年賀はがき当選番号チェック。 2020年 年賀状お年玉賞品と当選番号

‎「年賀 de お年玉」をApp Storeで

年賀はがき当選番号チェック

2020年用年賀はがきのお年玉くじ抽商品引換期間(期限)は2020年1月20日(月)〜 2020年7月20日(月)まで 2020年10月20日(火)までです。 当選はがきまたは当選切手は、お近くの郵便局で引き換えてもらえます。 本人確認ができる証明書(免許証、健康保険証など)が必要です。 会社など団体あての年賀状が当選した場合は、その団体の関係者であることが確認できる証明書(健康保険証など)が必要です。 当選はがきが、余ったり書き損じなど未使用はがき(宛名が無記入)であった場合でも、交換してもらえます。 (その場合、証明書は必要ありません) 当選した年賀はがきは、郵便局で引き換えの際に当選番号部分に日付スタンプを押した後、返却してもらえます。 その他、お年玉賞品の引き換えについては、郵便局の「」をご覧ください。 年賀状の印刷時に、はがきの上下を間違えてプリンタにセットしてしまった! そんな経験のある方も多いと思います。 印刷に失敗したり、宛名を間違えて書いてしまった年賀状、あるいは使い残してしまった過去の年賀はがきが引き出しに眠っているなら、ぜひ捨てずに活用しましょう。 ・余った年賀状や書き損じ年賀状は、郵便局で所定の手数料を払えば切手や官製はがき等に交換してくれます。 (翌年の年賀状に交換してもらうことはできません) 詳しくは郵便局ホームページの「」「」をご覧ください。 ・書き損じはがきや、余ってしまった未使用の年賀はがきの寄付を募っているチャリティ団体などもたくさんあります。 「書き損じはがき 寄付」などで検索できます。 日本郵便株式会社が、令和2年用年賀はがき・切手の総発行枚数を発表しています。 2020 令和2 年用年賀はがきは、お年玉付年賀はがきが2,440,901,000枚(24億4090. 1万枚)寄附金付年賀切手が11,600,000枚で、計 2,452,501,000枚(24億5250. 1万枚)発行したとのことです。 年賀及び寄附金付年賀切手の総発行枚数確定にともなって、お年玉商品の当選本数も変更されました。 当初発行枚数 23億5000万枚 よりも実際の発行の方が多かったため、お年玉商品の当選本数も増えています。 そして令和2年用が24億4090万1000枚でした。 近年ではSNS上での年賀挨拶が増え、若者の年賀状離れも指摘される中、紙の年賀状需要の減少傾向が続いていました。 元号が変わって初めての年賀状ということで、減少率は前年に比べてやや持ち直していますが、全体的な枚数の減少はくいとめることができないようです。 年賀はがき発行枚数 前年比 平成23年用 38億2,024. 5万 - 平成24年用 36億6,577. 6万 約4%減 平成25年用 35億8,730. 3万 約2%減 平成26年用 34億1,596. 0万 約5%減 平成27年用 33億173. 2万 約3%減 平成28年用 32億167. 2万 約3%減 平成29年用 31億4207. 7万 約2%減 平成30年用 29億6526. 6万 約6%減 平成31年用 25億5929. 55万 約14%減 令和2年用 24億4090. 1万 約5%減 ||.

次の

年賀状当選番号 2020年(令和2年)年賀状お年玉 当選番号 抽選結果

年賀はがき当選番号チェック

2017年のお年玉付き年賀はがき当選番号に対応しました。 2017年1月15日 日 の当選番号発表後にアプリを起動すると、最新の当選番号でご利用いただけます。 アプリを起動します。 画面の黄色い枠線にチェックしたい番号がおさまるようにして、カメラで写してください。 番号のチェックが完了すると、当選結果が表示されます。 アプリ上の「えんぴつ」ボタンをタップ。 番号や商品名を入力して「保存」ボタンをタップ。 「戻る」ボタンをタップして元の画面にもどります。 カメラでハガキを写すと、当選結果が表示されます。 このアプリは、日本郵便株式会社とは一切関係ありません。 このアプリは、Apache License 2. 0 で提供されている tesseract-ocr library を使用しています。 google. apache.

次の

お年玉賞品のご案内

年賀はがき当選番号チェック

等 賞品 当選番号 備考 1等 現金30万円または電子マネー31万円分 895123 各組共通・くじ番号6けた(100万本に1本) 2等 ふるさと小包等 9406 各組共通・くじ番号下4けた(1万本に1本) 3等 お年玉切手シート 67 37 16 各組共通・くじ番号下2けた(100本に3本) さて、受け取った年賀はがきには、お年玉くじ以外にも「 隠し文字」というお楽しみ要素があるのをご存じですか? 毎年、年賀はがきには、年号や干支にちなんだ隠し文字が施されています。 お年玉くじの組数や番号をチェックしながら、「今年はどんな隠し文字があるのかな?」と家族で探してみてはいかがでしょうか。 ここではiPhoneの「拡大鏡」機能を使って、2020年(令和2年)用年賀はがきの隠し文字を見つける方法を紹介します。 iPhoneの拡大鏡を起動する 1コントロールセンターの設定を変更する iPhoneの[設定]を起動し、[コントロールセンター]をタップします。 続いて[コントロールをカスタマイズ]をタップします。 2コントロールセンターに拡大鏡を追加する 画面を下にスクロールし、[拡大鏡]の[+]アイコンをタップします。 これで、コントロールセンターから拡大鏡の機能を呼び出せるようになります。 3コントロールセンターを表示する ホーム画面に戻り、画面の右上端から下に向かってスワイプします。 4コントロールセンターから拡大鏡を起動する コントロールセンターが表示されました。 虫眼鏡のアイコンをタップすると、拡大鏡が起動します。 年賀状の隠し文字を探す 隠し文字は年賀状の宛名面にあり、2020年(令和2年)用年賀はがきには 隠しイラストも用意されています。 宛名面の切手付近を、iPhoneの拡大鏡で表示したところです。 富士山の上にいるねずみに「22」が隠れています。 また、富士山と日の丸で「20」と読めますね。 「2020」年と令和「2」年ということでしょうか。 その下にも「2」と「2020」が隠れています。 続いて、お年玉くじの組数と番号のあたりを見てみましょう。 組数の背景にある模様をよく見ると、ねずみと米俵が隠れています。 同様の隠しイラストは、番号のほうにもあります。 以上、2020年(令和2年)用年賀はがきの隠し文字を見つける方法を紹介しました。 iPhoneの拡大鏡機能も便利なので、あわせて使い方を覚えておいてくださいね。 close 閉じる.

次の