ホワイトニング歯磨き粉 アメリカ。 アメリカで人気のホワイトニング用歯磨き粉をご紹介!歯科医おすすめの商品も!米国人は歯が命

アメリカ発の歯磨き粉クレスト!ホワイトニングの効果や使い方は?

ホワイトニング歯磨き粉 アメリカ

今回はその海外製(主にアメリカ製)の歯磨き粉の中でも特に話題の製品について、専門家の視点からレビューさせて頂ければと思います。 流行のクレストホワイトニング歯磨き粉 クレストというアメリカの会社の物は、海外製歯磨き粉の中でも有名で、比較的お手軽に入手できる物の中の一つです。 まずはこちらから試してみました。 アメリカのドラッグストアで簡単に入手できる製品という事もあり、成分は詳しくは書かれておりませんでしたが、おそらく 「本来のホワイトニング効果(脱色効果)」を発揮する「過酸化水素」は含まれていないようです。 そのため、約1か月続けて使用してみましたが『より白くなる』という効果は実感しませんでした。 5シェードほど上がったかな?という印象です。 このクレストシリーズの歯磨き粉の中でも「3Dホワイトブリリアントブースト」という製品は、フッ素が入っていないので歯質強化の効果は無いのですが、逆に 着色を取る効果は高いのでしょう。 オフィスホワイトニングをする前後のお手軽なケアには良い製品だと思います。 こちらの使用方法は歯磨き粉の様に簡単ではありません。 テープ(ストリップス)状になっているので、こちらを歯の表面に伸ばして貼り付けて、2~3秒指で押し付けて1時間待つ。 というのが1回の使用法とのことです。 (添付の説明によると) こちらはもちろん、成分にもしっかり過酸化水素が含有されていると明記されています。 そして気になるのが1年半ものホワイトニング効果を発揮すると書いてあることです・・。 比較し易いように、上の前歯のみ貼ってみました。 が、 …… 1時間頑張るつもりでしたが、、 15分ほど経ったあたりで、 歯茎がヒリヒリ痛い!! なんとか、さらに10分我慢しましたが、歯茎が痛くて一旦、剥がして見てみました。 歯が白くなる前に、歯茎が白くなちゃいました!! これは歯茎がヒリヒリ痛いはずですね。 そうなのです。 普段、本物のホワイトニング施術をしている立場としては当然のことなのですが、 本来のホワイトニング=漂白の効果を出す過酸化水素を使用する場合のホワイトニングは、歯茎を先に保護するなど、 ホワイトニング薬剤が歯茎には付かないようにする必要があります。 しかし、この ホワイトニングテープ(ストリップス)はあくまでもテープなので、歯茎のガードができないのです。 身をもって体験しましたが、このような製品をご家庭で、自身の判断で使用するのはとても危険です。 今回使用した製品が特に濃度が濃く、強すぎる効果だった可能性もありますが、やはりまだホワイトニングテープは濃度や歯茎の保護など改良の必要があり、日本人には危険だという印象を受けました。 (当院のホワイトニングは術前にしっかりと歯科医師が歯茎の保護を行いますので、ご安心下さいね) 手軽に自宅でホワイトニングをするなら、ホワイトニングペンもおすすめ ホワイトニングペンは、名前の通りペン型のホワイトニング製品です。 この様な、<純海外製の>製品はインターネット通販でも入手困難な事が多く、よく当院にご来院の患者様にもご質問を頂きます。 しかし、やはり当院でも在庫が少なく、現在はをお申込みの方のみにお渡し可能となっております。 残り約10個となっておりますので、気になる方はお早めにどうぞ! ホワイトニングペンの使い方 このようにペン型なので簡単です。 後ろのつまみ部分をくるっと回すと、先端のハケにホワイトニング液が出てきます。 このようにハケで歯の上だけ(歯茎はもちろんダメ)に塗って乾くまで30秒待つだけです。 薬を塗ったままで気になる際は、約30分後にうがい・歯磨きをして落としてください。 30分間の間も、唇につかないかな?と心配な場合は、に付いているホームホワイトニングのトレーをはめて頂いてもOKです! 気になるホワイトニングペンを試した結果 一日4回まで使用し、約一週間使用後の結果です。 (分かり易いように 上の前歯のみの使用です) 少し白くなっていますね!(効果にはもちろん個人差はございます) パーフェクトホワイトニングをして一気に白い歯になっても、少し日が経って色が付いてきた時にも、毎日の歯磨き後にプラスして行う事で、白さを取り戻せる商品です。 このホワイトニングペンだけでも欲しい! という方も多くいらっしゃいますが、申し訳ございませんが、人気商品で入手困難で在庫が少ないためにをお申込みの方のみとなっておりますことをご理解下さい。 しかし、10,000円以上もお得なセットメニューとなります。 お申し込みはお電話か、 からとなります。 ホワイトニングペンの在庫僅少な為に、お申込み頂いても時期によってはお受けできない場合もございます事もご了承くださいませ。 <まとめ>海外製のホワイトニング歯磨き粉は危険な物も良い物もある 流行っているからと言って、気軽に通販などで入手して自宅で気軽に試すと歯茎や唇が真っ白になってしまった!という事もありますので、 取り返しのつかないことにならない様に、かかりつけの歯医者さんに相談するか、当院へお気軽にご相談下さい。 安全な商品を選び、適切に使用すれば、日本の数少ない商品よりも、白い歯維持に良い商品も多くあります。

次の

アメリカのホワイトニング事情!人気のホワイトニングは?

ホワイトニング歯磨き粉 アメリカ

アメリカの歯磨き粉のホワイトニング成分とは アメリカでは市販の歯磨き粉にも、ホワイトニング成分である過酸化水素を配合することができます。 過酸化水素は化学反応で歯の着色を分解するホワイトニング剤です。 過酸化水素のホワイトニングで、本来の歯の色からワントーン、ツートン明るくすることが可能です。 ですが、 日本の市販歯磨き粉には過酸化物を配合することが法律で許されていません。 現在使用が許されているのは歯医者さんのみ。 日本のホワイトニング歯磨き粉は、ブラッシングによるホワイトニング効果で、本来の歯の色以上に白くなることはないのです。 colgate whitening total(コルゲートホワイトニングトータル)• sensodyne extra whitening(センソダインエクストラホワイトニング)• crest white(クレストホワイト)• colgate optic white(コルゲートオプティックホワイト) 全てパッケージに「ホワイト」と書いてあったので、当然過酸化水素が入っている・・・と思いこんで買ってしまったですが・・・ なんと、結果的に 過酸化水素が入っているのはcolgate optic white(コルゲートオプティックホワイト)だけだったんです!(涙) 帰国してから翻訳機の前で、4本の歯磨き粉の全成分を調べましたが、 hydrogen peroxide(過酸化水素)と書いてあるのはcolgate optic white(コルゲートオプティックホワイト)だけでした。 アメリカの歯磨き粉も「ホワイトニング」と書いてあるからと言って必ずしも過酸化水素入りとは限りません。 なので、過酸化水素入りの歯磨き粉を欲しい方は、事前に成分表示をチェックすることをおすすめします。 アメリカの歯磨き粉はほぼラウリル硫酸ナトリウムが入っている 今回4本の歯磨き粉の成分をチェックして思ったのが、アメリカの歯磨き粉ってラウリル硫酸ナトリウム入りが多いなってことです。 ラウリル硫酸ナトリウムはシャンプーとか歯磨き粉によく使われれる合成界面活性剤のこと。 洗浄力が強い分刺激も強い成分です。 4本の歯磨き粉のうちラウリル硫酸ナトリウムが入っていないのはsensodyne extra whitening(センソダインエクストラホワイトニング)のみでした。 sensitive teeth(敏感な歯)と書いてあるので優しめの成分なのかもしれません。 個人的には日本の歯磨き粉でもラウリル硫酸ナトリウム入りは避けるようにしています。 低刺激の物を選ぶ様にしているため、アメリカの歯磨き粉を使ってみてかなりヒリヒリするなと感じました。 特にcolgate optic white(コルゲートオプティックホワイト)は1分と磨けないほど刺激が強いです! 過酸化水素入りで確かに歯は白くなりますが・・・刺激をとるか効果をとるか。 アメリカの歯磨き粉は部分使いがおすすめ! 正直、 刺激の強い歯磨き粉を毎日使うのは抵抗があります。 アメリカの歯磨き粉を使い始めてから口の中に一気に口内炎ができてしまいました!(これだけが原因じゃないかもですが) 口の中の粘膜は皮膚の何倍も吸収するというので、なるべく安全なものを使うべきだと思うのです。 それに、口の中に入れておけないがために歯磨きがおろそかになったら、本末転倒ですから。 なので、アメリカのホワイトニング歯磨き粉を使う場合は、 前歯のみ、部分使いするのがおすすめです。 ただし! アメリカの歯磨き粉って当然ですが欧米人向けに作られてますし、欧米人の歯のエナメル質は日本人に比べて厚いとも言われています。 つまり、日本人には合わない場合がありますし、過酸化水素の刺激で知覚過敏が起こるリスクもあります。 使う時はあくまでも自己責任でお願いします。 色んなホワイトニング歯磨き粉今まで試してきた管理人ですが、一番のお気に入りは 「ちゅらトゥースホワイトニング」です! ちゅらトゥースホワイトニングは沖縄の健康食品会社チュラコスが販売するホワイトニング歯磨き粉です。 >><< 10円玉の汚れがどれだけ落ちるか他のホワイトニング歯磨き粉と比較してみました。 ちなみに比較したホワイトニング歯磨き粉はポリリン酸を主な有効成分としている歯磨き粉です。 歯みがき粉を10円玉に塗って20分置いてみました。 すると… 結果は一目瞭然!ちゅらトゥースホワイトニングは歯磨き粉を塗った部分だけキレイに汚れが落ちています! 汚れが落ちる理由は、歯にダメージを与えない リンゴ酸やビタミンCで歯の汚れを浮かせ、アミノ酸高分子のPPA(ポリアスパラギン酸)が汚れをしっかり包み込んで剥がすから。 さらにウーロン茶エキスのGTOが虫歯予防として働き、有効成分のアラントインが歯肉炎や歯茎の腫れを予防してくれます。 私も実際に使ってみてますが、少しづつ歯の黄ばみが落ちてきているなと実感しています。 ホワイトニングと一緒に歯茎&虫歯ケアもしたい人• 歯の着色を落とし本来の白さをとりもどしたい人• 歯を傷つけることなく安全に白さをとりもどしたい人 ちゅらトゥースホワイトニングは 歯に着色した汚れを分解し落とすことで歯本来の白さを取り戻すホワイトニング歯磨き粉です。 歯医者さんで行うホワイトニングは過酸化物という漂白効果のある刺激の強い薬剤を使用しています。 日本ではこの過酸化物を一般の商品に配合することは安全性の面から禁止されているのですねー。 なので、ちゅらトゥースホワイトニングで歯医者さんのホワイトニングと同じような効果は得られませんが、 毎日安全に使えて、自然な歯の白さを目指す人にはおすすめです! 私も使い始めて 2か月くらいから犬歯の黄ばみが和らいできたと感じました。 ただ、歯の元々の色も個人差がありますし、長年の飲食で蓄積されたステインの場合は時間が少し掛かってしまうかもしれません。 ちなみに通販限定ですが、 アマゾンや楽天では購入できないので公式サイトをチェックしてくださいね! >>.

次の

アメリカで人気のホワイトニング歯磨き粉ベスト3ランキング!

ホワイトニング歯磨き粉 アメリカ

アメリカは歯磨き大国! アメリカではデンタルケアが超重要! アメリカでは、歯の白さや並び方、口臭などに気を使っている人が日本と比較してとても多いです。 現地の人と話すたびに「 この人の歯は白くてきれいだな」と毎回のように感じます。 アメリカのドラックストアやウォルマートといったショッピングセンターには「自宅でできる虫歯予防キット」から「ホワイトニングキット」まで幅広い種類のデンタルケア商品が並んでいます。 自宅でサッと手軽にデンタルケアができるのは嬉しいのですが、なぜアメリカはこのようにデンタルケア関連の商品が充実しているのでしょうか? アメリカは医療費が高い その理由の一つとして、「 アメリカの医療費の高さ」が考えられます。 もともと、アメリカは医療費が高額なことでよく知られています。 仮に保険に加入していたとしても、医療費の自己負担額がとても高い現状となっています。 特に 歯科関連の医療費は目が飛び出てしまうくらい莫大な金額になります。 医院によっても金額は異なりますが、「数十万円の請求書が家に届いた」という話もよく聞きます。 こういった事情から 個人でデンタルケアを行うということがとても重要となっているのです。 アメリカの歯磨き粉の成分には何がある? それではアメリカの歯磨き粉には、どのような成分が含まれているのでしょうか? 自分の目的に合った歯磨き粉を探し出すためにも、成分をしっかりと確認することは重要です。 ここからは具体的にどのような成分が含まれているか、代表的なものを3つ紹介します。 研磨剤 研磨剤は研いだり、磨くことによって 表面をツルツルにする効果があります。 ただし、歯周病や知覚過敏の方は、研磨剤による歯への刺激が強く感じられることもあります。 そういった場合は低研磨のものを選ぶのも選択肢の一つです。 フッ素 歯磨き粉の中のフッ素は、主に 虫歯予防の役割を果たしてくれる成分です。 ちなみに、フッ素濃度には上限が設定されています。 日本のフッ素濃度上限: 1450ppm• 国際基準のフッ素濃度上限: 1500ppm 海外製の歯磨き粉は日本の製品よりもフッ素濃度が高めとなっています。 フッ素濃度については、購入前にしっかりと濃度を確認してみましょう。 発泡剤 発泡剤は、歯磨き粉の泡立ちを良くする成分で、市販のほとんどの歯磨き粉に発泡剤が含まれていると言われています。 また発泡剤のメリットとして、 泡立つことにより歯磨き粉が歯の隅々まで行き渡るといったことが挙げられます。 アメリカの歯磨き粉の相場は? さて、ここまでアメリカにおけるデンタルケアの重要性やアメリカの歯磨き粉の成分について説明しました。 相場についてですが、近所のドラックストアやウォルマートなどで歯磨き粉コーナーを見てみると、 1本あたり1ドル~20ドルの商品が多かったです。 英語商品名:Crest Charcoal 3D White Toothpaste, Whitening Therapy Deep Clean with Fluoride, Invigorating Mint• 内容量:4. 1オンス(約116グラム) 3位はCrestブランドの フッ素配合の歯磨き粉としました。 Crestは先述したColgateのライバルブランドです。 この商品の特徴は、 フッ素だけでなく「炭」を配合していることです。 炭が含まれているため、中身も黒くなっています。 炭によるホワイトニング効果を期待した製品です。 4位:クレスト コンプリート マルチベネフィット ホワイトニング+スコープ• 英語商品名:Sensodyne Pronamel Toothpaste for Tooth Enamel Strengthening• 内容量:4オンス(約113グラム) センソダイン プロナメルの歯磨き粉は、敏感な歯に特化した歯磨き粉を製造しています。 こちらの歯磨き粉は 歯の強化を助けてくれる点が特徴です。 アメリカで人気のおすすめ歯磨き粉まとめ 以上、アメリカ在住の筆者が選んだ「 アメリカで人気のおすすめ歯磨き粉5選」でした。 アメリカでのデンタルケアの重要性や、アメリカの歯磨き粉の成分と価格相場、そしておすすめの歯磨き粉について理解が深まったかと思います。

次の