金融 ジェロ ントロジー と は。 ジェロントロジー(高齢社会総合研究)の動向調査レポート

ジェロントロジーとは

金融 ジェロ ントロジー と は

シンジケートローンの仕組み シンジケートローンは、顧客の資金調達ニーズに対して、アレンジャーが複数の金融機関を取りまとめてシンジケート団を組成し、一つの契約書に基づいて貸し出しを行う融資形態をいいます。 シンジケートローンの関係者 |アレンジャー| シンジケート団を取りまとめる主幹事として貸出条件の検討、参加金融機関の招聘、契約書の作成などの役割を担い、顧客とシンジケート団の間の調整を行う。 |エージェント| 契約期間中の事務代行として、元利金の受け渡しや契約の管理を行い、通常、アレンジャーに就任した金融機関がエージェントに就任する。 |パーティシパント(参加金融機関)| シンジケート団に参加する金融機関で、協調して融資を実行する。 |顧客(借入人)| 大型の資金ニーズがある企業等で、シンジケート団から融資を受ける。 シンジケート団の組成方式 |ジェネラル・シンジケーション方式| 新規取引金融機関も含め、幅広く参加金融機関を募集してシンジケート団を組成する方式。 |クラブ・ディール方式| 既存取引金融機関など限られた金融機関でシンジケート団を組成する方式。 シンジケートローンの種類 シンジケートローンの種類としては、大きく分けて、以下の3つがあります。 主に長期的な運転資金や設備資金、リファイナンス資金などとして利用される。 安定的な運転資金枠や緊急時の保険的な資金枠などとして利用される。 資金調達時期が未確定な長期的な運転資金や設備資金、リファイナンス資金などの資金枠として利用される。 ちなみに、シンジケートローンは、日本市場において資金調達をする海外企業等にも利用されており、これに関しては「クロスボーダーシンジケートローン(ニンジャローン)」と呼ばれ、またその中で円建てのものは「」と呼ばれます。 シンジケートローンの金融形態 シンジケートローンは、「市場型間接金融」と呼ばれる、金融形態を代表する資金調達手法で、の特徴である市場性との特徴である柔軟性を併せ持った手法となっています。 また、プロジェクト投資や設備投資のような長期資金の調達を行う場合だけでなく、コミットメントラインのような短期融資枠の組成や、コミットメントラインと複合したコミット型タームローンなどにおいても有効な手法となっています。 なお、市場型間接金融とは、広く財務内容を開示したり、債権の流通可能性を高めたりすることによって、資金調達の可能性を広げることを目的に、直接金融の証券ではなく、間接金融の借入金によって資金調達を行うものをいいます。 シンジケートローンの成否 シンジケートローンは、複数の金融機関でシンジケート団を組成するため、その成否は金融機関を取りまとめるアレンジャーの「案件組成能力」が大きなカギとなります。 これにより、契約条件の検討、シンジケート団を構成する貸付人となる金融機関の募集や組成、契約締結手続きなどの案件の取りまとめを行う。 シンジケートローンの主な特徴 シンジケートローンでは、金融機関側はのリスクを分散できる一方、調達側はまとめて多額の資金を調達することができます。 また、主幹事行は、に加えて、アレンジメントフィー(組成手数料)やエージェントフィーを稼げるため、現在、などはの一つの柱に位置付けています。 ・一つの融資契約書に基づき、取引条件を統一できる ・資金調達手段の多様化が図れ、特に大型の資金調達ができる ・債券に比べて、自由な取引条件(金利・返済等)を設定できる ・複数の金融機関からの借入取引である(各金融機関は個別に融資を実行し、専用口座に振り込む) ・コミットメントラインを利用する場合、バランスシートのスリム化が可能となる ・アレンジャーが案件を取りまとめるため、顧客の条件交渉や事務管理の負担が軽減できる ・資金の調達窓口や調達余力を拡大できる ・通常の金利の他に、各種手数料がかかる ・対外的な信用度がアップし、PR・IR効果が期待される.

次の

シンジケートローンとは|金融経済用語集

金融 ジェロ ントロジー と は

高齢化が進む日本。 自分が認知症になってしまった時、資産を守れるのかなど、 歳をとってからの資産管理に不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。 そこで役立つのが、 長寿や加齢に伴う個人金融資産の適切な管理・運用に関する金融老年学(ファイナンシャル・ジェロントロジー) です。 今回は、金融老年学の考え方が私たちの将来にどのように関わるのかについて紹介します。 金融老年学(ファイナンシャル・ジェロントロジー)とは? 金融老年学(ファイナンシャル・ジェロントロジー)は、アメリカでは早くから存在する考え方です。 日本においても、慶應義塾大学がファイナンシャルジェロントロジー研究センターを発足し野村ホールディングスと共同研究を進めるなど、日夜研究が続けられています。 「老年学(ジェロントロジー)」とは、 高齢者や高齢化に関わる問題を解決するために,さまざまな視点から研究する学問領域のこと。 金融庁も2017年11月10日に公表した「金融行政方針」で金融老年学について「高齢投資家の保護については、これまでも販売会社における態勢整備が進められているが、ファイナンシャル・ジェロントロジー(金融老年学)の進展も踏まえ、よりきめ細やかな高齢投資家の保護について検討する必要があると考えられる。 」と述べており、注目されています。 高齢投資家は、 判断力の低下や認知症の発症などのリスクと隣り合わせで活動しなければなりません。 金融機関や証券会社が、仕組みが複雑な金融商品を高齢投資家に販売する際には、判断能力などについての厳しい配慮が必要です。 そのことを金融庁も重要視しています。 金融老年学が必要となっている背景 内閣府の調査によると、高齢者ほど貯蓄額が多い傾向があるとのこと。 そのような中、厚生労働省「新オレンジプラン」によると、認知症患者数は2025年に700万人まで増加すると推計されています。 成年後見制度とは、判断能力が不十分で自分だけでは判断が難しい方々を、法律面生活面で保護・支援する制度で、本人の代わりとなる「後見人」が財産の管理や福祉サービス等の契約などを行います。 財産管理などをサポートする成年後見人は、判断能力の程度に応じて家庭裁判所が選任します。 家族を後見人とする場合もありますが、司法書士や弁護士などの専門家を選ぶケースも少なくありません。 成年後見制度が利用されない理由は多岐にわたりますが、例えば以下のような要因が挙げられます。 支援が必要な本人が利用を望まない• 制度を利用することで権利制限が加えられる• 報酬金の支払いが負担になる• 横領などの不祥事が起きる可能性がある• 成年後見に関して各自治体で格差がある• 後見人の管理負担が大きい 加えて、現行の成年後見制度においては、 株式などリスクのある金融資産に投資することが禁じられています。 成年後見制度だけでは解決できそうにないのが実情です。 したがって、新たに高齢投資家の資産を積極的に運用できる環境や、資産管理を安心して行うことができるサービスを提供できれば、 金融機関や証券会社にとってはビジネスチャンスになるでしょう。 研究機関、企業の取り組み 金融老年学に配慮した取り組みを行っている企業や大学も現れています。 ファイナンシャル・ジェロントロジー研究センターの取り組み 慶応大学が発足した「ファイナンシャル・ジェロントロジー研究センター」では、野村ホールディングスとの共同で、高齢者の資産運用に関する共同研究を始めることを発表しました。 研究項目には「加齢による身体・認知機能の変化が金融行動(貯蓄、資産選択、資産運用等)に与える影響」があります。 たとえば金融機関や証券会社の営業担当者が、お客様の認知機能の低下に気づかずに金融商品などを販売した場合、後に法的なトラブルにつながる可能性もあるでしょう。 金融商品の販売など具体的な場面において、 高齢投資家にどのような配慮を行えばよいのかの解明が期待されます。 また、三菱UFJ信託銀行株式会社も同研究センターと「長寿社会における資産承継および資産運用・資産管理に関するファイナンシャル・ジェロントロジー(金融老年学)」の共同開発を開始し、従来の資産運用・資産管理の領域に加え、 資産承継の領域の強化を図っています。 本研究の成果を活かし、認知能力に応じた商品・サービスを提案できる社員の育成に注力するとのことで、今後の企業での活躍に期待が集まります。 任意後見制度支援信託 成年後見人制度における課題の解決策となりえるのが、三井住友信託銀行が始めた「任意後見制度支援信託」です。 このサービスでは、本人が生活する分を差し引いた金銭を、信託銀行に信託(財産を管理する権利を移転)することで、 後見人による財産の横領を防ぐことができます。

次の

金融ジェロントロジー(金融老年学)から「出口戦略」を考える

金融 ジェロ ントロジー と は

皆様、こんにちは! 今日は、全く趣が異なる話題を紹介します。 「ジェロントロ」です。 舌が回らないし、初めて聞く言葉です。 当然私はよく知りませんし、解説はできません。 無責任ですが受け売りです。 従い、内容について責任は取れませんので悪しからず。 情報源は、一般の人にはなじみのない「のKINZAI Financial Plan No. 409」の前田展弘さんと言う方の記事です。 それを読んだ感想文と捉えてください。 語の高齢者Gerontと学のologyの造語で「老年学」「加齢学」というそうです。 にフランスで始まり、カで発展、日本では1960年代から活動が行われてきたらしいですが、知りませんでした。 時代と言われるようになってようやく関心が高まってきています。 例のの調査会関係の資料にも「金融ジェロントロ」というキーワードは出てきます。 東大や慶応大など、まあ学問としては真面目にやられているようです。 インターネットで調べてみるといろんな協会や団体もあるようです。 中にはちょっと金儲け的なものもあり、気を付けないといけないかもしれません。 いずれにせよ、我々も老年学の基礎とこれからの社会を豊かに生きる知識を学べるという点では私は気に入ってます。 特に人間の変化を心理・教育・医学・経済・労働・栄養・工学など実に多方面の分野から学際的に研究する学問という点では、非常に面白いし、今後も良好に発展していくことを望みます。 前田さんの記事でいくつか興味深い話がありましたので、掻い摘んで紹介します。 私なりに結論を要約すると、下記の通りです。 男性では、19%が70歳前に健康を損ねて死亡するか、重度の介護が必要で、原因の多くは• 9%の人は、80歳、90歳以上も元気なまま自立度を維持• 1%の人は、75歳頃から徐々に自立度を下げていく。 女性はこのパターンが87. 女性の場合も同様の傾向であるが、上記1のパターンは表出されない。 即ち総じて骨や筋力が弱いので移動能力が低下、このパターンが表れないとのこと の、今までと違うイメージです。 要するに「実に8割の人が、要介護やというイメージとは異なり、何らかの病気や身体の不具合を抱えながらも、多少の助けや自らの生活上の努力や工夫があれば、普通に日常生活を続けることができる」と言うことです。 急にガクッと、重度の介護になったり、ひどいになるわけではないということです。 勿論、病気や骨折で寝たりきりで、そのまま重症や死に至るリスクはありますが、確率は非常に低いという事です。 また、をかって申し訳分けありませんが、そうなるのは60過ぎから70前の確率が高いということです。 70になれば逃げ切りです。 あくまで確率だけの問題ですが、還暦後の60後半の厄年を新たに作り、それを乗り切れば、取りあえず一息ということです。 厚生省がは71歳、80歳の平均寿命まで9年間、「日常生活に制限ある『不健康な期間』を惨めに生きる必要があるように言っていますが、この表現はあらためて欲しいですね。 私の友達も、心臓や血管に何かを入れたり、うまくしゃべれなくなったり、早く歩けないのもいますが、彼らは『不健康な期間』ではないと思います。 もっと社会環境をよくすれば十分「健康」に生きていけます。 今でもですが。 あたかも蝶々が芋虫から変わる逆で、人間も羽がなくなり自由には飛べないが、地面の上でも楽しく生活ができる「第2の全く違う人生」が歩める、2回も人生を送れるという発想で考えれば、随分違います。 老後も楽しくなってきます。 年金や介護問題でおろおろするのはやめましょう。 そのため、もっとこのジェロントロと言う学問とその社会的応用が発展すればと考えます。 なお、データの出典は、(高齢社会総合研究機関編「東大がつくった高齢社会の教科書」、2,017年3月)とのことです。 これは「通行速度」を1992年と2002年で比較した「日本人高齢者における身体機能の縦断的・横断的変化に関する研究」の成果です。 結論だけを言うと、2002年の高齢者は1992年の高齢者よりも、約10歳程度若返っているとのことです。 データによると今の75歳は昔の65歳と同じ通行速度、今の80歳の人は昔の70歳と同じ通行速度ということです。 サンプル数等詳しいことは不明ですが、きちっと的処理してあるデータなら信頼できると思います。 医学的によく知りませんが、別途研究で通行速度を測ると身体能力に置き換えられるのでしょう。 またの新体力テスト項目でも上昇しているのがわかります。 もっとも詳しい解析はこの情報だけでなく生データを見ないとわかりませんが。 これらは、もっともっと深く研究・解析していって欲しいですね。 昔60歳まで働いていたのが、今は70歳まで働くのと身体的には同じというのですから、画期的です。 多分知力の方も一緒なのでは? この分野でも、医学的なジェロントロが発展していって欲しいものです。 働き方や生活スタイルも根本的に異なる発想が生まれそうです。 これの出典は、(雄他「日本人高齢者による人体機能の縦断的・横断的変化に関する研究」(第53巻第4号「厚生の指標」2006年4月))とのことです。 面白い学問であり、興味深いデータもありました。 現在日本では、特に「金融ジェロントロ」と言う分野が注目され、金融界が色々提言しています。 今回の騒ぎもその一端で、言葉足らずだったように個人的には思います。 本来「学際的」な学問であり、高齢というネガティブをポジティブに変える学問だと思います。 応用範囲も多いです。 本学問をさらに発展させ、金儲けに走らないようにして、社会に有効に使っていただけたら、今の若者、即ち次世代の高齢者のためにも貢献できるのではないでしょうか? 決断力と実行力もなく何もできない与党も、文句と反対ばかりで何の提案もできない野党も、国家百年の計を考えた政治と施策に活用して頂ければと考えます。 今日はここまでです。 tabisanjin1.

次の