新聞配達 バイト。 新聞配達の給料や時給はいくら?

新聞配達員ってきついの?

新聞配達 バイト

自分は新聞奨学生ではなく朝刊のみのアルバイトで昼間は大学に通っています。 3年目ですが、一番のメリットは効率良く稼げるという所でしょうか。 朝の約2時間だけなので、朝配達して昼間に大学に行き、夜は自分の好きな事ができます。 バイトしながら部活だってできちゃいます。 大学の長期休暇時なら昼間は終日暇になるのでバイトで一日潰れるなんてことはなく自由に予定を入れられます。 配達は1人なのでマイペースでできますし、対ポストなのでお客様から直接クレームを言われるなんてこともありません。 ポストは全てを受け入れてくれます 笑 しかし、週6日なので泊まり旅行などは行ける日は限られてきます。 そしてほぼ毎日朝3時に起きること、これが一番大変かもしれません。 また、雨でも台風でも大雪でも大みそかでも元旦でも配達はあります。 元旦の新聞は本みたいになります 笑 メリット・デメリットはありますが最終的に新聞配達のバイトをするかどうかは自分次第です。

次の

新聞配達のアルバイト・バイト求人特集

新聞配達 バイト

しかし、読売、朝日、毎日、産経等の新聞社の系統、また各販売店によっても違いますが、朝刊だけ、もしくは夕刊だけの配達を募集している場合もあり、パターンとしては以下のようになります。 ・朝刊+夕刊 ・朝刊のみ ・夕刊のみ 給料については、時給制や配達部数による歩合制のところもあるようなのですが、少なくとも私が勤めてきた都内の読売、朝日系列では、固定給で1ヶ月いくらという給料である場合が多かったです。 それでは、各パターンごとに新聞配達のバイトの給料の相場についてみてみましょう。 勤務形態 1ヶ月あたりの給料の大体の相場(税込) 朝刊+夕刊 約14万円~15万円前後 朝刊のみ 約10万円前後 夕刊のみ 約4万円~5万円前後 配達部数は、大体1区域300部が平均で、同じ店舗の中でも300部を切る区域もありますし、反対に300部を超える区域もあります。 朝刊は当日のチラシを新聞に挟んで配り終わるまで、慣れてくれば約3時間前後ぐらい、夕刊はチラシは無く、朝刊よりも部数は少ないので、約2時間前後です。 休みは大体週1ですので、1ヶ月約25日勤務になります。 給料は地域や販売店によっても異なりますが、他のバイトと比べてそれほど悪くはないと思います。 ただし、区域によって配達部数に差がありますので、固定給の場合、配達部数が多い区域にあたった場合には、少ない区域に比べて若干割安になってしまう傾向にあります。 その他、集金のみのバイトというのもあります。 ただ、販売店によってはこうした月給制の他に1軒いくらという集金件数に対する歩合制のところもあります。 1軒当たりだいたい百円台で、それに集金件数を掛け合わせるものです。 口座引き落としにしているお客さんもいるため、配達部数すべてが集金件数とはなりませんが、200件とした場合、歩合制でも2万円~3万円の給料にはなります。 これにプラス、専業社員の場合は営業の歩合給が加わります。 その他、福利厚生のしっかりしている新聞販売店では、社会保険や厚生年金などにも加入させてくれますし、ある程度継続性があると見込まれれば、財形積立制度にも加入させてくれます。 財形積立制度とは、本人が月々積み立てる金額の約倍の金額を新聞社と販売店が折半して積み立ててくれるというものです。 朝日新聞の場合ですと「厚生積立制度」というものがあり、積立年数に応じて、200万円、400万円、1000万円のランクがあります。 例えば、200万円の場合ですと、本人が3年で約100万円の積み立てをし、残り半分の100万円を新聞社と販売店が折半で負担してくれるというもので、普通に貯蓄するよりはとてもお得な積立制度になっています。

次の

新聞配達の求人情報|【新聞配達ワーク】でお仕事検索

新聞配達 バイト

このページでお話すること• 職種と仕事内容は? 朝日新聞の配送アルバイトをしていました。 仕事は、早朝に指定された配送先に新聞を配達することです。 あくまで新聞の配送のみが仕事内容であり、新聞への広告の差し込み作業などを行うようなことはありませんでした。 仕事はきつい?大変? 朝4時頃には絶対に起きなければならない点が、この仕事のなにより大変なところでした。 どんなに睡眠をとっていても日の昇らないうちに起きるのはかなりつらく、慣れれば起きられるようになるだろうと思っていたのですが、それに慣れることはなかなかできませんでした。 仕事の良いところ、おいしいところは? この仕事の美味しいところは、時給が良いところと仕事がすぐに終わることです。 時給は1500円もあり、コンビニの夜勤などよりも高い設定となっています。 また、仕事が終わっても朝の6時前後であり、友人と遊びに行くなどしてその後の1日を満喫することができます。 職場の雰囲気はどう? 基本的には新聞を受け取って一人で配送するので、職場の雰囲気というものを意識したことはほとんどありませんでした。 同じ配送員には、男性の方が多かったように思います。 年齢層はかなり幅広く、話したことなどはありませんが様々な人が働いていました。 バイトを初めてココに驚いた! 5時頃に配送に行くと、既に玄関でそれを待っているような方がおり驚かされました。 そういった人に新聞を届けるととても喜んでもらえるので、ただ黙々とポストに新聞を入れていくばかりが仕事ではなく、嬉しい気分になることもできました。 社会勉強になったり、就活に役立つ? 社会勉強になるかは分かりませんが、無遅刻無欠勤で新聞配送を続けたという経験は、就活の場面などで誇れるものとなります。 新聞配送は遅刻や欠勤をすると新聞を届けられず、お客さんから怒られてしまうためにそれらには非常に厳しい仕事です。 軽い気持ちでサボるようなことは絶対に許されない、そんな職場で頑張って働いたことは、少なからず評価をしてもらえるものになると思います。 履歴書に書いた志望動機を教えてください! 履歴書の志望動機の欄には、• コツコツと仕事をしたい• 新聞を届けることでそれを待っている人を笑顔にしたい と書きました。 面接はどんな感じ?(服装は?どんな質問をされた?) 面接は事前に電話をかけ、指定された時間にうかがいました。 場所は実際に新聞を取りに行く配達所で、面接は私服で行きました。 派手過ぎないことを意識しただけの、ごく普通のTシャツとジーパンです。 面接での質問では、 『バイクを持っているか?』 ということを聞かれたのを覚えています。 一瞬焦ったのですが、もちろん自転車での配達が可能で、単にバイクを持っているなら使っても良いというだけの意味だったようです。 その他の質問は特に当たり障りの無いようなもので、履歴書に書いたことについて詳しく聞かれるようなこともありませんでした。 時給はいくら?交通費は出る? 時給は1500円でした。 働いている人はその配達所の近所に住んでいる人限定であり、そのため交通費などは特に支給されませんでした。 髪色・髪型に制限はある?ピアスはOK? 特に身だしなみについて言われたことは無く、常識の範囲であれば茶髪や金髪であっても大丈夫のようです。 ヘルメットを被ることもあり、外からはどんな髪の色やピアスをしているのかはあまり分からないことが理由かと思います。 シフトはどんなシステム? 朝4時半までに配達所へ行き、新聞を受け取るというのが基本で、この時間などを変更することはできません。 最低でも週に何回入れなければならないといったことは配達所ごとの事情によっても違うと思うのですが、私の配達所は最低週3日となっていました。 フリーターや大学生が多い?主婦や高校生でも働ける? 様々な年齢層の人が働いており、中には高校生もいました。 女性はあまり見ませんでしたが、男性のみに求人が限定されているようなことは特にありません。 掛け持ちは可能ですか?ダブルワーカーはいる? 新聞配送は朝の短い時間だけということもあり、掛け持ちはもちろん可能で、実際にそれをしている人も多くいました。 同じバイトを考えている、あなたへ 朝起きることだけは大変ですが、それ以外の部分ではとてもきつい、辛いと感じるようなことはほとんどない仕事です。 過剰なノルマを課されるようなこととも無縁なので、寄り道などをせずに回れば時間内に余裕をもって全ての配送を終えることができる、かなりホワイトな職場だと思います。

次の