お時間を取らせてすみません。 ①あなたの貴重な時間を使わせてしまい申し訳ありません。 ②無駄な時間

①あなたの貴重な時間を使わせてしまい申し訳ありません。 ②無駄な時間

お時間を取らせてすみません

ビジネスシーンにおけるコミュニケーションは、丁寧かつ正確な言葉を使って行うことが大切です。 言葉の丁寧さだけでなく、内容の丁寧さなども求められることが多く、相手への気遣いや心配りも重要です。 特に、相手に何かを依頼したり、謝罪したりする際は、より丁寧な表現や気遣いをすることが大切です。 ちょっとした一言や一文があるだけでも、相手への印象が変わることもあるため、気遣いや丁寧さを表現するフレーズのバリエーションは、たくさん知っていた方が良いでしょう。 今回は、気遣いや丁寧さを表現するフレーズの1つである「お手間を取らせてしまい」といいう言い回しをテーマにして、意味や使い方を考察・ご紹介していきます。 Web電話帳を導入しませんか? まずは、「お手間を取らせてしまい」というフレーズの意味について考えていきます。 「お手間を取らせてしまい」という言葉の意味について考える際、解釈に迷いやすいのが、「手間」という言葉だと考えられます。 そこでまずは、「手間」という言葉の意味について考えていきましょう。 「手間」について、「goo辞書」では以下の引用のように解説されています。 引用の内容によると、「手間」という言葉には、大きくわけて3種類の意味があるとされています。 「手間」の1つ目の意味や、物事などを行う際に必要となる時間や労力のことだとされています。 2つ目は、「手間賃」という言葉を略したものとしての意味です。 そして3つ目は手間賃を取って行う仕事や、それらの仕事を行う人のことだと言われています。 1 そのことをするのに費やされる時間や労力。 2「手間賃」の略。 3 手間賃を取ってする仕事。 手間仕事。 また、その仕事をする人。 最近は、仕事の相談や交渉なども、メールでやり取りするケースが多いと言われています。 そこでまずは、ビジネスメールにおける「お手間を取らせてしまい」というフレーズの使い方について考察していきます。 メールにおいて、「お手間を取らせてしまい」を使用する場合は、依頼や謝罪をする際に使用されるケースが多いと考えられます。 また、相手に何らかの迷惑をかけてしまった場合に、「この度は、お手間を取らせてしまい申し訳ございせんでした」といった言い回しで謝罪の文章を記入すると、より丁寧な謝罪をすることが可能になります。 会話 上記では、「お手間を取らせてしまい」という言葉を敬語として使うには、前後の言葉の選び方に気を付けることが大切だと考察しました。 また、その一例として「申し訳ございません」などの言葉を選ぶことで、目上の人にも使用できる言い回しになることをご紹介しました。 反対に、目上の人に対して使用するのに丁寧さに欠ける言葉としては、「すみません」などが挙げられます。 「すみません」という言葉は、決して汚い言葉というわけではありません。 しかし、「申し訳ございません」と比較すると、相手への敬意の度合いは低い言葉だと考えられます。 そのため、同じ「お手間を取らせてしまい」を使った言葉であっても、「お手間を取らせてしまいすみません」は、上司などに使うのには微妙な言葉だと言えそうです。 会話の場合はややフランクでもOK 「お手数をおかけしてしまい」というフレーズもまた、「お手間を取らせてしまい」というフレーズと並んで、ビジネスシーンで頻繁に使われる言い回しの1つです。 「手数」という言葉の意味について、「goo辞書」では以下の引用のように解説しています。 引用の内容から、「手数」には2つの意味があると読み取れます。 1つ目の意味はある物事などをするのに必要な動作などを指すものとなっています。 そして2つ目の意味は、他人のためにかける手間だとされています。 上記のような意味から、「お手数をおかけしてしまい」というフレーズには、「お手間を取らせてしまい」と同じような意味があると考えられそうです。 1 それをするのに要する動作・作業などの数。 てかず。 2 他人のためにことさらにかける手間。 てかず。 お手を煩わせてしまい 「お手間を取らせてしまい」と似ている意味を持つフレーズとして、「お手を煩わせてしまい」という言い回しも挙げられます。 「手を煩わせる」という言葉の意味については、「weblio辞書」にて、以下の引用のように解説しています。 引用の内容から、「手を煩わせる」とは、相手に面倒をかけてしまうことを意味する言葉だと読み取れます。 上記のような意味を持つ「手を煩わせる」に、丁寧な意味を持つ「お」などを付け加えた言葉が、「お手を煩わせてしまい」という言い回しだと考えられます。 物事を依頼した場面において、相手に面倒をかけることを強調した、しへりくだった表現。 手紙文などで多く用いられ、「お手を煩わせ恐縮ではございますが・・・」などのように使う。 直接相手に言う場面だけでなく、「他人の手を煩わせる」などのようにも用いる。 「お手間を取らせてしまい」は便利なフレーズ.

次の

「お手間を取らせてしまい」のビジネスでの使い方・目上の人への敬語

お時間を取らせてすみません

「お時間を取らせてしまって、ごめんなさい」には、どんなふうに答えればいいのでしょうか? 先日、他愛無い話だったのですけれど、 50代くらいの方に「お時間取らせてしまって、ごめんなさいね」といわれたのです。 わたしは、「いえ、ありがとうございます」と答えたのですが、 その方に、答え方がなっていないと言われました。 こういう場合、どんなふうに返答したら良いものなのでしょうか? わたしと相手の立場ですが、初対面、相手は50代の方で他店のアルバイトさんで、わたしは20代、正社員です。 わたしが、話し相手を務めていたのですが、話の終わりにそんな風になっていまい、どこが悪かったのかよくわからないのです。 ちゃんと聞いていたし、態度が悪かったわけでもないと思うのですが。 よろしくお願いします。 補足前後関係がありますので、補足します。 相手の方が、わたしに対して、アドバイス的なことをおっしゃっていたので、 「ありがとうございます」と答えたのですが、それも、使いたかがおかしいのでしょうか? どんな話しをしていたのか、またどちらから声をかけたのかにもよりますが、相手が質問や世間話をしてきたのであれば、自分が話しかけた事によって質問者さんの時間を拘束してしまったという意味でそのセリフを言われたのではないでしょうか そうであれば質問者さんが返したセリフはおかしいかもしれませんね その場合だったら「いいえどういたしまして」そんな感じだと思います でも、そうであっても相手の最後の言葉はおかしいですよね 補足を拝見しました。 アドバイス的なことをおっしゃったのであれば、質問者さんの回答で指摘されることはないと思います。 でも、「いいえ こちらこそありがとうございました」または「いいえ こちらこそ勉強になりました」とかであれば少しは違ったのかもしれませんね。 少しの言葉をつけるかつけないかでも受取り方が違いますから。 でも・・あんまり気にしない方が良いと思いますよ。 もともと「答え方がなってない」と発言する方がどうかと思います。 たとえ、そう受け取ったかもしれないけど、口にすることではないですよね。 50代くらいの方は、あなた自身に一切悪意なく、むしろ善意があることくらいは十二分に分かっています。 ただ、あなたの日本語が、あまりになっていないので、情けなく、また嘆かわしく思ったのでしょう。 「お時間を取らせてしまって、ごめんなさい」と言われて、「いえ、ありがとうございます」では、さすがに・・・。 この場面は「ありがとうございます」を使うタイミングではないでしょう? 「答え方がなっていない」という指摘は正しいし、あなたには、もっとちゃんとした日本語が使えるようになって欲しいと私も思います。 ただし、そのためには、確かに「おかしい」と感じられる感性を、あなたが持つ必要があります。 そのためには謙虚に自分の誤りを認め、直していこうとする素直な態度が必要です。 『「答え方がなっていない」は、言い過ぎじゃない?』などというような態度では、いつまでたっても正しい日本語はおぼつかないでしょう。 私なら指摘などせず、心の中で(ここの店員はレベル低いな)と思って終わりです。 しかし、あなたの当初のご質問から、必然的に導かれる多くの回答に対し、 「それも、使いたかがおかしいのでしょうか?」は、ないでしょう。 「ちょっと、前後関係の説明不足がありました。 申し訳ありません。 実は・・・」といった補足なら、こちらも「ああ、そうか。 早とちりしてゴメンね」みたいな反応になるわけど。 案外そのへんのあなたの感性に相手はいらだちを憶えてるのかもね。 ***************************.

次の

「お手間を取らせてしまい」の本当の使い方と意味は?ビジネスで使える例文や言い換え表現も|MINE(マイン)

お時間を取らせてすみません

誰かに対して労力や時間を使わせた場合、それに対して申し訳なく思ったり、感謝したりすることでしょう。 「お手間を取らせてしまい申し訳ございません」といった形で使うことが多く、相手への敬意を示す言い回しでもあります。 目的を果たすためには多くの人の協力を得なければならないことが少なくありません。 そういった状況の中では「お手間を取らせてしまい申し訳ございません」といった言い回しはよく使われます。 お手間という言葉は、相手のちょっとした手間に対しても使います。 手間は、大きなものも小さなものも意味するのです。 「お手間を取らせてしまい申し訳ございません」という言い回しが多いのですが、相手に対して「お手間を取らせてしまい」と、感謝の気持ちやお詫びの気持ちを込めて言う使い方もできます。 ただし、このような使い方をすると相手に対して頼りなく、また失礼になることもありますので、このような使い方はある程度関係性が取れている相手に限るようにしましょう。 そもそも相手に何か思いがなければ「お手間を取らせてしまい」などという言い回しはしません。 こういった使い方も覚えておきましょう。 お手間を取らせてしまいという言葉は申し訳ございませんと添えるのが一般的 お手間を取らせてしまいという言葉は「申し訳ございません」と添えるのが一般的です。 また、お礼をしたい場合には「お手間をおかけしましたが、おかげ様でひと段落付きました。 この度はありがとうございました」といった形でお礼の言葉を添えます。 このような言い回しは、相手に好印象を与えます。 「お手間をおかけしましたが、まだまだやることは山積みで解決しておりません」といった形の報告で、この言い回しを使うことはありません。 「お手間を取らせる」と「お手間をかけさせることとなり」という表現は非常に似た表現ではありますが、使うシーンやその意味合いは異なります。 違いをしっかり認識しておきたい言い回しです。 「お手間をかけさせることとなり」という言い回しは、自分や他の人のために手間をかけさせた場合に使う言葉になります。 「お手間を取らせる」という表現は目的のために手間を取らせた場合に使いますので、何のためにその手間が相手にかかったのかによって、どちらの言い回しを使うかが変わってくるのです。 「お手間をかけさせることとなり」という言い回しは、「お手間を取らせる」という言い回し以上に、相手に対して迷惑がかかっているのが一般的です。 そういったニュアンスも意識しながら、使い分けるようにしましょう。 この表現は「お手間をかけさせることとなり」と同じ状況で使える表現ですが、特に労力を使わせたことを強調する場合に使われる言い回しです。 「お手数をおかけし申し訳ありませんでした。 おかげ様で期日内に提出することができました。 心より感謝申し上げます」といった形で相手にお詫びと感謝を伝えると、非常にビジネス感があり、好感を持たれることとなるでしょう。 この表現は「わざわざ来ていただいた」というニュアンスで使います。 お手間を取らせると似たような言い回しではあるものの、使うシーンは明確に異なります。 「この度はご足労いただきまして、誠にありがとうございます」といった形で使います。 相手に足を運んでいただいたことに対して、心を込めてお礼を言いたい時に使いたい表現です。 「来ていただいてありがとうございます」という言い方をするよりも、フォーマルな響きがある言い回しになります。 この表現は、何かに対して親身にしてもらったり、時間をかけて丁寧に対応してもらった場合に使う言い回しです。 最大限の感謝を示す言い回しで、ここぞという時に使いたい表現です。 この表現は時間を割いてもらったことを強調する場合に使う表現であり、「お手数をおかけすることとなり」と使い分けたい表現になります。 「お時間を取らせることとなり」「お手数をおかけすることとなり」という表現は、目的のため、あるいは自分や他人のため、両方のパターンで使用することが可能です。 目上の人に使う場合には、正しい敬語の使い方を意識するともに、「お手間を取らせてしまい」「お手間をかけさせることとなり」の使い分けを意識することが大切になってきます。 例えば「この度はお手数を取らせることとなり申し訳ございませんでした。 おかげ様で我が社の売り上げ目標の達成を叶えることができました」「先日はお手数をおかけしました。 おかげ様で発表は好評を博しましたが、これも一重に〇〇様のお陰でございます。 心より感謝申し上げます」といった形で使い分けます。 お詫びの表現については「すみませんでした」、お礼の表現については「ありがとうございました」では軽く感じることも少なくありません。 ビジネス独特の改まった言い回しもできるように、ここで紹介した例文は押さえておくようにしましょう。 取引先相手の場合は、そんなに大した手間を取らせていないような場合でも、社交辞令として「お手間を取らせることとなり」という表現を使います。 たとえ些細なことでも、何かしてもらったら使うようにしましょう。 例えば「先日の会議ではご説明いただきましてありがとうございました。 ご多忙のところお手間を取らせてしまい申し訳なく思っておりましたが、おかげ様で会議がうまくまとまりました。 〇〇様に対しては感謝の気持ちで一杯でございます」といった形で使います。 たとえここで紹介している説明がほんの些細な1~2分の説明であっても、このような形でお詫びやお礼を言われたら悪い気はしないですし、そのような気遣いができるのだなと、一目置かれるようになることでしょう。 深く謝罪する場合にはしっかり説明しつつ、丁寧な言い回しと心がけると、相手に対して気遣いが伝わるのでその点をしっかり意識しましょう。 例えば「研修会におきまして多大なるお手間を取らせることとなり、大変申し訳ありませんでした。 私たちの準備不足で、〇〇様のお時間を予想以上に取らせてしまう結果となってしまいました。 しかしながら研修会は大盛況で、業界の反響が非常に大きくなっております。 これもひとえに〇〇様のお陰です」といった形です。 このような形で状況を説明し貢献していただいたことをしっかり伝えた上で、「深くお詫び申し上げますとともに、感謝の念に堪えません」といった弁を付け足すと、フォーマルかつ心のこもったお詫びとお礼の言葉となります。 この英単語は「不便」という意味です。 「コンビニエンス」が便利という意味なので、その逆を想定すれば非常に覚えやすいと言えます。 例文のような形でつかいましょう。 ちなみに、ビジネスでよく使われる言葉の英語表現は、定例文をしっかり覚えておくことがおすすめです。 下記の関連記事はビジネスでよく使われる言葉とその英語表現を説明しているおすすめの内容です。 Cooperationという表現は、英語においてスピーチでもビジネスメールでもよく使われる表現で、単独では「協力」を意味する英単語です。 一見「お手間」とは逆の意味合いに見えます。 cooperationは下記の例文のような形で使います。 下記の例文はお礼を表しているのですが、英語では下記のような表現が適切です。 「お手間を取らせることとなり」という表現は、日本ではお詫びとともに使われることが多いのですが、英語ではこのようにお礼で使わわることが多いのです。 ちなみにcooperationという言葉は「hope」という言葉と一緒に使うと「よろしくお願いします」という意味合いを伝えることもできます。 ビジネスメールやスピーチにおいて相手との距離を縮める表現ですので、覚えておきましょう。

次の