あくまでも 意味。 「あくまでも」の意味と使い方、語源、敬語、類語「あくまで」との違いを解説!

「あくまでも」の3つの意味!使い方や類語、英語表現も解説

あくまでも 意味

A ベストアンサー No.1の方のおっしゃるとおり、二つとも日本語としてきちんと存在します。 「正しい言葉」という表現事態に違和感を感じますが、まあ「正しい言葉」です。 例文挙げればなんとなくお分かりいただけるとおもうのですが。 <気を使う> 「お正月でお義母さんのところにも挨拶に行くんだけど、あそこに行くと、いつも気を使っちゃって疲れるのよね。 」 みんなといたが、みんなが退出して恋人と2人きりになったとき 「気を使ってくれたのかな?」 この場合おそらく、気を利かせる、がより相応しいですが、気を使う、でもOKだと思います <気遣う> 見舞いのお礼 「お気遣いありがとうございます。 」 「気を使っていただいてありがとうございます」って言ったらイヤミです。 父親が子供に 「静かになさい。 お母さん疲れてるんだから、気遣ってあげなきゃ。 」 基本的に、『気を使う』は「使う」ので、意図的であり、あれこれ考えて行動します。 NO.2の方のおっしゃるとおり、疲れます。 笑 『気遣う』は、自発的・内在的にある優しさがベースの概念だと思います。 『気を使う』ときは何らかのフィードバックを期待する策略を巡らせている場合もありえますが、『気遣う』のは無償のいたわりです。 No.1の方のおっしゃるとおり、二つとも日本語としてきちんと存在します。 「正しい言葉」という表現事態に違和感を感じますが、まあ「正しい言葉」です。 例文挙げればなんとなくお分かりいただけるとおもうのですが。 <気を使う> 「お正月でお義母さんのところにも挨拶に行くんだけど、あそこに行くと、いつも気を使っちゃって疲れるのよね。 」 みんなといたが、みんなが退出して恋人と2人きりになったとき 「気を使ってくれたのかな?」 この場合おそらく、気を利かせる、がより相応しいで... Q おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。 A ベストアンサー はじめまして。 1.「いう」は以下のような、使用区別があります。 言う: (1)心に思うことを言葉で表します。 (2)「~と呼ぶ」「~と名づける」の意味で使います。 (3)物が音を立てる(戸ががたがた言う)時などに使います。 例:Aが~だと言った。 云う: (1)「伝える」が語源です (2)人から聞いたことを「云う」 (4)伝承・伝説として伝わることを指して「~と云われている」 例:昔から~だと云われてきた。 謂う: (1)「謂」は「理由、わけ、事情」という意味があります。 (2)「謂れ」=「因縁」「由緒」と考えるとわかり易いです。 例:この家の謂れは~ 2.「きく」は以下のような、使用区別があります。 聞く: 物音や人の話を耳でとらえます。 例:人の話を聞く。 聴く: 「(限定的に)身を入れて聴くこと」を言います。 例:音楽を聴く。 国民の話を聴く。 訊く: (1)「訊ねる=問いただす」から来ています。 (2)意味は「尋ねる」ということです。 例:道を訊く。 詳細を訊く。 以上ご参考までに。 はじめまして。 1.「いう」は以下のような、使用区別があります。 言う: (1)心に思うことを言葉で表します。 (2)「~と呼ぶ」「~と名づける」の意味で使います。 (3)物が音を立てる(戸ががたがた言う)時などに使います。 例:Aが~だと言った。 云う: (1)「伝える」が語源です (2)人から聞いたことを「云う」 (4)伝承・伝説として伝わることを指して「~と云われている」 例:昔から~だと云われてきた。 謂う: (1)「謂」は「理由、わけ、事情」という意味があ...

次の

「あくまでも」に関連した英語例文の一覧と使い方(2ページ目)

あくまでも 意味

辞書には 「あくまでも・あくまで」は 「徹底的に」という意味だと書かれていますが ちょっと ピンときませんよね。 違和感を感じます。 実際 「あくまでも・あくまで」は 説明しづらく 理解しづらい日本語の1つです。 今回は説明文が多いため 日本語Onlyです。 「あくまでも・あくまで」の意味 この言葉を 日本語学習者の外国人にわかってもらうには 例文を挙げながら説明することが必要です。 「あくまでも・あくまで」の意味を あえて簡単に言うと あえての意味は 「あくまで も A」 =「A以上でもA以下でもなく」 =「A以外の何者でもなく」 =「完全にA」 と言う言葉で表せると思います。 でもこれだけではやっぱり きちんと意味がつかめません。 例文を含めて見ていきましょう。 意味: この意見は 私以外の誰の意見でもありません。 つまり この意見に他の人 私以外の人 は関係ありません。 これはAさんの意見でもなければBさんの意見でもありません。 この意見にAさんもBさんも、それ以外の誰も関係ありません。 「私」の個人的な意見です。 ただし、 この時「私」は他の人の意見を知っているわけではありません。 「他の人には他の人の意見がある」と言うことを 暗に示しています。 意味: その考え方は 経営者側にいるからこその考え方です。 その考え方は 経営者側にいるものだけが持つ考え方です。 つまり その考え方は 完全に経営者側からの意見であって、 従業員側のことは全く関係ないものとされた考え方だということです。 意味: これは 推測以上のものではない。 推測以外の何物でもない。 つまり 色々言ったことに関して 推測の域を出ないことだ、 事実の確証はないことだ と言っています。 暗に自分が色々述べた意見について 「実際は違うかもしれないよ」と言いたいときに使えます。 噂も イメージも 推測も 事実ではありません。 意味: このミスは 私の犯したミス以外の何物でもない、 つまり このミスには他の誰も関係ない と言っています。 実際のところ誰に責任があるかは分かりません。 もしかしたら他の人にも責任があるのかもしれませんが… この言葉は、 「このミスについて責任があるのは私だけで、 他の人には責任を負わせたくない」ということを 暗に示しています。 「あくまでも・あくまで」は深読みすべき言葉 上で述べた 「あくまでも・あくまで」の意味解説の中に 何度も「 暗に」と言う言葉が出てきています。 つまり「あくまでも・あくまで」の背後には 隠された主張、 隠された感情が含まれているんです。 日本人は 「あくまでも・あくまで」の意味を深く考えなくても その背後にある意味を すぐに察することができるはずです。 これは あくまで私の意見ですが 日本語学習者の外国人にとっては 単純なようで掴みにくい言葉の1つだと思います。 私は日本人なので 実際のところ 日本語学習者の気持ちは分かりませんし 知ることはできません。 なので、 『「あくまでも・あくまで」の意味は 単純なようで掴みにくい言葉の1つなのではないか』 という意見は 実際の外国人の方からすると この意見は違うかもしれませんが 今、外国人側の考えは関係なく 「私」の個人的な見方を 話しているということです。 暗に「 実際の外国人の方は違う意見かもしれないけど許してね」と 言っています。 日常会話でも割とよく使っている言葉なので 聞く機会があれば分析して見てください。 fenglifengli.

次の

「あくまで」「あくまでも」の意味

あくまでも 意味

A ベストアンサー No.1の方のおっしゃるとおり、二つとも日本語としてきちんと存在します。 「正しい言葉」という表現事態に違和感を感じますが、まあ「正しい言葉」です。 例文挙げればなんとなくお分かりいただけるとおもうのですが。 <気を使う> 「お正月でお義母さんのところにも挨拶に行くんだけど、あそこに行くと、いつも気を使っちゃって疲れるのよね。 」 みんなといたが、みんなが退出して恋人と2人きりになったとき 「気を使ってくれたのかな?」 この場合おそらく、気を利かせる、がより相応しいですが、気を使う、でもOKだと思います <気遣う> 見舞いのお礼 「お気遣いありがとうございます。 」 「気を使っていただいてありがとうございます」って言ったらイヤミです。 父親が子供に 「静かになさい。 お母さん疲れてるんだから、気遣ってあげなきゃ。 」 基本的に、『気を使う』は「使う」ので、意図的であり、あれこれ考えて行動します。 NO.2の方のおっしゃるとおり、疲れます。 笑 『気遣う』は、自発的・内在的にある優しさがベースの概念だと思います。 『気を使う』ときは何らかのフィードバックを期待する策略を巡らせている場合もありえますが、『気遣う』のは無償のいたわりです。 No.1の方のおっしゃるとおり、二つとも日本語としてきちんと存在します。 「正しい言葉」という表現事態に違和感を感じますが、まあ「正しい言葉」です。 例文挙げればなんとなくお分かりいただけるとおもうのですが。 <気を使う> 「お正月でお義母さんのところにも挨拶に行くんだけど、あそこに行くと、いつも気を使っちゃって疲れるのよね。 」 みんなといたが、みんなが退出して恋人と2人きりになったとき 「気を使ってくれたのかな?」 この場合おそらく、気を利かせる、がより相応しいで... Q おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。 A ベストアンサー はじめまして。 1.「いう」は以下のような、使用区別があります。 言う: (1)心に思うことを言葉で表します。 (2)「~と呼ぶ」「~と名づける」の意味で使います。 (3)物が音を立てる(戸ががたがた言う)時などに使います。 例:Aが~だと言った。 云う: (1)「伝える」が語源です (2)人から聞いたことを「云う」 (4)伝承・伝説として伝わることを指して「~と云われている」 例:昔から~だと云われてきた。 謂う: (1)「謂」は「理由、わけ、事情」という意味があります。 (2)「謂れ」=「因縁」「由緒」と考えるとわかり易いです。 例:この家の謂れは~ 2.「きく」は以下のような、使用区別があります。 聞く: 物音や人の話を耳でとらえます。 例:人の話を聞く。 聴く: 「(限定的に)身を入れて聴くこと」を言います。 例:音楽を聴く。 国民の話を聴く。 訊く: (1)「訊ねる=問いただす」から来ています。 (2)意味は「尋ねる」ということです。 例:道を訊く。 詳細を訊く。 以上ご参考までに。 はじめまして。 1.「いう」は以下のような、使用区別があります。 言う: (1)心に思うことを言葉で表します。 (2)「~と呼ぶ」「~と名づける」の意味で使います。 (3)物が音を立てる(戸ががたがた言う)時などに使います。 例:Aが~だと言った。 云う: (1)「伝える」が語源です (2)人から聞いたことを「云う」 (4)伝承・伝説として伝わることを指して「~と云われている」 例:昔から~だと云われてきた。 謂う: (1)「謂」は「理由、わけ、事情」という意味があ...

次の