ジャパンディスプレイ株価。 ジャパンディスプレイ (6740) : 個人投資家の株価予想 [Japan Display]

ジャパンディスプレイ (6740) : 株価/予想・目標株価 [Japan Display]

ジャパンディスプレイ株価

気になる日本株を分析・予測するコーナー。 ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。 今回はジャパンディスプレイ【6740】の株価を分析。 そして見通しを分析していきます。 ジャパンディスプレイとはどんな会社? ジャパンディスプレイは、中・小型ディスプレイの製造および販売を行っている会社です。 同社は、ソニーモバイルディスプレイ、東芝モバイルディスプレイ、日立ディスプレイズの統合により設立されました。 最大顧客はあのiPhoneで有名なアップルです。 現在の社員数は10,085人です。 現在の株価は? 現在の株価は64円前後です。 取引単位は100株なので、6,400円程度でジャパンディスプレイの株を所有することが可能です。 なんと!1万円以下で購入できてしまいます。 日本株の中でもトップクラスに安いですね。 ジャパンディスプレイのPER(株価収益率)は、現在算出できません。 配当利回りもありません。 そして、株主優待もありません。 ないないだらけですね。 過去の長期のチャート 上場後、ずっと右肩下がりです。 上場来最高値は2014年の900円です。 その後、株価は下がり続けてとうとう100円も割ってしまっています。 反発狙いで手を出すと火傷をしそうです。 ちなみに直近1年のチャートはこちら こちらは2018年の年末にかけて大きく下げ、その後は安値圏を停滞しています。 ジャパンディスプレイの売上高は? FY2017からは下落しています。 ジャパンディスプレイのEPS(1株当たりの利益)の推移です。 うーん、マイナスだらけです。 絶対に投資をしてはいけないサインです。 危ないです。 BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう。 こちらも右肩下がりです。 どんどん資産がなくなってしまっています。 恐怖すら感じる推移です。 驚異の数字ですね。 話になりませんね。 わるいです。 流動比率は0. 64倍。 1倍を切っているのでこちらも心配です。 ジャパンディスプレイの今後をまとめると 上場後はかなり注目銘柄として期待を集めていましたが、株価は右肩下がり。 財務的にもいいところがまったくない銘柄でした。 投資してはいけない銘柄です。 日本株は、探せば長期投資に適したしっかりリターンを運んでくれる銘柄があります。 他、見ていきましょう。 株式に長期投資をしている36歳。 節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、株を買い増している。 年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。 投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。 一度買ったらずーっと売らないつもり。 評価損は気にせず長期で投資していきます 今までに投資をした総金額。 アーカイブ• 109• 102•

次の

ジャパンディスプレイ(6740)の株価チャート/業種・事業の強み

ジャパンディスプレイ株価

次に熊谷亮氏の株価予想を確認してみます。 株価予想期間は、下記紺色枠の1日間となります。 2月相場の主役となる東証1部銘柄として、強気の「買」推奨です。 チャートを見ると下値を切り上げ続けており、このまま上昇トレンドを目指す動きを期待しての買エントリーのようですね。 ただ チャートを見ると上値抵抗線が気になりますから、逆に下落した場合を想定してロスカット水準をしっかりと決めたい所です。 自分よりも知識がある達人が提供する株価予想に従えば、何となく安心感があると思いますが、株式市場というのは誰も先行きを予測する事は出来ません。 思惑とは異なり、暴落したりして大損する事は日常茶飯事の世界です。 そのような事を考えると、 ロスカット水準を決めて撤退する判断をする事は長期的に安定した利益に繋がります。 ただ何となく銘柄を選んで資金を投じるのでは無く、 自分自身で簡単に投資判断が出来る手法や銘柄を選んでみる事です。 、のような投資戦略も参考にしてみて下さい。 管理人が感じたジャパンディスプレイの株価見通し 項目 内容 コメント 企業名(銘柄コード) ジャパンディスプレイ (6740) 上場市場 東証1部 業種 電気機器 株価 413円 単元株数と最低購入単価 100株:4万1,300円 安いです 時価総額 2,489億円 資本金 968億円 発行済株式数 6億141万株 大型株 浮動株数 5,532万株 利益剰余金 352億円 有利子負債 175億円 保有者比率 外国 23. 2014年度は黒字化されていますが営業利益率も4%台と収益体質も悪いですし、業績の先行きに不安を感じます。 ここ1年のパフォーマンスを見ても、冴えない動きをしていますね。 日本市場全体が大きく上昇して盛り上がっているのに対して、当銘柄に資金を投入してしまうと大損するか、もしくは利益を取り損ねる事になった事でしょう。 紺色線:ジャパンディスプレイ ピンク色線:日経平均株価指数 2015年12月時点で管理人がチェックした電気機器 銘柄.

次の

ジャパンディスプレイ(6740)の株価チャート/業種・事業の強み

ジャパンディスプレイ株価

もくじ• ジャパンディスプレイが発足されたときは、かなり調子のいいことを言っていた 2012年にジャパンディスプレイが発足した時のニュース 出典:より 2012年にジャパンディスプレイができたときには、• 間接コストは1社分• 企業価値は3社分以上に• 2012年に有機ELサンプル出荷• エルピーダメモリとは違う と、かなり勢いがある発言をしていました。 確かに3社を統合して不採算事業や不採算な間接部門や工場をリストラすれば、間接コストを圧縮できて、企業価値を高められる可能性があります。 エルピーダメモリとは、日立やNECのDRAMと呼ばれるメモリのメーカーで、ジャパンディスプレイと同じように日本企業が集まってできた半導体の会社なのですが、2012年に破綻してマイクロンに買収されてしまいました。 エルピーダとは違うんだという熱い意気込みが伝わってきますが、実際はもっとひどいものでした。 株価は暴落し、買収されることに 株価は下落の一途をたどる 上場した時の公募価格が900円ですが、株価は一度も公募価格を超えることがなく下落の一途をたどり、現在は51円まで下がりました。 そして自社では立ち行かなくなり、されました。 ジャパンディスプレイはリストラができず、コストは3社分以上で開発スピードが遅くなる リストラをすることができなかった 間接コストを1社分にするためには、今までの不採算事業をリストラ 再構築 する必要があります。 しかし、国の産業改革機構が出資しているため、リストラするとは何事だという圧力があり、リストラをすることができませんでした リーマンショック後で2012年は不況だった 日本各地に散らばる小さな工場はそのままとなりました。 液晶の場合、大きなガラス基板を切り出して作るため、1枚のガラスのサイズが大きいほうが一度にたくさん作れて安く作れます。 ジャパンディスプレイの工場は茂原工場や白山工場で第6世代の巨大なガラス基板での工場を建設した一方で、すでに時代遅れな小さめのガラスで作っていた工場をそのまま残しました。 そのため古い工場ではコスト競争が厳しい状態でした。 しかし、そのコストが厳しい小さい工場をそのままにしてきたのです。 2016年にようやくを閉鎖し、、2017年に 迅速な経営判断ができなかった 日立と東芝とソニーがほぼ対等に合体したので、どの会社が主導を取るのかで体制がややこしくなりました。 さらに産業改革機構が株主となったので、技術のことがわからない産業改革機構の判断を仰ぐ必要があり、迅速な経営判断ができなかったものと思われます。 半導体の世界は、景気の波がとても大きく、迅速な経営判断と投資の判断が会社の命運を左右します。 3社が入り混じって統制が取れないところに産業改革機構が入ってきたので、判断スピードがかなり遅れて大混乱となっていたことでしょう。 こういったことから、• 間接コストは1社分• 企業価値は3社分以上に を達成するどころか、逆に間接コストは3社分以上となり、企業価値は3社分以下のスピードとなってしまったのでしょう。 ジャパンディスプレイの衰退の要因 研究開発者として、僕は車や電化製品や半導体などの様々な分野を調べてきました。 ジャパンディスプレイに関しては、衰退の原因を以下のように考えています。 ジャパンディスプレイ衰退の原因• 統合してもリストラできずに高コスト• 液晶に注力し、iPhone依存• 高コストの液晶で競争力を失い、投資を抑えてしまう• iPhoneは液晶から有機ELへシフト。 出遅れる• 海外企業が液晶に大量投資 人によっていろいろと考えは違うと思いますが、私はこのように考えています。 まず、統合してもリストラをできずに高コスト体制のままになってしまいました。 液晶に注力してiPhoneに依存してしまいましたが、望みのiPhoneはハイエンドが有機ELにシフトして高価格帯の液晶のシェアを落とすことになりました。 2012年に有機ELをサンプル出荷といっていましたが、有機ELの技術を立ち上げることはできず、液晶1本槍のままなのでジャパンディスプレイとしては厳しい状況です。 一方で中国企業が液晶に大量投資して、大きなガラス基板で大量生産を行ってきました。 すでに液晶ディスプレイはコモディティ化 誰でも作れる汎用製品 しているため、小さなガラス基板で製造を続けているジャパンディスプレイはコストで太刀打ちできなくなってしまったのです。 これがジャパンディスプレイの衰退の原因だと考えています。 技術さえあれば勝てる その背景には、「技術さえよければ勝てる」という日本の研究開発者のおごりがあると考えています。 僕も昔は技術しか追求していませんでしたので、この考えはよくわかります。 湯之上さんのの本に詳しく書いてあり、とても勉強になりました。 研究開発で大切なことは、• 顧客は本当に何を望んでいるのか• いかに安く作るか という目線がとても大切になります。 この顧客目線のマーケティング思考がないと、技術者が独りよがりで自分が思う技術を追求してしまい、それが顧客に響かずに買ってもらえない。 さらにその価格が高く、コスト競争力がなくなり売れなくなってしまいます。 ジャパンディスプレイは技術ばかりを追っていて顧客の望むものを見てこなかった 技術について語っていて、顧客が何を望んでいるのか?コストについては誰も言及せず 出典:より• 「有機ELもやるけれど、液晶を進化させて勝負していきたい」。 JDIの有賀修二社長• 「液晶もまだまだ進化の余地はあります」。 技術本部のシニアゼネラルマネージャー• 「中国勢が台頭しているからこそ、新たなイノベーションのタネを仕込み、スピード感をもって市場に出していく必要がある。 技術で先行しなければ生き残れないことは承知している」。 JDIの本間充会長• 「パネルメーカーとして顧客からの要望があれば、製品群の一つとして有機ELをそろえるのは当たり前」(有賀社長)。 当初の投資も500億円にとどまり、「小さく投資して市場の様子を見る」(本間会長) これを見ると、技術についてしか話をしておらず、顧客がどのようなものを欲しているのか?いかに安く作るのかという視点が全く入っていないのがわかります。 有機ELも、顧客から要望されているにもかかわらず、「様子を見る」という状態です。 この後、iPhoneXが有機ELにシフトしているので、その情報を知らないわけはないのです。 それでも液晶の技術しか見ていないというのがよく見えてきます。 すでに顧客は液晶に付加価値を求めておらず、いかに安く普通の液晶を手に入れられるのかということに注目していたのでしょう。 高付加価値は有機ELで調達しようという時代の流れについていけずに液晶に誇示したことも失敗の要素かもしれません。 そしてこのインタビューの1年後の2017年に3700人のリストラ行っています。 どうすることもできなくなり、リストラせざるを得なくなったのでしょう。。 いろいろな考え方があると思いますが、初めにリストラして競争力を高めるのか、競争力がなくなってどうすることもできなくなってリストラするのと、どっちが良いことなのか考えさせられます。。 もともと日本は有機ELで世界最先端を行っていた もともと有機ELでは世界最先端を走っていました。 2004年にはソニーから電子手帳のクリエで有機ELを搭載し、2007年にもソニーから11型の有機ELのTVを世界で初めて商品化しています。 しかし、安く大量生産することができなかったので、このころからLGなどの海外企業に抜かれてしまうことになります。。 とても残念でならないです。 ジャパンディスプレイの2018年の決算の解説 2019年5月15日にジャパンディスプレイの2018年のが開示されたので解説します。 売り上げ高に比べて原価が高く、高コスト体制 ジャパンディスプレイの売り上げ推移。 売り上げに対する原価が上がってきている 2018年の売り上げは6367憶円なのですが、原価に6204億円もかかっていてほとんど利益が出ていないことがわかります。 粗利のレベルで2. ここから人件費などの販売管理費473億円を引かないといけないので、赤字にならざるを得ないです。 2016年では粗利で7. これのことからも他社と比較して安く作ることができず、高コストな液晶しか作れなくなってしまっていることがわかります。 付加価値を付けて高く売ればいいのでは? という意見もあると思いますが、それが衰退の原因の一つになっています。 汎用品となった液晶に付加価値は求められておらず、いかに安いか?が顧客が求めていることなのです。。 売り上げはiPhoneに依存。 中国市場では競争力を失う ジャパンディスプレイの販売先。 ほぼiPhoneに依存して中国のシェアは減少 4半期ごとのジャパンディスプレイの売り上げと地域を見てみると、欧米 iPhone の売り上げの上下で全体の売り上げがかなり変動しているのがわかります。 ほとんどiPhoneに依存しているので、iPhoneが発売される3Qの売り上げが上がる傾向にあり、iPhoneが売れなくなるとそのままダイレクトに売り上げが下がる危険な構造をしています。 また中国の売り上げがかなり減少しており、これはコストが高いので中国市場でジャパンディスプレイの液晶が売れなくなってきたことを示しているのでしょう。 ジャパンディスプレイの自己資本比率と現金 自己資本比率が0. 破産するかどうかは、現金が枯渇するかどうかにかかっています。 現金が枯渇して支払いができなくなると、そのまま倒産になるからです。 現金や買掛金などをまとめてみると、かなり厳しい状況にあることがわかります。 現金と売掛が2200億円で、買掛と短期借入金が3000億円もある。 流動資産 1年以内に現金にできる金額 が2900億円しかないのに、流動負債 1年以内に支払いが必要な金額 が4529億円もあるのです。 支払いが可能なのかどうか、心配になるレベルです。 現金と売掛 商品を売ったけどもらってないお金 が2200億円• 短期借入金 1年以内に返済必要な借金 と買掛 買ったけど支払ってないお金 が3000億円 の状態なので、全然現金が足りていない状況です。 買掛も、昨年の990億円から1300億円に激増しているので、支払いを先延ばして資金繰りをしている可能性もあります。 売り上げがそんなに変わってないのに、買掛が増加する理由は不可解です。 このように決算書上もかなりジャパンディスプレイは厳しい状態にあると思われます。 ジャパンディスプレイは破産するか?まとめ ここまでジャパンディスプレイがなぜ破産しそうなのか?を解説してきました。 合併したけどリストラができずに高コスト体制になってしまい、技術一辺倒で顧客の要望をつかみきれずに液晶しかないiPhone頼みの状態になり、iPhoneが有機ELにシフトしたタイミングで立ち行かなくなってしまった状態です。 顧客志向になり、本当にどういう商品を求めているのかマーケティングが大切となり、コストを削減していくことがとても大切であることがわかりました。

次の