コロナ 後遺症。 治っても後遺症? 新型コロナの恐ろしさ、新たな闘い

新型コロナ、治った後に出る「後遺症」が怖い!20~30代の若い人が数か月続く頭痛、発熱、倦怠感で「社会復帰も難しい」: J

コロナ 後遺症

「から回復後に肺に後遺症がある」とイタリア呼吸器学会は先月(2020年5月)末に発表し、日本では肺以外にも後遺症があることが分ってきた。 山梨県の20代の男性は、3月に新型コロナウイルスに感染した後に髄膜炎を発症、一時意識障害もあったが、回復し退院した。 だが、この1〜2年間の記憶を失っていることが判明した。 治療した山梨大学医学部付属病院の森口武史医師は、「おそらく髄膜炎だけでなく、脳炎も起こしていて、脳の機能が損なわれたのではないでしょうか。 ただし、治療後のことは全部覚えているので、記憶できなくなったわけではなく、社会復帰できる状態」と話している。 東京都の30代女性は味覚・嗅覚障害になり、PCR検査を受けたら陽性とわかり入院した。 退院後1カ月以上も、味覚・嗅覚障害が残った。 嗅覚障害に詳しい金沢医科大学の三輪高喜教授は、「味覚・嗅覚を感じ取る粘膜にコロナウイルスの受容体が豊富に存在し、受容体にウイルスが付着するとダメージを受け、味覚・嗅覚が失われます。 ダメージが強いと、味覚・嗅覚を感じ取る細胞が死んでしまい、再生に数カ月かかる場合もあります」という。 退院後に気付く新たな症状 司会の羽鳥慎一「時間の経過とともにいろんなことがわかってきましたが、治って良かった、良かった、というわけでもありませんね。 退院からまた症状が出るんですね。 そんな例が増えてきました」 玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「コロナに後遺症があるということを、日本人はほとんど知らないと思います。 コロナは『8割が軽症』『インフルエンザの少しきついもの』といった言葉が一人歩きしています。 それが怖いですね」 白鴎大学の岡田晴恵教授も「私も侮れない病気とつくづく実感しています」 外部サイト.

次の

イタリアのコロナ入院患者、発症から2カ月後も8割近くに後遺症

コロナ 後遺症

最新の研究により、新型コロナウイルスの正体はただの肺炎ではなく、全身の血管に感染する「全身性血管炎症」であることが分かりました。 しかし感染者が増えるに従って、呼吸器系や血管系(循環系)とは異なる「神経系の症状」がみられるケースが増加しています。 そこで、複数の研究チームが新型コロナウイルスが脳に感染するかどうかを調べた結果、鼻腔や肺の神経を遡って中枢神経に到達するほか、脳関門を突破して血管から脳へ侵入する能力があることが示唆されました。 また中国では、重症化した人間の3人に1人が不注意や見当識障害から、排尿が困難になるなどの後遺症が報告されています。 脳への感染を示唆する3つの研究報告 2月27日、中国の研究者によって新型コロナウイルスが脳に感染する可能性が言及されました。 かつて流行したSARSやMERSには脳に感染することが知られており、SARSやMERSと類似点が多い新型コロナウイルスにも神経系への感染力が疑われたからです。 4月10日には、感染者の約36%で神経症の症状がみられ、そのうち68%は中枢神経にかかわる深刻な症状を発症するとの報告があがります。 特に重傷者では顕著であり、脳血管症・脳卒中・意識障害・四肢のけいれんなどが発生しました。 また、急性脳血管症で緊急搬送され後にウイルス陽性が確定した何人かの患者には、典型的な新型コロナウイルスの症状(発熱や咳など)が全くみられませんでした。 これはウイルスが呼吸器系へのダメージよりも早く、脳でのダメージを広げていたことを示唆します。 この奇妙な事例がウイルスの変異、もしくは患者の遺伝的特性によるものなのかはまだわかっていません。 しかし、もし変異によるウイルスの新たな特性であるならば、ウイルスがメインターゲットを呼吸器系や血管系から中枢神経へと切り替え、重大な強毒化が起きたことになります。 4月15日には、ウイルス感染により神経症を発生させた患者の後遺症についての研究報告もあがってきました。 この研究でも、重症患者で神経症が高い確率で発症した点に言及したほか、重症化した患者の3割が退院後も不注意や見当識障害から、トイレで排尿を正しく行えなくなるなどの、深刻な後遺症が発生したことを報告しました。 ウイルスが脳へダメージを与える仕組みとして考えられているものには、次の3パターンが存在します。 1つ目は、ウイルスが血管に感染したことで血管が損傷して血栓を生成され、それが脳血管をつまらせた可能性です。 これは現在最も広く知られている事例です。 特に生活習慣病をもつ人や高齢者など、血管が弱っている人はウイルスの血管に対する攻撃に脆弱で、より多くの血栓を生成してしまいます。 画像は人間の壊死を起こした脳。 これは新型コロナウイルスの仲間であるSARSやMERSが脳に侵入するためにとった手段と同じです。 SARSやMERSの患者の脳細胞からは実際にウイルス粒子が検出されました。 新型コロナウイルスはSARSやMERSと同じ種類のウイルスであり、ゆえに侵入方法も同じ可能性があります。 またウイルス感染により、多くの重症者から自律的な呼吸能力が失われることが知られており、呼吸を制御する脳幹にウイルスが感染している可能性も示唆されています。 そして第3には、ウイルスが脳関門を突破して血管から脳に感染した可能性があげられます。 脳関門は脳に繋がる血管のフィルターとしての機能がありますが、いくつかのウイルスは関門を突破する能力があります。 重症化したインフルエンザウイルスの感染患者では、脳関門を突破してウイルスが脳内で増殖することが知られています。 続きはソースで 引用元: インフルと新型コロナの違いは多々あるけど、その一つは免疫の効き方の違いだな。 インフルでは一旦感染して治ると抗体が出来て、同じ型のインフルには、まずかからない。 インフルでは人間の抗体が効くんだよ。 だからこそ、有効なワクチンが作れるわけだ。 ところが新型コロナの場合は、WHOも言っている通り、抗体が出来ても、 新型コロナの再燃や再感染を阻止するだけの力があるのかどうか、はっきりしない。 人間の抗体の効きが悪いんだよ。 だからワクチンが出来るかどうかも分からないし、 もしワクチンが出来て抗体を誘発したとしても、その抗体が効くかどうかも分からない。 さらに新型コロナはT細胞に感染して自爆することによってT細胞を無力化することが 知られてるけど、こんなに人間の免疫の効きが悪いウィルスは、他にはエイズしかない。 インフルと新型コロナは、全く違うもんだと思うわ。

次の

新型コロナの注目すべき後遺症 気分障害、血栓、急性心不全

コロナ 後遺症

こんにちは。 サトパパです。 2月になっても収まるどころか、毎日毎日コロナウイルスのニュースを耳にしますね。 発生源となった中国・武漢では日に日に感染者数も増え、死者数も増えています。 日本でも徐々に感染者数も増えていて、もし感染してしまったら、どんな症状なのか、後遺症はあるかなど気になりますよね。 すでにSARSを越えてはいますが、SARSの後遺症を参考にしてみました。 この記事では、• 新型コロナウイルス COVID-19 とSARS 重症急性呼吸器症候群 の後遺症や致死率を比較• 新型コロナウイルス肺炎で重症化しやすい持病とは?喫煙者は?• 新型コロナウイルス肺炎 COVID-19 の今後の感染者数予想 と書いていこうと思います。 新型コロナウイルス COVID-19 とSARS 重症急性呼吸器症候群 の後遺症や致死率を比較 2月12日時点で日本でもすでに国内感染者は203人にのぼりました。 クルーズ船の船内感染で大幅に増えたのも原因です。 また、中国では感染者の数がどんどん増えており、死者数も日に日に増えています。 新型のコロナウイルスの感染拡大が続く中国では、患者の数が4万4000人を超え、死亡した人も1113人となりました。 WHO=世界保健機関は、新型のコロナウイルスが引き起こす病状について「COVID(コビッド)ー19」と名付けたと発表し、有効な治療法の確立やワクチン開発に向けた計画を作成することにしています。 NHK NEWSより引用 これだけの感染力があるウイルスですから、後遺症はでないのか気になります。 世界的に流行したSARSの後遺症は、どうだったのか調べてみました。 新型コロナウイルスの後遺症に致死率は? 新型コロナウイルスに後遺症はあるのか、どんな症状なのか調査してみると、色々な噂がありました。 私が1年前にインフルエンザ脳症になった原因と同じです。 自分の免疫細胞が過剰に反応して自分の脳を傷つけるってやつです。 コロナに感染して助かった人も後遺症はどうなんだろう?そのあたりの報道が無いですよね。 色々な噂はあるのですが、後遺症がでるのは、まだ先になりますので、今は予想でしかありませんね。 ただ、重症化すると危険ですね。 新型コロナウイルス肺炎で重症化しやすい持病とは?喫煙者は? 感染力は圧倒的に強く、クルーズ船「ダイヤモンドプリンセス号」では検疫官も感染してしまいました。 致死率はそれほど高くないものの、持病をもった方は重症化しやすいようです。 「じゃあその持病って何なの?」 ってことですよね。 調べてみると、 重症化しやすい人について、これまでのところWHOは高齢者や糖尿病や心臓の病気など持病がある場合に起こりやすいとしていて、亡くなった人の多くは高血圧や糖尿病、それに心臓の病気など、免疫が低下する病気を抱えていたということです。 ただ持病の程度がどのくらいだと重症化しやすいかについては、これまでのところ、はっきりとわかっていません。 NHK NEWSより引用 持病でいうと、高血圧や糖尿病、心臓の病気をもっている方、そして高齢者は重症化しやすいようです。 さらに、69歳と61歳の男性で持病がなかったものの、重症化したようですね。 長期間にわたって喫煙していたと書かれていて、喫煙者も何か影響がある可能性もあります。 新型コロナウイルス肺炎 COVID-19 の今後の感染者数予想 現在の感染者数のグラフ推移がありました。 AIは、武漢コロナウイルスの感染者は25億人、 死者は5300万人に達すると予想。 AIの予想どおりだと致しますと、 スペイン風邪同等のパンデミック。 スペイン風邪による日本の死者は45万人でした。 空恐ろしい感じがします。 — 黒柴はな shibamusumehan1 ここまで爆発的に増える根拠はわかりませんが、増えない根拠もないので、こうならないように祈るしかありません。

次の