慢性 骨髄 性 白血病 予後。 白血病のステージ・病気の進み方・悪化の仕方

慢性骨髄性白血病 治療:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

慢性 骨髄 性 白血病 予後

高齢者の白血病では、その余命はどうなるのでしょうか。 白血病という病気があります。 血液のガンということで非常に恐ろしい病気となっていますが、治療をすることができます。 スポンサーリンク 白血病は白血球を作る元になっている細胞がガンになり、これが血液の中で増殖をするという病気です。 急性の発症頻度は人口10万人あたり6人となっていますが、我が国ではとくに高齢者の発症頻度が多くなっています。 白血病の原因がすべて解明されたということではありませんが、一部では遺伝子レベルでの異常が原因と考えられています。 この異常な遺伝子を修復するための薬が開発されて一部の患者さんには投与が行われていますが、高齢者の発症の80%以上は、急性となっているので、抗がん剤を使った化学療法が中心となっています。 白血病の疑いがあるときには病院を受診しますが、ここで大切なことは、まず治療の前に説明を受けることです。 インフォームドコンセントとも呼ばれています。 しかし高齢者の場合この説明を受けることが困難なときもあります。 したがってこのような場合には、家族と医師がコミュニケーションを取っていくことが重要になります。 ここでは治療方法や余命に関することまで詳しい説明が行われるようになっています。 スポンサーリンク 最近では高齢者でもしっかりとした治療を受けることができるようになっているので、生存率が70〜80%となっています。 それに伴い余命も長くなっています。 また、一般的に年齢が低い方が寛解率は高くなります。 逆に高齢者では低くなりますが、これは強力な化学療法に耐えることができないというのが背景にあります。 60歳以上の人は急性が多くなっていますが、化学療法が中心に行われています。 その中で副作用や余命などが考えられています。 治療に関しては適切な方法を選んで進めていくことが重要になっています。 治療は化学療法となっていますが、化学療法だけでは難しいという場合には、骨髄移殖などが行なわれることもあります。 これで余命を長くすることが期待できます。 スポンサーリンク この記事は、気に入っていただけましたでしょうか? 少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。

次の

慢性骨髄性白血病~新薬の登場で完全治癒への期待がふくらむ 新しい分子標的治療薬がもたらすインパクト

慢性 骨髄 性 白血病 予後

慢性骨髄性白血病(CML)とは 血液は血小板、赤血球、白血球などの血液細胞と呼ばれる細胞によって構成されています。 これらの細胞たちは、全て骨中心にある骨髄の中で生まれる「 」からできます。 幹細胞はまだプロフェッショナルな役割を持っていない未熟な細胞で、まだどの細胞にもなれる可能性を有している細胞です。 造血幹細胞は骨髄の中で増殖していきますが、まだ何も役割を持たない造血幹細胞ばかりが増えても生体にはなんらメリットがありません。 そのため、生体は造血幹細胞に役割を与えます。 このことを医学的には「分化」と言います。 これがどう白血病と関係しているのかというと、白血病の分類はどの細胞がどの成長段階で、どういったパターン・速度で増殖するのかをもとにして分類しています。 急性骨髄性白血病との違いは増える細胞が分化しているかしていないかの違いです。 急性骨髄性白血病では幼弱な芽球が大量に増殖しますが慢性骨髄性白血病では幼弱な芽球から成熟顆粒球までまんべんなく増えます(最も増殖するのは成熟顆粒球です)。 以下のグラフのようになります。 一般的には、症状がない慢性期でCMLと診断されることが多いです。 慢性期の症状 ・最初期は無症状 ・進行に伴い微熱や全身倦怠感、体重減少 ・白血病細胞の に伴う肝脾腫、腹部膨満感 II. 移行期の症状 ・肝脾腫の増悪 ・発熱、体重減少 ・骨痛 ・イマチニブ等治療薬への抵抗性を増す III. 急性転化期の症状 ・貧血 ・出血傾向 ・易感染性 多くは急性転化期の前に移行期をたどりますが、慢性期から移行期を飛び越えて急性転化期になることもあります。 急性転化期では、急性白血病と似たような症状を呈することが知られています。 慢性期や移行期から急性転化期に移行させないことがCMLの治療の際に大事になってきます。 まず人の染色体について説明致します。 染色体は2本1組で22組ある常染色体と、2本1組で1組しか存在しない性染色体があります。 つまり人には46本染色体があります。 長い染色体から1番、2番・・・と番号が振られ、22番まであり、性染色体はまた別の数え方をします。 CMLでは、この染色体のうちで9番と22番の染色体に異常が生じます。 何かしらの拍子で9番と22番染色体の一部がそれぞれ切れて、9番の切れ端が22番へ、22番の切れ端が9番へと間違ってくっついて、染色体として出来上がってしまいます(このことを といいます)。 すると、ありえない形の染色体が2組出来上がることになります。 ありえない形の2組の染色体の中で、もともとは9番染色体にあるはずの「ABL」という と、22番染色体にあるはずの「BCR」という遺伝子が一つの染色体上に存在する染色体がCMLでは出来上がります。 本来2本の染色体にそれぞれあったはずの遺伝子が、合体して、1本の染色体上に存在するわけです。 これが有名な「 」というものです。 フィラデルフィア染色体の上にはBCR-ABL融合遺伝子が存在しており、この遺伝子からできる産物は細胞をどんどん増やそうとする働きを持っています(このことを高いチロシンキナーゼ活性を持っている、と専門的に言います。 チロシンキナーゼ活性とは細胞分裂を促進させて細胞を増やす働きと理解してください)。 ざっくりいうと、転座して融合した遺伝子の組み合わせが、細胞を増やす働きを持っていたばっかりに細胞が腫瘍性に増殖し、体に害をなしているのです。 慢性期において、骨髄ではフィラデルフィア染色体由来のチロシンキナーゼ活性によってすべての成熟段階の血液細胞たちが増殖しています。 急性白血病とは異なり、それらは全てちゃんと分化することができるのですが、骨髄で細胞が増えすぎるばっかりに末梢血の方へ未熟な細胞(芽球と言います)のまま出てくることがCMLでは知られています。 移行期を経て、急性転化期になると未熟な芽球の割合が高くなります。 さて、ではなぜ急性転化期では未熟な芽球の割合が増えるのでしょうか。 CMLが進行していくと、フィラデルフィア染色体以外にも様々な染色体異常が付加的に起きていくことが知られています。 その中で、偶発的に造血幹細胞の分化能を担う染色体に異常が生じ、分化ができなくなるからCMLが進行すると、より未熟な芽球が増加するのです。 さて、以下にWHOが分類した正式なCMLの病期分類を載せます。 慢性骨髄性白血病(CML)の疫学 日本においてCMLと新たに診断される人数は、1年間に100万に当たり7~10人だそうです(国立がん研究センター 慢性骨髄性白血病 より引用)。 発症が多いのは50~60代で、男性にやや多いです。 小児にCMLを発症するのは稀です。 地域差などは特に認められていません。 慢性骨髄性白血病(CML)の5年生存率 CMLの は患者さん個人の状況を良く観察したうえで予測されます。 出典 病気がみえる Vol. 5 血液 第二版 白血病の基本情報.

次の

白血病のステージ・病気の進み方・悪化の仕方

慢性 骨髄 性 白血病 予後

, Inc. , Kenilworth, N. , U. Aは、米国とカナダ以外の国と地域ではMSDとして知られる、すこやかな世界の実現を目指して努力を続ける、グローバルヘルスケアリーダーです。 病気の新たな治療法や予防法の開発から、助けの必要な人々の支援まで、世界中の人々の健康や福祉の向上に取り組んでいます。 このマニュアルは社会へのサービスとして1899年に創刊されました。 古くからのこの重要な資産は米国、カナダではMerck Manual、その他の国と地域ではMSD Manualとして引き継がれています。 私たちのコミットメントの詳細は、をご覧ください。 必ずお読みください:本マニュアルの執筆者、レビュアー、編集者は、記載されている治療法、薬剤、診療に関する考察が正確であること、また公開時に一般的とされる基準に準拠していることを入念に確認する作業を実施しています。 しかしながら、その後の研究や臨床経験の蓄積による日々の情報変化、専門家の間の一定の見解の相違、個々の臨床における状況の違い、または膨大な文章の作成時における人為的ミスの可能性等により、他の情報源による医学情報と本マニュアルの情報が異なることがあります。 本マニュアルの情報は専門家としての助言を意図したものではなく、医師、薬剤師、その他の医療従事者への相談に代わるものではありません。 ご利用の皆様は、本マニュアルの情報を理由に専門家の医学的な助言を軽視したり、助言の入手を遅らせたりすることがないようご注意ください。 本マニュアルの内容は米国の医療行為や情報を反映しています。 米国以外の国では、臨床ガイドライン、診療基準、専門家の意見が異なる場合もありますので、ご利用の際にはご自身の国の医療情報源も併せて参照されるようお願い致します。 また、英語で提供されているすべての情報が、すべての言語で提供されているとは限りませんので、ご注意ください。

次の