ご教授頂きたいです。 教示、教授、指導、指南の違いは?同じ意味でも微妙に違った!│知って得する!お役立ちCLIP

教授へのメールの書き方と文例が丸わかり! 返信時のポイントも解説|#タウンワークマガジン

ご教授頂きたいです

この記事の目次• ご教授いただきありがとうございます の意味 「ご教授いただきありがとうございます」は「(学問や技芸的なことを)教えてもらいありがとう」という意味。 なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 ご教授の意味は「(学問や技芸的なことを)教え授けること」 ご教授(読み:ごきょうじゅ)のもとになる単語は「教授」であり、意味は「(学問や技芸的なことを)教え授けること」 「ご教授」のもととなる単語は「教授」であり謙譲語「お(ご)~いただく」をつかって敬語にしています。 教える内容が、学問、芸術、何かの特別な技能、スポーツなどであれば「ご教授」を使います。 まさに大学の「教授」なんかは、学生に「(学問を)教授する」のです。 その他のことを教えてもらうのであれば「ご教示」。 余談ですがビジネスシーンで教えてもらうことといったら、とくに専門的ではないため「ご教示」をよく使います。 ご教授いただき~の意味は「(学問や技芸的なことを)教えてもらい~」 「ご教授いただき~」の意味は「(学問や技芸的なことを)教えてもらい~」 「いただく(頂く)」は「もらう」の謙譲語。 すると意味は「(学問や技芸的なことを)教えてもらい~」と解釈できます。 「ご利用いいただく=利用してもらう」「ご指導いただく=指導してもらう」などのようにして使われる語とおなじ意味。 上司・目上・ビジネスメールに使うフレーズとしてはとても丁寧で好感がもてますね。 ここで「ご教授」の「ご」の部分は向かう先を立てるために使う敬語であり謙譲語の「お(ご)」です。 余談ですが尊敬語にも「お(ご)」の使い方があり混同しがち。 「ご教授いただきありがとうございます」の意味は「(学問や技芸的なことを)教えてもらい、ありがとう」• 教授 = (学問や技芸的なことを)教え授けること• すると「ご教授いただきありがとうございます」の意味は… 「(学問や技芸的なことを)教えてもらい、ありがとう」 のように解釈できます。 ご教授いただきありがとうございます の使い方 つづいて「ご教授いただきありがとうございます」の使い方について。 ビジネスシーンではとくに、質問や問い合わせメールにたいして返信がきたときのお礼として「返信の返信メール」に使います。 書き出しのお礼に使うとよいでしょう。 使い方「問い合わせした時のお礼返信メール」 「ご教授いただきありがとうございます」はとくに質問メールに相手が返答してくれたときの、書き出しのお礼に使います。 といってもほとんど決まりきった使い方しかしません。 たとえば、• 例文「早速ご教授いただきありがとうございます」• 例文「お忙しいところご教授いただきありがとうございます」• 例文「ご多忙のところご教授いただきありがとうございます」 のようにしてビジネスメールに使うとよいでしょう。 「ご教授いただき vs ご教授くださいましてありがとう」の違い ここで少し横道にそれます。 「 ご教授いただきありがとうございます」と似たような表現には 「 ご教授くださいましてありがとうございます」 これって何が違うのでしょうか? 敬語・意味の違い まずは敬語と意味の違いについて。 とくに色づけした部分についてよくご確認を。 「まして」の部分は丁寧語「ます」+接続詞 色づけしたところが主に違います。 どちらも同じように使える ということで、 「ご教授いただく=教えていただく」なのか「ご教授くださる=教えてくださる」なのか、という点において違いますが丁寧さとしてはまったく同じです。 また、 「 ご教授いただきありがとうございます」「 ご教授くださいましてありがとうございます」はどちらも結局のところ、お礼を述べているわけであってどちらも同じように使います。 おっさん営業マンの経験値であり、本来でしたらどちらも同じように使えます。 「いただく」vs「くださる」の使い分け せっかくですので「いただく」「くださる」の違いを例文で考えてみます。 たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう すると… 「ご容赦 くださいますようお願い致します」 「ご容赦 いただきますようお願い致します」 「ご教授 くださいますようお願い致します」 「ご教授 いただきますようお願い致します」 「ご検討 くださいますようお願い致します」 「ご検討 いただきますようお願い致します」 こんな敬語フレーズをよく使います。 実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です… 「いただく」としても丁寧ではありますが… ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。 「たいそうな お品をくださりありがとうございました」 「たいそうな お品をいただきありがとうございました」 もうひとつ、 「いつも ご利用 くださりありがとうございます」 「いつも ご利用 いただきありがとうございます」 上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。 ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。 本来でしたらどれも丁寧な敬語であり同じように使えます。 「ご教授」「ご教示」の意味と違い ふたたび横道にそれます。 「 ご教授」と似たようなフレーズには「 ご教示」がありますが…これって何が違うのでしょうか? それぞれの基本となる意味をまとめると、• 「 ご教示」の意味:(何かを)教え、示すこと• 「 ご教授」の意味:(学問など専門的なことを)伝え、教えること となりますので、教えることの内容によって「ご教授」と「ご教授」とを使い分けます。 たとえば、• 敬語の使い方を専門的に教えてほしい時には「 ご教授ください」• 東京駅までの行き方を尋ねたければ「 ご教示ください」 を使えばいいということになります。 ビジネスシーンでは「ご教示」をよく使う ビジネスメールでよく使われるのは 「 ご教示」の方ですね。 これはビジネスシーンで知りたい内容が芸術や学問ではないためです。 ちなみに「ご教授」はビジネスメールで使われることがほとんどで、会話ではもっとシンプルな表現「教えて頂きたいのですが…」「教えていただけますか?」などを使います。 いっぽうで学生が先生に質問するのであれば「 ご教授」を使うのが正しい、ということになります。 「ご教授」のいろいろな使い方・例文 あとは「ご教授いただきありがとうございます」だけでなく、いろいろ使える「ご教授」の例文を紹介しておきます。 問い合わせビジネスメール結びに使う「ご教授」 お礼シーンだけじゃない「ご教授」の使い方。 おもに問い合わせや質問をともなうビジネスメール結び締めとして使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使えます。 たとえば、• 例文「ご教授くださいますようお願い申し上げます」 意味は「(学問や技芸的なことを)教えてくれるようお願いします」• 例文「ご教授のほどお願い申し上げます」 意味は「(学問や技芸的なことを)教えてくれるよう、どうかお願いします」• 例文「ご教授いただければ幸いです」 意味は「(学問や技芸的なことを)教えてもらえたら嬉しいです」• 例文「ご教授いただきたく存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「(学問や技芸的なことを)教えてもらいたいと思います」• 例文「ご教授いただければと存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「(学問や技芸的なことを)教えてもらえたらと思います」 のようにして質問すると丁寧です。 「ご教授いただければ幸いです」がもっとも丁寧な敬語であり、あとはほぼ等しいレベル。 まぁ、ようするに「教えてね!よろしく」という意味なのです。 依頼・お願いのビジネスメール結び締めに使うフレーズであり決まりきった使い方のみ。 「お願い申し上げます=お願い致します」 ところでビジネスシーンでは、 「ご教授くださいますようお願い申し上げます」としても丁寧ではありますが… 「ご教授くださいますよう お願いいたします」「ご教授くださいますよう お願い致します」と言い換えすることもできます。 また「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」をつかい、 「ご教授くださいますよう 何卒よろしくお願い申し上げます」 あるいは「お願い申し上げます」とおなじ意味の「お願い致します」をつかい、 「ご教授のほど 何卒 よろしく お願い致します」としても丁寧です。 頭の片隅にいれておきましょう。 前置きに気づかいのフレーズを! 「ご教授」の前置きに気づかいのフレーズを使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 恐縮=申し訳なく思うこと 「お忙しいところ恐縮ではございますがご教授〜」 「お忙しいところ大変恐縮ではございますがご教授〜」 「たびたび恐縮ではございますがご教授〜」• 恐れ入る=申し訳なく思う 「お忙しいところ恐れ入りますがご教授〜」 「お忙しいところ大変恐れ入りますがご教授〜」 「たびたび恐れ入りますがご教授〜」• お手数=お手間 「お忙しいところお手数お掛けしますがご教授〜」 「お忙しいところ大変お手数ではございますがご教授〜」•

次の

「教えてください」の敬語・「ご教授」と「ご教示」の使い方

ご教授頂きたいです

(転写開始) 2020年のコロナ騒動が茶番劇であることをいち早く見抜いたのは、アメリカのアンドリュー・カウフマン博士 Dr. Andrew Kaufman である。 3月末か4月のあたまに公開した YouTube 動画 "What I think COVID-19 is really is" が彼のデビュー動画と言ってもいいだろう。 この動画は新型コロナウィルスを根底から問い詰めた画期的な重要性を持つ。 ほんの2か月ほど前のことである。 この動画を見つけ、その真実性を即座に看破し、自らの壮大な陰謀論の理論的裏付けとしたのが、イギリスの デビッド・アイク David Icke である。 「デービッド・アイク:コロナウイルスは詐欺であり、歯向かうとYouTube, Facebookは削除される」 デビッド・アイクは過去30年間、さまざまな説(各論)を展開してきており、それらを総合した壮大な陰謀論には支持者もかなりいた。 ザウルスはアイクの各論の一部は強く支持していたが、他の各論は全く支持していなかった。 総論としての彼の陰謀論はここ何年もアイクをして、繰り返し危機を叫ぶ 「オオカミ少年」 にしていた。 しかし、今回の 「コロナパンデミック」 によって、そして、カウフマン博士による理論的裏付けによって、アイクの陰謀論がほぼ正当化された恰好になった と言える。 とはいえ、彼の各論がすべて正しいことにはならない。 ザウルスはデビッド・アイクよりも、彼に理論的裏付けを与える結果となったアンドリュー・カウフマン博士のデビュー動画に着目し、すぐにブログ記事として本年4月10日に、おそらく日本で初めて紹介した。 コロナ騒動:新型コロナウィルスという病原体はそもそも実在するのか? カウフマン博士はこのデビュー動画以来、職を追われ、多くの同僚や友人から背を向けられてきたが、その後もさまざまな動画で発信し続けている。 当然敵も多く、誹謗中傷や嫌がらせを受けてきている。 しかし、世界中の真実を求める人々からは広く支持されている。 (カウフマン博士 デンマークインタビューPART1) さて、翻って、日本には中国の武漢に端を発する新型コロナウィルスに関して多少の疑問を抱く人間がまったくいなかったわけではなかった。 このブログでもすでに紹介してきている、徳島大学の大橋眞名誉教授がそのひとである。 大橋眞教授は、謙虚なお人柄もあってか、今日に至るまで自らの素性(本名、肩書、所属、専攻)を動画では明らかにしていないが、徳島大学のホームページを見れば、その非の打ち所のない、立派なプロフィールは一般に公開されている。 (大橋真・徳島大学名誉教授) (専門分野・免疫生物学) 大橋教授は2020年4月1日から新型コロナについての動画公開を開始している。 しかし、当初の11本の動画(4月17日まで)では、新型コロナ対象のPCR検査の有効性に関する専門家としての疑問がほとんどである。 しかし、上掲の海外のデビッド・アイクの動画と、アンドリュー・カウフマン博士の動画が大橋教授の目にも触れ、大橋教授はまさかと思いつつも、免疫学の専門家として海外の科学論文を確かめたようだ。 そして、新型コロナウィルスについての最初の論文とされる中国医師グループのNature 誌掲載論文を専門家として丹念に精査した結果、デビッド・アイクとアンドリュー・カウフマン博士の主張が正しいという結論に達したのである。 つまり、徳島大学名誉教授である日本の免疫学の専門家は、「いわゆる新型コロナウィルスと呼ばれているような病原体が存在するという客観的な科学的証拠は一切見つからない」 と結論せざるを得なくなったのである。 しかし、これは政府の見解とマスコミの論調とは真っ向からぶつかる主張である。 大橋眞教授の4月1日以来の動画を 「大橋教授のコロナシリーズ」 と呼ばせて頂こう。 ザウルスはこのシリーズをすべてカタログ化して通し番号を付している。 25 と No. 33 の2本はすでに YouTube によって、「ガイドライン違反」 という名目で一方的に削除されている。 しかし、これらは以下の別の動画サイトで再アップロードされている。 冷静に考えてみて頂きたい。 もちろん専門家によるコロナ問題に関する動画は世界中にたくさんあるが、そのほとんどは、新型コロナウィルスという病原体の存在を当然のように前提にしたものである。 新型コロナウィルスを根源から疑い、その存在をきちんと科学的に否定する専門家というのは稀有である。 新型コロナィルスの存在を否定する素人(非専門家)の動画は珍しくないかもしれないが、残念ながらその根拠は浅く、客観性と整合性と科学的証拠に欠けるきらいがある。 誰も言わないが、この 「大橋教授のコロナシリーズ」 の公開動画50本達成は世界に誇れる日本の知性の快挙であろう。 先入観にとらわれずに物事を冷静に、客観的に判断して、その主張を公開するということがいかに困難であることか。 真実を知っていながらも、損得勘定をして、自分にとって不利益になると思って黙っている専門家が日本だけでも潜在的には何万人といるはずだ。 非科学的な根拠にもとづいた権力の横暴 と テレビ・新聞による国民染脳 が常態化し、国民が何も疑わず当然のようにマスクをしている今の現実を、覚めた目であらためて見直して頂きたい。 大橋教授の、学者生命をかけた動画発信は、非科学的な無知蒙昧のカルト集団と化した今の日本という国に差し込む一筋の真実の光である。 マスコミに媚びた学者、権力におもねる専門家、大勢に流されるだけの浅薄な知識人が溢れる中で、このような良心ある専門家が声を上げているのは日本では奇跡に近い。 この日本では、真実は徳島大学の名誉教授によって、実に科学的かつ整合的にきちんと提示されているのだ。 ありがたいことである。 あとはあなたがこの真実を受け入れるか受け入れないかという問題だけである。 大橋教授がもう2か月以上も飽くことなく発信し続けているのは、専門家としての責任感 と 科学者としての良心 からだけではなく、足並みそろえて非科学的なカルトにぐんぐん傾斜していく今の日本という国における知的退廃に対する 深い危機感 からではないだろうか。 「千万人と雖(いえど)も我往かん」 (「孟子」公孫丑上から:良心に恥じるところがなければ、千万人の敵に対しても恐れることなく向かっていこう) 大橋教授の新コロシリーズに飛ぶ。

次の

「頂きたく存じます」の意味とは?失礼のない使い方を例文で解説

ご教授頂きたいです

「頂きたく存じます」の意味とは? 「頂きたく存じます」とは「何かをもらいたい」の敬語 目上の方や取引先の方などへ、こちらの希望を伝える場面はよくあります。 「こうしてほしい」「何かをもらいたい」という要望を伝えるのは、簡単なようで案外難しいものです。 言い方によっては「図々しい」「厚かましい」と思われることもあるでしょう。 そんなときに「頂きたく存じます」という言葉を使えば、丁寧で控えめな姿勢を保ったまま、相手へ要求することができます。 「ご検討いただきたく存じます」「詳しい資料を頂きたく存じます」などと伝えることで、謙虚に「こうしてもらいたい」「〇〇が欲しい」という気持ちを伝えられます。 尊敬語の「存じます」をつけてより丁寧に 「頂く」だけを使うのであれば「詳しい資料をを頂きたいのですが」「ご検討いただけますか」などとすることもできます。 しかし「頂く」を使っていても、その後が尊敬語でなければやはり若干一方的な印象を持たれることもあるでしょう。 「頂く」だけでなく、「自分はそう思っています」「そうしてもらいたいです」という意思の部分まで丁寧に尊敬語で表現することで、相手への敬意を正しく表します。 そのため要望の後は「存じます」として、相手に対してへりくだっている状態を伝えることができます。 「頂きたく存じます」は二重敬語? 「頂きたく存じます」は二重敬語ではない 「頂きたく存じます」は二重敬語ではありません。 それは「頂く」も「存じる」も、自身の動作を表す謙譲語だからです。 「ご覧になられる」などのように、相手の動作を表す敬語が「ご覧」「なられる」など、二重になっているものが二重敬語です。 「頂きたく存じます」の使い方・例文 ビジネスメールでよく使う「ご一報頂きたく存じます」 相手に対して「連絡をください」ということを伝えたい場合には「ご連絡いただきますようお願い申し上げます」や「ご連絡お待ちいたしております」などが使われます。 この「ご連絡」という言葉を「ご一報」に変えて「ご一報頂きたく存じます」とすることもできます。 ご一報というのは「連絡」または「連絡をする」という意味で使われます。 特に、相手に対して「メールで連絡をください」と伝えたいときに「ご一報」を使うと大変スムーズな文章になるので便利です。 上司や目上の方に教えを乞う「お教え頂きたく存じます」 ビジネスの場では相手に何かを教えてもらいたい、という場面が多くあります。 そのときに「教えてください」ではビジネス感に欠けると感じる方は多いでしょう。 そんなときには「お教え頂きたく存じます」とすることができます。 もしくは、さらに格式を上げて「ご教示頂きたく存じます」などです。 「お教え」は丁寧語、「ご教示」は尊敬語なので、立場が上の方や目上の方には「ご教示」の方を使うとさらに丁寧な敬語として相手に伝えられます。 ちなみに「ご教授」は主に生徒が教師や教授などに対して使う言葉です。 そのため、一般的なビジネスの場では「ご教示」もしくは「お教え」などと「頂きたく存じます」を組み合わせて使うことになります。 「頂きたく存じます」の類語表現 謙虚なニュアンス「頂ければ幸いにございます」 「頂きたく存じます」という言葉はとても丁寧な言葉ですが、「こちらの希望を相手に受け入れてもらう」という気持ちが前提となっていることが多いでしょう。 そのため、場合によっては少し言葉のニュアンスが強いと感じるかもしれません。 「こちらの要望を受け入れてはもらいたいが、押し付けるようなつもりはない、そうしてもらえたらありがたい」という気持ちを表したいのであれば「頂ければ幸いにございます」という言葉に置き換えてみると良いでしょう。 「ご検討いただき、ご興味をお持ち頂ければ幸いにございます」 ビジネスにも便利な「宜しくお願い申し上げます」 ビジネスの場では「頂きたく存じます」という言葉が頻繁に使われています。 一度のメールや会話の中で「頂きたく存じます」という言葉を何度も使ってしまう、ということもあるでしょう。 同じ言葉を何度も使ってはいけないということはありませんが、あまりに使いすぎると一辺倒な印象を持たれることがありますし、会話や文章のリズムが整いにくくなります。 そんなときには「~のほど、宜しくお願い申し上げます」という言葉に置き換えると便利です。 「宜しくお願い申し上げます」• 「宜しくお願い致します」 これらの表現は適度にライトで、それでいてビジネス感が薄れません。 「頂きたく存じます」は、会話やメールの核となる部分だけに使い、そのほかの用件や文末の締めなどには「宜しくお願い申し上げます」を使う、など工夫すると文章のリズムが整いやすくなります。 「頂く」と「いただく」の違い 「イタダク」という言葉を、口頭で使う分には良いのですが、メールや文章の中で使うときに「頂く」と「いただく」で書き方を迷うことがあります。 この漢字と平仮名は、どちらでも良いというものではありません。 実際に物や動作が存在する「頂く」 「頂く」と、漢字で書く場合は「本動詞」の役割をする場合です。 「本動詞」というのは、一般的に「動詞」と言われている部分です。 例えば「パンを食べる」の「食べる」、「海で泳ぐ」の「泳ぐ」など、自分や他人が実際に行動する動作を指します。 つまり「頂く」を使うのは「実際に何かもらうものが存在する場合」です。 資料やサンプル、お菓子やお茶など、物理的にそれが存在し、その存在するものを自分や他人がもらうときに使います。 今回のように「頂きたく存じます」と、何かをもらう・求める場合には漢字が適切です。 動詞の添えて使う場合は「いただく」 一方「いただく」と平仮名で書くのは、物理的にそのものが存在しない場合です。 本来、平仮名の「いただく」は「補助動詞」としての役割で使います。 「頂く」を使えないときに「いただく」を使う、と考えても良いでしょう。 「補助動詞」とは動詞に添える動詞です。 例えば「契約をしていただく」「ご説明いただく」など「~をしてもらう」と考えるとわかりやすいかもしれません。 他にも「休ませていただく」「確認させていただく」など、自身の行動を表す動詞の補助として使うこともできます。 この場合は「~させてもらう」という意味です。 辞書での「頂く」と実用での「いただく」 「イタダク」を辞書で調べると「頂く」または「頂く・いただく」のどちらでも使える旨が記載されていることがあります。 これは「言葉として、このような書き方がある」という程度の理解で問題ありません。 実用で重視される判断基準は、文部科学省ホームページに記載されている「内閣訓令」を参考にすると良いでしょう。 内閣訓令によると、補助動詞としての「いただく」は公用文では平仮名で用いることを定めています。 日常生活やビジネスの場などで、内閣訓令を厳密に守らなければならないわけではありませんが、使い方に迷ったり、失礼があってはならない方への文章に使う場合などは、参考にしてみてください。 まとめ 「頂きたく存じます」という言葉は、こちらの要望を伝えつつ、相手へある程度の判断を任せる、というとても微妙な心情を表すことができます。 そのため、使う場面によっては「頂きたく存じます」では強すぎたり、反対に弱すぎたりするかもしれません。 自分が相手に対して、どれくらいの熱量で要望を伝えたいのか、ということを考えて「頂きたく存じます」を上手く使えるように意識してみましょう。

次の