コロナ アン ナチュラル。 石原さとみアンナチュラルがコロナを予言?1話ネタバレあらすじ!内容が的中し過ぎて怖い!

ドラマ『アンナチュラル』から学ぶ法医学!第1話

コロナ アン ナチュラル

4月9日から放送開始する予定だった主演のドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系)が、新型コロナウイルスの感染拡大で放送延期に。 しかしここに来て、石原の主演ドラマがにわかに注目を集めている。 「2018年に放送され、数々の賞に輝いた石原の主演ドラマ『アンナチュラル』(TBS系)の第1話が、まさにコロナウイルスがテーマ。 この回を改めて見直した視聴者からは、『アンナチュラルがコロナウイルスを予言していた』『噂の第1話。 コロナ、PCR検査、アルコール消毒、感染者の隔離、今の日本を見ているようだ』『改めて、アンナチュラルを観なくちゃ』といった声が多数上がっています」(テレビ誌ライター) 改めてストーリーを振り返ってみよう。 UDIラボに勤務する法医解剖医の三澄ミコト(石原)の元に、息子の突然死に不信感を覚える両親から遺体が持ち込まれ、死因を調査。 すると死亡した本人には海外渡航歴があり、コロナウイルスに感染していることが判明するといった展開。 「石原はこのドラマの後、2018年の『』(日本テレビ系)、2019年には『〜ご苦楽レストラン〜』(TBS系)に主演。 しかし平均視聴率はそれぞれ9. 5%と8. 今回の『アンサング・シンデレラ』は『アンナチュラル』と同じ医療もの。 コロナショックで撮影に四苦八苦しているようですが、ヒットの可能性は充分にあります」(女性誌記者) さらに、そんな石原の背中を押す、あるジンクスがあるという。 1%を獲得。 その後も2007年『花嫁のパパ』が11. 8%、2012年『リッチマン、プアウーマン』12. 4%、2014年『失恋ショコラティエ』12. 2%、2014年『ディア・シスター』11. 7%と、フジテレビで主演した連ドラはいずれも二桁視聴率をマークしています。 そうしたジンクスも追い風になるはず」(夕刊紙記者) 「視聴率女優」の称号復活なるか? (窪田史朗).

次の

『アンナチュラル』が2年前に予言していた「コロナの猛威」

コロナ アン ナチュラル

言わずもがな、であるけれど、コロナパニックが起きている現在。 誰もが解決策の見えないウイルスたちと、毎日どこかで戦っている。 マスクやトイレットペーパーを買い求める長蛇の列、ガスマスクを着用した職員による消毒作業。 中国・武漢では病院に押しかける患者たち、情報番組の放送内容は軒並み同じ、すべてウイルスのことを扱う。 もうこれはれっきとした有事だ。 そんな様子に、ぼんやりと既視感を覚えた。 「(あれ? この光景、何かのドラマで見た??)」 最近、どうも物忘れが多くなってきた。 落ち気味の海馬を働かせて、思い出したのが2018年にTBS系列で放映された、石原さとみ主演のドラマ『アンナチュラル』だ。 確か第一話でウイルスのことをテーマにしていた。 急いでオンデマンドで視聴をすると、まるで2020年の日本を予期したような内容が放送されていたのである。 すでに最終話まで放送済みなので、まずはあらすじを書こう。 このラボでは、国内で発見された不自然な死の原因を究明している。 ある日、息子の突然死に不信感を覚えた両親が遺体を持ち込み、死因を調査してほしいと言う。 当初は毒物死を疑うミコトたち。 ただ、死亡した本人に海外渡航歴があり、コロナウイルスに感染していたことが判明する。 ドラマ制作時、2年後の令和に時空を超えたのではないかと思うほど、今の日本が状態がしっかりと広がっている。 物語では当初、会社員男性がサウジアラビアの出張時にウイルスに感染。 帰国後に社内や恋人、浮気相手に、そして社会に菌を振りまいたとクラスター扱いをした報道をされてしまう。 本人は亡くなっているので、代わりに両親がマスコミに追いかけられる苦痛の日々が始まってしまう。 今の日本ではクルーズ船での菌の蔓延、厚労省の初動ミスが原因のいくつかに挙げられている。 でも、この事態は少しずつ変わる。 いずれは個人が報道されることも懸念されるのだと思うと、本当に……怖い。 と言うよりも、使う機会もないほど平和ボケしていたのかもしれない。 言葉そのものも世の中には流布されていなかった。 ただ『アンナチュラル』では、今まさに情報番組やニュースで国民の合言葉になりつつあるワードが飛び交っている。 報道時に様々な連想をさせてSNSのトレンドに上がった『濃厚接触』。 死亡した会社員男性と、その恋人(山口紗弥加)がどれだけの性行為に及んだのかを聞くときなどに使われていた。 それから『コロナウイルス』が判明した際に、ミコトがラボ内に検査ができる人間はいないかと、アナウンスを放送する。 すると 「『PCR法』での検出なら出来ますけど」 と、手を挙げるスタッフ。 奇しくもメジャーワードになってしまった『PCR法』が当たり前のようにセリフで使われている。 2年前、このドラマを作るためにスタッフや、脚本家が濃密、緻密な取材を繰り返したのだろうと思うと舌を巻く。 毎日押し寄せてくるのは現実的な数値ばかりだ。 正直もう辟易している。 でもこの第一話では、ウイルス騒動に関する数値や予測ではない、聞いておくべき言葉がセリフで登場する。 そのいくつかを紹介しよう。 ミコトの同僚・東海林夕子(市川実日子)はウイルスにたどり着く以前に、こう言った。 「この世で一番恐ろしい毒って何か知っている?(中略)名前のない毒」 コロナは名前こそついているけれど、ワクチンは開発されていない。 解決策が見えないから、国民総出で不安なのである。 そして胸を打たれたのは、ミコトが病院長に浴びせたセリフだ。 作品では、クラスターになっていたのが男性会社員ではなく、大学病院が原因だったことが判明する。 病院内で起きた不祥事を即座にもみ消そうとする院長。 そんな姿勢が許せないミコトは 「ウイルス漏れを隠すことは、名前のない毒をばらまく同じことです。 死ななくていい人が大勢死んだ……せめてこの先は賢明なご判断を」 と、斬る。 とても潔く、そして気持ちがいいシーンだった。 今、政府で何が行われているのかは誰も知らない。 ひょっとしたら大きな真実は何か隠されているのかもしれないと、疑心と不安だけが日々募っている。 でもひとつだけ間違いないのは、誰もがウイルス感染なんて望んでいない。 その回避のために、全国民が政府の動向を常に監視している。 その一億人の目を政府はごまかそうと……するのだろうか? どうか、総理。 見通しのいい情報経路を作ってもらって、どうか、賢明なご判断を。 文:小林久乃 エッセイスト、ライター、編集者、クリエイティブディレクター、撮影コーディネーターなど。 エンタメやカルチャー分野に強く、ウェブや雑誌媒体にて連載記事を多数持つ。 企画、編集、執筆を手がけた単行本は100冊を超え、中には15万部を超えるベストセラーも。 静岡県浜松市出身、正々堂々の独身。 女性の意識改革をライトに提案したエッセイ『結婚してもしなくてもうるわしきかな人生』(KKベストセラーズ刊)が好評発売中。 FRIDAYデジタル.

次の

ドラマ『アンナチュラル』の第一話がコロナパニックを予言していた?米津玄師とアンナチュラルチームの再タッグについても

コロナ アン ナチュラル

こんにちは、すずきです! ここ2ヶ月ほどはコロナウイルスで世間を騒がせていますね! 「今回のコロナウイルスとどんなとこが関係してるの?」「どこが予言と言われてるの?」と思いますよね。 感染の原因の一つは濃厚接触、中国が感染者などの情報を隠蔽、感染拡大をさせる海外渡航、PCR検査とコロナウイルスのことを整理してみると、どこかで聞き覚えはありませんか? それは、ドラマ「アンナチュラル」です! みていた方は思い出すと、「あぁ!」となるのではないでしょうか? アンナチュラル第1話が今回のコロナウイルスを予言していると話題になっています。 そんな今回は アンナチュラル第1話で新型コロナウイルスを予言! アンナチュラルと新型コロナウイルスの共通点は? をまとめました! アンナチュラル第1話の概要を説明した上で、新型コロナウイルスとの関係性をご説明していきますので、参考にしてくださいね!• アンナチュラル第1話で新型コロナウイルスを予言! アンナチュラル第1話はこんな話でした! ネタバレを含む可能性があります。 ある夫婦が、「息子(高野島渡)の死には違う原因がある。 元気だったのに突然死するわけがない」とUDIラボに相談しにきました。 UDIラボとは、不自然死究明研究所(unnatural death Investigation laboratory)が正式名称です。 全国の不自然死を引き受け、警察や自治体から依頼されて解剖するのは約400体で本当の原因を究明する研究所のことです。 日本の不自然死の約8割は解剖されず原因不明のままという最低基準の解剖率を改善するために作られた研究所であり、国の認可を受け調査をして原因を解明していくという設定になっています。 警察の調査では、「虚血性心疾患」と判断していました。 高野島さんの解剖をしてみたものの原因となるようなものは出て来ず、急性腎不全ということだけわかりました。 毒物が原因と疑い、調査を続けましたが、毒物も何一つ出てきません。 そんな時、高野島さんが亡くなった翌日に同じ会社で働いていた女性の同僚が原因不明の突然死をしていたことが判明します。 原因を究明するため、三澄ミコト(石原さとみ)と東海林夕子(市川実日子)久部六郎(窪田正孝)が高野島さんの部屋を調査していると、高野島さんの恋人で第一発見者だった馬場路子(山口紗弥加さん)が現れます。 そのあと、高野島さんの職場を調査するため向かい調査をしている時に高野島さんの恋人・馬場さんが薬物を扱う仕事であることがわかります。 馬場さんが 名前のない毒を発明していたら・・・ と考え始めます。 そんな時に、高野島さんが サウジアラビアに出張していたことが判明します。 そして、帰国後に 風邪の症状が出ていたことがわかります。 高野島さんが MERSコロナウイルスが原因で亡くなったのです。 風邪の症状や肺炎の症状も出ていたはずが、解剖では腐敗が進み判別できなかったのです。 高野島さんが 海外からウイルスを持ち込んだと疑われます。 高野島さんのお葬式会場でマスコミが殺到する中、馬場さんが高野島さんの健康診断の結果をミコトに渡します。 出張から帰国した3日後に受けたという健康診断は結果が良好で異常なくても、健康診断ではコロナウイルスの検査はしない、いつから風邪の症状が出ていたかも不明で高野島さんの無実は証明できないと説明しました。 そんな中、総合医科大学ではMERSに感染している患者が多数いることがわかります。 街中は、パニックになり、高野島さんは感染者第1号としてバッシングされます。 そして、馬場さん話を聞きに行ったミコトが、馬場さんと高野島さんが出張から帰国した翌日に会って 濃厚接触していたことがわかります。 ですが、馬場さんはウイルスに感染していなくて一切ウイルスと接触した形跡がないことがわかります。 つまり、高野島さんがウイルスを持ち込み、健康診断を受けた病院で広げたのではなくて、健康診断を受けに行った病院で移されたのです。 総合医科大学では、コロナウイルス研究室があることから ウイルスが院内で広がり、感染者が十数人亡くなっていることがわかり、それを隠蔽していたことが判明します。 その後、総合医科大学で亡くなった一人の患者を解剖した結果、MERSが検出されて、院内感染が原因だと総合医科大学の院長が記者会見をして、高野島さんの名誉が回復されました。 アンナチュラルと新型コロナウイルスの共通点は? アンナチュラルでは、高野島さんがMERSコロナウイルスで亡くなったことが判明してから、 「名前のない毒」「PCR検査を推奨していること」「恋人同士の濃厚な接触」「院内感染の可能性」「感染者の死因や感染の隠蔽」「海外渡航によるウイルス持ち込み」「マスクをする国民」「風邪のような症状」「肺炎の発症」などが取り上げれているんです。 感染経路や症状、国民のパニックなど今回の新型コロナウイルスの状況とよく似ていますね。 「新型コロナウイルスも通常のコロナウイルスとは違う全く新しいウイルスであること、突然広がり始めるウイルスによって世の中がパニック状態になっていること、感染経路は濃厚接触であること、海外渡航で持ち込まれるウイルス、感染者数や感染に関しての隠蔽、風邪や肺炎の症状」が今回の新型コロナウイルスを予言しているように感じます。 私はアンナチュラル第1話を見返しました。 確かに、今回の新型コロナウイルスの報道などで聞いたことある言葉や言動が多くありました。 そう考えると、アンナチュラルの予言はすごいですね! 世の中のパニック状態が早く緩和されるといいですね。 まとめ 今回は、アンナチュラル第1話のあらすじを紹介しつつ、今回の新型コロナウイルスとの共通点を説明しました! いかがでしたか? あらすじはネタバレを含んでいますが、見ていない方はぜひ映像で見てみてくださいね! もっと詳しくリアルに感じられると思います。 また、世の中のマスクをした人が早くマスクを外して街中を歩けるようになるといいですね! 手洗いうがいをしっかりして、コロナウイルスが早く消滅するようにみんなで予防をしましょう。 それでは、最後までご覧頂きありがとうございました!.

次の