ポーク ビン ダルー レシピ。 酸っぱい辛いカレー!ポークビンダルーを超お手軽に調理|呑まど たかじーぬ

酸っぱい辛いカレー!ポークビンダルーを超お手軽に調理|呑まど たかじーぬ

ポーク ビン ダルー レシピ

辛味と酸味が効いたインドカレー ポークビンダルーは、ポルトガル人がインドの西海岸地方のゴアにもたらした料理です。 ポルトガルではポークにワインビネガーやニンニク等をたっぷり漬込んでから煮込んで作りますが、ゴアでは、さらにたっぷりのスパイスやチリーを加えてアレンジされています。 ゴアの宝と言っても過言ではない料理で、辛味と酸味の味わいを効かせたインドカレーです。 ホールスパイスのとうがらしの全体に焼き目がついたら、玉ねぎを加え、火を中火強にしてきつね色になるまで炒める。 (玉ねぎが焦げそうになったら、水大さじ2を加える。 ) 玉ねぎがきつね色になったら、トマトを加え、鍋中全体がペースト状になるまで炒めて、火を弱火にしてパウダースパイスBを加え、炒め合わせて、火を中火にして全体を馴染ます。 豚肩ロースのマリネを加え、お肉全体に焼き目が付くまで炒めたら、お湯を加える。 鍋中が煮立ってきたら、火を弱火にして、蓋をして30分ほど煮込む。 30分経ったら、蓋を開け、キャロブ・ハニーを加えて2分ほど混ぜ合わせる。 お肉に火が通っているかを確認して、味見をして、塩分が足りなかったら調整をしてください。 出来上がりです。 更新日:2015年08月25日 【レシピ】 関連リンク•

次の

スパイスから作る!簡単本格ポークビンダルーのレシピ

ポーク ビン ダルー レシピ

【1】<アチャール>を作ります。 玉ねぎは2-3mm幅のくし形、レモンは薄切りにします。 【B】をよく混ぜ、玉ねぎとレモンを加えて混ぜ、冷蔵庫で1日寝かせます。 【2】豚肉は3-4cm角に切り、【A】と混ぜ合わせ、冷蔵庫で3時間漬けこみます。 【3】玉ねぎはみじん切り、トマトはざく切りにします。 【4】鍋にサラダ油を入れて熱し、玉ねぎを強火で炒めます。 水分がなくなって透明になったら、弱火にして茶色く色づくまで炒めます。 【5】トマトを加えてくずれるまで炒めたら、【2】の肉を汁ごと加え、色が変わるまで炒めます。 【6】水を加え、フタをして40分煮込みます。 蒸発して水が減ってしまったら、肉がかぶるくらいの水を足します。 【7】<ターメリックライス>を作ります。 米は洗ってざるにあけ、水けをきります。 厚手の鍋にバターを溶かし、米を加えて炒め、油がまわってつやがでたら水、ターメリック、塩、ローレル、ホワイトペッパーを加えます。 フタをして強火にし、沸騰したら弱火で12分煮ます。 最後に強火にして10秒たったら火を止め、蒸らします。 【8】【6】の肉がやわらかくなったら強火にして5分煮て、汁を煮詰め、塩で味を調えます。 【9】器に【7】のターメリックライス、【8】のカレー、【1】のアチャールを盛り、パクチーを添えます。 memo 調理時間に豚肉を漬け込む時間、アチャールを寝かせる時間は含まれていません。 ターメリックライスは、炊飯器で炊いてもよいでしょう。 材料をすべて入れ、普通に炊飯します。 バターは無塩なら、塩を少量足してください。

次の

刺激的な辛さ&酸味がクセになる!南インドカレー【ポークビンダルー】

ポーク ビン ダルー レシピ

スパイスから作る本格的なカレーが流行しているなか、最近じわじわ人気の出ている「ポークビンダルー」をご存知だろうか。 ポークビンダルーはポルトガル人からインド西海岸中部・ゴア地方に伝承され、今やゴアを代表する料理として進化したカレー。 多くのインド人は宗教上豚肉は食べないが、16~20世紀半ばまでの長期間ゴアがポルトガル領であった時代に、豚肉を使うカレーが生まれたという。 酸味、辛み、うまみが絶妙に合わさった「ポークビンダルー」は、作りたてよりも半日~1日経つと酢やスパイスが馴染んでおいしくなるので、少し置いてからいただくのがオススメだ。 フードクリエイティブファクトリーでは、食のクリエイティブディレクターとして年間500を超える食の企画をWEB媒体や食品企業に提供し、企画~レシピ開発、栄養監修までをトータルに行う。 企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、講演、イベント出演、料理教室など、多方面で活動中。 著書に『食材の栄養素を最大限に引き出す便利帖』や『発酵いらずのちぎりパン』、『塩レモンでつくる基本のおかず』など。 Twitter: 運営レシピサイト グルテンフリーLIFE: Blog: 【調理・撮影】 フードクリエイティブファクトリー 「あなたとあなたの大切な人との暮らしをもっと穏やかで創造的に」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。 食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、 イベントなどを手がけています。 HP: Twitter: Instagram: フリーアナウンサー/和酒コーディネーター テレビ、ラジオなど各媒体で活躍する一方、日本の食や和酒の魅力発信を積極的に行い、大切さ、楽しみ方を伝えている。 フィールドワークを信条とし、全国の田んぼや酒蔵に300回以上足を運ぶ。 Club Gastronomic Sake主宰。 女性向け日本酒本「日本酒日和」(舵社)監修。 日本酒造青年協議会「酒サムライ」叙任。 芸人でありながら趣味の料理が高じ、フードコーディネーター・野菜ソムリエ・食育インストラクター・BBQ インストラクター等の料理関係の資格を取得。 テレビ朝日【「ぷっ」すま】の『第2回芸能界お抱えシェフ-1グランプリ』では「大根のフルコース」、またTBS【爆問パニックフェイス!】の『凄腕料理芸人チャーハン対決』では「香り豊かなアナゴのチャーハン」を披露し、それぞれ優勝を果たす。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰 1979年生まれ。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)。 東京農業大学で発酵食品学を学んだのち、小豆島の醤油会社やオランダの帆船でのキッチンクルーとして勤務。 現在は東京・赤坂の「柳原料理教室」にて、近茶流宗家である父・一成と共に、日本料理・懐石料理を指導。 江戸時代の食文化の研究、継承をライフワークとする。 2015年文化庁文化交流使に任命され、約3カ月諸外国を回って英語で日本料理を教えるなど、日本料理をグローバルに広げる活動も積極的に行う。 NHKの大河ドラマ『龍馬伝』や時代ドラマ『みをつくし料理帖』の料理監修、料理考証も担当。 平成30年度、農林水産省・日本食普及親善大使に任命される。 趣味は茶道とクレー射撃。 フードアクティビスト/馬場企画 代表取締役編集者&ライター 食専門誌から一般誌、新聞、書籍、Webなど多方面の媒体を主戦場に、「調理の仕組みと科学」「食文化」「食から見た地方論」など幅広く執筆、編集を行う。 テレビ、ラジオなどでは飲食店や生産地についての知見を踏まえた、食トレンド/ニュース解説も。 近著に『家で肉食を極める! 肉バカ秘蔵レシピ 大人の肉ドリル』(マガジンハウス)ほか、自身も参加する調理ユニット「給食系男子」名義で企画・構成を手がけた『家メシ道場』『家呑み道場』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)はシリーズ10万部を突破。 最新刊に『新しい卵ドリル』(マガジンハウス)も。 編集者/著述家 大阪・岸和田生まれ。 神戸大卒。 『Meets Regional(ミーツ・リージョナル)』元編集長/日本文藝家協会会員/神戸松蔭女子学院大教授 京阪神エルマガジン社にて1989年「ミーツ・リージョナル」誌を立ち上げる。 93年~05年編集長。 「西の旅」編集長、取締役編集本部長を歴任した。 06年には編集・出版集団140Bを大阪・中之島に設立。 現在は雑誌、新聞、テレビ、ラジオなどで活躍している。 著者は『有次と庖丁』(新潮社)、『飲み食い世界一の大阪』(ミシマ社)、『濃い味、うす味、街のあじ。 』(140B)ほか。 2017年3月7日に新刊『いっとかなあかん店 大阪』、8月7日に『いっとかなあかん 神戸』(ともに140B)が出たばかり。 DJ/プロデューサー 1966年7月6日生まれ。 京都市出身。 97年秋『The Fantastic Plastic Machine』でデビュー以来、オリジナルアルバム他、アーティストのプロデュース、リミックスなど多数のアーティストの作品も手掛ける。 グルメ通としても知られており、全国各地を網羅する情報量を持つ。 コロムビア、avex、インディーズ時代のレア音源、新曲を含むレーベルの枠を越えた20周年の集大成とも言えるベストアルバム『Moments』がavexより発売中。 fpmnet.

次の