の館で風呂上がりの無防備なところを狙われたとのことです。 桔梗紋は悲劇の家紋か!? 桔梗紋の種類は多く、200種類以上の桔梗紋が現存するといわれています。 土岐氏の流れを汲む武士たちが多用したこと、桔梗という文字が「木編」を除くと更に吉(さらによし)と読めることから、縁起の良い家紋として人気があったことで、目だった歴史上の人物が使っていたのは事実でしょう。 そうした人物たちには悲運が訪れる機会も多かったはずです。 そして「悲劇の家紋」伝説が作られていったものと考えます。 人の不幸は蜜の味。 良いことよりも悪い事の方が尾ひれがついて拡散されやすのは、今も昔も同じといことではないでしょうか。 日光東照宮の桔梗紋 日光中禅寺湖の下には明智平と呼ばれる紅葉の名所があります。 また日光東照宮には桔梗紋があるということで、光秀は生き残って天海として家康に仕えたのではないかという噂があります。 果たして真実は? 明智平の名前の由来は、実は分かっていません。 一方、東照宮の桔梗紋として話題に上るのが、陽明門の門衛の袴の紋と鐘楼の壁やひさしにある紋です。 陽明門の門衛の袴の紋は織田家の木瓜紋であり、鐘楼の壁やひさしにある紋はそもそも家紋ではなく装飾用の唐花紋という説が有力です。 従って、明智光秀は実は南光坊天海だったという噂は否定されました。 桔梗紋は秋の七草の一つで多年草のキキョウの花を模った紋です。 この桔梗の名の由来は、この花を用いて吉凶を占ったとされたことにあると伝わっています。 桔梗紋と陰桔梗紋の違いを画像で確認してみましょう。 桔梗紋 陰桔梗紋 明智光秀の家紋は、当時では珍しい水色で染め抜いた桔梗紋だったので、水色桔梗紋ともいわれています。 また水色の生地に白い桔梗を抜いたものと、白い記事に水色の桔梗を染め付けたものの2種類がありました。 当時の水色の染料が何だったのかは不明で、どのような発色だったのかは分かっていません。 ただ源氏の嫡流が使用していた幕が白だったため、それに被らないよう気を使って幕を水色に染めたため、家紋も水色にしたという説が有力です。 織田信長も明智光秀の桔梗紋を「カッコいい!」と羨んだという話が伝わっているほど、珍しい色紋でした。 桔梗紋の由来と意味 桔梗紋は土岐氏の祖である土岐光衡(ときみつひら)に始まっています。 土岐氏は、平安時代に絶大な権力を持っていたい菅原道真の側近であり清和源氏の血流です。 土岐光衡は武勇に優れ天皇の守護ともいわれた人物でした。 土岐光衡が、戦の時に野に咲いていた水色の桔梗の花を兜にさして戦ったところ、大勝利を得たとのこと。 このことから桔梗は縁起が良いということで、桔梗の図案を家紋としたのが始めとされています。 その後桔梗紋は脈々と続く清和源氏を象徴するものになりました。 また桔梗の木編をはずすと「更に吉(さらによし)」という語呂になり、縁起をかついだという説もあるそうです。 彼らの中で地方に移り住んだ氏族が、他の同じ氏族とは違うことを表すための目印として使われ始めたのが家紋の起こりです。 主に苗字(当時は屋号)を表すものが多く、土岐氏も同様です。 土岐氏の桔梗紋はキキョウを「岡に咲く神草」という意味で「岡止々支」(オカトトキ)ともいい、土岐氏が本拠とした土岐の地名はこのトトキの咲くところから生まれ、やがて氏性になったということです。 こうした紋が次第に公家や武家にも広がりました。 家紋は本家の家紋にバリエーションを加える形で発展し、一族のグループを表すものとなっていきました。 清和源氏を表す桔梗紋は、土岐氏や明智氏の他に肥田氏、山城氏、沼田氏なども使っています。 また江戸時代に入ると土岐桔梗といわれる紋が派生しています。 紋には特に決まり事や規制は、現代にいたるまでありません。 実際には自分が良いなと思う紋を勝手に使っても罪にはならないのです。 しかし朝廷関係の紋や、有力な武家の紋は勝手に使わないといった暗黙の了解はあったようです。 明智光秀の桔梗紋 これは筆者の想像ですが・・・ 水色の桔梗紋は清和源氏の正当な血統を表した紋です。 光秀はこの紋に誇りをもっていたのではないでしょうか。 水色の桔梗紋という旗印を掲げ戦場を駆け回った光秀は、きっと輝いていたことでしょう。 そんな事を思いながら、2020年NHK大河ドラマ「麒麟が来る」を楽しみたいと思います。

次の

明智光秀の家紋~桔梗紋の由来と水色桔梗~

明智 光秀 の 家紋

戦国史上最大の謀反人と言われる 明智光秀。 彼が用いていた 家紋は、由緒ある家系が用いている家紋でもありました。 光秀がこの家紋を用いていたことはいったいどのような意味をもつのでしょうか? 今回は明智光秀の家紋について詳しく解説していきます。 どうぞ最後までお読みください。 明智光秀が主役の【2020大河ドラマ 麒麟がくる】がはじまりますね。 関連記事 >>>> 【2020大河ドラマ 麒麟がくる】各回のあらすじとレビュー記事はこちらをどうぞ。 この家紋は名前の通り、多年草である キキョウの花の形をした家紋です。 代々、 美濃国 みののくに(現在の岐阜県)を治めていた由緒ある一族 「 土岐氏 ときし」とそのつながりのある様々な一族が用いた家紋です。 土岐氏は平安時代に絶大な権力を持っていた藤原道長の側近です。 その武勇から「朝家(天皇家)の守護」と呼ばれた源頼光の子孫である 土岐光衡 ときみつひらを祖とする一族です。 この光衡が 「合戦の際にキキョウの花を自らの兜に挟んで戦場で戦ったこと」 が由来となって、土岐氏は桔梗紋を家紋に用いたという逸話があります。 土岐氏と明智氏の関係 室町幕府の初代美濃国守護を務めた、土岐 頼貞 よりさだの孫の 頼重 よりしげが明智家の家督を継ぎ当主となり、明智頼重と名乗ります。 そこから、明智氏が土岐氏の支流となったと言われています。 明智氏はその後も土岐氏に仕えました。 戦国時代となり、「マムシ」と呼ばれる 斎藤道三が当時の土岐氏当主であった土岐 頼芸 よりのりに変わって美濃国を乗っ取っとります。 明智氏は道三に接近して配下となります。 その後、道三とその息子、 義龍 よしたつの間で内紛(長良川の戦い)が起きます。 明智氏は、道三側に付いて合戦に参加します。 しかし義龍の軍勢に攻められ、主な一族は討ち死にしてしまったと伝わっています。 光秀はこの明智氏の一族であるため、自らの家紋に 本家の土岐氏と同じく桔梗紋を用いていたのです。 本能寺の変以降に生き残った明智氏の一族は? 光秀は1582年に「本能寺の変」を起こした後、羽柴秀吉との山崎の戦いで敗死します。 その後、一族は光秀の重臣であった明智秀満をはじめ、本拠地の坂本城が落城するのと共に滅んでしまいます。 この坂本城落城の際、敵から逃げ延びて「現在まで血脈を残した者もわずかにいる」という言い伝えがあります。 本家を再興させた苦労人・明智定政 光秀の系流とは別に明智氏では、徳川家康に仕えて大名としてその名を残した人物がいます。 土岐頼芸と斎藤道三の間で内紛が起こり、道三が頼芸を追放した時、 明智氏の一族である 明智 定明 さだあきは、自らの弟に襲撃されて命を落とします。 定明の息子、 定政 さだまさは当時まだ幼かったのですが、 家臣に守られながら何とか親戚である菅沼氏の下へと逃亡します。 その後、定政の実母が奥平家へ嫁ぎます。 母との生き別れという辛い経験を経て、菅沼家の養子とされ、 菅沼 勝蔵 かつぞうと名乗ります。 永禄7年(1564年)に徳川家康に招かれて家臣となり、勝蔵は家康の主な戦いの多くに参陣して武功を重ねていきます。 その武勇を家康から称えられた勝蔵は、甲斐国巨摩群(山梨県西部)に1万石を与えられ、大名の身となります。 この時期に勝蔵は亡き父の家を継ぐために 明智定政と名を改めました。 家康が豊臣秀吉の命で関東に転封すると、下総相馬郡(千葉県、茨城県の一部)に1万石を与えられます。 文禄2年には、大名の身から凋落した本家である土岐氏の後を継ぐことが豊臣秀吉から許され 土岐定政と名を改めます。 そして定政の死後、その子孫は領地の入れ替えを経て代々、 沼田藩(群馬県沼田市)の 藩主としてその血脈を保ち、明治時代まで統治を続けました。 このような経緯から定政は、 土岐氏(明智土岐家)を再興させた人物として現在まで歴史に名を残しているのです。 きょうのまとめ 光秀は名族・土岐氏の一族であるために桔梗紋を用いていたのですね。 しかし光秀が秀吉によって滅ぼされてからしばらくの間、桔梗紋は「裏切り者の家紋」という認識が広まってしまい、その影響で桔梗紋から別の家紋に変える大名家もいたそうです。 家康に対して忠義を貫いた定政は、光秀の所業に対してどのような思いを抱いていたのでしょうか。 明智光秀については他にも様々な記事を書いています。 興味がある方はどうぞご覧になってください。 明智光秀の年表を含む【完全版まとめ】記事はこちらをどうぞ。 関連記事 >>>> その他の人物はこちら 安土桃山時代に活躍した歴史上の人物 関連記事 >>>> 時代別 歴史上の人物 明智光秀の年表を含む【完全版まとめ】記事はこちらをどうぞ。 関連記事 >>>>.

次の

大河ドラマ『麒麟がくる』の明智光秀とは?家紋や家系図、城は?

明智 光秀 の 家紋

明智光秀の家紋にまつわるウワサとは!? 謎には噂がつきものですが、明智光秀の人生そのものが解明されていないことが多く、噂や憶測が飛び交っているのが事実。 2020年のNHK大河「麒麟がくる」ではどのような方向から明智光秀を描くのかは楽しみなところです。 でも、そのドラマでもたぶん描かれないだろう明智光秀の家紋に纏わる噂が2つあります。 〇桔梗紋は悲劇の家紋といわれている。 〇日光の東照宮には「桔梗紋」があることを証拠の一つとして、光秀=天海説が噂されてる。 実際はどうなのか、残された資料や現在の研究の内容から検証してみたいと思います。 明智光秀の家紋「桔梗紋」は悲劇の家紋なのか!? 桔梗紋が悲劇の家紋と言われる理由を幾つか紹介します。 〇明智光秀の非業の最後 〇加藤清正の不可解な死 〇暗殺された坂本龍馬 〇太田道灌の暗殺 〇土岐氏の滅亡 明智光秀の非業の死や本流である土岐氏の滅亡については、当ブログでも紹介してきました。 そこで今回は加藤清正・坂本龍馬・太田道灌らについての史実をみてみたいと思います。 加藤清正の不可解な死 加藤清正の家紋といえば「蛇の目」が有名ですが、実は桔梗紋も使っていました。 清正が美濃の出身だからという人もいますが、実は秀吉の合理主義がそうさせたのです。 清正の桔梗紋は秀吉の家臣である尾藤知宣が使っていたものでした。 尾藤知宣は九州征伐で大失態を犯し、所領を没収されています。 家具調度や武具も含めて城を渡されたのが加藤清正でした。 蛇の目の紋をいれた新しい武具や家具を作る費用がなかった清正に対し、秀吉はそのまま使えといったそうです。 また一説には、加藤清正は明智光秀と同じ清和源氏の土岐氏の支流に端を発するともいわれています。 加藤清正の死因は不明ですが、根強くあるのが徳川家康の「毒殺説」です。 死因はどうあれ清正の死後改易され、52万石だった加藤家は大名の座から転落しています。 暗殺された坂本龍馬 坂本家の桔梗紋は「組合い角に桔梗」という桔梗紋の庶流です。 坂本家は、明智光秀の娘婿であった明智光春の子、明智太郎五郎を先祖としていることから用いているといわれています。 家系図が無いのと坂本龍馬の本家筋の家紋が「丸に田の字紋」ですから、真偽のほどは不明です。 桔梗紋がカッコいいと思って使ったのだとしたら、それ故に暗殺されたのでしょうか・・・ 太田道灌の暗殺 太田道灌・・・名前を聞いたことはあるけど誰?という人も少なくないでしょう。 太田道灌は江戸城の基礎を築いた人物で、江戸城の内桜田門は別名桔梗門ともいわれています。 それは江戸城最初の城主が太田道灌だったことで、桔梗紋が入った瓦が残されていたからです。 太田道灌が使っていた家紋は「丸に桔梗紋」と言われる線の細い紋で、女紋ともいわれます。 彼は優秀過ぎたがゆえに主に暗殺されました。 それも主の館で風呂上がりの無防備なところを狙われたとのことです。 桔梗紋は悲劇の家紋か!? 桔梗紋の種類は多く、200種類以上の桔梗紋が現存するといわれています。 土岐氏の流れを汲む武士たちが多用したこと、桔梗という文字が「木編」を除くと更に吉(さらによし)と読めることから、縁起の良い家紋として人気があったことで、目だった歴史上の人物が使っていたのは事実でしょう。 そうした人物たちには悲運が訪れる機会も多かったはずです。 そして「悲劇の家紋」伝説が作られていったものと考えます。 人の不幸は蜜の味。 良いことよりも悪い事の方が尾ひれがついて拡散されやすのは、今も昔も同じといことではないでしょうか。 日光東照宮の桔梗紋 日光中禅寺湖の下には明智平と呼ばれる紅葉の名所があります。 また日光東照宮には桔梗紋があるということで、光秀は生き残って天海として家康に仕えたのではないかという噂があります。 果たして真実は? 明智平の名前の由来は、実は分かっていません。 一方、東照宮の桔梗紋として話題に上るのが、陽明門の門衛の袴の紋と鐘楼の壁やひさしにある紋です。 陽明門の門衛の袴の紋は織田家の木瓜紋であり、鐘楼の壁やひさしにある紋はそもそも家紋ではなく装飾用の唐花紋という説が有力です。 従って、明智光秀は実は南光坊天海だったという噂は否定されました。 桔梗紋は秋の七草の一つで多年草のキキョウの花を模った紋です。 この桔梗の名の由来は、この花を用いて吉凶を占ったとされたことにあると伝わっています。 桔梗紋と陰桔梗紋の違いを画像で確認してみましょう。 桔梗紋 陰桔梗紋 明智光秀の家紋は、当時では珍しい水色で染め抜いた桔梗紋だったので、水色桔梗紋ともいわれています。 また水色の生地に白い桔梗を抜いたものと、白い記事に水色の桔梗を染め付けたものの2種類がありました。 当時の水色の染料が何だったのかは不明で、どのような発色だったのかは分かっていません。 ただ源氏の嫡流が使用していた幕が白だったため、それに被らないよう気を使って幕を水色に染めたため、家紋も水色にしたという説が有力です。 織田信長も明智光秀の桔梗紋を「カッコいい!」と羨んだという話が伝わっているほど、珍しい色紋でした。 桔梗紋の由来と意味 桔梗紋は土岐氏の祖である土岐光衡(ときみつひら)に始まっています。 土岐氏は、平安時代に絶大な権力を持っていたい菅原道真の側近であり清和源氏の血流です。 土岐光衡は武勇に優れ天皇の守護ともいわれた人物でした。 土岐光衡が、戦の時に野に咲いていた水色の桔梗の花を兜にさして戦ったところ、大勝利を得たとのこと。 このことから桔梗は縁起が良いということで、桔梗の図案を家紋としたのが始めとされています。 その後桔梗紋は脈々と続く清和源氏を象徴するものになりました。 また桔梗の木編をはずすと「更に吉(さらによし)」という語呂になり、縁起をかついだという説もあるそうです。 彼らの中で地方に移り住んだ氏族が、他の同じ氏族とは違うことを表すための目印として使われ始めたのが家紋の起こりです。 主に苗字(当時は屋号)を表すものが多く、土岐氏も同様です。 土岐氏の桔梗紋はキキョウを「岡に咲く神草」という意味で「岡止々支」(オカトトキ)ともいい、土岐氏が本拠とした土岐の地名はこのトトキの咲くところから生まれ、やがて氏性になったということです。 こうした紋が次第に公家や武家にも広がりました。 家紋は本家の家紋にバリエーションを加える形で発展し、一族のグループを表すものとなっていきました。 清和源氏を表す桔梗紋は、土岐氏や明智氏の他に肥田氏、山城氏、沼田氏なども使っています。 また江戸時代に入ると土岐桔梗といわれる紋が派生しています。 紋には特に決まり事や規制は、現代にいたるまでありません。 実際には自分が良いなと思う紋を勝手に使っても罪にはならないのです。 しかし朝廷関係の紋や、有力な武家の紋は勝手に使わないといった暗黙の了解はあったようです。 明智光秀の桔梗紋 これは筆者の想像ですが・・・ 水色の桔梗紋は清和源氏の正当な血統を表した紋です。 光秀はこの紋に誇りをもっていたのではないでしょうか。 水色の桔梗紋という旗印を掲げ戦場を駆け回った光秀は、きっと輝いていたことでしょう。 そんな事を思いながら、2020年NHK大河ドラマ「麒麟が来る」を楽しみたいと思います。

次の