国際 石油 開発 帝 石 株式 会社。 国際石油開発帝石

国際石油開発帝石 (1605)

国際 石油 開発 帝 石 株式 会社

また、写真の幡ヶ谷に存在した帝国石油本社社屋は、現在 2013年8月時点 は取り壊され、跡地にの駐車場付き店舗が建っている。 帝国石油株式会社(ていこくせきゆ、英文社名: Teikoku Oil Co. , Ltd. )は、かつてやの採掘・・販売を行っていたである。 (平成18年)にと共同でを設立したが、(平成20年)に同社が社名変更したにされた。 概要 [ ] (昭和16年)に各社の石油鉱業部門を一元化し、石油資源の開発促進・振興を図る目的の帝国石油株式会社法に基づく半官半民のとして設立された。 翌年に(現・)、(現・)ら4社の石油鉱業部門を統合した。 (昭和25年)、帝国石油株式会社法廃止に伴いされた。 その経緯から、(平成18年)にと経営統合し、ホールディングスの完全子会社となった後も新日本石油・ジャパンエナジーの両社が国際石油開発帝石ホールディングスの大株主として名前を連ねている。 (昭和24年)に、(昭和48年)に磐城沖ガス田、(昭和54年)にを発見。 日本国外では・・・などで・の開発を行っている。 (平成17年)10月には東部でのガダメス鉱区を南北2箇所落札し、同所にて採掘が始った。 日本とがをめぐり争っているで、(昭和44年)に試掘出願をしていたが保留にされ、出願から35年後の2005年に試掘権が付与されたが、その後に親中派議員のが経産大臣になるとこの流れはストップしてしまう。 事業所 [ ]• 本社 - 幡ヶ谷1丁目31-10• 技術研究所 - 東京都北烏山9丁目• 鉱業所• 秋田鉱業所 - 八橋大道東2番1号• 新潟鉱業所 - 東大通1丁目• 千葉鉱業所 - 成東• 海外(日本国外)事務所• ロンドン事務所 - ・• ヒューストン事務所 - ・• カラカス事務所 - ・• トリポリ事務所 - ・ 沿革 [ ]• (昭和16年) - 半官半民の国策会社として会社発足。 (昭和17年) - ・・中野鉱業・の石油鉱業部門を統合。 (昭和18年) - 太平洋石油株式会社・大日本石油鉱業株式会社を合併。 (昭和19年) - (: Northern Karafuto Oil Consession)を合併。 (昭和24年) - ・に株式上場。 (昭和25年) - 民間企業として発足。 (昭和36年)9月1日 - 帝石トッピング・プラントを設立。 (平成15年) - 南富士パイプラインを設立。 (平成18年) - 上場廃止。 2006年(平成18年) - 国際石油開発帝石ホールディングス株式会社(のちの)を設立。 (平成19年)7月 - 磐城沖ガス田での採掘を終了。 (平成20年) - 国際石油開発帝石に吸収合併される。 主要事業 [ ] 天然ガス採掘 [ ] 帝国石油は、との2か所のガス田を保有し、天然ガスを生産していた。 の西部に広がる南長岡ガス田で生産された天然ガスは、越路原プラントと親沢プラントで処理され、で需要家に配送される。 越路原プラントは9月に稼働を開始した。 ガス処理能力は日本最大級の日量190万Nで、隣接地に特定規模電気事業者向けの出力約5万5千kWのを建設し、2007年5月7日から営業運転を開始した。 親沢プラントは、10月に稼働を開始した。 ガス処理能力は日量166万Nm 3。 に広がる成東ガス田は水溶性天然ガス田のため、に溶解しているとを産出している。 また、の沖合いに磐城沖ガス田が存在していたが、2007年(平成19年)7月末をもって操業を終了した。 石油精製 [ ] はグループの帝石トッピング・プラント株式会社が保有していた。 この製油所で製油したガソリンなどを販売するため、中部から上越地方に計16店を経営していた。 グループ会社 [ ] 石油開発関連事業• 帝石削井工業株式会社• 株式会社テルナイト パイプライン関連事業• 帝石パイプライン株式会社• 京葉パイプライン株式会社• 南富士パイプライン株式会社 - に、・と共同出資で設立された。 で繋がる3社のを運営。 石油精製・物流関連事業• 帝石トッピング・プラント株式会社• 帝石物流株式会社 都市ガス・LPG販売事業• ネクストエネルギー株式会社• 酒田天然ガス株式会社• 帝石プロパンガス株式会社 その他関連事業• 帝石不動産株式会社• 第一倉庫株式会社• 東洋瓦斯機工株式会社 海外プロジェクト会社• テイコク・インターナショナル• ベネズエラ石油株式会社• 帝石コンゴ石油株式会社• 帝石エル・オアール石油株式会社• 帝石コンソン石油株式会社• 帝石スエズSEJ株式会社• 帝石スエズSOB株式会社• 帝石ナイルNQR株式会社 エピソード [ ] 鉱業所などがあり、繋がりの深いには、帝石が自社用に設けた道路や橋梁が後に寄附され、公共に供されたケースがいくつかある。 帝石がパイプラインの維持管理のために架橋した橋「帝石橋」は後に市に寄附され、その後県道に指定された。 現在は架け替えられ、となっている。 の同市五十嵐二の町 - 文京町の区間は、帝石が天然ガス井とパイプラインの開発を行うために建設したもので、後に県に寄附された。 現在もこの区間は「」の通称で呼ばれている。 また、同区間を走るの路線バスには「帝石前」というバス停留所がある。 万代口にある「新潟帝石ビルディング」は、新潟駅が現在地に移転してから最初に建設されたオフィスビルで、に建てられた当時は県内最大のビルだった。 同市内ではに、9階建てのマンション兼オフィスビル(竣工)が所在したが老朽化のため既に撤去されており、帝石ビルは区内に現存するビルとしては最古となっている。 なお管理業務は、国際石油開発帝石グループの「インペックスビジネスサービス」が行っている。 また新潟駅の万代口広場は狭隘で、ロータリー内に全ての路線バスを乗り入れることができないため、と朝ラッシュ時の一部の降車場が帝石ビル前に設けられている(詳しくはのバス項やを参照)。 脚注 [ ]• 編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』、2001年。 外部リンク [ ]• (2008年10月以降は国際石油開発帝石株式会社へ転送).

次の

国際石油開発帝石【1605】、今期経常を70%下方修正、配当も12円減額

国際 石油 開発 帝 石 株式 会社

前日終値 690. 6 09:00 高値 694. 9 09:10 安値 682. 7 10:40 終値 685. 0 15:00 出来高 7,610,500 株 売買代金 5,234 百万円 VWAP 687. 1 7,052. 3 10. 9 6,895. 0 8. 9 6,022. 6 7. 8 5,654. 6 7. 4 5,895. 8 7. 29 情報提供 株価予想 業績予想.

次の

国際石油開発帝石 (1605) : 決算情報・業績 [INPEX]

国際 石油 開発 帝 石 株式 会社

国際石油開発株式会社(こくさいせきゆかいはつ、 INPEX CORPORATION)は、かつて・の採掘・生産を行っていたである。 概要 [ ] 埋蔵量・生産量規模は日本の石油開発会社の中で第一位だった。 略称は、「国際石開(こくさいせっかい)」又は「INPEX(インペックス)」。 (平成18年)にと共同でを設立したが、(平成20年)に同社が社名変更したにされた。 英文社名の INPEX CORPORATIONは、存続会社となったの英文社名として継承されている(このため、現在の国際帝石も、「INPEX」の略称を用いている)。 沿革 [ ]• (昭和41年)2月21日 - 国営石油ガス会社「PERMINA(PERTAMINAの前身)」との北スマトラ沖鉱区に関する締結により、 北スマトラ海洋石油資源開発株式会社として設立される。 当時はの子会社的存在であった。 (昭和42年) - インドネシア石油資源開発株式会社に社名変更。 (昭和45年) - インドネシア・東カリマンタンにおいてのユノカル社(後にに買収)と共同でアタカ油田発見。 このアタカ油田は後に巨大油田(可採埋蔵量5億バレル以上の油田のこと)であることが判明。 (昭和47年) - 東カリマンタンにおいてのと共同でブカパイ油田を発見。 (昭和50年)5月26日 - インドネシア石油株式会社に社名変更。 東カリマンタンにおいてと共同で巨大油田ハンディルを発見。 同社事業の基盤はインドネシアに集中していたが、以後、オーストラリア、カスピ海などに拡張し、特に2000年にカスピ海北東部のカザフスタン沖でEni社やなどと共同で発見したは、世界最大級の油田として注目されている。 また、東カリマンタンを中心にガス開発にも力を入れ、子会社のジャパン石油開発株式会社を通じて中東にも進出している。 (平成13年) - 国際石油開発株式会社に社名変更。 (平成16年) - 第一部に株式を上場。 (平成17年) - 帝国石油と共同株式移転契約締結。 (平成18年) - 国際石油開発帝石ホールディングスの完全子会社化のため上場廃止。 2006年(平成18年) - 国際石油開発帝石ホールディングス(のちの国際石油開発帝石)を設立。 (平成20年) - 国際石油開発帝石に吸収合併される。 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の