税務署納税証明書。 納税証明書交付請求書で最短で受け取る2つの方法とは?

[手続名]納税証明書の交付請求手続|国税庁

税務署納税証明書

【持続化給付金】確定申告書に税務署の収受印が無い場合は? 結論からして、e-Taxで提出された方は、確定申告書に印がなくても大丈夫な事が判明しました。 下記、持続化給付金HPの申請フォームのページで書類をデータ提出するページに、確定申告書の収受印 受領印 が無い場合の対応が記載されてます。 上記の赤枠の部分ですね。 収受印が無い場合は追加書類が必要との事です。 e-Taxは「電子申告日時・受付番号」が印字されていればOK e-Taxで提出された方は、収受日時印なんてなくて当然ですよね。 その場合、提出した確定申告第1表の上部に【電子申告日時と受付番号】が印字されているものを提出すればOKです。 もしも、 【電子申告日時と受付番号】 が印字されていない場合は、メールで送られてきた【受信通知】を確定申告書第1表と一緒に提出すればOKです。 受信通知もない場合・納税証明書の発行方法 受信通知もない方。 その場合は、【納税証明書(その2所得金額用)】と確定申告書第1表を一緒に提出すればOKです。 本人確認書類・印鑑・発行手数料(要確認)をお持ち下さい。 ウイルスの事もありますのでお気をつけください。 持続化給付金の申請が始まりましたね! 確定申告書の控えに収受印がなくて、納税証明書を取りに行かれる皆さんへ… 納税証明書は「その2」 事業所得金額の記載 です…その2が必要ですよ…!! 税務署の人は教えてくれません、 なんとなーく「その1」など違うのを選ぶ人が増えませんように。 400円。 納税証明書は、その1とその2があり持続化給付金申請に必要な納税証明書は『その2』です。 電子申請もできるようですが僕は税務署が町内にあるので窓口でもらいました。 後日、書面の納税証明書が送られてきます。 オンラインで請求した場合、受取方法が3つあります。 【納税証明書 所得税 】税務署の窓口に行かなくても交付が受けられますよ。 ウイルスの感染も怖いですし、オンライン請求が可能であれば一番安全だと思います。 疑問が解決しない場合は、 持続化給付金事業 コールセンターへお問い合わせしてみてください。 まとめ 私の場合、税務署へ直接確定申告書を提出しに行ったのですが、その時押された収受日時印の印字が薄く、かろうじて数字しか認識できないほどの不十分さでした。 不備メールが来るかと思いましたが、何事もなく入金されてました。 不備メールの基準はいまだに分からずです。

次の

納税証明書交付請求書で最短で受け取る2つの方法とは?

税務署納税証明書

税務署の収受日付印がないときの対処法 税務署の収受日付印は、税務署の窓口で申告書類を提出したときに押印される受取印です。 一般的には、申告書類の左上に押印されますが、右下や左下に押印されることもありますので、一度確認してみてください。 ただこの書類、具体的にはどのような書類なのか?わかりにくいですよね。。。。 そこで本日コールセンター(持続化給付金事務局)に確認したところ、 「具体的な書類については回答はできない。 様式は自由なので税理士と相談して提出してください。 」ということでした。。。 (私の勤務する会社の顧問税理士に確認したところ、「税理士の押印及び署名がされている試算表(次月・期間)等で大丈夫でしょう。 」ということでしたので、参考にしてみてください。 ) 税理士の押印や署名がない場合は? コールセンターの方の話では、「そのまま申請できないことはないが、税理士の押印・署名がないと証拠書類としては弱く、証拠書類として認められない場合は給付できない」ということでしたので、申請する際は注意してください。 市区町村で発行される個人の納税証明書とは異なりますので、ご注意ください。 ) 「納税証明書(その2)」の入手方法 「納税証明書(その2)」は、確定申告した税務署で交付を受けることができます。 申請方法は、主に次の4つです。 納税証明書交付請求書(窓口にも用意されています)• 本人確認書類(運転免許証・個人番号カードなど)• マイナンバーを確認できるもの(個人番号カード・通知カード・マイナンバーが記載されている住民票)• 手数料400円(収入印紙または現金) 納税証明書(その2)は、申告または納税直後でなければ、 即日交付を受けることができます。 つまり、全額支給されるということですね。 例えば、計算した給付額が875,000円だった場合、当初の計算式(10万円未満切り捨て)だと給付額は80万円ですが、6月2日以降の申請は1円単位で支給されることになるため、875,000円全額支給されることになります。 (すでに給付金を受け取っている方も対象です。 追加分についての申請は不要です。

次の

納税証明交付申請|那覇市公式ホームページ

税務署納税証明書

納税証明書の種類 証明内容 納税証明書(その1) 納付すべき税額、納付した税額及び未納税額等の証明 納税証明書(その2) 所得金額の証明 (個人は申告所得税及復興特別所得税に係る所得金額、法人は、法人税に係る所得金額です。 ) 納税証明書(その3) 未納の税額がないことの証明 (税目を指定した「その3の2」(申告所得税及復興特別所得税と消費税及地方消費税)や「その3の3」(法人税と消費税及地方消費税)の証明もあります。 必要な方は、各証明書名からリンクするページにおいて、詳細な情報を掲載しておりますので、各ページをご確認ください。 [手続根拠] 国税通則法 [手続対象者] 個人又は法人の方で納税証明書が必要な方 ご本人(法人の場合は代表者本人)が窓口に来られない場合には、ご本人(又は法人の代表者)の委任を受けた代理人の方が委任状を持参(納税証明書交付請求書に添付して提出)して手続を行うことができます。 [請求時期] 随時 申告又は納税の直後においては、当日中に納税証明書を発行できない場合があります。 詳しくは税務署にお尋ねください。 [請求方法] 現在の住所地(納税地)を所轄する税務署に、次の方法で請求してください。 請求方法 請求方法の内容 ・手数料が安価です(370円)。 ・窓口での待ち時間が短縮できます。 (請求日当日の受取を指定された場合には、多少お時間をいただくことがあります。 ) ・税務署窓口で受け取る場合には、電子証明書やICカードリーダライタがなくてもオンライン請求が可能です。 ・郵送での請求も可能です。 [手数料] オンラインで交付請求する場合 次の算式による手数料(収入印紙又は現金)が必要です。 納税証明書交付請求書(書面)で交付請求する場合 次の算式による手数料(収入印紙又は現金)が必要です。 消印をしたものは無効となります。 オンラインでの交付請求 オンラインで交付請求した場合、以下の3つの受取方法があり、受取方法により、電子証明書等が必要な場合と不要な場合があります。 ご利用方法については、e-Taxホームページの「 」をご確認ください。 1 オンラインで交付請求して税務署の窓口で納税証明書を受け取る方法 (電子証明書等は不要であり、必要事項を入力して送信するだけで交付請求できます。 ) 税務署窓口で納税証明書を受け取る場合、次のものを持参していただく必要があります。 1 ご本人(法人の場合は代表者本人)であることが確認できる本人確認書類(個人番号カード又は運転免許証など)• 2 番号確認書類(個人番号カード又は通知カードなど)(個人のみ、法人の場合は不要)• 3 なお、本人確認書類の種類により、1枚の提示で足りるものと2枚の提示が必要なものに分かれます。 「」に詳細を記載しておりますので、必ずご確認ください。 代理人の方が来署される場合には、次のものを持参していただく必要があります。 1 ご本人(法人の場合は代表者本人)からの委任状(ご家族、従業員の方が来署される場合も必要です。 2 代理人本人であることが確認できる本人確認書類(代理人の方の個人番号カード又は運転免許証など)• 3 ご本人(納税者の方)の番号確認書類(個人番号カード又は通知カードなど)の写し(個人のみ、法人の場合は不要)• 4 2 オンラインで請求して納税証明書を郵送で受け取る方法(電子証明書等が必要です。 ) 電子署名を付与し、電子証明書を添付してe-taxで交付請求を行うことで、書面の納税証明書を郵送で受け取ることができます。 (注) 手数料とともに郵送料相当額をインターネットバンキング等で電子納付する必要があります。 3 電子納税証明書(電子ファイル)で受け取る方法(電子証明書等が必要です。 ) 電子署名を付与し、電子証明書を添付してe-taxで交付請求を行うことで、電子納税証明書(電子ファイル)で受け取ることができます。 ダウンロードした電子納税証明書(電子ファイル)は、期限内であれば何度でもお使いいただけます。 (注) あらかじめ、提出先に電子納税証明書(電子ファイル)の提出が可能か確認してください。 納税証明書交付請求書(書面)での交付請求 1 郵送で納税証明書交付請求書を送付する方法 郵送で請求される場合は、次のものを同封していただく必要があります。 (1) 必要事項を記載した納税証明書交付請求書• (2)• (3) 所要の切手を貼った返信用封筒• 2 税務署の窓口に納税証明書交付請求書を提出して交付請求する方法 納税証明書を請求するために来署される場合は、次のものを持参していただく必要があります。 (1) 必要事項を記載した納税証明書交付請求書• (2)• (3) 本人確認書類及び番号確認書類• ご本人(法人の場合は代表者本人)又は代理人本人であることを確認できる本人確認書類• ご本人の番号確認書類(個人のみ、法人の場合は不要)• (4) ご本人の印鑑(法人の場合は代表者の印鑑、代理人の方が来署される場合は代理人の方の印鑑)• (5) ご本人(法人の場合は代表者)からの委任状 代理人の方(ご家族、代表者以外の役員、従業員の方を含む。 )が来署される場合に必要です。 [交付請求書様式・記載例] PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。 Adobe Readerをお持ちでない方は、からダウンロードしてください。 (代理人が請求書を持参する場合)• (交付請求書及び委任状の記載例)• [納税証明書の様式] 納税証明書の様式については、こちらをご覧ください。 [請求先] 現在の住所地(納税地)を所轄する税務署(税務署の所在地については、国税庁ホームページ「」でご確認ください。 ) [受付時間] 8時30分から17時までです。 [相談窓口] 最寄りの税務署 [審査基準] [標準処理期間] 窓口に提出していただいてから15分程度 ただし、枚数が多い場合等には標準処理期間内に発行できない場合があります。 [不服申立方法] [備考] 代理人による請求の場合や送付による請求の場合には、ご本人に電話等で確認させていただく場合があります。

次の