クラウディオ レイナ。 クラウディオ・レイナ

ドルトムントの17歳レイナ、フル代表はアメリカを選択…地元紙で「迷いなんてない」

クラウディオ レイナ

クラウディオ・レイナ クラウディオ・レイナ Claudio REINA フルネーム クラウディオ・レイナ 国籍 アメリカ 出身地 リビングストン 生年月日 1973・7・20 身長 174cm 体重 74kg 利き足 右 ポジション MF(CMF) FK PK キャプテン経験 クラブ 代表 代表デビュー 1994・1・15 代表背番号 10 W杯メンバー 94年 98年 02年 06年 ニックネーム 個人タイトル チームタイトル 99/00スコットランドリーグ 99/00スコットランドカップ 所属クラブおよび背番号 出場 得点 95/96 レヴァークーゼン(ドイツ) 21 0 96/97 レヴァークーゼン(ドイツ) 5 0 97/98 ヴォルフスブルク(ドイツ) 13 28 4 98/99 ヴォルフスブルク(ドイツ) 13 20 2 98/99 レンジャーズ(スコットランド) 12 6 0 99/00 レンジャーズ(スコットランド) 12 29 5 00/01 レンジャーズ(スコットランド) 12 18 2 01/02 レンジャーズ(スコットランド) 12 10 2 01/02 サンダーランド(イングランド) 17 3 02/03 サンダーランド(イングランド) 4 11 0 03/04 マンチェスター・シティ(イングランド) 23 1 04/05 マンチェスター・シティ(イングランド) 6 17 2 05/06 マンチェスター・シティ(イングランド) 6 22 1 06/07 マンチェスター・シティ(イングランド) 6 15 0 07 ニューヨーク・レッドブルズ 29 0 優れた戦術眼の持ち主で攻守にそつのない選手。 代表ではキャプテンと司令塔を務め、刻んだキャップ数が100を超えるアメリカの大黒柱です。 インディペンディエンテで活躍したアルゼンチン人の父とポルトガル人の母親の下に生まれ、4歳でサッカーを始めます。 プロのキャリアを始めたのはレヴァークーゼンからでしたが、ラメロウやN・コヴァチなど厚い選手層に阻まれました。 97/98シーズンより昇格したヴォルフスブルクに移籍すると、徐々に調子を上げて、キャプテンにも指名されました。 98/99シーズン途中にスコットランドの強豪レンジャーズへ移籍し、4月18日ダンディー戦でリーグデビューしてダブルに立ちあいます。 2年目以降は主力となり、B・ファーガソンやトゥガイなどと中盤を支え、01/02シーズンはチャンピオンズ・リーグやUEFA杯も経験しました。 シーズン途中でサンダーランドへ移籍し、12月15日サウサンプトン戦でプレミアデビュー。 レスター戦では1試合2得点を決めるもリヴァプール戦でレッドを受け、チームも降格しました。 その後マンチェスター・Cに移籍するもバートンの台頭もありコンスタントに出場できず、2007年より母国でプレー。 29試合に出場しますが、背中の痛みが限界に達し引退しています。 五輪にはバルセロナとアトランタで2大会連続出場、いずれもグループリーグ敗退となりましたが、全6試合に出場しました。 1998年のW杯予選は12試合、本戦も3試合出場しました。 2002年W杯予選で2001年7月1日のメキシコ戦、9月1日のホンジュラス戦、9月5日のコスタリカ戦と、3連敗を喫したチームを救う活躍を見せて出場権獲得に貢献します。 本大会でも4試合出場し、チームのベスト8進出に貢献しました。 2006年W杯予選は8試合に出場。 本大会では全試合でスタメン出場しましたが、1勝もできず大会を後にしています。 代表記録 111試合8得点 2006年3月14日:新規アップ 2012年8月11日更新.

次の

ジョヴァンニ・レイナ

クラウディオ レイナ

国内リーグ戦に限る。 ( ) クラウディオ・レイナ(Claudio Reyna, - )は、出身の元。 ポジションは。 に所属するは実子。 2019年11月より ()でスポーツディレクターを務めている。 にを開き、のを理由に現役を発表した。 代表歴 [ ]• アメリカ合衆国代表• オリンピック代表• 1992• 1996• A代表 1994-2006• (0試合0得点)• 出典 [ ] [].

次の

ドルトムントの17歳レイナ、フル代表はアメリカを選択…地元紙で「迷いなんてない」

クラウディオ レイナ

この記事のには以下のような表記揺れがあります。 ジョバンニ・レイナ ジョヴァンニ・レイナ 名前 本名 ジョヴァンニ・アレジャンドロ・レイナ Giovanni Alejandro Reyna ラテン文字 Giovanni Reyna 基本情報 国籍 生年月日 2002-11-13 (17歳) 出身地 ・ 身長 185cm 選手情報 在籍チーム ポジション 背番号 32 利き足 右足 ユース 2015-2019 2019-2020 クラブ 1 年 クラブ 出場 得点 2020- 1 0 代表歴 2 2016-2017 U-15 11 7 2017 U-16 2 1 2018-2019 U-17 18 8 1. 国内リーグ戦に限る。 2020年1月21日現在。 2020年1月21日現在。 ( ) ジョヴァンニ・アレジャンドロ・レイナ( Giovanni Alejandro Reyna , - )は、の。 ・出身、育ち。 のに所属している。 ポジションは。 一般的には「 ジョバンニ・レイナ」と表記される。 父は元の。 来歴 [ ] 2002年に父のクラウディオがに所属していた時にで生まれる。 父は翌年に移籍し、2007年までプレー。 以降に帰国し、のでプレーし、2008年に引退。 その後2013年にマンチェスター・シティFCの提携チームとしてリーグに参入したのユースアカデミーのスタッフとして働いていた関係で、ジョヴァンニは2015年に同チームのユースチームに入団。 ユース世代のでの活躍。 提携元のマンチェスター・シティFCをはじめ、やなどの有力チームがレイナの獲得に興味を示す中、2019年7月1日にがレイナとの契約を締結。 加入後U-19チームに登録され、11試合4得点を記録したところで、2020年1月17日に2軍にあたるを飛び越えて一気にトップチーム昇格が決まり、「 の再来」として注目を集める。 翌日の戦で、から加入したばかりのが、移籍初戦でを達成した試合で、後半27分からとの交代でプロデビューを果たし、らに次ぐ史上5番目の若さでデビューを果たした。 代表経歴 [ ] プロデビュー前の2016年から各ユース世代のに招集。 2019年にはにU-17代表として出場しキャプテンも務めた。 グループリーグではとも対戦した が、グループリーグ敗退に終わった。 人物 [ ]• 母のも元サッカー選手で、として活躍した。 「 ジョヴァンニ」の名は、父の時代のチームメイトだったに因んで名付けられたという。 脚注 [ ].

次の