小滝 ちひろ。 小滝ちひろ経歴プロフィールや学歴は?炎上ツイッター内容は?

(更新)朝日新聞編集委員/小滝ちひろの発言「あっという間に世界中を席巻し、戦争でもないのに超大国の大統領が恐れ慄く。新コロナウイルスは、ある意味で痛快な存在かもしれない。」

小滝 ちひろ

朝日新聞編集委員の小滝ちひろ氏のTwitter投稿 新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり全国紙の編集委員が発言した内容が、物議を醸している。 朝日新聞編集委員の小滝ちひろ氏は13日、自身のTwitterアカウント上で「あっという間に世界中を席巻し、戦争でもないのに超大国の大統領が恐れ慄く。 新コロナウイルスは、ある意味で痛快な存在かもしれない」と投稿した。 「朝日新聞デジタル」に記載されている小滝氏のプロフィールによれば、小滝氏は奈良をベースとして主に文化財と古社寺を担当しているという。 削除前には小滝氏の似顔絵と共に、「朝日新聞編集委員(社寺・文化財担当)」などのプロフィールが書かれていた。 現在世界中で感染拡大が続きWHO(世界保健機関)がパンデミック(感染症の世界的流行)宣言を行ったばかりの新コロナウイルスについて、全国紙の編集委員という責任ある立場の人物が「痛快な存在」と発言したことを受け、インターネット上では次のような批判の声があがっている。 「朝日新聞の編集、世界規模の不景気と死者出ても『痛快』と形容する」(原文ママ、以下同) 「人でなし」 「朝日新聞は非常に政権に対して潔癖な立場で批判をされておるわけですが、こんな発言一つでその潔癖な朝日新聞は廃刊を決断しても良いのではないか?」 「仮にも日本を代表する大新聞社、朝日新聞の編集委員と称する方が、この状況を『痛快』と表現してしまう。 当然ながら一番困っているのは社会的な弱者なのだが… レトリックだとしても稚拙に過ぎるだろう」 「5000人近くの方が亡くなられているというのに『痛快な存在』って…」 「罹患した方や関係者、経済的損害を被っている事業者と消費者に対して、身内でも今まさにその取材に駆けまわっている若い記者にもそれを言えるのだろうか」 今回の小滝氏の言動について、全国紙記者は語る。 そのため、変なエリート意識を持って勘違いをしてしまう記者も少なくありません。 最近でこそ下がっていますが、30代で年収が1千万円台に乗り、庶民とはまったくかけ離れた感覚の人間も多いと感じます。 今回問題となっている投稿も、本人は少しウィットを効かせた表現をしたつもりになっているのかもしれませんが、こういう投稿がシャレでは済まされないということに気づかない感覚が、やはり世間とはズレていますよね」.

次の

朝日新聞の編集委員、「新コロナは痛快な存在」と投稿し物議…歪んだエリート意識

小滝 ちひろ

小滝ちひろとは誰?プロフィール 朝日新聞の編集員を務める57歳の男性。 大阪市在住。 担当は社寺・文化財担当。 担当が寺社仏閣なのに今回何故コロナについてツイートしたのでしょう? 問題となったツイート 本人のアカウントは削除されていたので、スクショを取っていた方のツイートを引用させていただきました。 多くの人が死亡し、苦しんでいるウイルスに対して「痛快」とは。 朝日新聞をはじめとするメディアが大好きな【説明責任】は? — フラッペロン flapperon13 問題のツイートについて解説 前半部分「あっという間に世界中を席巻し、戦争でもないのに超大綱の大統領が恐れおののく。 」 ツイートにある「超大国」とは「アメリカ」の事を指していると思われます。 3月14日、日本時間未明にトランプ大統領が「非常事態宣言」を出したことを指摘しているのだと推測できます。 ツイート後半部分「新コロナウイルスは、ある意味で痛快な存在かもしれない。 これに関しては以下のようなツイートが寄せられています。 まーた、朝日新聞かよ。 こんなゴミみたいな民度の奴らに日本を貶められてると思うと、怒りを通り越して悲しくなってくるわ。 そんな状況なのに、小滝さんが「コロナウイルスは痛快な存在」と言ったのが不適切であると皆さんは考えているようです。 小滝さんの炎上発言への処分はある?釈明や謝罪は? 小滝さんは朝日新聞デジタルの自身の紹介欄で 「ツイッターでの投稿内容は私個人の意見です。 朝日新聞社の見解ではありません。 」出典: と明言されています。 なので小滝さんが謝罪コメントを出すことがあっても、朝日新聞は謝罪等を行うことはないのではと思われます。 処分に関してはもしかしたらあるかもしれませんね。 ただ釈明せず、アカウント削除という形にしたのは、「逃げた」と言われてもおかしくありません。 小滝ちひろさんのツイート炎上まとめ• 小滝さんがツイートで「コロナウイルスは痛快」とツイートしたことで「不謹慎だ」と炎上。 アカウントは既に削除されている。 今回の件で、自身も他人を思いやる気持ちを忘れずに発言しなければいけないなと思わされました。

次の

朝日新聞の小滝ちひろ編集委員「新型コロナは痛快!」→ 小さく訂正、三浦記者「安倍に怒号を浴びせろ!」「福島原発は管理不能!」、ウェブ紙面では復興を喜ぶ県民よりも「無人の帰宅困難地域」を強調!まるでテロリストの発想!!

小滝 ちひろ

朝日新聞の編集委員を務める記者が、不適切なツイートを3月13日にしたことから炎上しています。 問題のツイートは3月13日に朝日新聞の編集委員名義のアカウントで行われたもので、以下の内容でした。 新コロナウイルスは、ある意味で痛快な存在かもしれない。 " 新型コロナウイルスに感染したことで日本国内では28名、世界では数千名の死者が出ていることから、ツイートには批判が殺到。 炎上へ対応しないままだった記者ですが、13日夜にTwitterアカウントを削除しました。 ・この記者は過去にも不適切ツイート 問題の記者は2017年6月にも米海軍のイージス艦とコンテナ船が衝突した事故で不適切なツイートを行い、謝罪しています。 この衝突事故でも7名の犠牲者が出ており、同様に批判されていました。 朝日新聞は社員のTwitterアカウントについて 「新たな発信や読者のみなさんとの対話をめざして、各部門、総局、取材チームなどのグループや、 記者個人によるツイッター活用をすすめています」との方針で運用していると説明しています。 しかし、死者が出ているという重大さよりも政治的な思想を優先するようでは炎上は避けられません。 当たり前ですが、超大国の大統領やアメリカ海軍が嫌いでも、彼らが被害にあったからといって笑ってはいけません。 心のなかの問題なのでそう思うのは自由ですが、それを公の場で発信してはいけません。 Twitterは一見するとタイムラインしか見えませんが、インターネットなので世界中に発信しています。 とくに今回のコロナウイルスでは国内でも死者が出ているため、「コロナウイルスは痛快」とツイートすることは遺族に対して コロナウイルスで亡くなったことは痛快、と言っているようなものです。 もちろんそのようなつもりはないのでしょうが、 政治的な思想から物事を考えるようになると普段ならできている配慮が全くできなくなることがあります。 朝日新聞は、そのことを記者に教育した方が良いのではないでしょうか? 教育するつもりがないのであれば、「朝日新聞記者」と個人のTwitterアカウントに名乗らせるべきではないし、 会社のホームページからリンクを貼って誘導することはやめるべきです。 アカウント上で「ツイッターでの投稿内容は私個人の意見です。 朝日新聞社の見解ではありません」と表明したところで、 炎上の矛先は記者個人だけではなく会社にも及びます。 3月14日14時16分追記 朝日新聞社の広報アカウントがお詫びを発表しました。 朝日新聞社 広報 朝日新聞記者の小滝ちひろ編集委員が13日、ツイッターに不適切な投稿をしました。 小滝ちひろ編集委員の投稿 5ch newer account 引用元:.

次の