ドル ウォン 推移。 米ドル円の見通しと過去10年間の為替レート推移(最高値・最安値)【2020年最新版】

USDKRWチャート

ドル ウォン 推移

スポンサーリンク ドルウォンレート推移 こちら2019年からのドルウォンレートの推移のグラフです。 2019年9月ぐらいまではきれいな右肩上がりでウォン安進行。 その後、10月に一旦ウォン安トレンドが終了したかにも見えました。 その後、2019年の年末はアメリカと中国の貿易戦争が一段落ということで1155近辺までウォン高に。 安心感が広がりました。 そうして2020年は1155ぐらいからのスタートでしたが、新型肺炎の影響で再び1200を超す展開になっています(かなり急激にウォン安になっています)。 その他の要因としては世界経済が不安定になると安全で信用のある通貨である円は買われ、ウォンのような不安定な通貨は売られます。 これがウォンという通貨の本当の実力と言えます。 日付 ドルウォンレート概要 2020年4月2日 ドル不足か?ウォン安進行で1230超え 2020年3月27日 市場が少しずつ落ち着いてきた1210までウォン高 2020年3月23日 再び1280までウォン安進行やばい 2020年3月19日 韓米通貨スワップで1260までウォン高 2020年3月19日 1280超えやばい! 2020年3月18日 1260超えやばい! 2020年3月17日 一時1240超え 2020年3月16日 1230超え 2020年3月13日 1220超えで危険状態 2020年3月3日 1180までウオン高、一旦落ち着く 2020年2月24日 1220手前までウォン安 2020年2月21日 1210を突破 2020年2月20日 1200近辺までウォン安 2020年2月12日 1180までウォン高 2020年2月8日 再び1195水準に 2020年2月4日 新型肺炎の危機薄れ1180付近までウォン高 2020年2月1日 1197付近でスタート。 com) 2019年のウォン安について 2019年に入ってアメリカ中国の貿易戦争が本格化。 中国元の下落と共に韓国ウォンも下落しています。 2019年4月~5月に急激にウォン安へ 2018年のドルウォンレートは比較的安定していました。 1070~1100ぐらいということで少しウォン高という感じでしょうか? おそらく韓国としてはウォンドルレート1100~1150ぐらいが一番良いレベルだと思います。 ウォンが強すぎると輸出がふるわなくなり、逆にウォンが弱すぎると外国への借金が返せないということで難しい状況です。 そのウォンドルレートが2019年4月から急激にウォン安に触れ心地よいレートから外れてきました。 2019年5月17日には1195までウォン安が進行。 その後は1200を手前に一進一退の状況です。 2019年6月~7月はやや戻す その後2019年6月~7月はややウォン高にふれています。 1160までウォン高に。 アメリカ中国の貿易戦争が一息ついたという情報もあったのでリスク選好の形になったのでしょう。 2019年8月にウォン安へ その後、2019年8月に再びウォン安になり1220近辺までウォン安が進行しています。 9月に入ってやや落ち着いていますが危険な水域と言えるでしょう。 2019年10月~11月中旬にウォン高 その後、10月~11月中旬はアメリカ中国の貿易戦争が一息ついたということでウォン高進行。 1160近辺までウォン高が進んでいます。 2019年11月中旬以降 11月中旬以降は再びウォン安に。 一時1160付近までウォン高になりましたがそこからウォンが売られて1180を超えてました。 再び1200に近づき、1200を超す展開が2019年内にあるかもしれません。 ただし韓国がGSOMIA破棄を撤回したのでしばらく落ち着く可能性もあります。 (参考:) 韓国株価指数下落もウォン安要因 韓国の株価指数下落もウォン安要因になります。 株価は韓国企業の業績を反映しているので当然と言えば当然。 (ただし日本の場合は通貨が強いので日本の株価が下落しても円安にはならない。 逆に株安でも信頼できる円が人気になり円高になることも多い) 株価は2000を切ると危険と言われていますが個人的には1900ぐらいが危険なラインと思います。 そして2018年以降は株価も通貨も少しずつ危険水域に接近しています。 株価が暴落すればウォン安が一気に進行する可能性があるし、逆にウォン安が進行することで株価が暴落することもあり得ます。 どちらも韓国にとては考えたくないシナリオですが十分にあり得ます。 韓国の株価指数も要チェックです。 (参考:) まとめ 2019年4月以降、ウォンが売られて通貨安の状況。 1200や1250が1つの防衛線とも言われているので注目していきたいと思います。 (個人的には1300ぐらいまでは全然大丈夫だとは思っていますけどね) 人気記事ランキング• タピオカ店への脅迫問題で木下優樹菜さんが引退すると言われています。 7月1日に復帰発表をしたばかりで7月6日には... 「徴用工問題で日本企業は資産の現金化前に和解始めるべき」という論調が日本の一部で出ています。 こういった動きは韓... モロッコで現代自動車が旭日旗看板で宣伝しています。 確か旭日旗は駄目と韓国が言っていたのでは?それなのに何故宣伝... 韓国の雇用保険基金が2020年末にほぼ枯渇するという試算が出ています。 対策するとなれば雇用保険金を今までよりも... 今回は在日特権はあるのか?ということでまとめていきます。 在日特権とは? 在日特権は在日外国人の特権のこと... 日本が韓国より先に台湾の入国規制緩和を検討しているとの報道がありました。 台湾はここ最近、新型肺炎の感染者が出て... ベナン沖で韓国人船員5人が拉致されたとの速報が入っています。 どのような状況なのでしょうか?韓国の報道や韓国の反... 韓国2020年6月の外貨準備高は4107億ドルになりました。 新型コロナで外貨準備高が100億ドルほど減少する場... 国連27カ国が中国に対して「香港保安法の廃止」を要求しました。 しかしながらその声明に韓国は含まれていません。 韓国で大企業の1次下請け会社も倒産するという状況になりつつあります。 人件費の急騰で韓国国内で製造業を続けること...

次の

韓国ウォン/円(KRWJPY)|為替レート・チャート|みんかぶFX

ドル ウォン 推移

それでは最初にドル円レートの長期推移です。 ドル円為替レートの長期チャート(1971年3月~) 【変動相場制以前の解説 (上記チャートより以前)】• 1816年~1914年は金本位制で英ポンドが基軸通貨となっていた• 第一次世界大戦開戦(1914年~)から第二次世界大戦終戦(~1945年)までは世界恐慌(1929年)などもあり、世界経済が混乱する中で英ポンドの地位が徐々に低下し、米ドルが基軸通貨として台頭してきた。 1944年~1971年まではいわゆる「ブレトンウッズ体制」が続いた。 ブレトンウッズホテルに連合国の代表が集まって決定した国際通貨制度で、米ドルだけが金と交換比率を固定し、他の通貨は米ドルとの交換比率を固定するもの。 金本位制とほぼ同じに見えるが、米ドル以外は直接金との交換ができず、国際的な通貨決済は米ドルを中心に行われる点が金本位制と大きく異なる。 「金・ドル本位制」と呼ばれることもある。 この時点で米ドルが完全に基軸通貨の地位を確立した。 1971年8月のニクソンショックによりアメリカは米ドルと金の交換を停止し、ブレトンウッズ体制が終了した。 その後、主要通貨は変動相場制へ移行していくことになる 【変動相場制移行後の解説 (上記チャート部分)】• ドル円レートは1971年まで続いた1ドル=360円の固定相場から2011年10月31日にはドル円の過去最高値となる1ドル=75円32銭まで円高トレンドとなった• 長期的に円高ドル安トレンドとなっている要因として日米のインフレ率の差があげられる(多くの期間で米国は日本より高いインフレ率)• また、インフレ率が高いと 実質金利の低下を招き、これも通貨安の要因となる• 大きな円高トレンドは日本が低インフレ下での高い経済成長を続けたことが要因と考えられる• インフレ率と為替レートの関係はこちらをご覧ください: チャートを10年ごとに区切った詳細な説明は下記を参照。 ドル円為替チャートと変動要因(1970年代)• 1971年8月、ニクソン米大統領は8月に米ドルの金交換停止等を発表(ニクソンショック)• 変動幅は上下2. 93円~301. 70円• 1973年2月から変動相場制に移行• 変動相場制移行は1ドル=260円台まで円が急伸したが、1973年10月に発生した第一次石油ショックをきっかけに1ドル=300円前後まで円安ドル高が進んだ• 1980年~1984年までは1ドル=200円~280円の円安ドル高水準で推移した。 この間、米国は双子の赤字(財政赤字、貿易赤字)で苦しむ中、日本は大幅な貿易黒字を計上しており、一般的な経済理論から考えると円高ドル安にシフトしやすい環境であった。 しかし、この間の米国は高インフレの時代で、一時期10%を超えるなど高止まりしていたインフレ率抑制のため政策金利を大幅に引き上げていた。 1980年代前半のFFレートは概ね10%~20%で推移しており、高金利が資金シフトを呼び、円安ドル高になったと考えられる• 1985年9月22日、ニューヨークのプラザホテルで、主要国の財務大臣・中央銀行総裁が集まり、ドル高是正についての会合 G5 が開催され、プラザ合意が成立した(これは円安ドル高による国際競争力の低下を恐れた米国が要請し各国が承認した形であった)• ドル円為替チャートと変動要因(1990年代)• 1990年代のドル円レートは非常に特徴的な動きとなった。 1995年までの大幅な円高、1997年のアジア通貨危機による円安、1998年のロシア危機による円高と短期間でトレンドが大きく変化した• 75円をつけた(上記チャートは月次ベースデータのため80円を下回っていないが、日次ベースでは80円割れとなった)• 1990年代前半は日本の大幅な貿易黒字による日米の貿易不均衡が問題視されており、長期的な円高の最も大きな要因と考えられる• 66円まで大幅に円安となった• この間、日本の景気低迷に加えて、1995年4月のG7で円高が行き過ぎとの声明を発表、さらに1997年7月にタイから始まった アジア通貨危機が発生し同じアジア圈の日本の通貨である円も売られたことで大きく円安が進んだ• 更に1997年11月北海道拓殖銀行、山一證券の経営破たんも円売りの材料となった• ロシア危機直前の1998年8月には1ドル=147. 66円まで円安が進んだ• 1998年8月のロシア危機によるロシア国債デフォルトは大手ヘッジファンドLTCMの破たんを引き起こした。 ( 以前は有事のドル買いと言われたが、このロシア危機以降、リスクオフ時の円買いが意識されるようになった)• ここまで円高が進んだ要因として、米国の金利水準が当時としては過去最低水準で推移(FFレートで5%前後、10年国債で5%~6%前後)していたことに加え、日本の景気回復期待から10年国債利回りが一時期2. (有事のドル買い?)テロの前は120円前後で推移していたが、テロ以降一気に円安ドル高が進み130円を超える円安ドル高となった• 2007年8月のパリバショックを皮切りにサブプライムローンの問題が表面化、2008年3月米大手証券ベアスターンズの実質破たん、2008年9月米大手証券リーマンブラザーズの破たんが発生し、世界的に景気後退に陥り、金融マーケットは大混乱となった。 FRBは2007年9月から利下げを開始し、2008年12月までに5. 同時に2008年11月以降は大規模な量的金融緩和(QE)を行ったことが円高ドル安の大きな要因となった。 第2次安倍政権が誕生する2012年後半まではリーマンショック以降の円高トレンドが継続していた• この円高ドル安局面において、米国はインフレ率が2%~3%あるにも関わらず、ゼロ金利政策を行ったことで実質金利が大幅なマイナス圏で推移していた。 日本もゼロ金利政策を導入していたがデフレ(マイナスのインフレ率)であった為、相対的に実質金利が高止まりした。 これが超円高の大きな原因となった。 【日米実質金利差はこちらを参照:】• 2012年12月に第2次安倍政権 アベノミクス が発足したことと、2013年4月に日銀総裁に黒田氏が就任(黒田バズーカー)したことで日本も大規模な量的金融緩和を開始し円安ドル高トレンドとなった(日銀は2%のインフレ目標も導入:)• 2016年の前半は急激な円高が進んだが、これは米国の利上げが予想より進まないとの思惑が要因であったと考えられる(インフレ率はある程度上昇しているにもかかわらず利上げが遅れると実質金利が大きくマイナスとなり通貨安要因となる)• 2016年11月のトランプ大統領就任により米国長期金利上昇をきっかけとして円安ドル高が進んだ。 1ドル=100円前後から1ドル117円前後まで円安が進んだ。 2017年~2019年は概ね1ドル=110円を挟んだ動きとなり、3年連続で低いボラティリティ(変動率)となった• 2020年2月以降、新型コロナウイルスの影響によりマーケットがリスクオフとなる中、FRBは2度の緊急利下げを行った。 2020年3月3日に0. 5%、2020年3月15日に1%の緊急利下げを行い、FF金利の誘導目標は0%~0. 25%とゼロ金利政策が復活した。 この間、米国10年国債利回りは一時、0. 3%まで低下した。 ドル円レートは日時ベースでは2020年2月20日の1ドル=112円台から2020年3月10日には1ドル=101円前後まで円高が進んだ。 しかし、直ぐにリバウンドし月次ベースでは横ばいとなった。 関連ページ ドル円レートの予想・分析はこちらを参照してください! 米国の政策金利とインフレ率の推移はこちらを参照してください! 米国の貿易赤字についてはこちらをご覧ください! 先進国の経常収支の推移についてはこちら! 先進国のソブリン格付けについてはこちら!.

次の

USDKRWチャート

ドル ウォン 推移

香港の逃亡犯条例改正案撤廃の報道で日経225先物は上昇。 これにより香港ハンセン指数は4%を超える上昇を見せ、欧州株式市場も上昇している。 独 は1. 32%高、英 は0. 79%高となっている。 米国株価指数先物も上昇しており、 は0. 90%高となっている。 は2万770円と8月上旬から続くレンジ相場の上限にまたもや 近づいてきている。 日足では下値が切り上がってきており、先週末は突破できなかった上抜けを本日できるかが注目される。 は株高を受けて106. 23円と円安方向にふれている。 32%安、 は0. 47%安。 香港への懸念が緩和したことで人民元高が進んでいる。 夕方に発表されたドイツ、フランス、ユーロ圏のサービス業PMIはいずれも前月より改善した。 ただしイタリアは悪化している。 他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。 我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。 会話を豊かにしようとする。 集中し、主題から外れない。 論じられたトピックに関することだけを書きこむ。 敬意を示す。 否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。 注意: スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。 日本語での コメントのみ許されています。 スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing. comの裁量により今後の登録が禁じます。 保存したアイテムを参照してください。 保存したアイテムを参照してください。 All CFDs stocks, indexes, futures and Forex prices are not provided by exchanges but rather by market makers, and so prices may not be accurate and may differ from the actual market price, meaning prices are indicative and not appropriate for trading purposes. Please be fully informed regarding the risks and costs associated with trading the financial markets, it is one of the riskiest investment forms possible. 22,696. 42 -73. 98 -0. 0 -87. 0 -0. 95 -62. 76 -0. 963 -0. 356 -0. 59 -0. 16 -0. 96 -0. 58 -0. 00 -0. 27 -0. 94 -1. 17 -0. 6011 -0. 0333 -0. 52 -0. 09 -0. 5 -61. 5 -0. 0 -3. 7 -0. 0 -35. 0 -0. 2 -0. 9 -0. 仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。 また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。 金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。 Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。 またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。 その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。 Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。 Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。 すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。 Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある場合は英語版が優先されます。

次の