きょだいマックス カビゴン のろい。 『ポケモン ソード・シールド』カビゴンがキョダイマックス!

カビゴン (かびごん)とは【ピクシブ百科事典】

きょだいマックス カビゴン のろい

カビゴン 種族値 HP 160 攻撃 110 防御 65 特攻 65 特防 110 素早 30 ノーマル 合計種族値 540 特性 めんえき どく状態にならない あついしぼう 「ほのお」「こおり」タイプの技で受けるダメージを0. 5倍にする 隠れ特性 くいしんぼう HPがかなり減ってから使う「きのみ」を、もっと早くに使う カビゴンの特徴 カビゴンの長所 HPが飛び抜けて高い カビゴンのH種族値 160は、ほかのポケモンに比べてとてつもなく高い種族値です。 HPのステータスだけで十分耐久力のあるポケモンと言えます。 D種族値110も高いので、Cが中途半端な特殊アタッカーでは太刀打ちできません。 また耐久があるうえにノーマルタイプを持つカビゴンは、シングルバトル環境で活躍しているゴーストタイプ ドラパルト、ミミッキュなど の技に対して無効を取れることも優秀な点です。 攻撃ステータスも高水準 A種族値 110は、 ルカリオや ジャラランガなどと同じ種族値です。 すべての努力値を耐久力に振っても十分に火力を確保でき、「はらだいこ」で爆発的な火力を得ることも可能です。 技「キョダイサイセイ」が使える カビゴンがキョダイマックスすると、ノーマルタイプ技が「キョダイサイセイ」に変化します。 「キョダイサイセイ」は威力130で、食べたきのみを再生することができます。 そのため、使用した「オボンのみ」や「フィラのみ」を再生し、もう一度利用することができ強力です。 カビゴンの短所 防御が低い HPと特防の種族値は高いですが、防御の種族値が 65と少ない配分となってます。 カビゴンはかくとうタイプに弱点を取られてしまいます。 かくとうタイプは物理攻撃を繰り出すことが多いため、防御の種族値が低いカビゴンに取って天敵といえます。 素早さが極端に低い 耐久力に種族値を多く配分されているため、素早さが犠牲となり極端に低いステータスとなってます。 カビゴンの育成論一覧 のろい型.

次の

【ポケモン剣盾】マックスレイドバトルを効率よく周回攻略できるポケモンを紹介!【ポケモンソードシールド】

きょだいマックス カビゴン のろい

ダイマックスに関する研究成果の1つで、持っているトレーナーにポケモンをダイマックスさせる力を与えるアイテムです。 ストーリー序盤でマグノリア博士から受け取ります。 ダイマックスの仕様について 新システムのダイマックスは特別な仕様がたくさんあり、通常のプレイだけではまったく把握できません。 また、その中には対戦結果に大きく影響を及ぼすものも多々あるため、 ダイマックスに関する知識の網羅は必須です。 そこで、私たちポケソルが 独自に検証したダイマックスの仕様について説明していきます。 持ち物不要 メガシンカ、Zワザなどはそれぞれポケモンに専用の持ち物を持たせる必要がありましたが、ダイマックスはそういった物を必要とせず、 対戦中いつでも任意のポケモンに命じることができます。 ダイマックスできるのは、1試合で1度のみ ダイマックスすると HPの実数値が上昇します。 ポケモンにはそれぞれ「ダイマックスレベル」というものが存在し、この値が最小だと1. 5、 最大だと2. 0倍にまでHPは上昇します。 ポケモンの体力が削られている状態でダイマックスした場合、最大HPに対する割合がダイマックス前と同値となるようなHPになります。 定数ダメージの減少• 技「のろい」や持ち物「いのちのたま」など、 自身のHPに依存するダメージはすべて、ダイマックス前の最大HPを参照します。 前作までは定数ダメージを稼いで倒すという戦法が非常に強力だったので、「どくどく」のわざマシンが削除されたことも鑑みると、公式は 技のダメージで殴り合うゲームにしたいと考えているのではと予想できます。 怯まない ダイマックスしているポケモンは怯みません。 これにより、ダブルバトルでは「ねこだまし」が非常に打ち辛い技になりました。 シングルでは大きな影響はなさそうですが、「たきのぼり」の怯みが強みであったギャラドスが少し弱くなったとも考えられますし、 ダイマックスすることが怯みの負け筋を消す高度な立ち回りとなるなど、細かい考察が輝く調整となっています。 相手に交代させられない• 技「ほえる」や持ち物「レッドカード」などの、 相手を強制的に交代させる効果を受けません。 ただし、「ドラゴンテール」などの攻撃技の場合はダメージのみ与えることができます。 これにより、積み技を行った後ダイマックスすることで強制交代技にリセットさせられないので、カバルドンなど攻撃力の低くなりがちで 起点回避技を必要とするポケモンが軒並み弱くなりました。 技の選択を縛る効果を受けない• 技「アンコール」や特性「のろわれボディ」などの、 相手の技選択を制限する効果を受けません。 前作でZワザを用いてこれらを解除するテクニックは存在しましたが、今作はどのポケモンでも解除できるため、安易に技を縛る選択ができなくなりました。 これにより、「アンコール」が主体のソーナンスや「かなしばり」型のゲンガーなどが実質的な弱体化を受けています。 こだわり系の持ち物の効果を受けない マップ中央ワイルドエリアにある、赤く光った井戸のような岩から赤い光線が出ている時にそれを調べると、マックスレイドバトルが始まります。 通常はダイマックスポケモンが出現しますが、 低確率でキョダイマックスしたポケモンとの戦闘になります。 その時に捕まえたポケモンにはキョダイマックスマークの付いており、実際に自分でもキョダイマックスさせることができます。 特別な方法で入手 現在判明している、特別な方法で入手するキョダイマックスポケモンは以下の通りです。 ・ピカチュウ 『ポケットモンスターLet's GO ピカチュウ』をプレイしているアカウントでワイルドエリア駅の左上にいる男女に話しかけると貰えます。 ・イーブイ 『ポケットモンスターLet's GO イーブイ』をプレイしているアカウントでワイルドエリア駅の左上にいる男女に話しかけると貰えます。 ・ニャース• ・ヒトカゲ• ストーリークリア後、ライバル「ホップ」の家の2階に行くと拾えます。 孵化では遺伝しない ダイマックス・キョダイマックスわざ 技威力について ダイマックスわざは 元の技の威力によってその威力が決定します。 基本的には下の規則通りですが、追加効果の強い格闘・毒タイプのダイマックスわざや 一部の技は例外として威力が調整されています。 みず ダイストリーム 天候を雨状態にする。 いわ ダイロック 天候を砂嵐状態にする。 こおり ダイアイス 天候を霰状態にする。 くさ ダイソウゲン 場を「グラスフィールド」状態にする。 でんき ダイサンダー 場を「エレキフィールド」状態にする。 フェアリー ダイフェアリー 場を「ミストフィールド」状態にする。 エスパー ダイサイコ 場を「サイコフィールド」状態にする。 かくとう ダイナックル 味方全体の攻撃を1段階上げる。 はがね ダイスチル 味方全体の防御を1段階上げる。 どく ダイアシッド 味方全体の特攻を1段階上げる。 じめん ダイアース 味方全体の特防を1段階上げる。 ひこう ダイジェット 味方全体の素早さを1段階上げる。 ドラゴン ダイドラグーン 相手全体の攻撃を1段階下げる。 ゴースト ダイホロウ 相手全体の防御を1段階下げる。 むし ダイワーム 相手全体の特攻を1段階下げる。 あく ダイアーク 相手全体の特防を1段階下げる。 ノーマル ダイアタック 相手全体の素早さを1段階下げる。 変化技 ダイウォール まもるの効果に加えて、ダイマックスわざを防ぐことができる まとめ いかがだったでしょうか。 ダイマックスが新たな要素とはいえ、かなり複雑な仕様がたくさん追加されていました。 これらを把握することが、 他のプレイヤーとの差を広げる第1歩となるでしょう。 これからもポケモンシングルバトルで勝つために必要な情報をお届けしていくので、公式アカウント のフォローをお願いします。

次の

【ポケモン剣盾】最強ポケモンランキング(シングル環境)【ソードシールド】

きょだいマックス カビゴン のろい

高い特防と「とつげきチョッキ」によって特殊アタッカー対して非常に強く、真っ向から勝負をすることもできます。 対フェアリー。 ダイマックス時は防御を上げられる点も優秀。 対ゴーストタイプの技。 能力上昇を無視できるため、防御が上がっている相手にも使いやすい。 倒すのが難しいポケモンを無理やり突破する最終手段。 有利な相手には、ノーマル技やサブウェポンで攻めていくこともできます。 「まもる」は、カビゴンの高い耐久力と合わせることで、相手のダイマックスターンを消費させる他、相手の出方や道具の確認にも有効です。 対ゴーストタイプの技。 能力上昇を無視できるため、防御が上がっている相手にも使いやすい。 倒すのが難しいポケモンを無理やり突破する最終手段。 ノーマル技が半減される、鋼や岩を相手する場合の選択肢。 ゴーストへ使える技が減るため注意。 弱点をついて倒しやすい「ナットレイ」などのポケモンに効果的。 「あくび」による対面操作後に、交代先の飛行タイプなどに有効。 キョダイマックスカビゴンの育成論 基本型 性格 わんぱく 努力値 HP244 攻撃12 防御252 実数値 HP266-攻撃132-防御128-特防130-素早さ50 特性 持ち物 技構成 ・(ダイスチル) ・(キョダイサイセイ) ・(ダイウォール) ・(ダイウォール) 「キョダイマックスカビゴン」は、キョダイマックス技「キョダイサイセイ」により、 きのみを最大3回まで回収することができます。 ダイマックス中に回復しつつ攻撃できる数少ないポケモンなので非常に強力です。 対ゴーストタイプの技。 能力上昇を無視できるため、防御が上がっている相手にも使いやすい。 倒すのが難しいポケモンを無理やり突破する最終手段。 フィラのみリサイクル型 性格 わんぱく 努力値 HP252 防御252 素早さ4 実数値 HP267-攻撃130-防御128-特防130-素早さ51 特性 持ち物 技構成 ・(ダイウォール) ・(ダイウォール) ・(キョダイサイセイ) ・(ダイバーン) 回復量が多い 「フィラのみ」などの混乱実を、「リサイクル」で何度も使いまわしながら戦う、持久戦を基本とした型です。 専用技の「キョダイサイセイ」によって、攻撃しつつ回復するといった立ち回りができます。 ただし、「キョダイサイセイ」は確立で木の実を回収する効果であるため、余裕のある場合は「リサイクル」でHPを回復しましょう。 ノーマル技が半減される鋼や岩を相手する場合の選択肢。 ゴーストへ使える技が減るため注意。 対ゴーストタイプの技。 能力上昇を無視できるため、防御が上がっている相手にも使いやすい。 ドヒドイデやバンギラスに弱点を突ける技。 ダイマックス時は特防上昇が可能。 攻撃上昇の補助技。 HPを半分にする代わりに攻撃を最大まで上昇させる。 使用するときはHPの努力値を228にすると、使用後すぐにきのみが使える。 残りの努力値は攻撃へ。 倒すのが難しいポケモンを無理やり突破する最終手段。 カゴのみねむる型 性格 わんぱく 努力値 HP252 防御252 特防4 実数値 HP267-攻撃130-防御128-特防131-素早さ50 特性 持ち物 技構成 ・(ダイウォール) ・(ダイウォール) ・(キョダイサイセイ) ・(ダイバーン) 「のろい」で攻撃と防御を上げたあとに、回復手段として「ねむる」を採用しています。 「ねむる」使用後は、「カゴのみ」で即座に目を覚まし、HPを全回復して戦うことが可能です。 火傷などの状態異常にも強い点が、「ねむる」採用のメリットでもあります。 火傷の影響を受けない点が優秀。 ノーマル技が半減される鋼や岩を相手する場合の選択肢。 ゴーストへ使える技が減るため注意。 対ゴーストタイプの技。 能力上昇を無視できるため、防御が上がっている相手にも使いやすい。 ドヒドイデやバンギラスに弱点を突ける技。 ダイマックス時は特防上昇が可能。 倒すのが難しいポケモンを無理やり突破する最終手段。 カビゴンの役割と立ち回り 高耐久の物理アタッカー 「カビゴン」は高いHPと特防を持つ、高耐久の物理アタッカーです。 高い耐久を生かした受けポケモンとして戦うことも、攻撃を耐えつつ攻撃を上げて物理アタッカーとして戦うこともできるポケモンとなっています。 「フィラのみ」を始めとした、HPを回復できる木の実を持たせると、HPを回復しつつ攻撃できるので、非常に継戦力の高いポケモンです。 「トリックルーム」下のエースとして優秀 「カビゴン」は、素早さの種族値が低いので、「トリックルーム」下で多くのポケモンに先制して行動できます。 「ミミッキュ」で「トリックルーム」を使用した後に、カビゴンが先手で「のろい」を使い、防御と攻撃を上げる立ち回りが強力です。 カビゴンと相性の良いポケモン カビゴンが苦手な格闘技に強いポケモン 「カビゴン」が、格闘技に強いタイプのポケモンと相性が良いです。 格闘が無効に出来るゴーストタイプや、半減に出来る毒やフェアリータイプなどと組み合わせると、安全に交代する動きが出来るようになります。 そのため、その技を覚えられるポケモンでカビゴンが活躍できる場を作り出し、相手のポケモンをカビゴンで倒し切るという戦い方をすることができます。 弱点は格闘のみのため、弱点をつきにくいものの、弱点でなくても大ダメージを与えることは可能です。

次の