ルーズリーフ タイガ。 リングノート用のカバーノートにルーズリーフパッドでスリムにバインダーライフ。

ボンボン学園でのなっちゃんとの件について話します【質問コーナー】

ルーズリーフ タイガ

2冊収容できる便利なノートカバーについて。 まずはカバーノートに入れてリングノート代わりに使っている「キャンパスバインダーノート」について。 このバインダーあってこその話なので、紹介させてもらいます。 これをカバーに挟めて使っています。 使い始めの頃は軽く挟めた程度で抑えていましたが、やっぱりズレるのでバインダーの表紙の上の方を3ミリくらい切り落としました。 なんか切るのもたいないなあと思って躊躇してたんですけども、やってしまえばそうでもないですね。 よく切れるハサミを使えば切るのも簡単ですし。 そしてこのカバーには2冊収められるようになっているので、もう一冊分はサブ的なノートを挟めて使いたいなあと考えていまして、あれやこれや試してみておりました。 自分に合った使い方を見つける過程は、すんなり決まる時もあれば悩む時もある。 でもしっくりくる方法を探り当てると、少しだけストレスから解放されて、結果的に仕事がはかどることにもつながります。 時間はかかっても自分に合う文房具を。 数ある中から探し当てる感じもまた楽しいものじゃないですか。 ルーズリーフが使えるのが一番うれしい。 要するにバインダーをフル活用したい思いから、予備のルーズリーフを配備するべきか、切り離せるノートを使うべきか、そんなことをずっと考えていたんですけどね。 メモをとる時は「ここへ書く」と意図的に決めています。 そうするとそこをみれば書いているのが分かるので探す手間は減ります。 そして書き溜めた内容は後から振り分ける。 そういうのが性に合ってるぽいので、その「いつも書く場所」の位置をカバーノートの左側に設置したかったんですね。 そんなある日、見つけてしまったノートパッド。 最初から20個の穴が空いてるルーズリーフがそのままノートパッドになっている maruman(マルマン)の「かきやすいルーズリーフパッド」です。 しかもちゃんと A5サイズがあるという有難さ。 こ、こんなものが世の中にあったのか・・・!! お店にあったのが横罫6mmのタイプしかなかったのですが、このチャンスを逃すまいと慌てて買ってきてしまったんですけども、ネットで探したら方眼罫のタイプもありました。 本当は方眼罫が欲しかった・・。 後で買います。 「かきやすいルーズリーフパッド」は上の方に糊が付いていて1枚ずつペリッと剥がせるようになっています。 しかも完全に両面に罫線付きのルーズリーフそのものなので、書いた後に自分で穴あけしなくてもいいんですよね。 カバーにはこのように一番下の厚紙を挟めればセッティング完了です。 好きなようにメモを書いて、 ペリッとはがし、 バインダーへセット。 ルーズリーフだから書いた裏面にも罫線がバッチリはいっていて、当たり前のように追記もできます。 まるでレポート用紙を扱うような、それでいてノートのような感覚でルーズリーフが使えます。 なんていいものを作ってくれたんでしょうか・・・。 カバーを閉じても・・・ 厚さちょうどよく、スマートな収まり。 右にコクヨのバインダーノート、左にマルマンのルーズリーフパッド。 思い描いていた最高の組み合わせが出来上がりました。 コストが高いんじゃないの? もちろん、このルーズリーフパッドだけを使う場合は、ガシガシ物を書く場合は割高になります。 50枚で200円近いですからね。 無印のルーズリーフなんて100枚で120円ですし、他のメーカーのでもかなり安く買えますし。 なので、その辺は状況に応じて使い分けてもいいんじゃないかとも思っています。 腰を据えてたくさん書く時は最初からルーズリーフを引っ張り出して書く。 外へ持ち出してメモをするときは、カバーノートひとつもって出かければいいので持ち物が減らせます。 基本的にノートにカバーをつけたくなる時というのは、持ち出しをスッキリさせたい用途があるので、多少高いルーズリーフでも私はアリだと思ってます。 今時のルーズリーフ事情に驚く。 話は少しそれますけど、カバーノートに挟めるものを探している途中に便利そうなものがありました。 説明書きをみると、 パッドタイプのルーズリーフをセットし、切り取ったリーフや書類・レジュメを収納できる持ち運び性能に優れたスリムなホルダーです。 ゴムバンド付で中身のパッドや用紙をしっかりホールドします。 記録したルーズリーフはファイルノートに移し替えて保管するなど、『ルーズリーフ』『パッドホルダー』『ファイルノート』を組み合わせて使うと非常に便利な、新しいスタイルを提案します。 ・・と。 つまりバインダーを持ち歩かなくても、これもルーズリーフが使いやすいってことですからね。 ぐぬぬ。 いいじゃないか、これ・・。 それから、これはパッドじゃないけど、ルーズリーフに小さいサイズのちょいメモサイズもあるんですね。

次の

ルーズリーフのタイガ、レイの大学や高校はどこ?年齢などのプロフィールも

ルーズリーフ タイガ

2冊収容できる便利なノートカバーについて。 まずはカバーノートに入れてリングノート代わりに使っている「キャンパスバインダーノート」について。 このバインダーあってこその話なので、紹介させてもらいます。 これをカバーに挟めて使っています。 使い始めの頃は軽く挟めた程度で抑えていましたが、やっぱりズレるのでバインダーの表紙の上の方を3ミリくらい切り落としました。 なんか切るのもたいないなあと思って躊躇してたんですけども、やってしまえばそうでもないですね。 よく切れるハサミを使えば切るのも簡単ですし。 そしてこのカバーには2冊収められるようになっているので、もう一冊分はサブ的なノートを挟めて使いたいなあと考えていまして、あれやこれや試してみておりました。 自分に合った使い方を見つける過程は、すんなり決まる時もあれば悩む時もある。 でもしっくりくる方法を探り当てると、少しだけストレスから解放されて、結果的に仕事がはかどることにもつながります。 時間はかかっても自分に合う文房具を。 数ある中から探し当てる感じもまた楽しいものじゃないですか。 ルーズリーフが使えるのが一番うれしい。 要するにバインダーをフル活用したい思いから、予備のルーズリーフを配備するべきか、切り離せるノートを使うべきか、そんなことをずっと考えていたんですけどね。 メモをとる時は「ここへ書く」と意図的に決めています。 そうするとそこをみれば書いているのが分かるので探す手間は減ります。 そして書き溜めた内容は後から振り分ける。 そういうのが性に合ってるぽいので、その「いつも書く場所」の位置をカバーノートの左側に設置したかったんですね。 そんなある日、見つけてしまったノートパッド。 最初から20個の穴が空いてるルーズリーフがそのままノートパッドになっている maruman(マルマン)の「かきやすいルーズリーフパッド」です。 しかもちゃんと A5サイズがあるという有難さ。 こ、こんなものが世の中にあったのか・・・!! お店にあったのが横罫6mmのタイプしかなかったのですが、このチャンスを逃すまいと慌てて買ってきてしまったんですけども、ネットで探したら方眼罫のタイプもありました。 本当は方眼罫が欲しかった・・。 後で買います。 「かきやすいルーズリーフパッド」は上の方に糊が付いていて1枚ずつペリッと剥がせるようになっています。 しかも完全に両面に罫線付きのルーズリーフそのものなので、書いた後に自分で穴あけしなくてもいいんですよね。 カバーにはこのように一番下の厚紙を挟めればセッティング完了です。 好きなようにメモを書いて、 ペリッとはがし、 バインダーへセット。 ルーズリーフだから書いた裏面にも罫線がバッチリはいっていて、当たり前のように追記もできます。 まるでレポート用紙を扱うような、それでいてノートのような感覚でルーズリーフが使えます。 なんていいものを作ってくれたんでしょうか・・・。 カバーを閉じても・・・ 厚さちょうどよく、スマートな収まり。 右にコクヨのバインダーノート、左にマルマンのルーズリーフパッド。 思い描いていた最高の組み合わせが出来上がりました。 コストが高いんじゃないの? もちろん、このルーズリーフパッドだけを使う場合は、ガシガシ物を書く場合は割高になります。 50枚で200円近いですからね。 無印のルーズリーフなんて100枚で120円ですし、他のメーカーのでもかなり安く買えますし。 なので、その辺は状況に応じて使い分けてもいいんじゃないかとも思っています。 腰を据えてたくさん書く時は最初からルーズリーフを引っ張り出して書く。 外へ持ち出してメモをするときは、カバーノートひとつもって出かければいいので持ち物が減らせます。 基本的にノートにカバーをつけたくなる時というのは、持ち出しをスッキリさせたい用途があるので、多少高いルーズリーフでも私はアリだと思ってます。 今時のルーズリーフ事情に驚く。 話は少しそれますけど、カバーノートに挟めるものを探している途中に便利そうなものがありました。 説明書きをみると、 パッドタイプのルーズリーフをセットし、切り取ったリーフや書類・レジュメを収納できる持ち運び性能に優れたスリムなホルダーです。 ゴムバンド付で中身のパッドや用紙をしっかりホールドします。 記録したルーズリーフはファイルノートに移し替えて保管するなど、『ルーズリーフ』『パッドホルダー』『ファイルノート』を組み合わせて使うと非常に便利な、新しいスタイルを提案します。 ・・と。 つまりバインダーを持ち歩かなくても、これもルーズリーフが使いやすいってことですからね。 ぐぬぬ。 いいじゃないか、これ・・。 それから、これはパッドじゃないけど、ルーズリーフに小さいサイズのちょいメモサイズもあるんですね。

次の

ルーズリーフ(YouTuber)のメンバーの年齢や事務所等のプロフィール!

ルーズリーフ タイガ

大学生タイガのプロフィール ルーズリーフのまとめ役といったらこの人、 タイガさんです。 実はこのタイガさん、Youtubeを始めた最初のキッカケは自らすすんで始めたのではなく、 今現在サブメンバーとして活躍しているコジマさんから誘われてYoutubeを始めたそうです。 ただある日、誘われてはじめた当時のYoutubeチャンネルが一旦終了する事になり、まだまだYoutubeをやりたかったタイガさんが、心機一転して新しくチャンネルを立ち上げたのが2018年の1月1日からスタートした「ルーズリーフ」です。 そして今は、シーブリーズというサブチャンネルと自分個人のチャンネルも立ち上げ、さらにルーズリーフの自由帳という自由に撮ってるチャンネルも作り 合計4つのチャンネルを運営しています。 しかし本業は大学生で学校に行きながらもほぼ毎日動画をUPしているみたいですね。 ただどこの大学か?については公表されてはいないようです。 また、タイガさんはUUUMアカデミーの3期生だそうですね。 今現在は、 UUUMに所属しているようです。 個人のチャンネルとして「 宮越タイガ【ルーズリーフ】」というチャンネルを立ち上げているのですが、しかし、タイガさん本人がツイッターにつぶやいてたのを見ると、 この苗字はYoutuberタイガの芸名みたいなものらしいです。 というわけで、本名については公表されていないようで分かりませんでした。 大学生タイガの年齢は? タイガさんは2019年9月時点で 22歳ですね。 1997年年7月28日生まれだそうです。 大学生レイのプロフィール タイガさんの相方といったら レイさん。 「ルーズリーフ」をはじめたキッカケは、前のグループが一旦終わってしまった時にタイガさんのすぐ隣に居て声をかけられたのがキッカケだそうです。 その時のタイガさんが言うには、レイに一緒にYoutubeやろうって言ったらやってくれるかな?ってきいてみたら、「むしろやらせろw」と返ってきたから今ルーズリーフとしてやってこれてる。 という話でした。 ただレイさん本人はYoutubeでトップを目指そうとは考えていなかったようで、当時はなにかやりたくて何かのオーディションを受けようとしていたみたいですね。 どちらにしても、タイガさんもレイさんも、当時はお互いにタイミングがぴったりだったみたいです。 大学生レイの本名は? レイさんも本名は公表されていないようです。 大学生レイの年齢は? レイさんは年齢も公表されてないみたいですね。 大学生グループルーズリーフの動画を観るならこれがおすすめ! ルーズリーフでちょっとおすすめな動画がこちら、 【笑ってはいけない】一文字で口喧嘩したら面白すぎて妖怪出てきたwww です。 最初のスタート時には、タイガ、リキセイ、レイの3人がメインでやってたみたいだけど、リキセイさんは今アメリカに居るため毎日ルーズリーフには出られない状態が続いた為、最終的にはルーズリーフからは外れて別チャンネルのシーブリーズをメインにやっていく事になりました。 また、別チャンネルではユウマさんがリーダとなり、メンバーとして、 タイガ、レイ、リキセイ、ジャグ、コジマの計6人でシーブリーズが始まりました。 しかし、その二ヵ月後の12月1日に、 リーダーのユウマさんが脱退して別の路線でやっていく事になってしまいました。 この流れを客観的に見ていくと、やっぱりちょっとメンバーが不安定にも見えてきますね。 ただ、まとめ役のタイガさん自身いろいろ考えた時期もあったとは思うのですが、そういった事は一切表に出さずに自分のやりたい事をYoutuberとして毎日頑張ってやっているので多少不安定でも大丈夫な気がします。 実際にこのままタイガさんが目標に向けて一生懸命頑張り続けていれば、ルーズリーフもいずれは誰もが知る有名なYoutuberの一つになる可能性があります。 とくに動画の加工や構成が他の新人Youtuberよりも頭一つ抜きに出てるので、後は時間の問題だと思います。 最後に 今のルーズリーフはタイガさんとレイさんが中心に活動されていますが、このタイガ&レイの活躍を見ていると、ラインでのライブや交流会に現地ライブなど、他の新人Youtuberと比べてもかなり積極的に行動されているのが分かります。 しかも、近場だけでなく他県にまで行ってライブを行うとか、新人Youtuberの行動力とは思えないぐらい積極的です。 ただ去年は、1年の間にメンバーの間でいろいろあったみたいだからちょっと不安定な時期もあったけど、今年は頑張ればもしかしたら一気に10万登録ぐらいは軽く超えるかも? いや、もしかすると100万登録いっちゃうかもですね。 これはちょっと将来が楽しみです。

次の