東京 中 日 スポーツ。 中日新聞社

中日新聞社

東京 中 日 スポーツ

21 今回は、休日にもってこい楽しくカラダを動かせる東京のアスレチック・スポーツ施設を紹介します。 自然をたくさん感じる屋外スポットをはじめ、雨の日でも楽しめる屋内施設や今話題の施設も登場。 京浜急行 平和島駅より徒歩10分のところにあります。 ファミリーやグループで楽しめる体感型の遊びを世界中から集め、圧倒的なスケール感と新奇性を兼ね備えた次世代の屋内アスレチック施設です! 自由に楽しめるフリーゾーンもあるので、自分のペースで楽しめる! 全54面、約200坪のトランポリンエリアには様々なゾーンを設け、トランポリンの楽しさを最大限に体感できます。 トランポリン上で「ドッジボール」や「バレーボール」を楽しめるゾーンもあり、仲間内で飛ぶ事で気分も身体もアガるはず。 子どもには負けられない!大人も本気ではしゃいで楽しまなきゃ ロープウォークエリアでは、アメリカのROPES COURSES社製「Sky Trail R Discovery」と「Sky Tykes R 」を国内で屋内初導入。 「Sky Trail R Discovery」は、難易度の異なる12種類のアクティビティが体験でき、高さ約3. 5m、全長111. 63mの高所に張り巡らせたロープ上を、安全帯を着けて前進し、コースクリアを目指します。 また、コース最後には約18mの距離を一気に滑り降りるジップラインが待ち構え、思う存分に高所のスリルを味わえますよ! 2人以上で一緒に楽しめるウォールも。 皆で対決したりタイムを競ったり! クライミングウォールエリアには、初心者でも気軽にクライミングが楽しめるウォールを難易度の異なる14種類19コース設置。 最大のウォールの高さは10m、普段体験したことのない高さのクライミングにチャレンジできます。 他にも、エアーランエリアなど多彩なアクティビティが満載。 小学生以下のお子様には必ず保護者 高校生不可 の付き添いが必要です。 大人の方は保護者としての入場となります。 遊ぶことはできません。 屋内型スポーツ施設 スポドリ! 水道橋駅西口徒歩1分の好立地。 あらゆる屋内スポーツがここに集結! 遅くまで営業しているため、仕事帰りにも訪れやすい 「スポドリ!」は、JR水道橋駅西口から東京ドームに向かう途中の黄色いビルエリアにあります。 『「遊ぶ」「習う」「鍛える」、誰もが気軽に楽しく、また真剣にスポーツにチャレンジできる環境を提供し、応援します』をコンセプトに、ボルダリング・バッティング&ピッチング・ゴルフが楽しめる屋内型スポーツ施設です。 話題のボルダリング。 ゆっくり自分のペースで進めることができる ボルダリングは、初心者から上級者まで楽しめるよう、傾斜角85度から135度まで8段階のウォールを配置。 東京ドームらしいオリジナルホールドもあるので要チェック! また上級者でも飽きなく楽しめるよう、LEDシステム付ムーンボードやトレーニングボードも設置しています。 東京ドームで野球観戦後は、バッティングでストレス発散! バッティングは、各打席ごとに日本を代表するピッチャーが投球。 球速も80km~130kmまであります! ピッチングは16的タイプと9的タイプの2種類です。 広々としたゴルフレンジ。 スクールで習うこともできる ゴルフは全12打席、シュミレーターを設置。 有名ゴルフコースを身近に楽しむことができます。 屋内に全て揃うので、天候に気にせず楽しむことができ、その日の気分やメンバーで、チャレンジしたいスポーツを選べるのは嬉しいポイント。 皆で一生懸命カラダを動かせば、終わった後は美味しいお酒やご飯がすすむはず! ぜひ気軽に立ち寄ってみてくださいね。 サーフィン経験がない人でも安心・安全に楽しめるので、初挑戦にもぴったりです! 高さ5メートル、幅20メートルのビッグスケール! 都心ではめずらしい「青空の下の本格ボルダリングウォール」は開放感抜群!難易度に変化をもたせた壁は、初心者から上級者まで存分に楽しめます。 レンタルシューズも用意されているから、こちらも手ぶらで気軽にチャレンジできます! ビーチサンドを敷いたフォトジェニックなBBQスペースも! この他にもBBQやアロマサロン、O2カプセルなど、様々な施設が豊富に揃う「スポル品川大井町」。

次の

スポーツデートはいかが?東京都内で“体を動かせるスポット”10選

東京 中 日 スポーツ

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2019年6月)• はなどを用いてください。 ( 2019年6月)• によるの参照が不十分です。 ください。 ( 2019年6月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2019年6月) 東京スポーツ 種類 日刊紙 サイズ 事業者 株式会社東京スポーツ新聞社 本社 2-1-30 代表者 (代表取締役会長) 創刊 言語 日本語 ウェブサイト 東京スポーツ(とうきょうスポーツ)は、 東京スポーツ新聞社(とうきょうスポーツしんぶんしゃ)が発行するのである。 略称は「 東スポ」(とうスポ)。 は原則休刊。 は5月2日 - 4日頃に、は12月28日頃に250円 - 300円のGW特大号並びに新春特大号(お正月特別号)がそれぞれ発売され、以後GW並びに正月三が日が過ぎるまで休刊。 「の東スポ」の異名を取る。 なお、名前が類似している新聞であるはのが発行しているもので、東スポとはまったく関係ない。 概要 [ ] 東スポは、創刊当時からを大きく扱っており、他に・関係の記事に強い。 半ばまでは、 赤い見出しとインクで手が汚れるプロレス新聞として知られたが、1面に来るのはたいてい男子プロレスの記事で、長年は扱わっていなかったが、東京スポーツ制定のは、1995年以降「女子プロレス大賞」が新設されるなど、女子プロの扱いに変化がみられる。 男子プロレスが、、の3団体だった時代には、 「プロレスのテレビ中継は東スポが独占しろ」の社命のもと、キャップのが『』、デスクのが『』、記者のが東京12チャンネル(現:)『』の解説をそれぞれ担当していた。 東京スポーツにおいてプロレス記事が多い理由は、夕刊紙であるが故に、などの記事での試合速報は他社と勝負にならない ことと、プロレスは八百長疑惑もあり、他のほとんどの新聞が扱わなかったためであった。 その後「紫色のにくい奴」 「リングを染める鮮血のから、王者の風格のへ」をキャッチフレーズに、青紫の見出しの紙面に刷新。 1988年、全日本プロレスや新日本プロレスがゴールデンタイムの中継から撤退するなどしてプロレスがマイナー化すると、芸能などが1面に掲載されることが多くなる。 あたりからは日本人アスリートの海外進出が本格化したが、時差の関係から、日本のスポーツ紙の中で最も早く国外スポーツの試合結果を伝えられるケースが多いという特性を生かし、野球の・の・欧州各国のリーグなどのスポーツに関する記事に力を入れるようになっており、娯楽性の強いゴシップ記事は減少傾向にある。 競馬に関しては、中央競馬の全レース(最大36レース)の馬柱が掲載されている。 開催前日付けの競馬面において、と同じ品質の紙を使用する。 月曜や祝日の翌日に開催される場合、通常は・と共に休刊する日曜・祝日にも発行する(値段は変わらず)。 やそれ以外のについても、中心に予想を掲載することがある。 「だった」「家丸出し放送」「」「重体」「爆死」「大作戦」「大胆」「次期監督」「発掘」「出産」「電線に止まった」「」「」「議員ノーパン疑惑」など、1面の奇抜なが特徴である。 これらの見出しの下には小さく「? 」「か」「も」「説」「絶叫」などの語句・記号が書かれ濁されていることが多いが、そうした見出しに関しては、売店や新聞スタンドに陳列されている状態や折りたたんである状態では見えないよう、紙面のレイアウトが計算されている。 かつてはの本社工場で印刷されていたが、6月以降は東京都の 本社ビル内に本社・編集局を構え、印刷も東日印刷が行っている。 北海道発売分に関しては、6月29日から、の毎日新聞北海道センターでの現地印刷へ切り替えられたものの、2017年12月28日分をもって北海道における現地印刷や販売は終了した。 記事の信憑性 [ ] 飛ばし [ ]• 1月、の日本再進出に際し、がNETテレビ(現:)が計画していた東郷が設立する予定のプロレス新団体の放送を阻止するよう東スポに飛ばし記事を掲載するよう依頼した。 その後東スポは「が極秘来日」(実際には1969年は一度も来日せず)などの飛ばし記事を掲載するなど日プロの工作に加担して東郷の計画を阻止し、NETテレビは同年7月に日本プロレス中継番組である『NETワールドプロレスリング』の放送を開始した。 10月、「岩手県遠野市でが発見された」と写真付きで報道。 のちにの『』の企画でタレントが扮装していたものと判明した。 これが引き金となり、「電波少年に毛が生えた」は2003年1月で打ち切られた。 5月、「一部で噂となっていたとの交際が破局した」という記事を載せたが、その数日後に両者のが発覚した。 2007年度の『』内の「ビートたけしのエンターテインメント賞・話題賞」をのが受賞した折、同イベントに出席した松本は、「以前、(東スポの記事で)『松本、解雇! 』って書かれてたんですけどね…」と、過去の飛ばし記事をネタにし、聴衆の笑いを誘っていた。 5月20日付の電子版で「のがを取りやめる」という記事を掲載したが、本人がで否定、記事の見出しについても抗議したため、タイトルを変更した。 更に同日付の電子版で「元のがの運営幹部に就任する」という別記事を掲載したが 、指原も同様にTwitterで否定した。 裁判 [ ]• で注目されたから、「三浦和義差し入れ品横流しで特別待遇」という見出しで、三浦が拘置所で差入れの菓子を看守にばれないように他の収容者に与えたという文責の記事(1986年3月25日付)について、梨元とともに名誉毀損で300万円の慰謝料を求めて訴えられた際に、(平成4年)9月24日、一審の判決は、「被告梨元のリポート記事の類は、社会的事象を専ら読者の世俗的関心を引くようにおもしろおかしく書き立てるものであり、 東京スポーツの本件記事欄もそのような記事を掲載するものであるとの世人の評価が定着しているものであって、読者は右欄の記事を真実であるかどうかなどには関心がなく、専ら通俗的な興味をそそる娯楽記事として一読しているのが衆人の認めるところである。 そして、真摯な社会生活の営みによって得られる人の社会的評価は、このような新聞記事の類によってはいささかも揺らぐものでないことも、また経験則のよく教えるところである。 したがって、このような評価の記事欄に前記のような内容の記事が掲載されたからといって、当時の原告が置かれていた状況を合わせ考慮すると、 記事内容が真実であるかどうかを検討するまでもなく、原告の社会的地位、名誉を毀損し、あるいは低下させるようなものと認めることは到底できないものというべきである。 もっとも、本件記事が名誉毀損にわたるものではないとしても、思わせぶりな前記見出しの掲げ方とともに、被告らにおもしろおかしく前記のような記事として取り上げられたこと自体が、原告にとって不快なものであろうことは推認できないではない。 しかし、当時の原告の置かれた状況並びに世人から寄せられていた関心の高さと、その性質及びそのような関心を寄せられたとしてもやむを得ない状況にあったこと、右記事から既に六年以上が経過し、 右記事自体の陳腐さが明らかであること等の諸事情に照らすと、右記事の掲載に損害賠償をもってするほどの違法があるものとも認められない」と判示して三浦の請求を棄却した。 しかし三浦が控訴し、(平成5年)8月31日、二審の東京高裁判決は、「被控訴人梨元の執筆する芸能リポート記事が通俗的な興味をそそる娯楽性の高いものであること等の事情によつて右結論が左右されるとは考えられない」と、三浦の請求を認めて(慰謝料10万円)確定したため、結局は東京スポーツ側が敗訴した。 この二審では、判決公判において裁判長が「が自ら『記事を信用する人間はいない』と主張することは、報道機関としての存在そのものを自ら否定していることに他ならない」と、出席した東スポ関係者に説教する一幕もあった。 9月、元ので当時は日本から離れで活躍していたについて、「現地で行為に関与している」という記事を掲載。 道川は「全くの事実無根である」として、東スポを相手取りによる損害賠償を求め訴訟を起こし、1992年に勝訴して自身の潔白を証明した。 しかし、この東スポの記事が主な原因となり、道川はイメージ悪化による騎乗機会の逸失など、その後のホースマンとしての人生が暗転してしまう程の大きなダメージを被った。 にがケンドー・カシンことに対しベルト返還を求める民事訴訟を起こしたが、このとき全日本側は証拠品として東スポを提出。 石澤は不定期の人生相談コーナーを持つなど東スポ紙面に数多く登場しており、石澤が問題のベルトを所持していること、全日本を中傷する言動を繰り返していること等の証拠とされた。 しかし裁判長は東スポの記事について証拠能力を認定せず。 訴訟自体も石澤がベルトを全日本側に着払いで送りつけ、やはり東スポ上で終結宣言を発したのを最後に、うやむやのうちに取り下げられた。 なお、によれば、自らが寄稿した新聞・雑誌記事の信憑性を巡る損害賠償請求訴訟で敗訴した場合には、「通常なら損害賠償の全額を(記事を掲載した)会社側が支払ってくれるが、東スポは好きなことを書かせてくれる代わりに折半で負担させられる」システムになっているという。 こういった点からも、記事の内容について、よく言えば執筆者の自主性を重んじている、悪く言えば面白半分の信憑性の乏しい記事でも執筆者任せで最低限のチェック機能しか置いておらず、刺激的な飛ばし記事を繰り出してでも販売部数を優先する、東スポのスタイルを窺い知ることができる。 スクープ [ ] ゴシップ系記事や芸能人の動向などにまつわる記事でも稀に事実を記載することがある。 また、それが大きなスクープであることも多いが、上述の様にスクープに見せかけた飛ばし記事が多い紙面体質ゆえ、「東スポの記事だから」と冷淡に扱われることが多く、そのスクープが東スポ独占状態の時点では世間を騒がせることは少ない。 4月に、当時所属で、で海外遠征を行っていたの全日本退団をスクープした。 東スポには越中が全日本に対して提出した辞表が掲載され、全日本はこれを否定し続けたが、同年8月にアジア・プロレス所属の形でへ移籍した。 にいち早く宗教団体「」(当時の名称はMS教団)の問題と危険性を報じた。 1月にひったくりの容疑で逮捕されたプロレスラー・が偽名でに出演していたことをスクープした。 剛は「自分の体で稼ぐことの何が悪いのか」とゲイビデオに出演していた事実を認めた。 2003年秋、総合格闘家・キックボクサーのが母国のにクロアチア社会民主党から出馬することを日本でいち早く報道した。 その際の1面見出しは「ミルコ・クロコップ社民党から出馬」。 折りしもこの年の11月9日は日本国内ではの投開票日であった。 の1面で、の無期限活動休止をスクープした。 「サザン解散か」という見出しで、「(活動休止)イコール事実上の解散ではないか」と論評する内容だった。 同年5月19日に同年限りでの活動休止がなどから正式に発表された。 なお、所属事務所やは解散を否定しているものの、期限を設定しない活動休止であり、そのプレスリリースを受けて少なからぬ芸能マスコミ・音楽関係者が「公式発表は休止だが、事実上の解散に等しい」とコメントするなど、東スポの記事内容が事実上追認される格好になった。 しかし当のサザンはに活動再開を発表し、あくまでも休止に過ぎなかったことが露になった。 2008年の暮れに取材で再結成をスクープした。 その後バンドは2009年に再結成を果たした。 番組表 [ ] 東スポの場合は2018年3月まで、テレビ欄は社会面の下に掲載していた。 東スポの場合、在京テレビ局の番組表のみ掲載、他の東スポ管轄エリアのテレビ局の番組表は掲載されていなかった。 大阪スポーツ(近畿圏のみ)もテレビ欄を掲載していたが、東スポと同時期に終了させている。 朝刊である九州スポーツのみ、発行日付当日の番組表を終日掲載している。 中京スポーツはもとから収録していない。 東京スポーツのテレビ番組欄は、発行日当日と翌日のそれぞれ18時から深夜までの番組を掲載していた。 フルサイズ…、、、、、• ハーフサイズ…、、プライム、、、、 過去には、、の番組欄も掲載されていた。 コラボレーション [ ]• にはと共同で、日本一を決めるコンテストとして『』をスタートさせた。 ただ同イベントは不祥事などの影響により、2007年をもって一旦終了しているが、2014年に復活した。 5月には関東のチェーン・とタイアップし、セーブオンの店舗で缶コーヒー『東スポ 宇宙人からの「甘い誘惑コーヒー」』と『東スポ ビッグフットの足型大盛のり弁当』の2種類の商品が発売された。 特に缶コーヒーは、缶の表面のデザインが東スポの1面を思わせるものとなっている。 12月にはとのコラボレーションでとを発売した。 「ハローキティは宇宙から来た!」という見出しが一面の東スポをキティ自身が読んでいるというデザインになっている。 4月にはで有名なとタイアップし、ゴーゴーカレーの店舗でコラボレーションメニューである「UFO襲来カレー」を発売した。 目玉焼きの部分がUFOを、ウインナーの部分が宇宙人をそれぞれ模している。 ウェブサイト [ ]• ウェブサイト「東スポWEB」は他社と異なり新聞記事そのものは掲載せず、独自の連載コラムで構成されていたが、2015年のリニューアルより、コラムや特集記事を除き紙面記事の掲載、配信がなされている。 アダルト面(男セン面)は別サイト「東スポ裏通りWEB」が設けられ配信されていたが、2019年7月1日、「URA STREET WEB 裏通りWEB 」としてリニューアルした。 その他 [ ]• 発行元の東京スポーツ新聞社は、かつて活動家のが所有していた。 現会長のは児玉の側近である。 の際、他の新聞全てでこのニュースが1面に掲載された中、唯一「血だるま」を1面に掲載した、というが存在する(実際の日本時間11月24日付紙面見出しは「不覚!新兵器も不発」であった。 とはいえ、話題が他社とずれていることには変わらない)。 なお、この都市伝説については東スポ自身による考察 も参照のこと。 の崩御の翌日の1面は「」だった。 にが事故死した際の1面は前日の福岡ドーム大会で行われた vs であった。 1994年に日本テレビ『』での隠し子を探すという企画を行ったが、宛先は日テレではなく東スポだった。 1995年の阪神大震災翌日の1面は、「ベイダー、オブライトに圧勝」だった。 にが発生した際の翌日の1面は「解雇」だった。 例:ワシントン=米国連邦政府)。 2006年にが8年ぶりに訪日した際、取材拒否された。 東スポでは以前に「マイケル、まだらチンポ」との見出しで「本人曰くマイケルは『』なので、も黒と白のまだらになっているという『信頼できる筋』からの情報がある」という内容の記事を掲載したことがある。 4月2日付(4月1日発行) 東スポの創刊50周年記念として、中面に東スポ第1号の1面(の開幕をテーマにした記事)を復刻コピーした紙面を掲載した。 東京スポーツの運動部記者は、スーツ姿で取材することが多いという。 理由は、「選手がユニフォームという正装を着ているのだから、記者も正装すべき」という考えによるものだという。 6月には、プロレスラーのの報道を一面で取り上げ、から批判され全日本プロレスから取材拒否を受ける。 前述のサザンに関する記事も含め、何度か東スポにデマを流された一人であるは、2017年に発売されたアルバム『』初回限定盤A・B・C特典「がらくたノート」で、前述した他社と話題がずれている見出しを「東スポ頑張れ! 」「アナタ、いや御社だけは決してブレなかった」「東スポサイコー!! 」と半ば冗談めいた形で絶賛している。 沿革 [ ]• 4月16日:国民タイムス社より『国民タイムズ』創刊(旧『』『新夕刊』)• 2月16日:国民タイムス新社が『国民タイムズ』を承継• 4月1日:国民タイムス新社が『国民タイムズ』を廃刊。 代わりに『夕刊東京スポーツ』が創刊。 号数は国民タイムスのものを継承せず、改めて第1号とした。 9月:『東京スポーツ』に改題。 5月1日:関西版である『大阪スポーツ』創刊。 2月1日:九州版である『九州スポーツ』を朝刊で創刊。 3月1日:中京版である『中京スポーツ』を創刊すると同時に、全国紙体制を確立。 8月:現在の東京・越中島に本社を移転(社屋は新聞社と同じ場所)。 6月29日:で『東京スポーツ』の現地印刷を開始• 2月11日より、『東京スポーツ』・『中京スポーツ』が祝日も休刊となる(中央競馬確定時と重なった場合は特別に発行)。 GW特別号の発行開始(これに伴いGW期間中は休刊)。 4月1日:東京スポーツ創刊50周年。 12月28日:この日をもって北海道から撤退。 2018年の新春特大号以降は北海道を除く46都府県での発行となる。 発行地域 [ ] 株式会社東京スポーツ新聞社 Tokyo Sports Press Co. , Ltd. 朝刊で発行されている九州以外、ながら、配送の事情により、他の朝刊紙とともに翌朝に扱い店の店頭で販売されている地域 もあるほか、境界付近では異なる地域の東スポ系新聞が併売される場合もある。 特に東北は、他のスポーツ紙が現地印刷を始める中、配送距離が東スポ本社から600km以上の地域があるなど、スポーツ紙の配送体系では異例の長距離配送となっている。 ちなみに、中京スポーツ・大阪スポーツ・九州スポーツの発行範囲は、印刷工場からの輸送距離が500km以内にほぼ収まっている。 東京スポーツ 、(以東)、、(南西部を除く)、、 (と以南のを除く)、静岡県西部地区(大井川以西、主に周辺)、長野県南西部、湖東・湖北地方、 (三重県伊賀地方と熊野市以南の東紀州地方を含む、滋賀県湖東・湖北地方を除く)、(と、を除く)、(を除く) (朝刊で発行) 、、山口県、広島県安芸地方、島根県石見地方、愛媛県松山市 東京スポーツの1面題字下には秋から「 TOKYO SPORTS PRESS」という英字表記が付くようになった。 中京スポーツ、大阪スポーツ、九州スポーツの題字下には、英字表記ではなく「 東京スポーツグループ」と表記されている。 宅配に関しては、一部地域は宅配を行っておらず、これらの地域では駅売店やコンビニなどにおける即売のみとなっている。 月極申込もかつては本社が直接行っていたが、現在は発行地域別に東スポ・中京スポ・大スポ・九スポに直接申込む形をとっている。 また、東スポ・中京スポ・大スポは3ヶ月以内、九スポは1ヶ月以内のも扱っている。 限定で、発行日の翌日にマルチコピー機で発売する4ページのモノクロ要約版「東京スポーツセレクト」を1部280円で発売している。 また、内のコンビニや売店などで、発行日当日に東京から空輸されたのを販売している。 なお、空輸費が加算されるため、価格が50円増しの190円となる。 前述のとおり、販売から撤退したでは、かつては系列紙「北海道スポーツ」も存在した(とは関係がない)。 以前は東京から輸送していたが、6月29日から12月28日まで、の毎日新聞北海道センター(毎日新聞・スポーツニッポンの印刷工場)で東スポの現地印刷を行っていた。 北海道印刷分も公営競技、などは差し替えず、東京のものをそのまま掲載していた。 北海道における現地印刷開始後も宅配は行っていなかったため、駅売店やコンビニなどにおける即売のみとなっており、・では発行当日、それ以外の地域では翌朝の販売となっていた。 2017年12月28日号(札幌都市圏・石狩振興局管内は当日発売分、その他の地域は29日発売分)をもって北海道での販売を終了した。 販売終了の理由として「現地印刷を機にファンが拡大したものの、印刷費用が想定以上に多くかかってしまった」としている。 以降、北海道で東スポを購読する方法は、郵送で購読するか 、東京スポーツセレクトで購読するか、発行の翌日以降に東スポ本社にバックナンバーを注文して購読するしかなくなった。 創刊年月日 [ ]• 東京スポーツ:1960年4月1日• 大阪スポーツ:5月1日• 九州スポーツ:2月1日• 中京スポーツ:3月1日 事業所・印刷工場 [ ] 九州スポーツ(九州支社)以外は、営業・販売・編集・印刷とも同一地に所在。 東京スポーツ(本社) - 2-1-30 S・Tビル4-6階(印刷は同居しているへ委託)• 大阪スポーツ(関西支社) - 松屋大和川通3-132 堺工場3階(印刷は同居している高速オフセットへ委託)• 中京スポーツ(中京支社) - 金城4-3-19 中日高速オフセット印刷4階(印刷は同居している中日高速オフセット印刷へ委託)• 九州スポーツ(九州支社) - 営業・販売:2-14-8 福岡天神センタービル 編集・制作:大阪スポーツ(関西支社)と同一(印刷はとにある九州センターへ委託) 東京スポーツは、1988年8月に現在の東日印刷(グループ)に委託する前は、グループのに印刷を委託していた。 大阪スポーツも、現在の高速オフセット(毎日新聞グループ)に委託する前は、朝日新聞グループの内に編集部を置き、印刷は大阪日刊スポーツ新聞社へ委託していた。 九州スポーツも、編集・制作は2020年3月までは内に置き、印刷はみなと山口合同新聞社と毎日新聞九州センターへ委託していたが、2020年4月から編集・制作は大阪スポーツへ移管された他、印刷は毎日新聞九州センターへ集約された。 東京スポーツの人物 [ ] この節は更新が必要とされています。 この節には古い情報が掲載されています。 編集の際に新しい情報を記事にさせてください。 反映後、このタグは除去してください。 ( 2019年6月) 所属記者 [ ]• - 「=」のイメージを決定づけた人物。 - NY特派員 出身者 [ ]• - 編集委員。 元は東スポの記者だった。 - プロレスラー。 離脱後、一時東京スポーツ所属だった。 現在はに競馬小説を連載。 - プロレス評論家• - 作家。 記者職で入社。 - 、のち。 AVデビュー前に記者を務めていた。 - プロレスラー。 学生時代にアルバイトとして所属。 - プロレス解説者。 運動部記者を経て東スポWeb編集長、および顧問を務めた。 現在の寄稿者 [ ] 客員編集長 [ ]• - 大阪スポーツ並びに九州スポーツの客員編集長。 野球関連 [ ]• 月1度の間隔で寄稿(東スポの契約評論家では無いため特別寄稿の扱いであり、 [ ] 東スポ特有の娯楽的な記事とは異なり、広岡特有の真面目かつ論理的な記事である)。 [ ]• - 専属野球評論家 「熱血球論」を担当。 - 野球評論家• - 野球評論家(2014年 - ) 「フルスイングの掟」を担当。 - 野球評論家 「一球友魂」を担当。 - 野球評論家(2016年 - ) 「新IDアライザー」を担当。 - 野球評論家(2015年 - ) 「ここが違う」を担当。 - 専属野球評論家(2015年 - ) 「新・鬼の手帳」を担当。 - 野球評論家(2014年 - ) 「直球勝負」を担当。 競馬関連 [ ] 九スポでの掲載は一日遅れる。 三浦と蛯名は所属の現役のため、・海外遠征等の場合は休載となる。 毎週連載• (競馬評論家) - 2008年4月より毎週土曜の競馬面で「そりゃホントか井崎亭」を連載中。 当初は、の天才という、よく行く屋の女将を引き合いに出した予想を中心としていた。 () - 2005年より毎週金曜の競馬面で「爆笑問題田中裕二の爆勝予想」を連載中。 穴狙い、またはサイン予想が大方である。 また、井崎とはサイン予想絡みで対談記事が掲載されることがある。 競馬以外でも、不定期に相方のと、最新映画の評論を行うことがある。 () - 2019年4月より毎週土曜の競馬面で「ハルカ 伸 の るか! 反 そ るか! 」を連載中。 (フリーアナウンサー) - 『』メインレース実況担当。 現在は火曜競馬面にコラム「矢野吉彦の地方競馬応援団」を連載中。 かつては土曜に「矢野アナの実況席から勝つ馬が見えた」という連載を持っていた。 (JRA現役騎手) - 2008年から2016年8月まで、毎週金曜の競馬面で「三浦皇成 スマイル競馬」を連載していた。 しかし、2016年8月の落馬事故以降、翌年の2017年8月に復帰するまで約1年間の長期休載が続いていた。 復帰後の2017年8月からは、「帰ってきた三浦皇成」とタイトルを変えて連載再開し、現在連載中。 (JRA現役騎手) - 毎週木曜の競馬面で「エビショウの"独舌"講座」を連載中。 GI開催週のみ連載• () - GI開催週土曜の2,3面いずれかで「ヤンキース田中将大のガチ予想」を連載中。 (元JRA騎手・調教師) - GI開催週土曜の2,3面いずれかで「郷原洋行のGI指南」を連載中。 (グラビアアイドル) - 2015年10月よりGI開催週土曜の芸能面で「競馬GI・10番勝負」を連載中。 (元JRA騎手。 専属競馬評論家)- GI開催週木曜の競馬面で「GIはアンカツに聞け!! 」を連載中。 その他分野 [ ]• - 名誉教授。 連載コラム「カイチュウ博士の虫のいどころ」は2800回を超える長期連載となった。 現在は毎週火・木曜にコラム「カイチュウ博士の健康四方山話」を連載中。 東スポに『おれが百万石 前田慶次郎風流譚』など数々の新聞連載小説を書いていた。 - 毎週土曜日にとともに「永田町特別ワイド」を寄稿中。 - 隔週木曜に「エリすぐり一本」を連載中。 - 毎週火曜に「グラマラスおやじの人生智」を連載中。 - 医学博士・心療内科医師・元NHKアナウンサー。 毎週水曜日に、最新の医学研究を紹介するコラム「日々是アンチエイジング」を連載中。 - マーケティングアナリスト、流通アナリスト、コンビニジャーナリスト。 毎月1回「流通ウォッチャー渡辺広明のやらまいか!! 」を連載中。 主な過去の寄稿者 [ ]• - 専属野球評論家。 1984年には、東京スポーツ新聞社から『巨人軍の男たち』という著書も発表。 - 専属野球評論家• - 専属野球評論家• - 専属野球評論家• - 専属野球評論家• - 専属野球評論家• - 野球評論家• - 「のむ・うつ・ただ」(1973年)、「日日日日」(2005年3月~2010年12月)• - 「玉門占い」• (競馬評論家) - 2003年 - 2016年まで毎週土曜の競馬面で「馬単三国志」を連載。 コーナー自体が1面になることも少なくなかった。 例年、夏競馬期間中は休載。 - 、『』編集長。 「マンデー激論」を月に1度担当。 () - 2015年9月 - 2019年3月に毎週土曜の競馬面で「SKE48の暴れ馬 松村香織の炎上予想」を連載。 ミス東スポ [ ] 2012年から開催される東京スポーツ主催のミスコンテスト。 例年4月から年末まで撮影会等の集客数を競い合い選出される。 受賞後は翌年のプロレス大賞授賞式を皮切りに、1年間東スポの関わる競馬やボートレースなどのイベントに広く関わる。 2012年度 [ ]• グランプリ:、、 2013年度 [ ]• グランプリ:、、 2014年度 [ ]• グランプリ:、、 2015年度 [ ]• グランプリ:、、• 特別賞:、 2016年度 [ ]• 前期グランプリ:、• 後期グランプリ:、• 特別賞: 2017年度 [ ]• グランプリ:、、• 特別賞:、 2018年度 [ ]• グランプリ:、、• 準グランプリ:• 特別賞: 2019年度 [ ]• グランプリ:、、• 準グランプリ:• 特別賞: 2020年度 [ ]• グランプリ:緑川ちひろ、川瀬杏南、安井まゆ• 準グランプリ:空条のん• 特別賞:枢木むつ 東京スポーツを題材としたもの [ ] 楽曲 [ ]• ラブユー東京スポーツ(作詞・作曲・歌:) - 3月21日発売のアルバム『青春ラリアート』に収録。 1985年5月にシングルカット。 東スポソング(作詞・作曲・歌:) - 2014年10月29日発売のシングル『ユメヒコウセン』に収録。 表題曲も先行配信していた同曲の歌詞違い。 藤田はミス東スポ2014受賞者である。 書籍 [ ]• 東スポ伝説〜一面見出し、そこは一行の劇場だ〜(東スポ探検隊編、、1991年)• 東スポの戯法〜爆笑見出しの知の理論(監修、、1995年)• たけしの「号外」!! - 東スポ客員編集長北野武問題発言集 '91-'98 (ビートたけし著、、1998年)• 東スポ黄金伝説(著、、2006年) - 元東スポ記者が東スポの歴史を記した本。 冒頭には「ごろの東スポ社員の年収は45歳・平社員でも3000万円近かった」とある。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2010年1月までは日曜のみ休刊となっていたが、東スポと中京スポは同2月から祝日も休刊になった(ただし、中央競馬確定時と休日が重なった場合は特別に発行。 日曜日に特別版が発行された場合は翌日休刊になる)。 大スポは祝日にも特別版を発行する場合がある。 GW特大号は2010年より発行。 中央競馬開催・非開催によって発行日は異なる。 2009年までは通常通りGW期間中にも発行していた。 他の夕刊は、球界内部の事情などが主なネタである• 他の夕刊紙と同様だが。 発行日付が翌日付であるため、「その日付も違ってる」とさらに言われることもある。 系の印刷会社。 毎日新聞、スポニチの他、なども印刷している。 東京本社も入居• 参考:• 1987年…本紙評論家による対談企画• 2019年…「本紙専属評論家」の肩書でプロ野球の順位予想に参加• 参考:• 2019年…「本紙評論家」の肩書でプロ野球の順位予想に参加• 参考:• 2019年…「本紙評論家」の肩書でプロ野球の順位予想に参加• 参考:• 2019年…「本紙評論家」の肩書でプロ野球の順位予想に参加• 参考:• 2019年…「本紙評論家」の肩書でプロ野球の順位予想に参加• 参考:• 2019年…「本紙評論家」の肩書でプロ野球の順位予想に参加• 参考:• 2019年…「本紙専属評論家」の肩書でプロ野球の順位予想に参加• 参考:• 2019年…「本紙評論家」の肩書でプロ野球の順位予想に参加• 参考:• 東京スポーツの野球評論家として紹介…1995年 、2000年 、2001年• 専属野球評論家として紹介…• 1987年• 参考:1987年• 参考:1987年 出典 [ ]• 『日本プロレス事件史 Vol. 2』P71(2014年、刊 )• 『日本プロレス事件史 Vol. 2』P8 - P9(2014年、刊 )• スポーツニッポン(2019年5月21日作成). 2019年5月21日閲覧。 ITmedia(2019年5月21日作成). 2019年5月21日閲覧。 東京スポーツ(2019年5月20日作成). 2019年5月21日閲覧。 スポーツニッポン(2019年5月20日作成). 2019年5月21日閲覧。 東京スポーツ(2019年5月21日作成). 2019年5月21日閲覧。 著「弁護士いらず。 」に収録されたエピソード。 『』()第4回 [ ]• 2008年6月放送『』のコーナー「もっとわかっチャオ! 」より。 [ ]• - ORICON STYLE・2009年5月13日• - 東京スポーツ・2010年12月11日 [ ]• - 東京スポーツ・2015年4月27日• URA STREET WEB 裏通りWEB 2019年7月2日. 2019年7月2日閲覧。 九スポは(平成31年)まで、元号のみ表記していた。 「東スポの戯法〜爆笑見出しの知の理論」P. なお件の「ブラッシー血だるま」のエピソードはが「東スポ伝説 〜一面見出し、そこは一行の劇場だ〜」P. 19で語っている• - 東京スポーツ・2010年3月10日(リンク切れ)• スポーツナビ 2011年6月7日• 『』初回限定盤A・B・C特典「がらくたノート」p30 — 32より。 東北・四国のほぼ全域、および大阪スポーツを扱う中国地方のごく一部。 東京スポーツ• 東京スポーツ• 東京スポーツ• 発行 2018年2月号 P32-P33掲載「東スポが北海道で販売終了 首都圏人気No. 1夕刊紙が消えた背景」による。 郵送購読の場合、料金が加算される。 配達も発行日の2〜3日後となる。 『週刊ベースボール』1995年2月27日号「95プロ野球全選手名鑑号」(第50巻第8号通算第2101号。 1995年2月27日、ベースボール・マガジン社発行)に掲載された解説者・評論家名鑑• 『週刊ベースボール』2000年2月21日号「2000年プロ野球全選手写真名鑑号」(第55巻第7号通巻2389号。 同年月日、ベースボール・マガジン社発行)に掲載された解説者・評論家名鑑• 第28巻第4号通巻第159号。 2001年4月30日、ベースボール・マガジン社発行)に掲載の解説者・評論家名鑑(P165)• 2012年1月10日. 東スポWEB. 2013年1月17日. 2014年1月6日閲覧。 東スポWeb. 2015年1月11日. 2016年3月7日閲覧。 東スポWeb. 2015年7月8日. 2016年12月20日閲覧。 T-SITEニュース エンタメ[T-SITE]. 2016年12月10日. 2016年12月18日閲覧。 ORICON NEWS. 2017年12月25日. 2017年12月26日閲覧。 東スポWeb. 2018年12月25日. 2018年12月25日閲覧。 東スポWeb — 東京スポーツ新聞社 2020年1月17日. 2020年1月18日閲覧。 東スポWEB 2014年7月11日. 2017年1月31日閲覧。 関連項目 [ ] が多すぎます。 関連の深い項目だけに絞ってください。 必要ならばとして独立させることも検討してください。 ( 2019年6月)• - ビートたけしが審査委員長を務める映画賞。 - 寄贈杯を出しているの競走 GIII。 - かつて東スポがで運営していた。 - データ協力および競馬担当記者が出演している。 - ゲーセン特訓やサウナ特訓など特訓シリーズが名物であった。 - 高校時代からの東スポの愛読者として有名。 ただし松井の出身地・石川県は系列の中京スポの管轄エリアであった関係で、高校時代は中京スポを購読していたため、東スポの購読はプロ入り後のこと。 - 「再生」「混沌」「消失」の3シリーズが東スポ紙上で連載された。 - 主人公2人が東スポの記者とカメラマンという設定である。 - が東スポ(中京スポ・大スポ・九州スポ)紙上で連載している。 から同名タイトルの4コマ誌として刊行された。 外部リンク [ ]• - チャンネル• (旧称:東スポ裏通り)男セン面コラム、記事を集約。 運営は日本トラステック。

次の

新日本スポーツ連盟東京都連盟 東京水泳協議会

東京 中 日 スポーツ

東京都が15日に公表した緊急事態宣言に基づく都内の外出自粛や休業要請の解除・緩和に向けたロードマップの概要内容に、銀座のクラブ関係者が悲鳴を上げている。 銀座料飲組合関係者は「ロードマップの概要では、銀座のクラブの休業解除は6月以降に持ち越されそう。 どの店も3か月休業を持ちこたえる資金力はありません。 6月以降も休業要請が続けば、銀座のクラブは大半が潰れて、ホステス難民が続出し、男性従業員の失業者が大量に出ますよ」と語る。 東京都が4月10日に緊急事態宣言に伴う休業要請を発表したことで、銀座のクラブやバーは一斉に臨時休業に入っている。 銀座のクラブ店長は「臨時休業に入ってから、ホステスたちは自宅待機で給料がない。 資金力がある店はホステスたちに無利子でバンス(前借り)させていますが、資金力がない店は給料未払いも続出。 そんな中、ホステスも個人事業主として最大100万円の持続化給付金の対象になることが分かって、ひと安心ですよ」と語る。 持続化給付金を申請したホステスは「去年の確定申告書と、4、5月の給与明細書と通帳のコピー、それに本人確認書類を提出すれば、振り込まれるとのこと。 ほとんどのホステスが申請してますよ」と明かす。 一方、クラブ経営者らは営業再開という希望的観測のもと、客に戻ってもらうためのコロナ対策を検討している。 クラブスタッフは「再開した場合、店の入り口には消毒液を置くのはもちろんのこと、出勤するホステスには検温を義務付け、37度以上あれば帰ってもらう。 お客に対しても、37度以上の人はお引き取りを願います。 大箱クラブでは、お客のテーブルを2メートル間隔にして、お客とホステスは飛沫感染を避けるためにフェースシールドを挟んで会話する方法を考えているんです」と言う。 再開できるのか、それとも、その前に閉店してしまうのか?.

次の