ベニシア スタンリー。 NHK 猫のしっぽ カエルの手 京都 大原 ベニシアの手づくり暮らし 番組紹介

ベニシア・スタンリー・スミスの紹介

ベニシア スタンリー

2020年4月26日(日) 18時00分~18時55分 のNHK Eテレ スペシャル「猫のしっぽ カエルの手」放送内容に、「ベニシアさんの自然に寄り添った12年を振り返る 猫のしっぽ カエルの手 〜雨の中でも踊るのが人生〜」が登場しますよ!映像では、京都大原の古民家で暮らすイギリス出身のベニシアさんの、最新映像と、過去12年間の映像を振返りながら、ベニシアさんの暮らしとこれまでの人生を見つめます。 出演者• 出演:ベニシア・スタンリー・スミス• 声:山崎樹範 ベニシア・スタンリー・スミスさん プロフィール ベニシア・スタンリー・スミスさんは、イギリス・ロンドン出身のハーブ研究家・英会話学校経営者です。 夫は山岳写真家の梶山正で、 曽祖父の異母兄はイギリスの外務大臣・インド副王兼総督を務めた初代カーゾン侯爵ジョージ・カーゾン、祖父リチャード・ナサニエル・カーゾンは第2代スカーズデール子爵。 生年月日:1950年 年齢70歳 生まれ:イギリス ロンドン 配偶者:梶山 正 1992年から 子供:梶山 悠仁 兄弟姉妹:キャロライン・アン・ネットルフォード NHK Eテレ スペシャル「ベニシアさんの自然に寄り添った12年を振り返る 猫のしっぽ カエルの手 〜雨の中でも踊るのが人生〜」番組データ NHK番組「猫のしっぽ カエルの手」京都・大原。 山里の美しい四季の移ろいの中で、ゆったり営まれる手づくり暮らしを詩的映像で綴る、ちょっとおしゃれなエコ・ライフスタイル番組。 2020年4月26日(日) 18時00分~18時55分 のNHK Eテレ スペシャル「猫のしっぽ カエルの手」放送内容に、特別編「ベニシアさんの自然に寄り添った12年を振り返る 猫のしっぽ カエルの手 〜雨の中でも踊るのが人生〜」が登場します。 イギリス貴族の出身で、貴族社会に疑問を抱きインドを旅したのち、1971年に来日します。 その後、1996年京都府京都市大原の築100年の古民家に住み、庭では200種類のハーブを育て食用、シャンプー、洗剤など衣食住に活用しながら暮らしています。 「猫のしっぽ カエルの手」では彼女の生活からさまざまなヒントをお伝えてきた。 今回は、通常は30分を55分に拡大。 過去12年間の映像をふりかえり、ベニシアさんのエッセイを中心に、彼女の波乱万丈な人生、ガーデニングや料理などの手づくりの暮らしなど、これまでの人生やこんごのことを旧友と語り合う。 ベニシアさんの家族や日本古来の植物の使い方を教えてくれるお年寄り、スローライフを実践する魅力あふれる若者、大原の人々、友人、陶芸家・中村明久さんなどの仲間たちとの日々を見つめる特別編となっている。

次の

NHK【猫のしっぽ カエルの手 「雨の中でも踊るのが人生」ベニシア・スタンリー・スミスさんの自然に寄り添った12年を振り返る】が登場!京都府京都市大原

ベニシア スタンリー

兵庫県 淡路島へ 今回、ベニシアさんは、 兵庫県 淡路島へ行きます。 最近、視力の衰えが進み、今まで通りの庭仕事が難しくなってきているベニシアさんです。 淡路島にある「園芸療法」が学べる学校に行きます。 ここで、五感を使い、香り、手触りなどで感触を感じます。 ベニシアさんとても楽しそうでした。 いいかえると、草花や野菜などの園芸植物や、身の回りにある自然とのかかわりを通して、心の健康、体の健康、社会生活における健康の回復を図る療法といえます。 園芸療法の実践には、農業・園芸、医療、福祉、心理、教育などさまざまな分野の知識や技術が必要になります。 淡路景観園芸学校では、主として医療、福祉、園芸などの学習・実践経験のある方を対象に1年間の全寮制および2年間通学制教育の中で、集中的に園芸療法に必要な知識・技術を教授し、園芸療法の実践者として活躍できる能力を養います。 【淡路島日本蜜蜂研究会 巽翠香園】洲本市 日本蜜蜂からの贈り物。 温暖な気候風土に恵まれた淡路島・洲本市で、未だその習性が明かされていない日本蜜蜂に魅せられた約20名の養蜂家たちが集まり、淡路島日本蜜蜂研究会を発足しました。 それぞれの養蜂家たちが、山を切り拓いたり、畑を活用したり、自宅の庭に蘭など蜜蜂の大好きな植物を栽培しながら、採取箱をあちらこちらに設置しています。 採取されたはちみつは、混ぜ物など一切ない天然の恵みです。 口の中でふわっと広がるやさしい甘みが特徴で、免疫力アップにも効果があると言われています。 スポンサーリンク 現在の活動 京都の大原で生活されているようです。 今回のようなドキュメンタリーなどを行っています。 進行性の病気を患っているということで、体調が心配されます。

次の

(輝く人)四季をめでる、体で心で ハーブ研究家、ベニシア・スタンリー・スミスさん:朝日新聞デジタル

ベニシア スタンリー

Contents• ベニシアの手づくり暮らし 後ろにあるのは日本古来からある形の桐箪笥ですよね。 日本と北欧がうまいこと混じった、このいい具合にごちゃっとした感じ… う~ん、最高! ベニシア・スタンリー・スミス(Venetia Stanley-Smith ) 1950年12月27日生まれ イギリス・ロンドン出身のハーブ研究家・英会話学校経営者。 夫は山岳写真家の梶山正。 曽祖父の異母兄はイギリスの外務大臣・インド副王兼総督を務めた、 初代カーゾン侯爵 初代スカーズデール子爵 ジョージ・カーゾンであり、 祖父リチャード・ナサニエル・カーゾンは第2代スカーズデール子爵。 子爵ってことはおじいさまは貴族の方だったんですね。 ベニシアさんもどことなく気品が漂っていますよね。 スポンサードリンク 素敵な自宅 ベニシアさんといえば、立派なハーブのお庭も魅力的ですが、 やっぱりおうち全体が素晴らしいですよね。 すべてベニシアさんの趣味によるものでしょうか。 すごく絵になるぅ…。 ここが日本とは逆に思えないようなおうち、ベニシアさんは一体どこにお住まいなんでしょうか? 実はこんな場所 この上空写真にある中央付近がベニシアさんのおうちです。 京都府にあり、今もベニシアさんはこの場所に住んでいます。 ご住所は 京都府京都市左京区の…どこかです。 笑 番組取材により大人気になってしまい、近所の方々から苦情が出てしまい、 肩身の狭い思いをされているようなのではっきりとした住所はこの上空写真で想像していただければ幸いです。 まさかの波乱万丈 離婚、再婚、44歳で高齢出産、そして借金を抱えていたベニシアさん。 なんと夫である梶山正さんは過去に浮気をしており、家出をしてから戻ってきています。 さらに前の夫との間に産まれた娘さんは病気にもかかっていたようです。 今は番組が終了し、落ち着いているとは思いますが過去のことも考えて 上から目線になってしまいますが、 ファンの皆様はベニシアさん家族をそっとしてあげておいてほしいです。 これからも素敵なお庭を作り上げてほしいですね。

次の