喪中 初詣 ルール。 浄土真宗の喪中は特殊?|年賀状・おせち・初詣・正月・忌中|終活ねっと

喪中の時の初詣はいつまでダメ?寺や神社で違いは?お守りおみくじはどう?

喪中 初詣 ルール

まず、「喪中」についての説明をいたします。 喪中とは、 一定期間故人の死を偲び、喪に服す期間をいいます。 この時、ご遺族は祝い事や派手な振舞いを控え、厳(おごそ)かに過ごすのがルールとなっています。 しかし現在では、喪中は「故人の亡くなった悲しみを和らげる期間」という意味合いが強いです。 そのため、故人への悲しみが過ぎ去って立ち直っているのなら、定められた期間が経過する前に普段通りの生活に戻っても基本的に普段の生活に戻っても問題ない場合が多いです。 ただそうは言っても守るべきルールやマナーなどはありますから、喪中ということを忘れて、まったく気にせず生活して良いというわけではありません。 喪中期間の最低限のマナーとしては、慶事への参列や、これから解説する新年の行事などがあげられます。 また、喪中と似た言葉に、「忌中」というものもあります。 忌中も喪に服す期間のことをいいますが、期間は故人が亡くなってから四十九日間(神道では五十日間)を指します。 そして、忌中は喪中より祝い事を控えるべきという思いが強く、この期間にめでたい席に出席することを厳しく見ている方が多いです。 喪中の過ごし方について詳しく解説した記事を以下のリンクに掲載しておきますので、気になった方はぜひ一度参考にしてみてください。 それでは、喪中の場合の初詣のルールについて見ていきましょう。 以下で順に解説していきます。 そもそも行っても大丈夫? そもそも初詣に行くのは控えるべきでしょうか。 喪中の年末年始では、「年賀状の交換や正月祝いを控えるのがルール」と思っている方が多いでしょう。 それと共に、「初詣もめでたい行事なので控えた方が良いのでは?」とする方も多いかと思われます。 実は、 喪中に初詣に行くのは問題ありません。 それは、神社でもお寺でも同じです。 ただ 神社への初詣は、必ず忌中が明けたら行くようにして下さい。 その理由は以下で説明いたします。 神社への初詣は注意が必要 なぜ忌中が明けたらでないと、神社への初詣に行ってはいけないのでしょう。 それは、神社が神道の建物であることに理由があります。 神道とは、日本に古くからある宗教の一つです。 現代の日本人には馴染みが薄いと思われがちですが、神道の教えは日本人の考え方の基盤になっています。 なので、喪中や忌中に入ったご遺族は、家にこもって周りに穢れが移らないようにするのがルールでした。 さらに神社は、神道では聖域です。 忌中に初詣に行くのは、穢れをまとったまま聖域に足を踏み入れることになるのです。 お寺への初詣について 「忌中」の神社への初詣はルール違反とされていますが、実は お寺なら忌中、喪中問わずに初詣に行くことができます。 むしろ、忌中や喪中の期間であった場合、お寺の初詣は進んで行くべきなのです。 なので忌中、喪中という考え方もないのです。 さらに、正月にお寺に行くことは「ご先祖様に挨拶をしに行く」と捉えられており、縁起のいいことなのです。 もし皆さんが忌中だった場合、もしくは喪中で初詣に行くべきか悩んでいる場合は神社ではなくお寺に初詣に行くのも良いでしょう。 喪中と厄年が重なったらどうする? 最後に、 喪中と厄年が重なった場合についてご紹介いたします。 厄年とは、災難や不幸が起こりやすいと言われる年齢のことです。 この厄年に当てはまる年齢を迎えた時、人々は厄を払うために神社やお寺に行って厄払いや厄除けを行ってもらいます。 厄払いは神社で祈祷してもらうこと、 厄除けはお寺でお祓いをしてもらうことを指します。 では、もし喪中と厄年が重なってしまったら、お祓いをしに行っても大丈夫なのでしょうか。 以下で順に見ていきましょう。 お寺でのお祓いは可能 お寺での厄除けは、忌中や喪中であってもまったく問題ありません。 もし故人が亡くなって間もないようなら、お寺での厄除けをおススメいたします。 神社での厄払いとお寺での厄除けには、どちらが上と言った優劣はありません。 神道を信仰しているから、などの理由がなければ、忌中もしくは喪中の間はお寺にお願いするのが良いでしょう。 神社でのお祓いは忌中のうちは避ける 神社での厄払いは、忌中では避ける必要があります。 それは先にも説明しました通り、 忌中は死の穢れがあり、神社へ行くのを控えた方がいいからです。 もしどうしても厄払いをお願いしたいようなら、お寺に厄除けをお願いするか、忌中が明けてから行くのがルールです。 慣例や風習だからといって何となくお祓いをする方も多く、その意味について曖昧な方も多いのではないでしょうか。 神社でのお祓いについて、その意味や流れ等を詳しく知りたいという方は以下の記事も併せてご覧ください。 忌中が節分以降まで続く場合 実は 厄年の厄除け、厄払いは、節分までに行った方がいいのはご存じでしょうか。 詳しく説明いたしますと、厄年は自身の誕生日ではなく、その年の元旦から始まります。 つまり18歳に厄年があるなら、誕生日がまだ来ていなくとも18歳になる年の元旦から厄払いもしくは厄除けをしなければならないのです。 そして 厄払いや厄除けは、立春までに行っておくというルールがあります。 立春の前日はちょうど節分の日なので、お祓いをするなら節分までとなるのです。 では、もし忌中が節分以降まで続く場合は、厄払いや厄除けはどうするべきなのでしょう。 その場合は、 お寺での厄除けをお願いしましょう。 しかし、もしどうしても神社での厄払いを希望するならば、神社の方に相談してみるのもいいでしょう。 厄払いは節分までとする神社もありますが、事情を丁寧に説明すれば対応してくれる可能性もあります。 喪中の初詣のルールについてのまとめ• 喪中とは、祝い事を控えて喪に服する期間(1年間)のこと。 忌中も喪中と同じく、喪に服する期間(49日間)のこと。 喪中より忌中の方が、めでたい席を控える意識が強い。 基本的に喪中の初詣は、神社でもお寺でも行って構わない。 忌中の場合は、神社への初詣は控えるべき。 対して、お寺への初詣は忌中であっても構わない。 むしろ「ご先祖様への参拝」と考えられており、積極的に行くべき。 厄年とは、災難や不幸が起こりやすい年齢のこと。 これをお祓いするために神社で厄払い、もしくはお寺で厄除けをしてもらう必要がある。 お寺では忌中、喪中に関わらず厄除けしてもらって大丈夫。 神社での厄払いは、喪中なら構わないが忌中は避ける。 厄払い、厄除けは立春の前日、つまり節分の日までにしなければならない。 よって、忌中が節分まで続く場合、お寺でのお祓いをお願いするか、神社へ相談してみる。 やむを得ない事情があると判断されれば、神社でも対応してもらえる可能性がある。 意外なことに、喪中でもある程度の自由があるようですね。 ただそうは言っても「喪中にはあらゆる祝い事を控えるべき」という考えを持っている人も、少なからずいます。 そういう時は無理に初詣などに行かず、その人の考えを尊重してあげるのも良いでしょう。 「終活ねっと」では、この他にも喪中に関する記事を多数掲載しております。 喪中期間にお祭りに参加することについては、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

喪中の初詣のルール!いつからOKいつまでがNGって決まってるの?

喪中 初詣 ルール

Contents• 喪中での初詣のルールは? まず、忌中・喪中の時は初詣に行っては いけない理由からです。 喪中の間は何かの 祝いごとをしてはいけない ということが最初にあります。 これは一般的な常識なのですが、神社の 初詣にはそれとは別に特別な理由があります。 神道(しんとう)では、 死は穢れ(けがれ) としてとらえられています。 この穢れとは、汚れ(よごれ)ではなく、 正常(清浄)や理想の状態でない ことを意味しているのです。 それと同時に、『気枯れ』(生きる力が なくなった)という意味もあります。 気枯れとは、 「大切な人を亡くして悲しみで気力がなくなっている状態」 のことを言います。 つまり、 死そのものを罪悪視しているわけではなく 死んだ状態が好ましくないとしているわけです。 身内が亡くなると、その穢れ(気枯れ) に触れた親族も悲しみのため、 正常(清浄)の精神状態ではなくなります。 その状態の間は、神様に近づくのを避け るというのが、神道での考え方なのです。 別の表現をしますと、死という現象によっ て発生した煤のようなものが『穢れ』で、 気枯れとは「その煤がまとわりついている状態」とも言えますね。 なのでその煤がなくなるまでは、神様が 穢れ(気枯れ)るから、神社への立ち入り はご遠慮を、という言い方もできそうです。 そして、正常に戻るための期間が『忌』 の期間ということになります。 そのため、死後の特定の期間は神社に立 ち入ることが許されないのです。 この特定の期間が 忌中 の間ですね。 忌中は最長で50日間ですので、 50日が過ぎて忌明けとなれば何時神社に行ってもOK なのです。 とはいえ、お正月の期間中はあまり好ま しくないようで、小正月(15日)か立春 あたりに参拝するのがよろしいでしょうね。 喪中は忌中と違い、明確な期間は定めら れていないようですが、 およそ一年間又は13ヶ月とされています。 したがって、喪中であっても死後50日が 過ぎていれば、神社での参拝は問題あり ません。 忌中の期間ですが、四十九日の間違いで は?という声もあります。 四十九日は仏教での考え方で、 神道では50日が忌の期間とされています。 また、忌の期間は、明治時代に定められ た決まりによって、細かく決められてい ます。 父母・夫・妻・子:50日• 祖父母・孫・兄弟姉妹:30日• 曾祖父母・ひ孫・甥・姪・伯叔父母:10日• その他の親族:3日 但し、地方によっては、この決まりとは 異なる所もあるそうで、忌の期間が何時 も常に50日ではない場合もあります。 又、忌中の間は、神事や結婚式以外にも、 お祝い会などへの出席や神棚への拝礼な どは控えるのがマナーです。 鳥居を避けて入れば神社に入ってもよい という意見がありますが、これは 完全にNGです! 鳥居は神社の玄関のようなものです。 『家の中に』入ってはいけないと言われ ているのですから、玄関から入ろうがトイレの 窓から入ろうが、 中に入ることにかわりはありません。 喪中で初詣に行く時に気を付けることは? 忌中には神社に詣でることはありません が、喪中で初詣に行く時に気を付けるこ とはあるのでしょうか? まず、初詣の由来から見てみましょう。 初詣は、神様に「どうか一年間守ってく ださい。 よろしくお願いします」と お願いし、ご挨拶することが目的です。 さぞ古くから、恐らくは平安時代あたり からあった風習かと思っていたのです。 意外なことに、初詣が日本に根付いたの は、明治時代前半と最近なのですね。 その起源は、『年籠り』という、大晦日 から元日にかけて、地元の氏神神社に家 長(お父さん)が籠る習慣からだったそうです。 その年籠りが『除夜詣』と『元日詣』の 2つに別れていきます。 そして江戸時代になると『恵方詣』とな り、 元日に吉方位の神社へお参り するという習慣に変わっていきます。 明治時代あたりに、その恵方詣が今の 初詣の習慣に変わったとされています。 初詣の期間ですが、これは 1月中であればいつでもかまいません。 元日あるいは三が日でなくても 全く問題ないのです。 ですから、三が日の混雑が苦手な人は、 7日過ぎあたりの方が良いかも知れませんね。 また、初詣は何回行ってもOKです。 むしろあちこちの神社へ参拝するほど、 それぞれ違う神様のご利益を得られる ので、よいのではないでしょうか。 又、仏滅などの日取りの悪い時でも大丈夫です。 神道には六曜は全く関係ありませので、 気にする必要はありません。 初詣の時間帯にはとくに決まりはありません。 ですので、早朝などは混雑せず良いかと 思いますよ。 但し、ちと寒いのが難ですが・・・ 生理中に参拝してはいけないと言われる 理由は、神様は「穢れ」を嫌うからとい うことからのようです。 とはいえ、生理が穢れ(気枯れ)に当た るのかは、その人の考え方次第ですので、 特に気にする必要もないでしょうね。 参拝のマナーとしては、まず最初に名前 を名乗ります。 「神様、今年もどうか一年守ってくださ い。 よろしくお願い申し上げます。 」な どとお願いします。 その際にはかねてからの願い事などを、 神様にお願いするのも良いでしょうね。 初詣では御朱印のある神社もあります。 ある場合は、「混雑しているから」とい うような遠慮は無用です。 神社にしても、そのために神社に詣でて いる人が多いことを知っていますし、 御朱印用に人員を増員したりもしています。 初詣の際には、おみくじもひいてみてください。 今年一年間の始まりなのです。 「私にとって今年1年必要なアドバイス をください」と祈りながらおみくじをひきましょう。 その祈りに神様は、おみくじの内容で 答えてくださるでしょう。 神社とお寺の違いは? 1年の始まりには、やはり初詣に行きたい と思うのは人情ですよね。 しかし、近親者の忌中のため、神社には 行けないとなると、 初詣はお寺でも良いのではないでしょうか。 神道とは違い、仏教では死を穢れとは していません。 なので、忌中であろうと喪中であろうと、 初詣には全く影響しません。 そもそも、忌中という考え方は神道のも ので、 仏教には全く関係ないのです。 そのようなわけで、新年にお寺にお詣り することも立派な初詣なのです。 お寺には墓もありますので、ついでと 言ってはご先祖様に失礼ですが、 墓参りをしてくるのもよいでしょう。 仏教でも宗派によっても喪中の初詣への 考えが違います。 そこで、宗派別の喪中の初詣への対応です。 真言宗 真言宗は喪中の参拝は特に制限していません。 真言宗では、神奈川県の 川崎大師や千葉県の成田山勝寺 は、初詣に多数の人々が訪れる有名な寺院です。 ただ、喪中ということであれば、目立つ 行動や賑わいのある場所へ行くことは避けるべきでしょうね。 三が日は外すなど考える必要があります。 川崎大師は、初詣の先駆者とも言われています。 江戸時代には、現在のような初詣の習慣 はなく、江戸後期に方角の良い寺社を詣 でる恵方参りが盛んにになりました。 その後明治時代になり鉄道が通じると、 行楽も兼ねての川崎大師への恵方参りに 人気が集まりました。 浄土真宗 日本で一番信者が多いのが、浄土真宗です。 浄土真宗には忌中も喪中もありません。 その理由は、死に対する考え方が神道と は根本的に異なるからです。 『死即往生』という教えで、亡くなった らすぐ仏様になるので、 忌中や喪中という観念は全くないのです。 曹洞宗 曹洞宗も浄土真宗と同じく「死即往生」という考え方です。 ですから、喪中・忌中でも初詣はOKです。 曹洞宗では初詣はもちろんのこと、年賀状 も出してもよいのです。 ただ、年賀状の場合は相手方の考え方に もよりますので、控えた方が無難かと思われます。 尚、参拝の仕方は神社と寺院では違います。 初めに手水舎で身を清めるのは同じです。 しかし、お賽銭は、寺院では自分の欲を 捨てるためのお布施ですので、何かを 願って入れるお賽銭とは違いますので気を付けましょう。 鰐口(わにぐち)と言われる鐘が吊るし てある寺院は、神社の鈴と同様にそれを 鳴らします。 一礼して合掌し、更に一礼します。 大事な点は神社と違い 柏手は打ちません ので、間違って手を鳴らさないように注意しましょう。 結び 忌中や喪中には初詣に行ってはいけない と言われています。 これは神道の考え方で、死は正常(清浄) や理想の状態でないとしているからなのです。 しかし、その禁忌の期間は、通常は最大で 50日までの忌中の間で、 50日を過ぎれば初詣もOKとなります。 又、仏教では死に対する考え方が神道と は全く異なりますので、初詣は完全にフリーなのです。 なので忌中の方は、ご先祖様のお墓参りを 兼ねて、お寺に初詣というのも良いのではありませんか。

次の

初詣のルールとマナー これだけは知っておきたい正しい参拝のやり方?

喪中 初詣 ルール

スポンサードリンク 喪中とは? 「喪中の初詣の参拝ルール」について知る前に、まずは「そもそも喪中って、いつからいつまで?」なんて疑問を抱いている方もいらっしゃるでしょう。 ご自身の立場が喪中に当てはまるのかどうかも、悩んでしまうこともありますよね。 そこで、まずは「喪中とは?」という疑問を解決していきましょう。 喪中というのは、近親者を亡くした時に、その死を悼み、喪に服す期間のことを言います。 この期間の間は、晴れやかなことは慎み、故人の冥福を祈ります。 そのため、お正月に年賀状を出したり、お正月飾りを出すこともしません。 ちなみに、喪中となる「近親者」についてですが、これは2親等までと考えることが多くなっています。 配偶者や両親、配偶者の両親、ご自身の子供、兄弟・姉妹やその配偶者、祖父母、孫などが喪中の範囲内ということですね。 3親等からは喪中とはしないケースが多いので、曽祖父母や叔父叔母などが無くなった場合は喪中からは外れる可能性が高いです。 ただし、考え方は様々で、故人との縁が深い場合は何親等かに関わらず、喪に服すこともあります。 それから期間ですが、こちらも故人との関係性によって変わってきます。 例えば父母や夫の場合は、13カ月が喪中の期間とされています。 養父母や父方の祖父母、夫の父母であれば150日です。 スポンサードリンク これらの喪中の期間に関する考え方は、明治時代に定められたものですので、今では撤廃されています。 現在では、四十九日までが忌中、一周忌までの1年間が喪中とする考え方が一般的です。 そのため、忌中であれば神社で初詣をするのはやめた方が良いでしょう。 これは、神社では「死」を「穢れ」と考えているため、近親者にご不幸があって間もない時には、神聖な場所である神社の鳥居をくぐってはいけないとされているからです。 また、神社では「穢れ」は伝染するという考え方もあるため、拝殿への参拝も良くないと考えられています。 ただし、これはあくまでも忌中の場合の考え方です。 実は神社であっても、四十九日を過ぎた喪中であれば、神社への参拝も特に問題はないのです。 喪中の際の神社での参拝ルールとしては、いくらお正月とは言え、近親者が亡くなって1年も経たない喪中なのですから、お祭り騒ぎは控えるべきという注意点が挙げられます。 ですが、普通に参拝するだけであれば、決してダメということはないのです。 お寺では死を「穢れ」とする考え方は無く、忌中や喪中の参拝についても、特に難しい参拝ルールや制限はありません。 むしろお寺では、近親者が亡くなった後、初めて迎えるお正月には、お寺やお墓に訪れて手を合わせ、冥福を祈るべきという考え方もあります。 もちろんお寺に初詣に訪れて、「お正月だから」とお祭り騒ぎをするのは良くありませんが、参拝するだけなら、こちらも全く問題は無いのですね。 どうしても喪中の初詣に抵抗を感じるのであれば、お寺を選べば安心でしょう。 喪中の初詣について~まとめ~ 喪中の初詣は「ダメ」というイメージを持っている方が少なくありませんが、意外なことに、忌中でなければ神社でも参拝はOKなのです。 忌中の場合は神社は控えるべきですが、お寺なら大丈夫。 「初詣に行きたいけれど、喪中だから・・・」と控える必要はないのですね。 喪中であっても、素敵な新年を迎えるために参拝しておきたいというのであれば、安心して神社やお寺に初詣に訪れてしまいましょう!.

次の