マイクロソフト ポイント。 マイクロソフト ポイント廃止(現地通貨への移行)に伴い,Xbox LIVE リワードにも変更あり。“保留中のポイント”などの扱いが明らかに

マイクロソフトポイントとは

マイクロソフト ポイント

・シェアポイントの概要 マイクロソフト社が企業向けに提供しているサービスは非常に多く、人によっては混同することも多いのですよね。 その中で今回紹介するシェアポイント。 実は、10数年も前から世に出ているサービスなので、名前くらいは既に知っているという方も案外多いのではないでしょうか。 ではここからは、実際にシェアポイントがどのようなサービスなのか、その概要について書かせて頂きます。 冒頭でも書いたとおり、シェアポイントは簡潔に説明するとファイル、情報の共有サービスです。 シェアポイントを利用することで、業務に必要なファイルや、その他の情報を一つのシステムに集約して管理することができます。 そうすることで、個人や組織を問わず情報共有が円滑かつ効率化され業務効率の向上に繋がります。 具体的な重要機能については以下で項目ごとに紹介します。 チームサイト ポータルを簡単に立ち上げることが可能です。 また掲示板などの情報共有のスペースをチームごとに作成することができます。 あらかじめテンプレートも用意されているので、初めての方にも簡単に作成できます。 ワークフロー メールでのコミュニケーションでは、煩わしく、管理もしづらいような複雑なワークフローでもシステム上で完結するようになります。 エンタープライズ検索 管理している情報が増えても、全文検索でシステム上の情報を容易に見つけることができます。 コンテンツ管理 ライブラリやリストを管理する機能です。 ドキュメントや画像の共有、予定表や発注書など様々な書類の保管と管理を行うことができる上に、アプリを追加することでアンケートフォームや掲示板をシェアポイント上で誰でも簡単に作成することができます。 また予定表などの情報もデータベースとして管理・編集することが可能です。 アンケート だれでも簡単に作成・集計できるアンケート機能を使えば、チームメンバーの声を吸い上げ、反映させることができます。 外部共有 外部のユーザーを招待することで、チームメンバー以外の人ともファイルや、情報の共有が可能になります。 簡単に主要機能を紹介させていただきましたが、これらの機能により情報の共有や管理が最適化され業務上の無駄な作業や、それに要する時間は大幅に削減されることになるでしょう。 ・料金プラン紹介 ここからは、シェアポイントの導入を検討頂いた方へ、シェアポイントの料金プランについて紹介させていただきます。 ・SharePoint Onlineプラン1(月額540円) 利用できるアプリケーションはSharePoint/OneDrive ・SharePoint Onlineプラン2(月額1,090円) 利用できるアプリケーションはSharePoint/OneDrive ・Microsoft 365 Enterprise E3(月額2,180円(半年契約)) 利用できるアプリケーションは Outlook/Word/Excel/PowerPoint/OneNote/Publisher/ AccessExchange/OneDrive/Skype for Business/SharePoint/ Microsoft Teams/Yammer/Delve プラン1とプラン2の違いは容量ですが、Enterprise E3ですと、シェアポイント以外にも、様々なオフィス製品を利用出来るようになります。 とは言うものの、プラン1でも機能としては、前章で紹介したように十分な内容となっておりますので、中小企業での利用に関してはプラン1でも全く問題ありません。 より詳しい内容をお求めの方については、下記に公式HPのURLを貼っておきますので、ご参考に。 ・まとめ いかがでしたでしょうか、今回は簡単にではありますがシェアポイントの紹介をさせていただきました。 この時代、多くの企業がITツールを取り入れて業務の効率化を図っています。 そのためのツールの一つが今回紹介したシェアポイントです。 その魅力が少しでも伝わると嬉しいです。 シェアポイントを導入することで、 情報管理の円滑化やコミュニケーションコストの削減、情報管理ミスの防止など様々なメリットがあります。 未だに情報をすべて書類などアナログで管理していることは「時代遅れ」と言わざるを得ません。 そういった企業様には業務の効率化のキーとなることでしょう。 業務内容を考慮し、最適なシステムを選択できる。 こちらの記事がその一助になれれば幸いです。

次の

マイクロソフトポイント

マイクロソフト ポイント

保証内容は、全てメーカー保証書の内容に準拠した対応となります。 注意事項 <保証・修理について> 交換商品の保証内容は、全てメーカー保証書の内容に準拠した対応となります。 納品書とメーカー保証書を一緒に大切に保管してください。 <設置・工事について> 配送・設置・工事は、弊社または、弊社指定の設置・工事提携業者がお伺いいたします。 離島や山岳地域など一部特定地域で、配達及び設置が承れない場合がございます。 <配送設置費用について> ポイントには送料および取付費用が含まれています。 特殊付帯工事費、オプション費用、使用済み商品の取り外し、引き取り費等は含まれておりません。 <商品搬入に関する注意点> ・本体の寸法+10cmの幅が必要となります。 ・搬入口は玄関になりますので、ドアの幅、高さをご確認ください。 ・階段やエレベーターの幅、奥行き・折り返しができるか事前にご確認願います。 ・設置場所のサイズと設置作業に十分なスペースがあるかご確認下さい。

次の

マイクロソフト ポイント廃止(現地通貨への移行)に伴い,Xbox LIVE リワードにも変更あり。“保留中のポイント”などの扱いが明らかに

マイクロソフト ポイント

Windows 10で「リワード」という表示が出るようになって戸惑っている人はいないだろうか。 これは、マイクロソフトが運営するポイント制度なのだ。 以前からあった制度だが、日本でも利用可能になっている。 今回は、その仕組みを紹介しよう。 Windows 10の設定画面の右上に「リワード」が表示されるようになった。 設定画面の上部のスペースは「ヘッダー」と呼ばれている。 一般に公開される前のバージョンのWindows 10を試用できるInsider Previewでは何度か登場していたようだ。 ただし、同じバージョン・ビルドでも表示されない場合もあるので、まだすべてのユーザーが利用できる状態ではないのかもしれない。 それはともかく、気になるのは右端の「リワード」だ。 直訳すれば「報酬」だが、ある日、突然、表示されて、驚いた方も多いのではないだろうか。 じつはこれは、マイクロソフトが以前から展開していた「Microsoft Rewards」というポイント制度のことだ。 もともとは、マイクロソフトの検索エンジン「Bing」で検索するとポイントがたまる「Bing Rewards」という制度からスタートしたが、2016年に「Microsoft Rewards」に名称変更された経緯がある。 当初は米国でスタートし、徐々に提供地域を拡大してきたが、最近になって日本でも一般のユーザー向けに突然始まった(?)ようなのである。 正式なアナウンスがないので、一瞬、「大丈夫なのか?」と思ってしまうが、とりあえずマイクロソフトが運営している制度なので安心していいだろう。 基本的な仕組みは、一般的なポイント制度と大差はない。 マイクロソフトが提供するコンテンツを視聴したり、Microsoft Storeで買い物をしたりするとポイントが貯まる。 貯まったポイントは、懸賞への応募やギフトカード、寄付などに利用できる仕組みだ。 ただし、設定画面のヘッダーはすべてのユーザーに表示されるわけではないので、ここでは別の方法を紹介しておこう。 設定画面の「アカウント」を選択する。 アカウント設定の画面が表示されたら、[Microsoftアカウントの管理]をクリックする。 Webブラウザが起動してMicrosoftアカウントのページが表示されたら、「ポイントの獲得と引き換え」の「詳細を表示」をクリックする。 「Microsoft Rewardsへようこそ」のメッセージが表示されるので[試してみよう]をクリックする。 以降は、表示される設問に順番に答えていく。 このメッセージが表示されたら[ダッシュボードに移動]をクリックする。 Microsoftアカウントの「Microsoft Rewards」の管理ページが表示される。 以上で「Microsoft Rewards」を利用する設定は完了だ。 初回の設定では50ポイントが自動的に付与されるので、獲得したポイントが0から50に変化しているはずだ。 以降は、「Microsoft Rewards」の管理ページの「獲得」に用意されているアクティビティを実行したり、クイズに答えたりすることでポイントを貯めることができる。 貯まったポイントは、自分のMicrosoftアカウントと紐付けて管理される。 貯めたポイントの使い方は、「Microsoft Rewards」の管理ページの「使用」で確認可能だ。 ここを見ると、Surfaceキーボードとマウス、Xbox One Xの抽選、Microsoftギフトカード、寄付などが用意されているようだ。 「Microsoft Rewards」管理ページの「獲得」では、ポイントの獲得方法を確認できる。 「Microsoft Rewards」管理ページの「使用」では、貯めたポイントの使い方を確認できる。 正式なアナウンスもなく、突然、利用可能になった「Microsoft Rewards」なので、警戒感を抱くユーザーもいると思われるが、とりあえず、毎日、Windows 10を使っているユーザーにはお得なプログラムとなっている。 まずは登録して、Surfaceキーボードとマウスの抽選あたりから応募してみてはいかがだろうか。 井上健語(フリーランスライター).

次の