退職 挨拶 メール 社内。 退職挨拶メール例文【社内】

退職の挨拶をメールで送る場合の書き方・送り方【文例付き】|転職Hacks

退職 挨拶 メール 社内

こちらのページでは、社内でこれまでお世話になった上司や同僚に、退社するにあたってのご挨拶や感謝の気持ちをお伝えする転職・退職メール例文を紹介しています。 転職・退職メールでは、転職・退職のあいさつに加え、退職日程が決まっている場合はその日付や、自分が職場を去った後の対応や後任担当の連絡先を社内にきちんと知らせることも重要です。 退職のあいさつは、余裕がある場合は、BCC等で一斉送信するより、宛名を個別にし、それぞれの相手にメッセージをひと言添えると印象も変わってきます。 送信する際の手間はありますが、一緒に働いてきた同僚や部下への感謝やもらった側の気持ちを考えた姿勢を大切にしましょう。 また、転職や退職メールは、あくまでも略儀なので、相手によっては直接あいさつに伺うことも忘れずに。 件名:退職のご挨拶と引き継ぎのご連絡 社員の皆様へ お疲れさまです。 営業部の佐藤です。 お仕事中、メールにて失礼いたします。 急なお知らせになってしまい 大変申し訳ございませんが この度、一身上の都合により 3月末日をもちまして退職することとなりました。 今後の予定は未だ未定の身ではありますが、 これまでの貴重な経験を、 今後の人生に活かして行ければと考えております。 また何かお世話になることがありましたら、 その際はよろしくお願い致します。 E-mail:xxxxxx xxxxx. jp 電話:000-0000-0000 末筆ではございますが、 皆様のご健康と、益々のご発展をお祈りし、 退職のご挨拶とさせて頂きます。 ありがとうございました。

次の

【社内・社外・上司】感謝の気持ちが伝わる「退職メール」への返信例文

退職 挨拶 メール 社内

退職が決まったら、できるだけ早く、かつ適切なタイミングで退職メールを送るのがビジネスマナーです。 もちろん、退職の挨拶メールは盛り込むべき内容もあるので、文面を考えるのも大事です。 お世話になった社内・社外の人達に、きちんとお礼をしなければなりませんからね。 「退職する際はメールを送る」、これは社会人ならできて当たり前なのです。 そのための正しい書き方・送り方でスッキリと次のステップに進めるように努めましょう。 「退職メール」の一筆だけでビジネスでの関係を継続できる! 世間では、「退職の挨拶をメールで送るのは…」「退職メールは失礼にならないか?」という意見もまだまだあるはずです。 しかし、例えばメールがないよりも、例えタイミングが悪かったとしても何も連絡がないよりはマシ、という意見の方が多いのです。 それに、最近のビジネスパーソンの間では、メールそのものでやりとりをするのが主流になっています。 それは退職メールも同じで、挨拶として送るのもかなり一般的になってきているといえます。 中には失礼だと感じる人もいるでしょうが、何もないよりかは一筆メールを書くだけで、ビジネスでの良好な関係を保てるのだと理解しておけば、その重要性が分かるはずです。 ただし社内の人間に対しては「メール」だけでなく「直接挨拶」が礼儀 いくらお世話になったとはいえ、社外の方の全員に対して挨拶にうかがうのは、中々難しいものがあります。 しかし、社内でお世話になった方には、全体への連絡事項としてメールを送るだけでなく、面と向かって退職の挨拶をする方が良いでしょう。 その方が、人間心理として退職する側も残る側の双方にとって、気持ちよくお別れできるというもの。 社内でお世話になった方というのは、自ずと何かしらの形で関係が続く可能性が高いのです。 そういった意味でも、退職メールだけではなく、できるだけっ退職の挨拶にも赴き、円満退社を心がけましょう。 退職の挨拶メールを送る適切なタイミングとは? 「退職する」という事実だけが決まっても、実際の退職日を迎えるまでには、少し時間があるのが一般的です。 では、その間のどのタイミングで退職の挨拶メールを送れば良いのでしょうか? 会社の人事発表を待ってからのメールにすべきなのか?それとも退職が決まった段階で、すぐに退職メールで挨拶をした方が良いのか?あるいは退職する最後の出社日に挨拶メールとして送るのか? そのタイミングによっては、相手に失礼にあたる場合もありますから、メールを送る際は気を付けましょう。 社外・社内ともに人事発表の後に退職の挨拶メールをすぐ送ろう! 会社の発表がない段階で退職の連絡を受け取ったら、社外は当然ながら何も知らない社内の方も驚くはず。 それは会社に対して失礼に当たりますから、あまり早い段階で退職メールを送るのは好ましくありません。 人事の発表があった後に、社外・社内ともにおすぁになった方全員に、退職の挨拶メールを送るのが良いでしょう。 そうすれば、例えば社内向けは「先日も発表がありました通り・・・」とメールで切り出す事ができます。 とはいえ、発表をしないといわれた時は要注意。 その場合は、退職日から逆算して大体1ヶ月前~2週間前には、挨拶メールを送ると覚えておきましょう。 挨拶メールの書き方は?まずは社外向けの文面を例文でご紹介 メールを送る最適のタイミングが分かったところで、具体的な退職の挨拶メールの書き方・文面についてみていきましょう。 まずは社外の人宛てに送るメールを例文でご紹介します。 社外の方に退職の挨拶をするときでも、基本的には会って挨拶をするのが好ましいですが、それが無理な場合はメールでも問題ありません。 もちろん、クライアントとは、自身の後任との引き継ぎの内容も、しっかりとメールの文面に盛り込んでおくべきです。 それだけでなく、自分自身も退職してから、何かしらのお付き合いが続く可能性も考慮して、丁寧さを意識した書き方で退職の挨拶メールとしましょう。 メール例文:社外向けの退職の挨拶 以下が、好ましい社外向けの退職メールの例文です。 突然のご連絡となるご無礼をお詫びするとともに、在職中は大変お世話になりましたことを御礼申し上げます。 本来でしたら直接ご挨拶へうかがうべきところですが、略儀ながら書中をもってお礼かたがたご挨拶とさせていただきます。 何卒よろしくお願いいたします。 このように、社外向けの退職メールは、固すぎるぐらいの印象で丁度良いのです。 何よりも、丁寧な書き方を心がけましょう。 社内向けの挨拶メールの書き方も例文でご紹介! 続いては社内の方へ退職の挨拶メールを送る場合の書き方を、例文でご紹介します。 社内へは前述の通り、できればメールだけでなく実際に出向いて挨拶も行うと、より丁寧で好印象を与えられるでしょう。 その方が感謝の気持ちも伝わりやすいものですが、社内に向けてはメールの文面だけでも、感謝の想いが感じられる内容にしましょう。 それでは例文を見ていきます。 メール例文:社内向けの退職の挨拶 先ほども述べましたが、社内向けに送る退職の挨拶メールは、感謝の気持ちを具体的に込めるのがポイントです。 この度、一身上の都合により11月末で退社することになり、本日が最終出社日でした。 本来ならば直接ご挨拶をすべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 在職中はたくさんの方々にお世話になり、本当にありがとうございました。 多くの方々に叱咤激励のお言葉をかけていただき本当に感謝しております。 この会社で学んだ事や経験を、今後の社会人生活でも活かしていきたいと思います。 最後になりましたが、皆様のさらなるご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。 今まで、本当にありがとうございました。 社交辞令として退職の旨を伝える挨拶メールの内容もチェック ここまで見てきたように、退職メールは社内・社外の2パターンに分けて送れば、ビジネスマナー上は問題ありません。 とはいえ、ビジネスの付き合いとして大きな取引先などに社交辞令として挨拶状や挨拶メールを送る必要がある人もいるでしょう。 最後に、その際に使える退職の挨拶メールの参考文例をご紹介しましょう。 心から厚く御礼申し上げます。 いたらぬ私ではございましたが皆様方のおかげで気持ちよく勤めさせていただき大変喜んでおります。 今後とも何とぞ変わらぬご厚誼をお願い申し上げます。 まずは書中をもってお礼かたがたご挨拶申しあげます。 退職の挨拶メールを送るタイミングは、企業によって若干の違いはありますが、基本的には人事発表があった後に、速やかに社外・社内ともに送信するのが好ましいでしょう。 そして、その書き方も例文を参考に、退職の旨を既に伝えている上司と細かい部分の最終確認をした上で、挨拶のメールとして送るのがベストです。 ビジネスマナーを弁えた書き方とタイミングの退職メールを送り、スッキリと次のステップに進みましょう。

次の

定年退職の挨拶文例を紹介!スピーチ・メール・挨拶状(社内・社外)

退職 挨拶 メール 社内

同僚や上司など社内向けの退職挨拶メールまとめ 社内に送る場合でも、一斉にメールする場合、同僚にメールする場合、上司に個別にメールする場合で異なってきます。 まず、社内挨拶メールのポイントをご説明します。 そのあとに、それぞれの場合のテンプレートをご用意しました。 社内向けメールのポイント(タイミング・件名など) 社内のメールのポイントは以下の5点です。 ・タイミングは最終出社日が一般的 会社によっては、退職の1週間前が慣例の会社もあれば、業務に関係のないないようのため、定時を過ぎてからメールを送るという会社もあります。 心配であれば、上司に相談してみましょう。 ・今までの感謝の気持ちを伝える 特に個別で送る場合は、相手の名前を本文中にもう一度使い、相手との印象深いエピソードから、感謝の気持ちを伝えましょう。 ・退職理由は「一身上の都合」 メールでは退職理由に触れず、一身上の都合とするのが普通です。 ただし、結婚や出産などおめでたい理由の場合は書いても良いでしょう。 ・可能なら退職後の連絡先を添える 退職後に私用の連絡先があると、「会社は辞めるが、今後ともお付き合いしたい」という思いが伝わります。 最近は、FacebookといったSNSのアカウントを添える場合もあるようです。 私事で恐縮ですが、この度一身上の都合で退職することになり、本日が最終出社日となりました。 本来であれば、直接ご挨拶をさせていただくべきところ、メールでのご挨拶となってしまい申し訳ありません。 在職中は、たくさんの方々にお世話になりました。 本当にありがとうございます。 私自身至らないところも多く、皆様にご迷惑をおかけしたことも多々あるかと思います。 それでも、皆様の支えがあったからこそ、前向きな気持ちで、これまで仕事を続けることができました。 業務を通じて、多くのことを学ぶことができ、皆様には本当に感謝しております。 この会社で学ばせていただいたこと、経験させていただいたことを次の会社でも活かしていきたいと思っております。 最後になりますが、皆様のさらなるご健勝とご活躍のほど、心からお祈り申し上げます。 今まで、本当にありがとうございました。 今後の連絡先は下記になりますので、何かありましたらご連絡いただけると幸いです。 先日はお忙しい中、貴重なお時間をいただきまして、本当にありがとうございます。 先日ご挨拶させていただきました通り、本日が出社最終日となります。 本来であれば、直接ご挨拶をさせていただくべきところ、メールにて失礼します。 本当にありがとうございます。 今までの貴重な経験を今後の人生に活かして、より一層研鑽に励みます。 今まで本当にありがとうございました。 今後の連絡先は下記になりますので、何かありましたらご連絡いただけると幸いです。 この度、一身上の都合により退職することとなりました。 先日ご挨拶させていただきました通り、本日が出社最終日となります。 本来であれば、直接ご挨拶をさせていただくべきところ、メールにて失礼します。 本当にありがとうございました。 今までの貴重な経験を今後の人生に活かして、より一層研鑽に励みます。 また、先日は皆様大変お忙しい中、送別会の準備をしていただき本当にありがとうございました。 今後の連絡先は下記になります。 今後も個人的に飲みに行かせていただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。 後任の担当者と日程調整をするかしないかで2通りのテンプレートを用意しました。 社外向け挨拶メールのポイント 社外の方用の挨拶メールのポイントは、4点あります。 ・送るタイミングは2~3週間前 取引先には、社内に周知された後すぐにメールを送ります。 取引先とちゃんとした引継ぎの期間を設けるためです。 ・退社日を明記する。 あなたの退社日によって、先方の優先度が異なってくるため、退社日は必ず明記しましょう。 ・後任や引継ぎの方法を明記する。 これまでの信頼関係を損なわないためにも、後任の紹介をしましょう。 後任の担当者と一緒に直接挨拶に出向くのが、一番丁寧ですが、それができなくても後任の名前は伝えておきましょう。 ・個人の連絡先は書かない。 今までのお付き合いは、会社を通してのものです。 退社後の連絡先や、退職理由、転職先などは伝えません。 退職報告後、後任と一緒に取引先に挨拶する時のメール お世話になっている取引先には、後任と一緒に挨拶に行くほうが良いでしょう。 誠にありがとうございました。 本来であれば、直接ご挨拶をさせていただくべきところ、メールでの急なご連絡となってしまい申し訳ありません。 下記日程のうち、ご都合のよろしいお時間はありますでしょうか。 貴社にご迷惑をおかけすることのないよう、十分に配慮いたしますので、今後とも変わらぬご愛顧のほどお願い申し上げます。 ================== 署名 退職報告後、後任が単独で挨拶に行く時のメール あなたと後任が一緒になってご挨拶に伺わない場合は、このように書きます。 誠にありがとうございました。 本来であれば、直接ご挨拶をさせていただくべきところ、メールでの急なご連絡となってしまい申し訳ありません。 ================== 署名 退職の挨拶メールに関するよくある疑問 Bcc. を使って一斉送信してもいいですか? はい。 Bcc. を使いましょう。 一斉送信の場合は、To. に自分のメールアドレスを入れ、送信先のメールアドレスは全てBcc. に入れるようにします。 他に誰にメールを送ったかを分からないようにするためです。 「誰にまで挨拶メールを送ったか」といったトラブルを避けられます。 退職メールが届いたときに返信は必要ですか? 退職の挨拶メールに対する返信は必須ではありません。 退職者は大量にメールを送っていることを考えると、ビジネスメールとしてあえて返信しないというのもマナーの一つです。 親しい間柄であったり、どうしても伝えたいことがある場合のみ返信しましょう。

次の